1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの仕組みとは?返済方法の基礎知識をご紹介

カードローンの仕組みとは?返済方法の基礎知識をご紹介

カードローンという言葉は聞いたことがあるけれど、その内容はよくわからない、といった方もいるのではないでしょうか。今回は初めての方にもわかりやすく、カードローンの仕組みや返済方法について説明していきます。

この記事の目次

カードローンの特徴

まずはカードローンの特徴について、いくつかご紹介します。

担保や保証人は必要なし

カードローンには担保がありません。『対物信用』ではなく『対人信用』になり、お金を借りる人の信用度を審査するようになっています。ただし、お金を借りたい人が全員審査に通るとは限りません。

また、保証人(お金を借りた人が返済できなくなったとき、代わりに返済しなければならない人)も必要ない場合がほとんどです。

急な出費にも即日借り入れ可能

急にまとまったお金が必要になったとき、カードローンは条件を満たせば、即日融資が可能です。具体的な条件は各社によって様々ですが、下記に例を挙げておきます。

  • 審査可能な時間帯の間に審査を終わらせる。
  • 営業時間内にカード発行の手続きを終わらせる。
  • 指定された銀行の口座を持っている。

ただし、即日融資は借入金額が低めで、利息が高いというデメリットがあります。審査が早い即日融資は、つまり審査基準が比較的緩いため、お金が返ってこないリスクが高くなることから、金利を高めに設定しています。

気軽に利用できても利息が高く、返済が大変になる可能性もあることを覚えておきましょう。

限度額内なら何度でも借り入れOK

もうひとつカードローンにおいて重要なのは、限度額が決まっており、その枠内であれば何度でも借り入れができるという点です。

カードローンは、ローンを組む際に毎月の利用限度額を設定します。毎月きちんと返済していることを条件に、何度も借り入れができるのは、カードローンのメリットと言えます。また、きちんと返済できていれば、限度額が拡大していくのが一般的です。

知っておきたい返済方法とその仕組み

次に、カードローンには4種類の返済方法があるので、その返済方法と仕組みについて紹介します。

4種類の返済方法

カードローンには下記の4種類の返済方法があります。

  • ATMからの振込
  • 口座引落し
  • ネットバンキングから返済
  • 銀行振込

ATMからの振込は、コンビニのATMからも返済ができるので、好きな時間に返済できるのがメリットです。

しかし、自分でATMまで行って振り込まないといけないので、返済期日を忘れないように注意が必要です。また、手数料がかかるというデメリットもあります。

口座引き落としは自動で引き落としされるので、期日を忘れて延滞するといったことが起こりません。ただし、家族などに内緒にしている人は、通帳に記録されるのがデメリットです。

ネットバンキングからの返済は、パソコンやスマートフォンから返済できるので便利です。しかし、こちらも同様に、記帳されるというデメリットがあります。

銀行振込は記帳されるのと、振込手数料がかかるというデメリットがありますが、自宅にインターネット環境が整っていない方などには、適している返済方法です。

返済額が決定する仕組み

どのようなカードローンでも返済額は借入金額で決まっています。この決まった返済額を最低返済額と言います。

この最低返済額を毎月支払わなければなりません。一般的に借入残高が増えれば最低返済額も増え、借入残高が減れば最低返済額も少なくなります。

以下に大手銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの、借入残高と最小返済額について、表にまとめておきます。

借入残高10万円 借入残高30万円 借入残高50万円
三井住友銀行 2,000円 6,000円 10,000円
三菱東京UFJ銀行 2,000円 6,000円 10,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円
アイフル 4,000円 11,000円 13,000円
アコム(限度額30万円以上) 3,000円 9,000円 15,000円
プロミス 4,000円 11,000円 13,000円

返済額と利息の関係

最後に利息についてよくわからない方のために、返済額と利息の関係について説明します。

金利と借入期間で利息の計算

返済額には元金の他に利息も含まれます。その利息の計算方法は以下の通りです。

  • 利息=借りた金額×金利÷365日×借入期間(基本的に利息の小数点以下は切り捨て)

例えば、10万円を年利18%で30日間借りた場合で計算します。

利息=10万円×0.18÷365×30=1,479円

よって1カ月後に一括で返済する場合の返済金額は、10万1,479円となります。

短期間返済で利息減

カードローンの利息は日割り計算で、返済するごとに利息が発生します。借入期間が長くなればなるほど、支払う利息も多くなっていくので、利用期間をできるだけ短くするように心がけましょう。

また、カード会社によっては初回の契約に限り、30日間無利息期間を設けている場合もあります。この期間内に返済すれば、利息が発生しないので、短期間で返済できる場合は、うまく利用するとよいでしょう。

まとめ

カードローンは正しい知識を持っていれば、急にお金が必要になったときに、安心してお金を借りられる便利なサービスです。しかし、信用を担保にお金を借りているということを忘れずに、期日までにきちんと返済するようにしましょう。

カードローンの仕組みを完全解説。自分にあった商品の選び方

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン