1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの返済シミュレーション。返済期間や返済金額を解説

カードローンの返済シミュレーション。返済期間や返済金額を解説

カードローンでの金利・借入金額・返済金額・返済期間の関係は非常に難しいものです。難しくて分からないから、カードローンで借り入れをするのは非常に不安なことです。そこで今回はシミュレーションをすることによって、その不安を解消します。

この記事の目次

カードローンの基礎知識

カードローンと他のローン、例えば住宅ローンや自動車ローンとの違いは利用目的が限定されないことです。また『無担保ローン』で、保証人も必要ありません。さらに契約した金額=限度額の範囲内なら何回でも追加で借りることができます。

限度額の仕組み

カードローンの契約によって、借り入れできる上限の金額が決まっており、その金額は『限度額』と呼ばれます。限度額の範囲内なら、何回でも借り入れすることが可能です。

例えば、100万円が限度額で50万円借り入れている場合、あと50万円追加で借り入れることができます。返済が進み、借入残高が10万円になった場合さらに追加で90万円借り入れることができるのです。

カードローンのこの仕組みは、専門用語でリボルビング方式と呼ばれます。返済金額は借入残高によって決まり、返済回数は借入を繰り返すので決められていません。

住宅ローンや自動車ローンの場合は借り入れた後は決まった金額を決まった回数で返済していくので、そこが大きな違いです。

最小返済金額

借入金額によって『最小返済金額』が決まっており、毎月最小返済金額以上の返済をする必要があります。なお最小返済金額は会社によって異なります。

例えば100万円借入の場合の例は以下の通りです。

カードローン 最小返済金額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 20,000円
みずほ銀行カードローン 20,000円
住信SBIネット銀行MR.カードローン 15,000円

利息の計算方法

カードローンの利息計算は日割り計算になっています。日割り計算とは、30日借りたら30日分の利息が発生するということです。

例として、100万円を年利14.6%で30日間借り入れた場合の利息を計算します。
100万円×14.6%=146,000円(年間の利息)
146,000円÷365日=400円(1日の利息)
400円×30日=12,000円

100万円を年利14.6%で30日間借入をすると12,000円の利息が発生するということです。

カードローンの金利比較

カードローンの返済シミュレーションで確認しなければならないのは上限金利です。金利はどのカードローン会社も○%~△%という表記になっています。

どの金利が適用されるかは分からないので、上限金利が適用されるとして返済計画を立てなければならないのです。

また銀行系カードローンの場合限度額によって金利が違います。

シミュレーションを行う各行のカードローンの限度額別金利は以下の通りです。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

限度額 金利
10万円以上100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行カードローン

限度額 金利
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%

500万円以上は割愛します。

みずほ銀行 : カードローン

住信SBIネット銀行MR.カードローン

MR.カードローンには、プレミアムコースとスタンダードコースがあります。

今回はスタンダードコースをシミュレーションに使用します。

限度額 金利
10万円~100万円 14.79%
100万円超~200万円 11.99%
200万円超~300万円 8.99%

ミスターカードローン - 返済方法|住信SBIネット銀行

借入金額100万円でシミュレーション

それではシミュレーションに移ります。3つのケースを比較します。

条件は以下の通りです。

  • 100万円の限度額で100万円借入
  • 金利は上限金利を適用

住信SBIネット銀行にはカードローンの返済シミュレーションのサイトがないため、みずほ銀行とオリックス・クレジット株式会社のシミュレーションサイトで計算しています。

なお、シミュレーションの結果は取引によって多少変動します。

返済を3年で終わらせる場合

銀行 金利 毎月の返済額 返済回数 総支払利息
三菱東京UFJ銀行 14.6% 34.469円 36回 240,895円
みずほ銀行 12.0% 34,343円 36回 202,017円
住信SBIネット銀行 14.79% 35,784円 36回 252,412円

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行 : 返済金額シミュレーション
(住信SBIネット銀行MR.カードローンのシミュレーションにも使用)

月々の返済額を2万円にする場合

銀行 金利 毎月の返済額 返済回数 総支払利息
三菱東京UFJ銀行 14.6% 20,000円 78回 550,160円
みずほ銀行 12.0% 20,000円 73回 413,395円
住信SBIネット銀行 14.79% 20,000円 79回 596,253円

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行 : 返済回数シミュレーション

ご返済シミュレーション | VIPローンカード | 【公式サイト】カードローンならオリックス・クレジット株式会社(住信SBIネット銀行のシミュレーションに使用)

月々の返済が最小返済金額の場合

銀行 金利 最小返済金額 返済回数 総支払利息
三菱東京UFJ銀行 14.6% 20,000円 78回 550,160円
みずほ銀行 12.0% 20,000円 73回 413,395円
住信SBIネット銀行 14.79% 15,000円 141回 1,111,045円

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行 : 返済回数シミュレーション

ご返済シミュレーション | VIPローンカード | 【公式サイト】カードローンならオリックス・クレジット株式会社(住信SBIネット銀行のシミュレーションに使用)

計画的な返済のために

シミュレーションの結果、『月々の返済金額』が一番完済までの返済回数や総支払利息に影響することがわかります。

完済までの期間を決める

完済の期間を決めてしまえば、金利の差の影響が少なくなります。金利による月々の返済金額の違いは、一番低いみずほ銀行と一番高い住信SBIネット銀行との差で1,441円(35,784円-34,343円)です。総支払利息の差は約5万円(252,412円-202,017円)です。

月々2万円を返済した場合、みずほ銀行と住信SBIネット銀行の総支払利息の差は約20万円(596,253円-413,395円)に広がり、完済まで6カ月(79回-73回)長くなります。

最小返済金額以上の返済をする

三菱東京UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンの最小返済額2万円で返済していくと、完済まで5年以上かかります。

住信SBIネット銀行の最小返済金額は1万5千円です。完済まで141回、総支払利息は1,111,045円です。完済まで11年以上かかり、総支払利息は元金を超えています。

余裕のあるときに追加返済をしなければ、完済までの期間が非常に長くなり、総支払利息も増えるということです。

まとめ

以上、3行を比較してシミュレーションを行い、その結果を分析しました。金利が低ければそれだけ支払利息も減ります。しかしながら、一番大事なのは、返済金額です。今の返済金額なら何年で返済できるということを理解しておかないと、返済がなかなか終わらないのです。

シミュレーションでは途中で借り入れるケースを紹介しませんでしたが、途中で借り入れると当然元金が増え、そこからまた返済が始まるので返済しても返済しても、完済まで非常に時間がかかることになります。

返済期限を区切り、月々の返済金額を決めることがカードローンの『計画的な利用』に一番大切なことです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり