1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンに主婦でも審査が通る方法。おすすめの3社を紹介

カードローンに主婦でも審査が通る方法。おすすめの3社を紹介

安定した収入のない主婦は、カードローンの審査に通るのでしょうか?審査が通りやすくなるポイントについて解説します。また、主婦におすすめのカード会社や、借り過ぎないためのルール『総量規制』についても、理解を深めましょう。

この記事の目次

主婦でもカードローンを借りられるのか

カードローンを申し込むためには、「本人にある程度安定した収入がなければ、審査にパスできないのでは?」というイメージがありますが、主婦の方でもカードローンは申し込めます。

収入の少ないパートをしている主婦でも、全く収入のない専業主婦でも、いくつかのポイントに注意すれば、借り入れができる可能性は高くなります。

専業主婦なら銀行系のカードローン

カードローンには、銀行系と消費者金融系があります。どちらも借りる側からすればサービスにあまり違いがないように見えますが、基本的な仕組みに違いがあります。

カードローンの申し込みの基本として、まず、大手の消費者金融は『申込者本人に収入があること』という必須条件があります。

一方、銀行系は、『本人または配偶者に一定の収入があること』が条件になっています。(一部例外あり)よって、専業主婦は、『カードローンは銀行系』という選択肢になります。

夫に収入があれば問題なし

本人、または配偶者に安定した収入があることが申し込みの条件である場合、カードローン申し込みの際に『夫の年収』を申告すれば、審査に通る可能性が高いです。

ただし、本人や配偶者の借り入れ・返済状況などに特に問題がなければ、というのが前提となります。

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融は総量規制により、借り入れ金額(2社以上の場合は合算)が、本人の年収の1/3以上を超えて借りることができません。

専業主婦は、年収がゼロなので、借り入れできる額はゼロです。ただし、銀行系は総量規制の対象外なので、専業主婦にもカードローンを申し込む資格があります。

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。

具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。

出典:総量規制に関するQ&A |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

審査が甘い金融業者には要注意

審査が甘く、「他社では借りれなかった専業主婦でも、誰でもOK!」という業者は要注意です。対応は丁寧であっても、それらの業者は闇金融業者である可能性が高いからです。

総量規制の施行にともない、借り入れができなくなった人や、家族などに内緒で借金をしたい人をターゲットにしたソフト闇金が、問題になりつつあります。

闇金のイメージとは違って、もっともらしい審査があったり、対応が丁寧であったりします。しかし、中身は法外な利子を取る違法業者です。甘い話には十分に注意しましょう。

審査を通りやすくするポイント

審査を通りやすくする3つの方法を解説します。

正直に申告する

カードローンの審査は、信用できる人物かどうかを見極めます。申告内容は、金融機関で共有されている信用情報(名前などの個人情報や、借り入れ、返済状況など)と照らし合わせて確認されます。

審査に自信がないからと年収を多めに申告したり、意図的に誤った情報を申告することは、ただちに自分の信用を下げることとなるので、避けたほうが賢明です。お金を借りるには信用が第一なので、虚偽の申告は審査において不利に働きます。

希望限度額を少なめにする

希望限度額は少ないほど、審査に通りやすくなります。限度額が少なければ、本人や配偶者の年収が少なかったり、信用情報が高得点ではなくても、少額ならきちんと返してもらえる確率が高く、お金を貸す側にとってリスクが低くなるからです。

逆に、希望限度額が高ければ、本当に返済できる基盤があるのかどうかを、より慎重にチェックされます。

借り入れから滞りなく、一定期間経過すれば、再度の審査はありますが、後から増額することも可能なので、まずは、必要最低限で申請するのが得策です。

複数の申し込みを同時にしない

現在、他社からの借り入れがある方は、そちらを返済してから、新たに申し込みをした方が有利です。

すでに他社からも借り入れを行っている場合は、『自転車操業状態に陥っていて、返済できないリスクがある』と、判断される可能性があるからです。

そのため、借り入れ件数をなるべく減らしておくようにしましょう。完済が難しい場合は、残債をできるだけ減額をすることを目指します。

主婦におすすめのカードローン3社

比較的審査が通りやすいネット銀行系、便利な流通系、信頼性の高いメガバンク系から、主婦におすすめの3社をご紹介します。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行は口座数が600万を超える日本最大のネット系銀行です。(2017年12月現在)

楽天銀行でカードローンを利用する最大のメリットは、審査が比較的通りやすいのに、既存の大手銀行にも負けない低金利です。

銀行系のカードローンでは、その銀行の口座を持っていないと、ローンを利用できないことがほとんどですが、楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座がなくても利用できます。

もし、楽天銀行の口座を持っている場合は、24時間いつでも即時融資が可能な点が魅力です。カードローンの申し込み手続きもスマホで完結するので、申し込みから審査、融資までのスピードも早めです。

また、楽天IDや楽天銀行の口座を以前から持っている場合は、その利用実績も審査に考慮されるので、よく楽天で買い物をしているという主婦は、支払いに滞りがなければ審査が有利に働きます。

入会時や取引内容に応じて楽天スーパーポイントがもらえたり、コンビニのATMや提携銀行ATMでの手数料が無料であったりと、お得な利用サービスがあるところもおすすめポイントです。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

セブン銀行カードローン

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する主婦に便利なのが、セブン銀行のカードローンです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されているセブン銀行のATMを利用すれば、返済・借り入れの際の手数料は、時間帯や休日に関係なく無料というところが、お得で使いやすいです。

「ちょっと手持ちが足りないな」というときに、近くのセブンイレブンで、すぐにお金を借りることができるので、利便性が高いという点がメリットとして挙げられます。

また、毎月の返済を計画的に行うと、nanacoポイントを貯めることができるサービスもあります。

カードローン | セブン銀行

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行は日本の3大メガバンクのうちのひとつです。初めてカードローンを利用するなら、信頼性の高いメガバンクが安心です。

コンビニのATMからの取引は手数料がかかってしまうなど、利便性に欠ける点はありますが、銀行系の中でも金利が低めになっている点が最大のメリットです。

金利は利用限度額が高いほど下がりますが、まずは、金利は幅が広く、1番高い金利が適用された場合で比較すると確実です。

みずほ銀行カードローン

まとめ

専業主婦でも夫に安定した収入があれば、銀行系ならカードローンの申し込みは可能です。審査の通りやすさ、金利、利便性などのポイントを比較すると自分に合った銀行が選べます。

信用情報に自信がない場合は、虚偽の申告は行わず、他社からの借り入れはなるべく減らしておくなどの準備が必要です。また、利用限度額を低くすると審査が有利になり、通りやすいです。

カードローンは主婦も安心して利用できる。正しい知識を身に着けよう

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン