1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの即日融資。銀行系は消費者金融より賢い選択?

カードローンの即日融資。銀行系は消費者金融より賢い選択?

カードローンの『即日融資』を謳っている銀行や消費者金融は多いですが、どこが一番いいのか迷うところです。一番気になるのは金利ですが、それ以外に選ぶ基準はあるのでしょうか。今回は即日融資が必要なときのカードローンの選び方を解説します。

この記事の目次

即日融資のための注意点

即日融資を宣伝しているからといって、誰が申し込んでも、いつ申し込んでも即日融資できるわけではありません。前もって下記3点を確認してから申し込みましょう。

本人確認書類は用意しているか

融資のために必要な本人確認書類は各社ほぼ同じです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

ただし、現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は、以下の書類が追加で必要のなることがあります。例えば単身赴任のサラリーマンの場合は本人確認書類の住所が、現住所と違う場合があるので注意が必要です。

  • 公共料金の領収書
  • 住民票

普段持ち歩いているものではないので、前もって用意しておきましょう。

希望金額が50万円を超える場合は収入証明書が必要になります。50万円を超えなくても『収入証明書がある方が審査は早い』ので用意しておくことをおすすめします。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 給与明細

銀行口座は持っているか

銀行系カードローンの場合、その銀行の普通預金口座を持っていることが即日融資の条件となっている場合があります。銀行口座申込と同時に融資は可能なものの、即日融資はできないところがあるのです。

例えば三井住友銀行は、即日融資の条件は銀行口座があることです。しかし、銀行口座がなくても即日融資できる場合はあります。

例えば、新生銀行カードローンレイクや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、銀行口座がなくても即日融資が可能です。

消費者金融の場合は、即日融資の条件として銀行口座の要件はありません。ただし、銀行振込での融資を希望するなら、口座がわかるキャッシュカードや通帳を用意しておく必要があります。

何時までの申込で即日可能か

即日融資のための最終申し込み時間は、会社によってます。また同じ会社でも申込方法によって異なるので前もって確認する必要があります。

以下、平日に即日融資ができる、手続き終了時間を一覧にしました。手続き終了時間なので、申込はこれより前に始めておく必要があります。

カードローン 手続き終了時間 申込方法
三菱東京UFJ銀行バンクイック 20時 自動契約機
三井住友銀行カードローン 21時 Web、自動契約機
新生銀行カードローンレイク 21時 自動契約機
アコム 22時 自動契約機
プロミス 22時 Web、自動契約機
ノーローン 21時(申込は20時30分まで) 自動契約機

カードローン「バンクイック」:テレビ窓口 | 三菱東京UFJ銀行

カードローン : 三井住友銀行

STEP1 お申込み - 自動契約機 | レイク公式:キャッシングなら新生銀行カードローン レイク

店頭窓口・むじんくんでのお申し込み【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

はじめてのご利用|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

自動契約コーナーでのお申込み|なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

三井住友銀行カードローンとプロミスは、三井住友銀行に口座があれば24時間振込可能なのでWeb申込が22時でも即日融資が可能です。

即日融資できる銀行系カードローン

銀行系カードローンでも即日融資可能な銀行があることが分かりました。次にそのカードローンの商品概要を見ていきましょう。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

項目 内容
名称 三菱東京UFJ銀行バンクイック
即日融資にかかる時間 未記載
銀行口座 不要
申込資格 満20歳以上65歳未満
保証会社(アコム(株))の保証を受けられる
安定した収入がある
利用限度額 10万円〜500万円
金利 1.8%~14.6%
申込方法 自動契約機、Web、電話、郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

カードローン「バンクイック」| 三菱東京UFJ銀行

Webから申し込んでも自動契約機でカードを発行しなければいけないので、Web完結できるカードローンと比べると、やや申込時の利便性に欠けます。

ただし、ATMは提携ATMも含めて利用手数料が無料なので、一旦カードを作ってしまえば利便性は高いと言えます。

三井住友銀行カードローン

項目 内容
名称 三井住友銀行カードローン
即日融資にかかる時間 未記載
銀行口座 即日融資には必要
申込資格 満20歳以上69歳以下
保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる
安定した収入がある
利用限度額 10万円〜800万円
金利 4.0%~14.5%
申込方法 自動契約機・Web・電話・郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

カードローン 商品詳細について : 三井住友銀行

カードを発行しなくても即日融資可能なので、インターネット環境があれば来店せずに手続きが完了するのが強みのカードローンです。ただし、三井住友銀行の口座を持っていることが条件となっています。

24時間振込可能な銀行は、三井住友銀行とジャパンネット銀行です。提携ATMの利用手数料が無料なのはバンクイックと同様です。

新生銀行カードローンレイク

項目 内容
名称 新生銀行カードローンレイク
即日融資にかかる時間 最短50分
銀行口座 不要
申込資格 満20歳以上満70歳以下
保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証を受けられる
原則安定した収入がある
利用限度額 1万円〜800万円
金利 4.5%~18.0%
申込方法 自動契約機・Web・電話・郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

はじめてのお申込み | 新生銀行カードローンレイク公式:キャッシング・カードローンなら新生銀行カードローンレイク

銀行系カードローンの中では珍しく即日融資の最短時間の記載があります。即日融資を求めている際に安心して申し込めます。専業主婦が利用できるのも特徴です。

無利息期間サービスがあり、契約の翌日から30日か、借入金額5万円まで無利息180日かを選べます。ATM手数料は無料です。

即日融資できる消費者金融

消費者金融の場合、ほとんどのところが受付時間内に申し込めば即日融資可能です。ただし、消費者金融では専業主婦は借入することはできません。

アコム

項目 内容
名称 カードローン
即日融資までにかかる時間 最短30分
銀行口座 不要
申込資格 満20歳以上
安定した収入がある
利用限度額 1万円〜800万円
金利 3.0%~18.0%
申込方法 自動契約機、Web、電話、郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

カードローン(キャッシング専用アコムカード)【アコム公式サイト】

最短30分を謳う消費者金融大手です。30日間無利息サービスもあります。ただし、提携ATMの利用手数料がかかるのがデメリットです。1万円以下で108円、1万円超で216円かかります。

プロミス

項目 内容
名称 フリーキャッシング
即日融資までにかかる時間 最短30分
銀行口座 不要
申込資格 満20歳以上69歳以下
安定した収入がある
利用限度額 1万円〜500万円
金利 4.5%~17.8%
申込方法 自動契約機、Web、電話、郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

フリーキャッシング|商品・サービスのご紹介|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

他のカードローンで銀行振込の即日融資を受けるためには14時までの申込が必要です。しかし、プロミスは三井住友銀行に口座があれば、Web申込から時間の制約がなく即日融資可能です。

また、無利息サービスがあり、初めての借入日の翌日から30日間利息はかかりません。ただし、ATM利用手数料はかかります。1万円以内は108円、1万円超は216円です。

ノーローン

項目 内容
名称 カードローン
即日融資までにかかる時間 最短20分
銀行口座 不要
申込資格 満20歳以上69歳以下
安定した収入がある
利用限度額 1万円〜300万円
金利 4.9%~18.0%
申込方法 自動契約機、Web、電話、郵送
借入方法 ATM、口座振込
返済方法 ATM、口座振込、口座振替

商品詳細|なんどでも1週間無利息キャッシングの【ノーローン】公式ホームページ

新規借入だけでなく、完済すればまた利用できる1週間無利息期間サービスがあるのがノーローンの特徴です。短期の借入と完済を繰り返す人に向いています。

即日融資の時間は20分と、他社に比べてかなり短い時間を謳っています。アコム、プロミスと同様にATM手数料がかかります。

銀行系は金利が本当に低いのか

以上、即日融資可能な銀行3行と消費者金融3社のそれぞれの特徴を紹介しました。やはり即日融資という点では消費者金融が長けているという結果となりました。

では、金利はやはり銀行系が低いのでしょうか?

カードローン金利比較

カードローン 金利
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
ノーローン 4.9%~18.0%

上限金利を比較すると、バンクイックと三井住友銀行カードローンの金利は低いですが、レイクの金利は消費者金融とほぼ同じです。銀行であるからといって、金利が低いわけではないことが分かります。

さらに、バンクイックと三井住友銀行カードローンには無利息期間がありません。即日融資が必要な局面を考えると、急きょ必要になり、すぐに借りてすぐに返す、というスタイルが一般的です。

その場合は、無利息期間がある銀行系カードローンのレイクや、他の消費者金融を利用した方がメリットはあります。即日融資を受けられる確率が高く、かつ支払利息がゼロで済んだり、少なくて済んだりする可能性が高いからです。

まとめ

即日融資を受けたい場合に一番重視すべきなのは『とにかく早く』です。その目的が第1なら、金利よりも早さを優先した方がいいでしょう。

無利息期間を活用すれば支払利息はゼロになることもあります。そのため、金利の優先順位は、初めての利用で借入期間が短期であれば低いと言えます。

今後もカードローンを使いたい場合、最初に利用したカードローンを解約して別の金利の低いカードローンに乗り換えることもできます。

即日融資の際には、金利より融資の早さ、無利息期間を比較検討して、自分に合ったカードローンを利用してください。

カードローンの即日融資。どこに申し込むのがベスト?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン