1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. 三井住友銀行カードローンのすべて。即日融資も可能な財布の味方

三井住友銀行カードローンのすべて。即日融資も可能な財布の味方

メガバンクの一角、三井住友銀行が提供しているカードローンが『三井住友銀行カードローン』です。大手銀行ならではの安心感で人気を集めています。今回は、消費者金融を含めた他のカードローンとの違いを余すことなく解説します。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで発行枚数の多い、即日発行できる人気のクレジットカード3選!

三井住友銀行カードローンとは?

銀行で融資を受けるとなると時間がかかる印象がありますが、三井住友銀行カードローンは最短即日で融資が受けられる商品です。

カードローンの特徴

カードローンの特徴は、契約した金額の範囲内なら繰り返し借入できることです。契約した金額を『限度額』と呼びます。例えば50万円の限度額で契約して50万円借入をした場合、それ以上借入はできません。

しかし、返済が進んで借入残高が30万円になると限度額との差が20万円(50万円-30万円)生まれ、新たに20万円までは借入が可能です。借入をするために新たな契約を結ぶ必要はありません。

住宅ローンや自動車ローンの場合は返済していくだけなので、そこが大きな違いです。

クレジットカードとの違い

クレジットカードの主な機能は立替払いです。現金を持たなくてもカードで買い物ができるのは、カード加盟店である店舗に、クレジットカード会社が立替払いをしてくれるからです。

その立替払い機能にプラスして現金を借入できる機能があり、『キャッシング』と呼ばれます。契約した枠の中で繰り返し利用できるのはカードローンと変わりません。

ただし、借入専用のカードローンに対して、クレジットカードのキャッシングは利便性に劣ります。例えばATMや銀行振込の返済ができず、口座引き落しでしか返済ができない、という会社もあります。

買い物はクレジットカードで、現金の借入はカードローンで、という使い方が賢い選択です。

スペック表

まず、三井住友銀行カードローンのスペックをご紹介し、それぞれの項目について順に解説していきます。

項目 内容
金利 年4.0%〜14.5%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日
即日融資
融資条件 年齢:満20歳以上満69歳以下
在籍:国内に居住する個人
収入:原則安定した収入があり、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる
在籍確認 あり/電話
必要書類 本人確認書類/収入証明(50万円超申込の場合)
申込方法 ローン契約機/インターネット/電話/郵送/窓口
借入方法 ATM/コンビニATM/ゆうちょ銀行ATM/提携金融機関ATM/口座振込
無利息期間 0日
返済方法 ATM/コンビニATM/ゆうちょ銀行ATM/口座振込/口座振替
返済期日 5日/15日/25日/月末(申込時に選択)
増額 可能/審査あり

金利

三井住友銀行カードローンの詳細な金利と他行との比較、利息の計算方法について説明します。

金利の決まり方

銀行系カードローンの金利は利用限度額によって変わります。以下、他行との比較です。

利用限度額 三井住友カードローン バンクイック みずほ銀行カードローン
700万円〜800万円 4.0%~4.5% 設定なし 1.5%~4.5%
600万円〜700万円 4.5%~5.0% 設定なし 4.0%~4.5%
500万円〜600万円 5.0%~6.0% 設定なし 4.5%~5.5%
400万円~500万円 6.0%~7.0% 1.8%〜6.1% 5.5%~6.0%
300万円~400万円 7.0%~8.0% 6.1%〜7.6% 6.5%〜7.0%
200万円~300万円 8.0%~10.0% 7.6%〜10.6% 8.5%〜9.0%
100万円~200万円 10.0%~12.0% 10.6%〜13.6% 11.5%〜12.0%
~100万円 12.0%~14.5% 13.6%〜14.6% 13.5%〜14.0%

利用限度額の範囲は、三井住友銀行カードローンとバンクイックは『以下』と『超』、みずほ銀行カードローンは『未満』と『以上』です。

利用限度額が大きいほど金利が低くなることがわかります。

カードローン「バンクイック」:選ばれる理由 | 三菱東京UFJ銀行

カードローン:みずほ銀行

金利から利息を計算する方法

100万円を年利14.5%で30日間借入をする場合を例にします。

まず、1年分の利息を計算します。
100万円×14.5%=145,000円

次に1日分の利息を計算します。
145,000円÷365日=397円(小数点以下切り捨て)

30日分の利息を計算します。
397円×30日=11,910円

利息の計算の仕組みはこのようになっています。

カードローンの利息計算方法 | カードローン・ローン|楽天銀行スーパーローン

限度額

他社と比較した上限限度額は以下のようになっています。

カードローン 限度額
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
アコム 800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
りそなクイックカードローン 200万円

三井住友銀行カードローンは、カードローンの中ではトップクラスの上限限度額であることがわかります。

審査

カードローンの特徴として、審査の早さが挙げられます。三井住友銀行カードローンの場合は『即日審査・即日融資』と、銀行系カードローンの中ではトップクラスの早さを誇ります。では、その審査はどのように行われているのでしょうか。

審査の厳しさと金利の関係

一般的に金利が高いほど審査基準が緩く、金利が低いほど審査基準が厳しくなっています。これはカードローンだけでなく、他の金融商品にも言えることです。

お金を貸す、ということは返済してもらわなければなりません。その利息で銀行や消費者金融などの会社は利益を得ています。

金利を低く設定すれば利息という儲けが少なくなりますが、審査を厳しくすることによって確実に返済できる相手を選び、元金が返済できなくなるリスクを減らすことができます。いくら利息収入があっても、元金が返済されなければ損失が出るからです。

金利を高く設定しているところは、その元金が返済できなくなるリスクも計算して利息を多くとる仕組みを取り、審査基準を緩くしているのです。

審査をするのは保証会社

審査基準について述べましたが、一般的に銀行系カードローンの金利は、消費者金融に比べて低く設定されており、審査が厳しいと言われています。

しかしながら、実際に審査をするのは三井住友銀行カードローンの場合、消費者金融であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)です。

よって、審査方法はプロミスと同じです。ただし審査基準が異なります。プロミスの上限金利は17.8%、三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%と、3.3%の金利差があります。この差が審査基準の違いであり、審査の厳しさの違いなのです。

即日融資

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は、即日融資が可能であるということです。

即日融資の条件

通常の銀行のカードローンでは早くても翌日、長い場合は数日から1週間かかることも珍しくありません。その中で即日融資ができるのは大きなメリットです。

しかしながら条件があり『三井住友銀行の普通口座を有していること』です。カードローンの申込と同時に、三井住友銀行の銀行口座を開設することは可能ですが、即日融資はできません。

銀行口座がある場合はローン契約機だけでなく、インターネットでも即日融資が可能です。

他銀行の即日融資

メガバンクと大手ネット銀行の即日融資についての一覧です。

銀行 即日融資 即日融資のための銀行口座
三菱東京UFJ銀行バンクイック 不要
りそな銀行クイックローン 必要
みずほ銀行カードローン 必要
住信SBIネット銀行MRカードローン × -
楽天銀行スーパーローン 不要
オリックス銀行 × -

三菱東京UFJ銀行バンクイックと楽天銀行スーパーローン以外では、即日融資の条件は口座を有することが主流となっています。即日融資そのものができない銀行もあります。

融資条件

  • 申込時満20歳以上満69歳以下
  • 原則安定した収入がある
  • 指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる

保証会社の保証が受けられるという意味は、保証会社であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の審査に通るということです。

銀行口座はカードローン申込と同時にできるので融資条件にはなっていません。

在籍確認

『在籍確認』とは申込時に登録した勤務先に本当に勤めているかどうか、電話や書面で確認することです。

在籍確認の方法

多くのカードローンと同じように、三井住友銀行カードローンでも原則、電話による在籍確認が行われます。個人名か銀行名かを選べますが、個人名で会社に電話が入るのに抵抗がある場合は、銀行名で電話してもらえばいいでしょう。

万が一、自分以外の人が電話を取っても、カードローンの申込と知られる心配はほとんどありません。

また、自分のデスクの直通電話があるなら、申込時にその電話番号を登録し在籍確認の電話をしてもらえば、他の人に電話を取られる心配はありません。在籍確認の電話をする時間帯が指定できるのも安心できるポイントです。

在籍確認の例

実際の在籍確認の例です。まず本人が電話に出た場合です。

「三井住友銀行ですが、○○さんいらっしゃいますか?」
「私です。」
「ありがとうございます、確認終わりました。」

次に社内の人が出た場合です。

「三井住友銀行ですが、○○さんいらっしゃいますか?」
「○○なら今外出しております。」
「かしこまりました、ではまたかけ直します。」

このような流れで行われます。

必要書類

本人確認書類が必ず必要です。50万円超の申込の場合は収入証明が必要となります。

50万円以下の申込

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

上記書類以外で本人確認書類が証明書に使えるかどうかは、カードローンプラザ(0120-923-923)に問い合わせください。

50万円超の申込

下記のうち1点の収入証明書が必要です。

  • 給与明細書(発行日が3カ月以内のもの)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書・納税証明書・所得証明書
  • 確定申告書

いずれも普段持ち歩くものではないので、前もって準備しておく必要があります。

申込方法

多彩な申込方法で、ニーズに合った方法を選べます。

インターネットでの申込

口座を持っていない場合と持っている場合とで異なります。

口座を持っている場合

三井住友銀行のインターネットバンキングにログイン後、必要事項を入力して送信するだけです。審査完了後すぐに電話、もしくはメールで連絡が入ります。

契約が終了すれば、銀行のキャッシュカードでカードローンが利用できるようになります。ローン専用カードを希望する場合には、ローン契約機での受け取りか、郵送での受け取りになります。

口座を持っていない場合

ホームページの申込にて、申込フォームに必要事項を入力後送信します。カードの受け取りを郵送かローン契約機か選ぶ必要があります。カードレスは選べません。審査完了後、電話かメールで連絡があるのは口座がある場合と同じです。

キャッシュカードがないので、カードの利用は郵送で送られてきたのち、ローン契約機で受け取ってからとなります。

ローン契約機からの申込

三井住友銀行の他に、プロミスに設置されているローン契約機での申込が可能です。必要事項を入力後、審査完了次第すぐ結果が知らされます。その場で契約手続きが行われ、カードローン専用カードが発行されます。

三井住友銀行の口座がある場合は銀行キャッシュカードの登録で、キャッシュカードからカードローンを利用できるようになります。

電話での申込

申込に必要な項目の聞き取りをオペレーターが行います。審査完了後、電話かメールで結果の連絡が来て、ローン契約機か郵送で契約、カード発行となります。

窓口での申込

三井住友銀行の本支店窓口での申込ができます。審査結果の連絡は電話で、郵送かローン契約機での契約、カード発行となります。

郵送での申込

メールオーダーサービスに必要事項を記入、本人確認書類と一緒に郵送します。審査結果の連絡は電話で行われ、郵送でローン専用カードと契約書類の控えが届きます。

借入方法

3種類の借入方法があります。インターネットバンキングに申し込んでいないと、口座振込での借入ができません。

ATMでの借入

  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM
  • ゆうちょATM
  • 提携金融機関ATM

以上のATMで借入ができます。提携金融機関ATM以外のATM利用手数料は無料です。ゆうちょ銀行のATMと提携金融機関ATMでは、カードローン機能付きキャッシュカードの利用ができないので注意してください。

SMBCダイレクトでの借入

三井住友銀行のインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を契約の場合のみ、銀行口座への振込の借入ができます。

自動融資での借入

三井住友銀行の普通口座を返済口座に指定した場合、その口座の残高不足により公共料金等が引き落とせない場合、自動的にカードローンからの借入で銀行口座に入金します。ただし、以下のものは対象外です。

  • カードローンの毎月の返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等の預金間の振替
  • 投信自動積立による自動引き落とし

無利息期間

無利息期間はありません。

返済

3通りの返済方法があります。

ATMでの返済

  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM
  • ゆうちょ銀行ATM

上記のATMで返済できます。ATM利用手数料が無料で、カードローン機能付きキャッシュカードはゆうちょ銀行で利用できないのは借入と同じです。

振込での返済

SMBCダイレクトを使って、カードローン口座への振込で返済できます。ただし、振込手数料がかかります。

口座振替による返済

三井住友銀行の普通預金口座からの引き落としで返済できます。返済日は、5日・15日・25日・月末の中から選べます。

増額

電話(0120-923-923)またはローン契約機にて増額が可能です。ただし所定の審査があります。

まとめ

  • 銀行口座との連動性
  • 銀行のキャッシュカードが使える
  • 即日融資可能
  • コンビニATM・ゆうちょ銀行ATM利用手数料無料

三井住友銀行カードローンの特徴は金利の低さと銀行口座との連動性です。公共料金の引き落としでうっかり残高不足になることはよくあります。自動融資機能は消費者金融ではできないサービスです。

そして、三井住友銀行の口座がある場合には、即日融資が可能なのも魅力的なポイントです。

さらに、コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMの利用手数料が無料のため、好きなときに返すことができます。ATM利用手数料も支払うという意味では利息と変わらないので、カードローンを選ぶ際の重要なポイントと言えます。

万が一のためにカードローンを使えるようにしておきたいけれど、消費者金融を利用したくないと考えるなら、一番の選択肢に挙がる銀行系カードローンです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン