1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. おまとめローン
  4. おまとめローンの仕組みとは?賢く借り換えて返済の負担を楽にする

おまとめローンの仕組みとは?賢く借り換えて返済の負担を楽にする

複数のカードローンを利用していて、いつ期日なのか、返済額がいくらなのか、残高がどれくらいなのかわからなくなっていたら借金の黄信号です。いつ返済が終わるかもわからなくなっている可能性があります。そんなとき役に立つのがおまとめローンです。

この記事の目次

おまとめローンの仕組みとは

『おまとめローン』とは、複数社の借入を1つにまとめるローンです。現在の借入先よりも金利を下げたり、月々の返済を少なくしたりして、借金の負担を減らすのが目的です。

銀行のおまとめローン

銀行のおまとめローンの場合、現在の借入が消費者金融からの場合は金利が安くなる場合が多いのがメリットです。

おまとめローンという名称ではなくても審査に通ればおまとめに利用できるカードローンもあります。利用目的が自由で、「おまとめや借り換えには利用できません」と商品説明書に書いていないことが条件です。

通常のカードローンを利用する場合は、おまとめローンを利用するより審査は厳しくなります。

なぜなら、おまとめローンの場合は借金すべてを精算して自社にまとめるのに対して、通常のカードローンでは今の借金に追加してさらに貸し出すという形で審査が行われるからです。

消費者金融のおまとめローン

消費者金融は他社も含めて年収の1/3以上を貸し付けてはいけないと規制されています。これを『総量規制』と呼ぶのですが、消費者金融のおまとめローンはこの総量規制の対象外になります。

例えば年収600万円の人が200万円を借り入れている場合、600万円×1/3=200万円なので、総量規制ではこれ以上借入をすることができません。

しかし、消費者金融のおまとめ専用ローンを使えば200万円分のローンを組んで、200万円返済することが可能なのです。他社の完済を条件に借り入れるローンということです。

おまとめローンの特徴

おまとめローンの特徴について解説します。必要に応じて通常のカードローンをおまとめローンとして使う場合もあわせて説明します。

おまとめローンの金利

おまとめローンだからといって、金利が安いわけではありません。会社によって金利が違うのは通常のカードローンと変わりません。

しかしながら、100万円未満の複数社の借入を1社にまとめることによって、『利息制限法』により金利が下がる場合があります。

利息制限法

借入金額 金利
10万円未満 20.0%
10万円以上~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

例)年利18.0%で3社、30万円、30万円、40万円を借入している場合

借入総額は30万円+30万円+40万円=110万円

1社にまとめた場合、借入金額が100万円以上なので、利息制限法により金利は最高でも15.0%になります。

おまとめローンの返済金額

おまとめローンの月々の返済金額は通常のカードローンより少なめです。これは、おまとめをするという目的が、月々の返済金額を少なくすることだからです。

おまとめ専用ではない銀行系カードローンも最小返済金額が消費者金融に比べて少ない傾向にあります。ただし、最小返済金額が少ないからといって、その金額を返済し続けると、なかなか返済が終わらず、支払利息も多くなってしまいます。

できるだけ多く月々の支払金額を設定し、余裕のあるときは追加返済をして、支払利息を少なくすることが大切です。月々の支払金額と支払期間、総支払利息については後ほどシミュレーションいたします。

おまとめローンの追加借入

消費者金融のおまとめローンの場合、追加借入をすることはできません。銀行系おまとめローンの場合、商品によっては限度額の範囲で追加借入できます。銀行系カードローンをおまとめローンとして利用する場合は、限度額の範囲で借入が可能です。

ただし、借金を整理するためのおまとめなので、追加借入をすると返済計画が狂います。借金の負担が軽減して生活再建の目途が付くまでは、どうしてもという場合を除き、借入をしない方が賢明です。

あくまで計画的に借金を減らすためと手段がおまとめローンなのです。

おまとめローンを申し込む準備

漠然とおまとめローンに申し込んではいけません。ただ単に借金から楽になりたいから、という気持ちだけではまた借金を繰り返してしまいます。申し込む前に以下の3点を確認することが必要です。

借入残高を把握する

数社の借入を繰り返していると、残高が確認できなくなっている場合があります。明細でそれぞれ残高がどれくらいあるか確認しましょう。その残高ぎりぎりの金額を申し込むのです。

おまとめローンを利用する場合は、利息も含めた残高と同じだけの融資になりますが、銀行系カードローンの場合は、限度額を大きめにして申し込むことも可能だからです。

余裕を持った限度額が更なる借入を生み、それが新たな借金の苦しみになるのです。審査にも不利になります。大きめの限度額を申し込めば、利用目的に他社返済のためと書いていても、さらに借金を重ねることが懸念されてしまいます。

金利を把握する

おまとめローンを利用する場合には金利に関わらずすべてのローンをまとめる必要があります。

しかし、銀行系カードローンをおまとめローンとして使う場合は、おまとめ先より金利の低い先は外して、それ以外のカードローンをまとめるという方法もあります。

ただし、計画的な返済のためにおまとめローンを、と考えるなら、金利よりもまとめることを優先した方が、結果的に支払う利息は少なくなります。

複数のカードを持っていると、それだけ借金の把握がしづらくなり、つい利用してしまうことになりかねないからです。

月々の返済金額を把握する

まず、借入先それぞれの返済金額を把握して、現在の月々の合計返済金額を把握します。次におまとめ先として考えている先の返済金額を調べます。

そして、どれだけ返済金額が少なくなれば生活が取り戻せるか家計を診断します。

最後にベースとなる月々の返済金額を決め、余裕があるときは追加返済をする、という自分なりの計画を決めてしまうのです。

毎月計画的に返済していくことが、おまとめローンを成功させる一番の鍵です。月々の返済金額の違いは支払総利息に大きく影響するのです。後ほどシミュレーションで解説します。

専用のおまとめローン

通常のカードローンをおまとめローンとして使う場合、追加借入とみなされますが、専用のおまとめローンの場合は追加借入ではなく、借入をまとめる前提で審査が行われます。

よって、通常のカードローンより審査は通りやすくなります。また、おまとめローンでは確実な借り換えのために、おまとめ先が今の借入先への返済を代行することが多くなっています。

東京スター銀行スターワンバンクローン

項目 内容
商品名 スターワンバンクローン(おまとめローン)
申込資格 満20歳以上、65歳未満であること
給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員)であること
年収200万円以上であること
保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられること
利用用途 無担保ローンの借換え(事業性資金を除く)
借入金額 30万円〜1,000万円
金利 年率5.8%~14.8%

具体的に年収200万円と条件に明記されているのが特徴です。専業主婦、パート、アルバイトでは利用できません。おまとめローンですが、借入金額とは別に限度額も設定され、借入金額が限度額を下回れば追加借入もできるというのも特徴です。

おまとめローン | 東京スター銀行のスターワンバンクローン

じぶん銀行 カードローンau限定割 借り換えコース

項目 内容
商品名 じぶん銀行 カードローンau限定割 借り換えコース
申込資格 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満であること
安定継続した収入があること(自営、パート、アルバイトを含む)
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられること
※外国籍の人は永住許可を受けている場合に対象
利用用途 おまとめ・借り換え
借入金額 10万円〜800万円
金利 1.7%~12.5%

専業主婦は利用することはできませんが、自営業、パート、アルバイトの方でも利用できます。携帯電話のauを使うことによって、通常金利から0.5%優遇されている商品です。自営業、あるいはauユーザーであれば候補になる商品です。

じぶん銀行カードローンau限定割 | じぶん銀行

アイフルおまとめMAX

項目 内容
商品名 アイフルおまとめMAX
申込資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たすこと
利用用途 おまとめ・借り換え
借入金額 1万円~500万円
金利 12.0%~15.0%

専業主婦の利用はできません。また、返済専用ローンなので、追加借入もできません。
銀行のおまとめローンに比べて金利が高めで、借入金額の上限も低めです。

貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[おまとめMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

おまとめに使えるカードローン

あくまで通常のカードローンの申込なので、現在の借入残高に加えてどれくらい貸し出すことができるかの審査になります。よって、おまとめ専用ローンより審査は厳しくなります。

楽天銀行スーパーローン

項目 内容
商品名 楽天銀行スーパーローン
申込資格 満年齢20歳以上62歳以下の方
日本国内に居住していること(外国籍の場合は、永住権または特別永住権があること)
毎月安定した定期収入があること、または、専業主婦であること
楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができること
利用用途 原則自由(事業性資金以外)
借入金額 10万円〜800万円
金利 1.9%〜14.5%

専業主婦でも利用が可能と明記されています。専業主婦なら選択肢の1つに挙げられる商品です。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

住信SBIネット銀行MRカードローン

項目 内容
商品名 カードローン(プレミアムコース/スタンダードコース)
申込資格 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
安定継続した収入のあること
外国籍の場合、永住者であること
保証会社の保証を受けられること
住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
利用用途 原則自由(事業性資金を除く)
借入金額 10~1,200万円
金利 0.99%〜14.79%

最低金利が0.99%と、これまでに紹介したローンより一番低くなっています。

住信SBIネット銀行のカードローン

借り換えのシミュレーション

おまとめ前の借入条件は以下の通りとします。返済金額は最小返済金額を、金利は上限金利を設定しています。

カードローン 借入額 返済金額 金利
みずほ銀行カードローン 20万円 10,000円 14.0%
アコム 50万円 15,000円 18.0%
モビット 30万円 11,000円 18.0%

「みずほ銀行カードローン」の月々の返済額を知りたい | みずほ銀行:FAQ(よくあるご質問

ご返済金額について【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

返済日・返済額:キャッシング、カードローンはモビット

月々の返済金額

  • 借入金額の合計:100万円(20万円+50万円+30万円)
  • 月々の支払いの合計:36.000円(10,000円+15,000円+11,000円)

100万円の借入で36,000円未満のおまとめローンを選べば月々の返済が楽になるということです。

アイフルおまとめMAXでまとめた場合

契約の段階で、何年で返済するか決める仕組みです。100万円借入の場合の返済金額は以下の通りです。

返済期間 返済金額
3年 35,000円
5年 24,000円
7年 20,000円
10年 17,000円

貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[おまとめMAX] | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

楽天スーパーローンでまとめた場合

100万円借入時の返済金額:15,000円

カードローンの返済方法|安心の低金利の楽天銀行のスーパーローン

おまとめローンを利用すると、月々の返済金額がかなり抑えられることがわかります。

総支払利息

シミュレーションには以下のサイトを利用します。なお、シミュレーションの結果は取引内容や契約内容により変動します。

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

ご返済シミュレーション|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

おまとめローンを利用せずに返済を続けた場合、返済回数と総支払利息は以下のようになります。

カードローン 借入金額 返済金額 金利 返済回数 総支払利息
みずほ銀行カードローン 20万円 10,000円 14.0% 23回 29,062円
アコム 50万円 15,000円 18.0% 47回 198,327円
モビット 30万円 11,000円 18.0% 36回 88,683円
  • 月々の返済金額:36,000円
  • 総支払利息 316,072円 (29,062円+198,327円+88,683円)
    完済までの期間3年11カ月後(47回、アコム)

アイフルおまとめMAXにまとめた場合

適用金利は上限金利の15.0%とします。契約の段階で返済期間が決まります。

返済期間 返済金額 総支払利息
3年 35,000円 244,878円
5年 24,000円 421,355円
7年 20,000円 579,052円
10年 17,000円 936,019円

月々の返済を少なくすれば返済期間が長くなり、支払利息も増えることがわかります。月々の負担を減らすためのおまとめローンですが、余裕があるときは追加返済をしていかないと、まとめる前よりはるかに多くの利息を支払うことになるのです。

楽天スーパーローンでまとめた場合

適用金利は上限金利の14.5%とします。

  • 返済金額;15,000円
  • 返済期間137回(11年5カ月)
  • 総支払利息:899,441円

いくら月々の返済金額が減るからと言え、10年以上借金を背負い続けることは、おまとめローンによる生活の立て直しとは言えません。無理のない範囲で、できるだけ多くの返済が必要であることがわかります。

まとめ

おまとめローンのメリットは、自分にどのくらいの借金があって、毎月どのくらい返せばどのくらいの期間で返済できるか、計画が立てられることです。

しかしせっかくおまとめローンを組んでも、誘惑に負けてまた借金をしてしまう場合も少なくありません。借金をすれば、結局自分が使えるお金は利息を支払う分減るのです。

お金を稼いで、その中で自分が使えるお金を可処分所得といいます。借金は可処分所得を減らしてしまうのです。地道な返済が可処分所得を増やすことになり、自分の生活を楽にするのです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

おまとめローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり