1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. オリックス銀行カードローンは来店不要でWeb完結。利便性が魅力的

オリックス銀行カードローンは来店不要でWeb完結。利便性が魅力的

オリックス銀行カードローンは申込がWebで完結できるほか、提携ATMが多く手数料が無料です。また、コンビニ・スーパーでも借入・返済が可能な利便性に優れた商品です。今回は、オリックス銀行カードローンについて詳しく解説します。

この記事の目次

オリックス銀行カードローンとは?

『オリックス銀行カードローン』は、オリックス銀行が提供する、限度額上限800万円のカードローンです。

オリックス銀行はインターネット銀行で、独自の店舗やATMはありません。しかし、全国に97,000台以上ある提携ATMを利用し、郵便局やコンビニ・スーパーなどで便利に取引ができます。

また、申込の際に新しく口座を開設する必要がなく、申込がすべてWebで完結できるので、人目に触れずローンカードを作ることができます。

カードローンと総量規制

2010年6月より施行された『総量規制』により、貸金業者の個人向け貸付に対して、以下のような制限が設けられました。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

出典:総量規制とは | 貸金業法について

このことから、貸金業者から個人がお金を借りる際は、以下のようなことが定められました。

個人がお金を借りる場合(リボルビング契約の借入枠を設定する場合も含む)、
(1)ある貸金業者から50万円を超えて借りるとき
(2)他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき
のどちらかに当てはまれば、「年収を証明する書類」の提出が必要となります。それ以外の借入れであれば、自己申告に基づき年収を確認することとなります。

出典:書類の提出について Q&A | 貸金業法について

銀行系カードローンは総量規制を受けない

総量規制は、貸金業者や貸金業者からの借入を対象とした『貸金業法』で定められた規制です。貸金業者とは、以下のような業者をいいます。

お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことを、「貸金業者」といいます。具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者です(※)。銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫なども、様々な融資を行っていますが、これらは「貸金業者」ではありません。

出典:貸金業法Q&A:金融庁

このように、銀行は貸金業法の対象とはならず、銀行系カードローンは、総量規制を受けません。

消費者金融系カードローンは総量規制を受ける

消費者金融は貸金業者なので、消費者金融系カードローンは総量規制を受けます。ただし、総量規制には除外や例外となる借入があります。

除外となる借入には、住宅ローン・自動車ローンなどがあります。これらは、総量規制の対象となる借入残高に算入されません。

一方、例外の借入とは、総量規制の対象となり借入残高に算入されますが、例外的に年収の1/3を超えても、返済能力があると判断された場合に認められる借入です。例外の借入には、顧客に有利となる借換えや緊急の医療費などがあります。

除外・例外の借入について以下のサイトに、さらに詳しい説明があります。

総量規制とは | 貸金業法について

オリックス銀行カードローンは借り換えに使える

借入を低金利の商品に借り換えると、毎月の支払や金利を軽減できる場合があります。オリックス銀行カードローンは総量規制を受けず、比較的低金利であることから、借換えに適した商品です。

消費者金融も、総量規制の例外となる借り換え専用ローンを取り扱っています。しかし、これらの商品は比較的金利が高く、利用が債務返済のみに限定されるほか、様々な制限が設けられています。

借り換えを考える場合は、まず、銀行系カードローンの利用を検討すると良いでしょう。参考までに、他の金融機関のカードローンと比較してみましょう。

 商品名 最高利用限度額 金利 資金使途
オリックス銀行カードローン 800万円 1.7%~17.8% 事業性資金以外自由
三井住友銀行カードローン  800万円 4.0%~14.5% 事業性資金以外自由
アイフルかりかえMAX  500万円 12.0%~17.5% 他社借入金の借換えのみ
アコム借換え専用ローン  300万円  7.7%~18.0%  貸金業者債務の借換え

カードローン 商品詳細について : 三井住友銀行
貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[かりかえMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン
貸金業法に基づく借換え専用ローン【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

スペック表

オリックス銀行カードローンは、以下のような商品内容になっています。各項目について、詳しくご説明します。

項目 内容
金利 年利1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間  審査状況などにより時間がかかる場合あり
即日融資  不可
融資条件 以下の条件をすべて満たす方
年齢:満20歳以上69歳未満で、日本国内に在住
収入:毎月安定した収入がある
保証:オリックス・クレジット(株)か新生ファイナンシャル(株)の保証が受けられる
在籍確認  あり/電話
必要書類 本人確認書類の写し
利用限度額が50万円超の場合は所得証明書類の写し
預金口座振替依頼書(口座引落による返済希望の場合)
申込方法  インターネット
借入方法 振込/提携ATM
無利息期間  なし
返済方法 口座引落/振込/提携ATM
返済期日 10日と月末日から選択
増額  電話による申込

商品説明書 | カードローン | オリックス銀行

金利

オリックス銀行カードローンは利用限度額により10コースに分けられ、各コースごとに以下のような金利が定められています。

コース 利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円 6.0%~14.8%
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

限度額

オリックス銀行カードローンの利用限度額上限は800万円です。参考までに、他の銀行のカードローンと比較してみましょう。

商品名 最高限度額 金利(年)
オリックス銀行カードローン 800万円 1.7%~17.8%
三井住友銀行カードローン 800万円 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 500万円 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 800万円 2.0%~14.0%

カードローン : 三井住友銀行
カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行
カードローン:みずほ銀行

審査

審査はオリックス・クレジット株式会社、または新生ファイナンシャル株式会社が行います。銀行は多くの場合、消費者金融などの外部または子会社へ、審査を委託します。

これは、銀行の個人融資が住宅ローンなどの大口融資が多く、カードローンのような小口融資については充実したノウハウを持たないからです。

審査をするのは保証会社

審査を担当するふたつの会社は、どちらも貸金業者です。貸金業者は契約者に対する保証を自社で行っています。貸金業者はその豊富な実績を生かして銀行から保証業務を請け負い、契約者の返済能力を審査し、保証するかどうかを判断します。

貸金業者は審査の段階で、指定信用情報機関に個人の信用情報を照会します。貸金業者を会員とする、この機関での情報の登録・照会は、会員のみに限定されるため銀行は利用できません。

このように、個人の審査を行う上で、銀行に比べ多くの正確な情報を収集できる点も、貸金業者が保証を請け負う理由です。

(※指定信用情報機関とは、消費者への返済能力を超える貸付を抑止するために、貸金業者が行う信用情報の照会に対し情報提供業務を行う、内閣総理大臣が指定した一定の要件を満たす信用情報機関のことです。)

指定信用情報機関制度の概要 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

保証会社の役割

銀行は契約者の返済が滞った場合に、借入金の支払いを保証会社へ請求します。保証会社は契約者に代わり借入金を返済し、督促や通知といった方法で、契約者に対する借入金の回収を行います。

銀行は保証会社の存在により、貸し倒れのリスクを回避することができます。一方、保証会社はリスクを避けるために、申込の段階で個人に対する審査を慎重に行います。

このように貸金業者は、保証会社として銀行から審査・保証・借入金回収を請け負い、収益を得ています。

審査時間

オリックス銀行カードローンの審査は、土・日・祝日が間に入ったり、申込状況によっては時間がかかる場合があります。一般的に、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べ、審査には時間がかかります。

即日融資

カードは発行後、郵送にて自宅へ届けられることから、即日融資は受けられません。

融資条件

オリックス銀行カードローンは、申込時に口座を開設する必要がありません。融資条件は、以下の条件をすべて満たす方となります。

  • 申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方(専業主婦(主夫)、学生の方は除く)
  • 日本国内に在住(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット(株)または新生ファイナンシャル(株)の保証が受けられる方

商品説明書 | カードローン | オリックス銀行

在籍確認

在籍確認は、勤務先に電話をかけて行われます。電話は担当者の個人名でかけられるので、会社にカードローンの申込みを知られる心配はありません。在籍確認終了後、指定連絡先へ電話による本人確認と申込内容の確認があります。

必要書類

必要書類はメールで送られてくるURLから、アップロードします。アップロードができない場合は、カードデスクに電話し、郵送・FAXによる提出となります。提出した必要書類は返却されません。契約には以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類の写し
  • 利用限度額が50万超の場合は所得証明書類の写し
  • 預金口座振替依頼書(返済方法が口座引落の方のみ)

必要書類について、さらに詳しくご説明していきます。

※カードデスク:0120-890-693・受付時間9:00~18:00、土日祝及び12月31日~1月3日休

商品説明書 | カードローン | オリックス銀行

本人確認書類の種類

本人確認書類は、以下のいずれか1通の書類の写しを提出します。書類写しは、氏名・現住所・生年月日・発行または交付元の印等が確認でき、現在有効であることが必要です。

  • 運転免許証(変更事項の記載がある場合は裏面も必要)
  • 健康保険証(現住所の記載が裏面にある場合は裏面も必要)
  • 個人番号カード(表面のみ提出)
  • 日本政府発行のパスポート(顔写真のページと現住所記載のページを提出)
  • 在留カード、特別永住者証明書(顔写真のあるものに限る。名前、現住所、生年月日の記載がある面すべてを提出)

※書類の写しに本籍地・個人番号・臓器提供意思表示・通院歴・保健医療情報の記載がある場合は塗りつぶしたうえで提出

お申込時に必要な書類 | カードローン | オリックス銀行

50万超の借入には収入証明が必要

利用限度額が50万円を超える申込の場合は、以下のいずれか1通の所得証明書類の写しが必要です。審査の結果、利用限度額が50万円以下でも、提出を求められる場合もあります。

  • 源泉徴収票(個人事業主、会社経営の方は源泉徴収票の提出は不可)
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)

※確定申告書は税務署の受領印があるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要。個人番号の記載のないものを提出。

お申込時に必要な書類 | カードローン | オリックス銀行

申込方法

オリックス銀行カードローンの申込は、インターネットを利用したWeb申込となります。申込が24時間いつでも可能です。

申込はWeb完結

申込からカード発行まで、すべての手続きがWeb上で完結します。オリックス銀行の口座を開設する必要もありません。借入までの流れは次のとおりです。

  1. 申込フォームへ入力
  2. オリックス銀行より受付メールの配信
  3. 審査開始(結果はメールまたは書面で連絡)
  4. 審査通過後に勤務先へ在籍確認、指定連絡先へ本人確認及 び申込内容の確認
  5. ローンカードを発行
  6. 必要書類アップロード
  7. 自宅住所へ郵送にてカード到着後、利用開始

書類のアップロードの方法など、詳細については以下の公式サイトにてお確かめください。

お申し込みまでの流れ | カードローン | オリックス銀行

借入方法

借入には指定口座への振込と、ATMを利用する方法があります。

振込による借入

振込による借入には下記の2つの方法があります。振込融資の利用には、事前に口座の登録が必要です。また、取引状況により、融資が受けられない場合があります。

  • パソコン、携帯電話、スマートフォンからお客さま専用サイト「メンバーズナビ」を利用して振込融資の手続を行う
  • 0120-890-699へ電話による申込(受付時間9:00~18:00、土日祝及び12月31日~1月3日休)

振込指定口座がジャパンネット銀行の場合は、即時に振込があります。それ以外の銀行は、平日15:00までの受付分は即日、平日15:00以降および土日祝日受付分は、翌営業日9:00以降に振り込まれます。

お借入方法 | カードローン | オリックス銀行

提携ATMによる借入

提携ATMを利用して融資金の引出ができます。以下のように、とても便利な借入方法です。

  • ゆうちょ銀行やイオン、コンビニなど利用可能なATMが多い
  • 提携ATMは手数料が終日無料
  • 1,000円単位の借入が可能

利用可能なATMや時間帯などについては、公式サイトにてご確認ください。

提携ATM | カードローン | オリックス銀行

無利息期間

オリックス銀行カードローンには無利息期間はありません。借入日翌日より利息が発生するので、速やかな返済を心がけましょう。

返済

オリックス銀行カードローンの返済方法について詳しく見ていきます。

返済額は残高スライドリボルビング方式

毎月の返済方式は残高スライドリボルビング方式です。借入残高に応じて毎月の返済額は以下のように決められています。

借入残高 毎月の返済額
30万円以下   7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

借入残高が減少すると、毎月の返済金額も少なくなります。返済金額が少なくなると毎月の負担は減りますが、返済期間が長くなり支払う利息は多くなります。

返済日

返済日は毎月10日と月末日のどちらかを選びます。

返済方法

オリックス銀行カードローンには、毎月定期的に返済する約定返済と、返済日以外でも、資金に余裕があるときに追加で返済ができる随時返済があります。

ご返済方法 | カードローン | オリックス銀行

口座引落による返済

口座引落による約定返済は、返済日に借入残高に応じた返済額が、登録した口座より自動引落されます。随時返済の場合は、お客様専用サイトにログインし、増額返済申込の手続きを行うと、返済日に一括または増額して随時返済ができます。

なお、ゆうちょ銀行・オリックス銀行・楽天銀行など、口座引落に利用できない金融機関があります。

ご返済方法 | カードローン | オリックス銀行

振込による返済

振込による返済は、約定返済・随時返済どちらの場合も、オリックス銀行指定の返済専用口座への振込になります。返済専用口座はお客様専用サイトにて確認ができます。

提携ATM による返済

提携ATMでは、手数料無料で1,000円単位の返済が行えます。利用可能なATMは借入の場合と同じです。

増額・増枠

利用限度額の増額・増枠は、カードデスクへの問い合わせによる対応となります。

  • カードデスク
    0120-890-699
    受付時間9:00~18:00 土日祝及び12月31~1月3日休

一般的に増額・増枠を希望する場合は再び審査を受け、可能かどうかの判断が行われます。

解約

解約の手続きは、電話で申し込みます。電話番号や受付時間は、利用限度額の増額・増枠の場合と同じです。

まとめ

オリックス銀行カードローンには次のような特徴があります。

  • 口座開設の必要がない
  • Webで申込が完結
  • コンビニやスーパーなど提携ATMによる借入・返済が可能
  • 提携ATMの利用は終日手数料無料
  • 総量規制の対象にならず、借り換えにも利用できる

オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンであり、安心、信頼して利用できる商品です。また、忙しい方や、なるべく人目につかない方法で申し込みたい方には、とても便利なカードローンとなっています。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン