1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの比較。借り換えでより好条件な借入にするには?

カードローンの比較。借り換えでより好条件な借入にするには?

カードローンを利用していると金利を下げたい、返済金を減らしたいなど、自分に負担が少なくなるような方法はないかと一度は考えたことはあるのではないでしょうか。今回は、負担を減らす方法のひとつとして「カードローンの借り換え」をご紹介します。

この記事の目次

カードローンの借り換えとは

借り換えとは現在借り入れしている金融機関から別の金融機関へ乗り換えをすることを言います。借り換えすることによって、様々な借り入れ条件を見直し、より良いものへ変更することができます。

現在の借入を見直す

今、自分はいくら借り入れをしていて、どういう条件になっているのか、現在の借り入れ見直してみると、今の条件から改善したい点が見えてきます。そのときは借り換えを検討しましょう。

金利

借り換え目的の中で一番多いのは、金利の引き下げです。お金を借り入れる際、あまり調べずにカードローンを選んだ方や、すぐに資金が必要だったので消費者金融で借りてしまったという方は金利が必要以上に高い可能性があります。

その場合、借り換えをすれば金利を下げることができ、無駄な利息を少しでも減らすことができます。

返済金

毎月の返済金が多く、生活が苦しくなっている方も借り換えによって改善することができます。返済金額についてはカードローンによってバラバラなので今よりも返済金額が少ないところで借り換えを検討しましょう。

逆に毎月の返済を増やして早く返済を終わらせたいという方も対象です。

利便性

利便性は申込時にはあまり気にしていなくても、使っているうちにわかってきます。不便な点が出てきたらそれも借り換えによって改善可能です。

すぐに使いたくても提携ATMが少なくて借り入れできなかったり、返済するために契約先の金融機関のATMまで行かなければならなかったりと、使いにくいと思った点があれば、もっと利便性が高いカードローンに借り換えるのもひとつの方法です。

返済を早く終わらせることも可能

借り換えをすることによって、従来のところで返し続けるよりも返済を早く終わらせることができる可能性もあります。金利が低くなれば、その利息分、返済が早く終わりますし、返済金額を増やせば当然早く完済することができます。

借り換えによるデメリット

借り換えはメリットも多いですが、もちろんデメリットもあります。

まず今、借りているカードローンよりも好条件なものをきちんと調べるという手間がかかります。加えて、借り換えによって、今の借り入れ条件から変更したくない条件も変更せざるをえなくなる場合もあります。

また、金利に関しては審査を受けてみないと適用金利がはっきりわからない金融機関もあるので注意が必要です。

再度審査を受ける必要がある

借り換えで一番ネックとなるのが、再審査を受ける必要があるということです。勤務形態、勤続年数、年収など含めすべて最初から見直されます。

直近1~2年で転職や失業など、環境が大きく変わってしまっている方は審査に通りにくいケースもあります。

「借り換え」の審査基準

さらにすでに借り入れがある状態で新たな借り入れの審査を受けることになるので、審査が厳しくなる傾向があります。場合によっては、現在の借り入れの返済が追いついていないという判断をされる場合もあります。

しかし、借り換え希望先の審査に落ちたからといって既存のカードローンを利用できなくなるわけではないので、審査を受けてみる価値はあります。

借り換えをしたほうがいい人とは

適切な銀行を探して、もう一度申し込み・審査、その後、実際に借り換えの手続きとなるとかなり面倒な作業です。そこまでの手間をかけても借り換えを検討したほうがいいのはどのような人でしょうか。

金利が15%以上の人

金利が15%以上の方はかなり高い金利で借り入れをしている状態です。最大金利でも15%以下のカードローンは多くありますので、借り換えによって金利が下がる人がほとんどです。

消費者金融で借入している人

消費者金融で借り入れをしてる場合は、まず金利が高いということに加え、将来、車のローンや住宅ローンを組む際に審査に影響してくる可能性があります。特に銀行では借入金額にもよりますが、審査においてマイナスになることがあります。

将来大きなローンを組むご予定がある方は今のうちに借り換え・完済しておくことをおすすめします。

毎月の返済がしんどい人

毎月の収入から家賃・食費・生活費など家計のやりくりが難しい金額になっていたり、返済によって収支バランスが崩れてしまったりしているという方も借り換えをおすすめします。

毎月、無理のない返済金になる借り換え先を選びましょう。ただし、今よりも返済期間がのび、利息の支払いが増える可能性がありますので要注意です。

ATM手数料がかかる人

借入・返済にATMを利用する際、専用のATMでなければ1回ごとに使用手数料がかかる方は、何度も利用すれば手数料が積み重なり、かなりの金額を支払っていることがあります。

さらに、専用ATMをわざわざ探すのも手間です。もっと利便性が高いところに借り換えをすれば便利に利用・返済することができます。

提携ATMが少ない人

提携ATMが少ないカードローンは借り入れが制限され、毎月の返済も大変でかなりのストレスになります。コンビニと提携していて全国どこでも利用できたり、24時間利用できる金融機関にするともっと便利にカードローンを使うことができます。

好条件で借り換えできるのは?

借り換えに向いているカードローンはどこなのかを調べるときには、様々な点に注意が必要です。総合的に判断してお得になるカードローンはどういうところでしょうか。

借り換えに向いているのは銀行

実は、借り換えに適しているのは銀行カードローンです。元々厳しい審査で、借り換えによってさらに厳しくなる可能性はありますが、審査にさえ通ればかなりの低金利での借り換えが見込めます。

利便性については消費者金融とほとんど変わりませんので、安心して利用できます。

消費者金融を利用している人におすすめ

銀行は、特に消費者金融から借り換えを検討している人をターゲットにしています。

銀行にとってカードローンは主力商品です。何社も借り入れがある人や、大きな額を借り入れしている人の借り換えによって、長期的に大きな収益につなげることができるからです。

すぐに借り入れでき、知名度の高い消費者金融に流れてしまう人が多いため、消費者金融利用者からの借り換えによる集客を狙っています。そのため積極的に集客を行っているので意外とすんなり審査に通る可能性もあります。

審査に時間がかかる

ただし、銀行は審査に時間がかかります。さらに、借り換えとなるとより慎重な審査になり時間が余計にかかる場合もあります。1週間から10日はかかると見込んでおきましょう。

提出書類が必要

銀行も借り換えしたいカードローンを把握し、その負債がなくなるという前提で審査をするため、明細や契約内容がわかる書類の提出を求められることがあります。

場合によっては、借り換え後、完済したカードローンを解約し、完済証明の提出まで求められる場合もあります。

借り換え向き銀行カードローン

借り換えに向いているカードローンとはどういうところでしょうか。ここではおすすめの3社を紹介します。

ただし、カードローンのなかには借り換えに対応していないものもあります。事前にカードローンの商品説明を確認しておきましょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行は店舗がなく、インターネット上ですべての取引をするネット銀行です。そのためカードローンの申し込みもすべてネットで完結します。

金利は1.9%から14.5%でメガバンクと同じ水準の金利になっています。800万円まで申し込みができるので複数の借り入れをまとめるのに適しています。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

みずほ銀行

メガバンクのひとつであるみずほ銀行は金利2.0%~14.0%と業界の中でも最低水準の金利で借り入れができることが特徴で、借り換えによって金利を下げたい方に向いています。

申し込みはWEBで完結させることができますが、店舗が多いので気軽に相談に行って対面での申し込みができるのもメリットのひとつです。

カードローン:みずほ銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行も名前の通りネット銀行です。回数制限はありますが振り込み手数料が無料、ATM手数料が無料で人気になっています。

カードローンの契約限度額は1,200万円とカードローンの中では最高限度額です。借り換え・ローンをまとめたい方も利用できます。さらに、金利も0.99%~14.79%と低金利で、申し込みもネットで完結するので、家で借り換えの手続きをすることもできます。

カードローン・目的ローン 他|住信SBIネット銀行

借り換えで注意すべき点

借り換えをするのに注意すべき点はどこでしょうか。きちんと調べて申し込みをしないと損をする場合もあるので慎重に選びましょう。

毎月の返済金

金利だけに注目して、低金利なところばかりを見てしまいがちですが、毎月の返済金がどうなるのかも重要です。

増える場合は負担にならない範囲なのかどうか、減る場合は返済期間が長くなっているので利息を払いすぎることにならないかチェックしましょう。

借り換え目的の申告

借り換えをするときは申込時に借り換えをしたいと事前に申告しておくと審査がスムーズに進みます。

さらなる借り入れではなく、借り換えという目的があることが審査に反映され、通りやすくなる場合がありますので忘れずに伝えるようにしましょう。

細かいところもチェックする

それ以外にも細かいところまでチェックしないと損をすることがあります。ATM利用手数料はかからないか、繰り上げ返済はできるか、利用するのに時間制限はないかなどトータルで見る必要があります。

おまとめローンを活用する

おまとめローンとは複数の借り入れをひとつのローンにまとめて返済金の軽減や管理する手間を少なくすることを目的としたローンのことを言います。

借り換えとおまとめの違い

基本的には違いはありません。借り換えをするのが1社なのか、複数あるのかの違いです。おまとめローンの方は既存のローンが複数あるのでより審査が厳しくなります。

おまとめローンのメリット① 借入を1本化できる

おまとめローンのメリットとしては借り入れを1本化することで返済や残高の管理などがしやすくなります。一方で、まとめることによって金利が高くなってしまうものもあるので注意が必要です。

おまとめローンのメリット② 管理がしやすくなる

返済日がバラバラであったり、返済日までにそれぞれに返済金を入金しに行かなければならなかったりという手間がなくなります。さらに残高の管理や、あといくら利用できるのか把握することも簡単になります。

おまとめローンのメリット③ 金利がさらに下がるケース

カードローンのほとんどは契約金額が高くなればなるほど金利が低く設定されています。複数の借り入れをまとめることで契約金額が大きくなるので金利を下げることができます。

おまとめローンのメリット④ 返済金額の軽減になる

借り入れをまとめることで返済金額を軽減することができます。

どこに借り換えるかにもよりますが、半分以上減らすことができる場合もあるので、借り換え前と、後でどれだけ返済金が変わるのか調べて、自分に合った返済金になるようなところを選びましょう。

まとめ

借り換えをすることで今の借り入れよりも好条件にすることができ、きちんと調べて選択をすればメリットがたくさんあります。

手間はかかりますが、一度自分の借金と向き合い見直しをすることで返済の負担を減らしたり、借り入れた金額以外の無駄なお金の支払いが減ったりすることに繋がります。

この機会に、自分が借り換えすべきなのかどうか一度検討してみましょう。

カードローンの比較の基準は?選ぶべきポイントを簡単解説

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン