1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの借り換えの相談先は?借り換えで返済額を減らそう

カードローンの借り換えの相談先は?借り換えで返済額を減らそう

カードローンは、借り換えにより返済額を減らせる場合があります。借り換えの際は、実際に返済額がどれくらい減るかシミュレーションをしてから、借り換えるカードローンの審査を受けることになります。ここでは、カードローンの借り換えについて紹介します。

この記事の目次

カードローンの借り換えを検討しよう

カードローンの返済は、返済期間が長い場合、返済額のほとんどが利息の支払いに消えてしまい、元金がなかなか減らないことがあります。

この場合、今のカードローンより金利の低いカードローンに借り換えることで、返済の負担を減らすことができる可能性があります。

カードローンを借り換える際は、借り換え先から借りたお金を、元の借り入れ先への返済に充当して、借り換え先に返済をしていくことになります。

しかし条件によっては、借り換え前よりも返済額が増えてしまう可能性もあります。そのため、事前にシミュレーションサイトなどで返済額を計算し、確実に返済額が安くなることを確認しておくことが重要です。

借り換えまでの流れ

カードローンを借り換えるためには、まず借り換え先のカードローンを探すことになります。今の借り入れ先よりも金利が低く、今の借り入れ額を全額返済できる金額を借りられるカードローンであることが大前提です。

ただし、金利が低くても支払い期間が長くなる場合、最終的に支払う金額が増えてしまうこともあります。

また、返済手数料が必要になったり、指定のATMからの返済しか受け付けないなど、毎月の返済が手間になってしまうこともあるので、借り換え先のカードローンは慎重に選びましょう。

借り換え先のカードローンが決まったら、借り換えの申し込みをします。新たにカードローンの契約をすることになるので、金融機関側で審査が行われます。審査に通ると、借り換え先からお金を借り入れることができる状態になります。

そして、借り換え先のカードローンからお金を借り入れたら、元のカードローンを全額返済し、ここからは借り換え先に返済をしていくことになります。

借り換えのメリットについて

カードローンを借り換える最大のメリットは、返済額と利息を減らすことができる点です。

高金利のカードローンから低金利のカードローンに借り換えることで、返済額と利息が減り、毎月の返済額を抑えることができます。この結果、最終的に返済する総返済額も減らすことが可能です。

また、借り換え先のカードローンに、借り換え専用のカードローンを選ぶことで、借金癖を直せるというメリットもあります。借り換え専用のカードローンでは、借金を返済する以外の目的でお金を借りることができないからです。

借り換え先のカードローンから借りたお金で、元のカードローンを全額返済したら、元のカードローンは解約してしまうことで、新たに借金をすることができなくなり、借金癖を抑えることもできます。

シミュレーションサイトで返済額を知る

借り換え後の毎月の返済額や利息を知るためには、金融機関のシミュレーションサイトを利用するのが便利です。

カードローンには、銀行系と消費者金融系の2種類があります。それらの違いは、総量規制の対象かどうかです。総量規制とは、貸金業者からお金を借りられる額の上限が年収によって決まっている制度のことです。

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。
具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。
※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。
銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。
また、住宅ローンなど一般に低金利で返済期間が長く、定型的である一部の借入れについては、総量規制は適用されません。

出典:総量規制に関するQ&A |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

つまり、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、年収による借り入れ上限額がなく、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となるので、借り入れ額は年収の3分の1に制限されるということになります。

銀行系のカードローンの例として三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の場合、毎月の返済額と返済期間の2種類の返済シミュレーションができます。

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

また、消費者金融系のカードローンの例としてアコムの場合、毎月の返済金額と返済回数の2種類の返済シミュレーションができます。

ご返済シミュレーション【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

借り換え相談はどこにすればいいの?

カードローンの借り換え先としては、すでに挙げた通り、銀行系か消費者金融系の2種類になります。

主な違いとしては、銀行系よりも消費者金融系の方が審査に通りやすい、銀行系は総量規制の対象外、消費者金融よりも銀行系の方が金利が低いなどが挙げられます。

消費者金融に相談

消費者金融系のカードローンは総量規制の対象であるため、借り入れ額が年収の1/3以上になる場合には、新たに借り入れをすることができません。そのため、借り換え額が比較的少額の場合には、銀行系よりも審査に通りやすいと言われています。

アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」やアイフルの「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン(かりかえMAX)」など、借り換え専用ローンも充実しているのが特徴です。

「複数のローンをお借入中のお客さま」、「総量規制における年収の1/3を超えるお借入があるお客さま」に最適な返済プランをご提案します。

出典:貸金業法に基づく借換え専用ローン【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

既借入ローンよりも低い金利での借換や複数の借入をまとめることで、返済額・利息の負担を軽減!

出典:貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[かりかえMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

銀行に相談

銀行のカードローンは、消費者金融系に比べて金利が低く、総量規制の対象外なので年収による借り入れ額の上限もありません。そのため借り入れ額が高額で、利息の支払いが多い場合には、銀行に相談してみるのがよいでしょう。

銀行のカードローンは、パソコンやスマートフォン、インターネットバンキングのほか、ローン契約機や郵送、銀行窓口など申し込み方法が多彩で、忙しい人でも申し込みがしやすくなっています。

また、返済も口座振替やインターネットバンキング、ATMなどが利用できるので、利便性が高いのも特徴です。

審査を通すには?

カードローンの借り換えは、今のカードローンとは別に新しくカードローンの契約をすることになるため、必ず審査を受けることになります。

すでに別のローンを契約している場合、新しくカードローンの契約をすることができない場合もあります。

カードローン審査について

カードローンを借り換える際の審査は、初めてカードローンを利用する場合の審査に比べると基準が厳しいと言われています。

カードローンの借り換えを検討している人は、すでにカードローンを利用している人、つまりすでに借金がある人ということになります。借金がある人にさらにお金を貸すことになるため、金融機関側も審査の基準を厳しくせざるを得ないのです。

通常のカードローンでは、勤務先への在籍確認や、住所、収入などの情報で審査が進められます。しかしカードローンの借り換えの場合、他のカードローンでの借り入れ額や、所持しているクレジットカードの枚数なども、審査の対象となることがあります。

審査の流れについて

通常のカードローンの審査では、収入や勤務形態、勤続年数などが判断の材料となります。カードローンの借り換えの場合も、基本的な流れは同じですが、先述した通り、借り換えの方が審査が厳しくなります。

借り換えの場合、転職直後で収入が激減している、勤続年数が1年に満たないなどの場合、審査に通らない可能性があります。借り換えの時期には十分注意しましょう。

カードローンの借り換えで審査に通過するためには、他のカードローンでの借り入れ額をできるだけ減らしておくことが最も重要です。

特に複数のカードローンを契約している場合、一番借り入れ額が少ないものは全額返済しておくなどの対処が必要となります。

また、所持しているクレジットカードの枚数、特にキャッシング枠にも注意が必要です。

カード自体をまったく使ってなく、キャッシングを利用していない場合でも、キャッシング枠があるというだけで、借金をしているものとみなされる場合があるためです。

まとめ

カードローンは借り換えによって総返済額を減らすことができます。使用用途を借金返済に限定した借り換え専用のカードローンもあります。

まずは、消費者金融系や銀行系のシミュレーションサイトで、利息や返済額をシミュレートしてみましょう。

そして、カードローンの借り換えには審査があります。通常のカードローンの審査よりも条件が厳しくなるため、他のカードローンでの借り入れ額をできるだけ減らしておく、キャッシング枠のあるクレジットカードは解約しておくなどの対処が必要です。

審査に通ってカードローンを借り換えることができたら、借りたお金で元のカードローンを全額返済しましょう。今後借金をする予定がない場合や借金癖を直したい場合には、ここで元のカードローンを解約しておくと安心です。

カードローンの借り換えを解説。返済金額と金利がポイント

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン