1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンを借り換える。金利の比べ方と注意点は?

カードローンを借り換える。金利の比べ方と注意点は?

カードローンの金利はどこも同じようなものと思いがちですが、調べてみるとかなり違いがあることがわかります。もし今借りているカードローンの金利が高いと感じるなら、『借り換え』を検討するのも一つの手です。そこで、金利の比べ方や注意点を解説します。

この記事の目次

借り換えのメリットとデメリット

カードローンの借り換えには大きなメリットがありますが、デメリットもあります。再度の借り換えは難しいので、借り換え先に選ぶカードローンをよく調べることが必要です。

借り換えのメリット

借り換えのメリットは3つあります。

  • 支払う利息が少なくなる
  • 毎月の返済金額が少なくなる
  • 支払い先を1社にまとめられる

1つ目は、『金利』が下がることによって、支払う利息が少なくなることです。借り換えの一番のメリットと言っても過言ではありません。

2つ目は、毎月の『返済金額』が少なくなることです。カードローンによって毎月の最小返済金額が決まっており、今のローンより最小返済金額が少ない借り換え先を選べば、毎月の返済のやりくりが楽になります。

3つ目は、複数社からの借入をしていた場合、『1社にまとまる』ことです。借入先によって返済額、返済日がバラバラだったのが、1社にまとめることによって、返済の管理が楽になります。

借り換えのデメリット

借り換えのデメリットとしては2つ挙げられます。

金利が下がらない場合がある

以下に例を示します。

  • 今利用しているカードローンの金利:18.0%
  • 借り換えを検討している別のカードローンの金利:4.0%~17.8%

最低金利4.0%に惹かれて借り換えても審査の結果、金利は『上限金利(一番高い金利)』の17.8%が適用される可能性があります。0.2%(18.0%-17.8%)しか金利が下がりません。

上限金利が適用されても、金利が下がるカードローンに借り換えることが大切です。

追加借入ができない場合がある

『借り換え専用ローン』の中には追加借入ができないものもあります。特に消費者金融の借り換え専用ローンは追加借入ができません。

貸金業法に基づく借換え専用ローン【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

ただし、借り換え専用ローンのすべてが、追加借入ができなくなるわけではなく、銀行については借り換えローンの追加借入規制がありません。

例えば、東京スター銀行のスターワンバンクローンでは、限度額の範囲内で借入が可能です。

おまとめローン | 東京スター銀行のスターワンバンクローン

カードローンの金利比較

特に注目しなければならないのは上限金利です。上限金利が適用されても、今借りているカードローンより低いローンを選ぶのがポイントです。

メガバンク

カードローン 金利 限度額
みずほ銀行カードローン  2.0~14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそなクイックカードローン 3.5~12.475% 200万円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6% 500万円

ネット銀行

カードローン 金利 限度額
住信SBIネット銀行 0.99~14.79% 1,200万円
イオン銀行 3.8~13.8% 800万円
楽天銀行 1.9~14.5% 800万円
ソニー銀行 2.5~13.8% 800万円

消費者金融

カードローン 金利 限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円

銀行の限度額別上限金利

先ほど説明した上限金利ですが、銀行の場合は『限度額に応じて上限金利が変わる』仕組みになっています。限度額が大きいほど上限金利が低くなります。よって、自分の借入額に応じた上限金利を比較することがポイントです。

以下、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行バンクイックの例です。

みずほ銀行の限度額別金利

 

限度額 上限金利
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満  6.0%
500万円以上600万円未満  5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

カードローン:みずほ銀行

バンクイックの限度額別金利

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンの名称です。

利用限度額 上限金利
10万円以上100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 13.6%
200万円超300万円以下 10.6%
300万円超400万円以下 7.6%
400万円超500万円以下 6.1%

カードローン「バンクイック」:選ばれる理由 | 三菱東京UFJ銀行

借り換えの審査は厳しい

メリットが多い借り換えですが、その審査は厳しくなっています。

新たな借入と見なされる

借り換え専用ローンでないかぎり、今借入している金額に加えて『新たな借入をするという前提で審査』されます。なぜなら、借り換え目的として申し込んでも、本当にその目的で使うかわからないからです。

例えば、同じ条件なら、他社で100万円借入をしている人より、全く借入をしていない人の方が審査に通りやすいということです。

希望融資額に足りない場合もある

借り換え先の審査の結果、希望額より少ない限度額になる可能性があります。例えば、現在100万円借入しているのが、50万円の限度額になるという場合です。

金利が下がるので50万円は借り換えた方が得ですが、残りの50万円は今のカードローンでの借入を継続することになります。そうすると、返済するカードローンが2社になり、管理が不便になります。

借り換えの際の注意点

金利が下がり月々の返済金額が減って、借り換えに成功したと思っていても意外な落とし穴があります。金利が下がっても、『月々の返済金額』が少ないとなかなか返済が終わらず、結局支払う利息が多くなる場合があります。

具体例を挙げて説明します。

アイフルとバンクイックの比較

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。アイフルからバンクイックに50万円借り換えた場合をシミュレーションします。

カードローン 金利 最小返済金額
アイフル 18.0% 13,000円
バンクイック 14.6% 10,000円

最小返済金額で返済

カードローン 返済回数 返済金額
アイフル 58回 751,057円
バンクイック 78回 775,050円

 返済シミュレーション | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

カードローン「バンクイック」 : 返済シミュレーション | 三菱東京UFJ銀行

総支払利息と返済回数

先ほどのアイフルと三菱東京UFJ銀行バンクイックの比較でわかることは、借り換え先で最小返済金額の返済を続けると、金利が下がっても返済回数が多くなり『総支払利息が増える』ということです。

  • 返済回数:+20回(78回-58回)
  • 支払利息:+23,000円(775,050円-751,057円)

余裕のあるときは多めに返済することで返済回数を減らし、支払利息を減らすことができます。

利便性が悪くなる場合もある

借り換え先のカードローンが利用できるATMが少なく、借入や返済が不便になる場合があります。自分の行動範囲に利用できるATMがあるかどうか前もって調べておくことが必要です。『提携ATMの手数料』も合わせて調べましょう。

まとめ

カードローンの借り換えのメリットは金利が下がり、月々の返済金額が少なくなることです。複数社から借り入れていた場合は、一つにまとめることによって、返済の管理がわかりやすくなります。

しかしながら、借り換え先を間違えると、思ったほど金利が下がらなかったり、カードローンの利用が不便になったりします。正しい『金利の比較と利便性の比較』をすることが、借り換えを成功させる方法です。

カードローンの借り換えを解説。返済金額と金利がポイント

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン