1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの金利が安いのはどこ?賢い選び方を紹介します

カードローンの金利が安いのはどこ?賢い選び方を紹介します

ここでは、カードローンの基本から、重視すべきポイント、おすすめのカードローンを紹介します。金利の安さだけでなく、最終的な返済額の安さや審査の通りやすさも重視し、自分に合ったカードローンを見つけましょう。

この記事の目次

カードローンの金利の基本

まずは、カードローンの金利について理解しておきましょう。

カードローンは3種類

カードローンは発行する会社によって、銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販系カードローンの3種類に分類されます。

種類 主な業者 特徴
銀行系 三菱東京UFJ銀行、楽天銀行 金利が比較的安い。貸金業法が適用されない。
消費者金融系 アコム、プロミス 審査が早く通りやすい。無金利や無利息期間サービスを実施している。
信販系 三井住友カード 提携店舗の優待などの特典やサービスを実施している。

金利が安いのは銀行系

カードローンでお金を借りるなら、なるべく安い金利で借り入れたいものです。主要業者の金利は、どれくらいに設定されているのでしょうか。

種類 業者 金利
銀行系 三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6%
銀行系 楽天銀行 1.9%~14.5%
消費者金融系 アコム 3.0%~18.0%
消費者金融系 プロミス 4.5%~17.8%
信販系 三井住友カード 4.0%~14.5%

上記の表から、金利が安いのは銀行系カードローンであることがわかります。

どの種類・業者のカードローンも、金利に大きな幅がありますが、金利の設定方法は『利息制限法』という法律で以下のように定められています。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

出典:e-Gov法令検索

このように、融資金額が10万円未満であれば20%まで、100万円以上であれば15%までしか金利を設定できないよう、利息制限法で定められています。基本的に、『融資金額が少なければ金利は高く、融資金額が高ければ金利が低く』なります。

利息は返済額で大きく変わる

しかし、低金利のカードローンを契約できたとしても、毎月の元本返済額が少なければ、利息を長期間支払うことになり、結果として支払総額が増えてしまいます。

カードローンは、借入期間に応じて利息がかかってくるので、低金利のカードローンでゆっくり時間をかけて返済するより、金利が高めのカードローンを短い期間で返済する方が、返済額を安くできることもあります。

利息の節約には繰り上げ返済が必須

毎月の返済額を増やすには、最少返済額ではなく、できるだけ大きな金額を返済していけばよいのですが、ここで注意すべきは毎月の返済方法です。

口座振替以外の返済方法であれば、返済時に好きな金額を入金できますが、口座振替で返済していく場合、自動的に最少返済額が引落しされてしまいます。

この場合、借入残高が減るごとに引落し額が減っていき、支払う利息の総額は徐々に増えてしまいます。

利息を節約するためには、毎月の返済とは別に、ATMなどで繰上げ返済をすることが必須です。

カードローンを選ぶポイント

ここでは、カードローンを選ぶ際の具体的なポイントをみていきます。

高額借り入れは銀行カードローン

銀行は貸付業法による総量規制の対象となりません。そのため銀行系カードローンは、比較的高額の借り入れが可能です。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

出典:総量規制とは | 貸金業法について

また、銀行系カードローンは、最低金利が低く設定されています。融資金額が高額であれば、その低い金利が適用される可能性が高くなるので、高額借り入れを考えている人にとっては、銀行系カードローンがおすすめです。

審査の通りやすさが大事

ここで注意しておきたい点としては、低金利で高額の貸付を行う業者は貸倒れがないよう、信用がある人にしか貸付をしないので、審査が厳しいことがあげられます。

しかも、一か八かで低金利のカードローンを申し込み、その審査に落ちてしまうと、信用情報に記録されてしまい、他のカードローンに申し込んでも落ちる可能性が高まってしまいます。

低金利にこだわりすぎると、どこからもお金を借りられない事態に陥る可能性もあるので、審査の通りやすさも大事なポイントです。

審査の通過率を公開している業者もありますので見てみましょう。

両社とも消費者金融系ですが、通過率は50%弱のようです。

銀行系はこのような数字を公表していませんが、一般的には、消費者金融と比べると、銀行系の審査通過率はその半分程と言われています。審査の通りやすさという点では、消費者金融系を選択するとよいでしょう。

おすすめの銀行カードローン3社

まずは、なんといっても金利の安さが魅力の銀行カードローンを紹介します。

みずほ銀行カードローン

三大メガバンク中で最も金利の安いカードローンです。申込みはWEBで完結でき、みずほ銀行の口座を保有していれば、新たにカードをつくる必要もなく手間がかかりません。

利用限度額 金利
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

カードローン:みずほ銀行

 

オリックス銀行カードローン

最低金利が安いので、高額借り入れに適しています。また、みずほ銀行カードローンと同じく申込みがWEBで完結し、保証人も必要ありません。

利用限度額 金利
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円 6.0%~14.8%
100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
700万円超800万円以下 1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

スマホでも申込みができ、さらに審査が通りやすく、即日融資の可能性もあります。楽天スーパーポイントも貯まります。

利用限度額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

少額なら消費者金融の方がお得?

審査は通りやすいけれども、金利が高い印象のある消費者金融系カードローンですが、銀行系にはないサービスを実施しています。

銀行にはない無利息期間

消費者金融系のいくつかの業者は、『無利息期間』サービスを実施をしています。無利息期間中は一括返済もできるので、期間内に全額を返済できれば利息は全くかかりません。

これを利用すれば、銀行系カードローンを利用するよりも、返済額が安くなる場合があります。

無利息期間サービスを実施しているアコムとプロミスについて、『無利息期間』サービスの内容と適用条件を下記見てみましょう。

業者 内容 適用条件
アコム 契約日の翌日から30日間無利息 新規契約者、かつ返済期日を「35日ごと」で契約すること
プロミス 初回借入日の翌日から30日間無利息 新規契約者、かつweb明細を利用すること

アコムの場合、契約日の翌日から30日間がスタートするので、契約後すぐに借入れしなかった場合も、自動的に無利息期間が減っていきますので注意してください。

【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

新規お申込み|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

 

まとめ

銀行系カードローンは低金利ですが審査が厳しく、高額の借入をする人に適しており、消費者金融系は金利は高めですが審査には通りやすく、少額の借入をする人に適しています。

気を付けたいこととしては、少額の借入であったり、毎月最低金額を返済していけば、結果として利息が上がり、返済額が大きくなってしまいます。

よって、金利を節約するには繰上げ返済をすることが必須です。無利息期間サービスなどを実施している業者もあるので、上手に活用することもポイントです。

金利の安さだけでなく、最終的な返済額の安さや審査の通りやすさも重視し、自分に合ったカードローンを利用しましょう。

カードローンの金利のすべて。正しく比較して賢く選ぶ

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン