1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. 住信SBIネット銀行 MRカードローンを解説。金利や利便性は?

住信SBIネット銀行 MRカードローンを解説。金利や利便性は?

大手ネット銀行住信SBIネット銀行が提供するカードローンが「MR.カードローン」です。今回はMR.カードローン申込から借入・返済までを徹底解説します。これさえ読めばMR.カードローンのすべてが分かります。

この記事の目次

住信SBIネット銀行 MR.カードローンとは?

MR.カードローンは審査によって、金利が低く限度額が大きい「プレミアムコース」と、プレミアムコースより金利が高く限度額が小さい「スタンダードコース」に分かれます。

プレミアムコースの上限金利は7.99%と非常に低い金利となっています。スタンダードコースの上限金利は14.79%です。

スペック表

項目 内容
金利 年0.99%〜14.79%
限度額 10万円~1.200万円
審査時間 最短60分
即日融資 ◯(住信SBIネット銀行に口座を持っている場合)
融資条件 年齢:満20歳以上65歳未満
在籍 国内に居住する個人(外国籍の場合、永住者であること)
収入 安定継続した収入があること。
保証 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、住信SBIネット銀カード株式会社)の保証を受けられること
口座 住信SBIネット銀行の口座があること(同時申し込み可能)
在籍確認 あり/電話
必要書類 本人確認書類(審査によっては収入証明)
申込方法 インターネット
借入方法 提携コンビニATM/口座振込
無利息期間 0日
返済方法 口座振替/ATM(追加返済のみ)
返済期日 毎月5日
増額 可能/審査あり

金利

まず金利の計算方法を説明し、次に他社との金利比較をします。MR.カードローンには、他のサービスを利用していると金利が下がる特典があるので、それも合わせて紹介します。

金利の計算方法

カードローンの商品説明に書かれている金利は年利です。1年間借りたときに何%の利息がつくかを示しています。

ただし、カードローンは借りた日数だけ利息がつく仕組みになっています。よって、年利から1日分の利息を計算し、借りた日数を掛けて利息を計算します。これを「日割り計算」と呼びます。

具体例は以下の通りです。

金利:14.6%
借入額:100万円
年間の利息:100万円×14.6%=146,000円
1日分の利息:146,000円÷365日=40円
30日分の利息:40円×30日=1,200円

年利14.6%で30日借入をすると1,200円の利息がつく、ということです。

他社との金利比較

金利は利用限度額によって変動します。以下、金利の比較表です。MR.カードローンはスタンダードコースとプレミアムコースに分けています。

スタンダードコースの上限限度額が300万円のため、300万円までの表になります(限度額については後ほど説明します)。

利用限度額 MR.カードローン(プレミアムコース) MR.カードローン(スタンダードコース) 三井住友カードローン 三菱東京UFJ銀行バンクイック
1,100万円超 1.59% 設定なし 設定なし 設定なし
1,000万円超~1,100万円 2.39% 設定なし 設定なし 設定なし
900万円超~1,000万円 2.49% 設定なし 設定なし 設定なし
700万円超~900万円 2.99% 設定なし 4.0%~4.5%(800万円まで) 設定なし
500万円超~700万円 3.99% 設定なし 4.5%~6.0% 設定なし
300万円超~500万円 4.99% 設定なし 6.0%~8.0% 1.8% ~ 7.6%
200万円超~300万円 5.29%~5.99% 8.99% 8.0%~10.0% 7.6%〜10.6%
100万円超~200万円 6.39%~6.99% 11.99% 10.0%~12.0% 10.6%〜13.6%
10万円~100万円 7.99% 14.79% 12.0%~14.5% 13.6%〜14.6%

MR.カードローンのプレミアムコースが突出して金利が低いことが分かります。それ以外のカードローンはほぼ横並びです。

他サービス利用で金利が下がる

比較の結果、MR.カードローン(プレミアムコース)以外が横並びでしたが、MR.カードローンには必ず金利を下げることができる方法があります。

  • SBI証券口座保有登録済または、当社住宅ローン残高がある:0.5%引き下げ
  • SBIカード保有で引落口座設定:0.1%引き下げ

「SBI証券口座」の開設にはお金がかからないので、前もって口座を開設しておけば金利0.5%を引き下げることができます。

するとMR.カードローン(スタンダードコース)の上限金利が14.29%(14.79%-0.5%)となり、他行のカードローンに比べて一番低くなります。

プレミアムコースの場合も上限金利が7.49%(7.99-0.5%)に引き下げとなります。

住宅ローンの残高の条件は現在ローンを組んでいる人へのサービスですが、証券口座保有と引き下げ率は重複しない(0.5%+0.5%にならない)ので気にかける必要はありません。

SBIカードを今所有している人はさらに0.1%金利を引き下げることができます。しかしながら、SBIカードはすでに新規申し込みが終了しており、2018年1月31日にサービス終了するカードです。

新たに金利の引き下げを目的にSBIカードを申し込むことはできません。

限度額

限度額の範囲内で何回でも借入できるのがカードローンの特徴です。上限限度額はカードローンによって違います。上限限度額の範囲内で、カードローンを利用する個人の限度額が決まるのです。以下、各カードローンの上限限度額です。

カードローン 上限限度額
MR.カードローン(プレミアムコース) 1,200万円
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友カードローン 800万円
アコム 800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 500万円
アイフル 500万円
MR.カードローン(スタンダードコース) 300万円

MR.カードローン(プレミアムコース)は突出して上限限度額が大きく、MR.カードローン(スタンダードコース)は逆に一番小さいという結果になりました。

先ほど比較した金利もそうですが、MR.カードローン(プレミアムコース)は他のカードと全く違う優れたスペックになっています。

クレジットカードに例えると、プレミアムコースはゴールドカード、スタンダードコースは一般カードの扱いと言えます。

審査

MR.カードローンは住信SBIネット銀行のカードローンですが、実際の審査は保証会社が行います。

保証会社の役割

「保証会社」の役割は、銀行に代わってカードローンの審査をすることと、カードローン利用者の債権保全をすることです。債権保全とは貸し倒れにならないように管理することを言います。万が一貸し倒れたときは、保証会社が責任を取って、銀行にお金を支払うのです。

MR.カードローンの場合、保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と住信SBIネット銀カード株式会社です。銀行は手数料を支払って、保証会社に保証を依頼しています。

一般的に銀行は有担保ローン(住宅ローン・自動車ローン等)のノウハウは持っていますが、無担保ローン(カードローン)のノウハウはあまり持ち合わせていないので、消費者金融を保証会社に立てることが多いのです。消費者金融は長年のカードローンのノウハウを持ち合わせています。

まずは仮審査をする

他のカードローンの仮審査はごく簡略化されたものですが、MR.カードローン場合は仮審査が実質上の本審査になります。

仮審査に通った場合、メールと住信SBIネット銀行の個人WEBページのメッセージボックスに仮審査の結果が届きます。

メッセージに記載されている契約内容に同意すれば本審査となります。本審査は勤務先の在籍確認となります(在籍確認については後ほど説明します)。

審査の厳しさ

どのカードローンでもそうですが、審査基準は非公開になっています。一般的には金利の低いカードローンほど、金利の高いカードローンより審査は厳しくなります。そう考えればMR.ローンの場合、プレミアムコースはかなり審査が厳しいということになります。

スタンダードコースの場合、金利がほぼ同じ三井住友カードローンの保証会社はプロミスで、MR.カードローンの保証会社もプロミスです。

審査基準はもちろん違いますが、プロミスが培ったカードローン融資のノウハウで審査しているので、三井住友カードローンと審査の厳しさはほぼ同等の可能性はあります。

即日融資

住信SBIネット銀行に口座があれば、「最短即日融資」が可能です。仮審査は最短60分で終わり、本審査後融資という流れです。

銀行口座は即日開設することができないので、口座が無ければ即日融資はできません。

融資条件

以下の条件を満たす必要があります。

  • 満20歳以上65歳未満であること
  • 安定継続した収入があること
  • 外国籍の場合、永住資格があること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 住信SBIネット銀行に口座を保有していること(同時申し込み可能)

安定した収入が必要条件なので、専業主婦はMR.カードローンに申し込むことができません。

在籍確認

MR.カードローンの場合、仮審査で書類上の審査は終了し、本審査は勤務先への在籍確認となります。

在籍確認とは?

「在籍確認」とは、申し込み時に記入した勤務先に本当に勤務しているか確認をすることです。電話での在籍確認と、書面での在籍確認があります。

MR.カードローンでは原則電話での在籍確認です。在籍確認で問題が無ければ、本審査通過で融資が受けられます。

個人名か銀行名で電話をする

勤務先への在籍確認の電話は個人名か銀行名でおこなわれ、どちらかは選ぶことができます。

銀行名を選択して、本人が電話に出た場合

住信SBI:「住信SBIネット銀行ですが、○○さんいらっしゃいますか?」
申込者:「はい、私です。」
住信SBI:「ありがとうございます。確認終わりました」

自分以外が電話に出た場合

住信SBI:「住信SBIネット銀行ですが、○○さんいらっしゃいますか?」
会社の上司や同僚:「○○なら外出しております。」
住信SBI:「ではまたかけ直します」

自分以外の社員が電話に出るのに抵抗がある場合は、申し込み時に自分のデスクへの直通電話番号を記入するとよいでしょう。

必要書類

「本人確認書類」が必要なのは他のカードローンと同じですが、カードローン申込のために必要なのではなく、住信SBIネット銀行の口座開設のために必要なのです。

MR.カードローンの申込条件の一つは住信SBIネット銀行の口座を保有していることです。ですから、すでに住信SBIネット銀行に口座を持っている場合は本人確認書類が不要となります。

提出方法はPC・スマートフォンでのWEBアップロード、FAX・郵送のいずれかの方法です。

本人確認書類

住信SBIネット銀行に口座を持っていない場合には、顔写真入りの本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)が必要となります。

収入証明が必要な場合もある

借入希望金額や審査の結果によって収入証明が必要になる場合があります。これは口座を持っていても持っていなくても同じです。

収入証明は以下の書類の1点、または複数点です。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細

申込方法

MR.カードローンの申込はインターネットからになっています。インターネットには他の人に会わずに契約し、借入ができるというメリットがあります。申し込み後、仮審査、仮審査の連絡、本審査と進み、手続き完了となります。

借入方法

借入方法には、インターネットでの借入とATMでの借入があります。

インターネットでの借入

PC・スマートフォン・モバイル端末で住信SBIネット銀行の個人のページにログインします。次にカードローンの借入画面に移ります。そこに借入金額を入力すれば、円普通口座へ振り込まれます。なお、他銀行の口座への振り込みはできません。

ATMでの借入

住信SBIネット銀行には自社ATMがありません。よって提携ATMを使った借り入れになります。また、カードローン専用のカードは存在せず、キャッシュカードでの借入となります。

キャッシュカードを提携ATMに挿入すると、「カードローン」というボタンがあるので、それを選択、画面が変わるので「借り入れ」を選択して借入額を入力します。

提携ATMはイオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソンATMです。提携ATMの利用手数料は無料です。

無利息期間

無利息期間はありません。

返済

毎月の返済金額と返済方法について説明します。

毎月の返済金額

毎月の返済金額は借入残高によって決まります。これを「約定金額」と呼びます。以下300万円(スタンダードコースの上限限度額)までの約定金額の一覧です。

前月末時点の貸越残高 返済額
2,000円以下 前月末時点の貸越残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 11,000円
80万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超300万円以下 25,000円

返済方法

返済方法は口座振替での約定金額引落が基本になって、追加返済(随時返済)したい場合にはインターネットでの手続きやキャッシュカードを使ったATMでの返済が利用できます。

口座振替での返済が基本

MR.カードローンは毎月5日に普通口座からの約定金額引き落としによって返済する方式を取っています。この日付に必ず普通口座に約定金額以上の残高を用意しないと、延滞になってしまいます。

延滞しそうなとき、または延滞したときは、入金予定日をインターネットの専用のフォームで連絡するようになっています。

ATMは追加返済のみなので注意

注意しなければならないのは、「毎月の期日での返済にATMを利用することはできない」ことです。もちろんATMでの返済はできますが、それはあくまでも追加返済(随時返済)の扱いとなります。

例えば4日にATMで返済しても、返済期日である次の日の5日には銀行口座引落があるのです。

追加返済をしたい場合には提携ATMで「カードローン」を選択、「ご返済」から手続きができます。毎月5日の約定金額返済に備えて入金するときには銀行口座への「預け入れ」を選択してください。

ATM画面 入金の扱い
カードローン 追加返済
預け入れ 銀行口座への入金

インターネットでの返済も同じで、口座振替以外はすべて追加返済になります。

増額

限度額の増額については、自分から申し込むことはできず、住信SBIネット銀行から連絡がくるシステムになっています。増額の本審査には収入証明が必要となる場合があります。

増額の審査基準は非公開ですが、通常カードローンで増額される場合は、それまでの取引が良好(延滞がない)、勤務先・自宅に変化がないなどが挙げられます。信用を積み重ねれば増額となるのです。

まとめ

以上、住信SBIネット銀行MR.カードローンについて解説してきました。

MR.カードローンの特徴

  • 即日融資可能
  • 提携手数料無料
  • キャッシュカードで借入可能

金利はメガバンクのカードローン並みに低く、追加サービスの利用で金利が下がることも魅力的です。ATMでの借入や返済に使うのはキャッシュカードです。誰かに見られてもカードローンを利用していることは絶対に知られません。

提携ATMの数も多く、ATM利用手数料も無料です。金利の低さと利便性を求めるならMR.カードローンは一番の選択肢に入るカードローンです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり