1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの即日審査。主婦でもその日に借りられるの?

カードローンの即日審査。主婦でもその日に借りられるの?

ママ友とのランチ代がかさんで赤字になり現金が不足すると、家計を預かる主婦としては困ったことになります。

そんなとき頼りになるのがカードローンですが、果たして即日審査で主婦が借りることができるのでしょうか?

この記事の目次

カードローンの審査基準

カードローンの審査基準はどの会社も公表していません。しかしながら消費者金融の場合

  • 20歳(または18歳)以上であること
  • 安定した収入と返済能力があること

と、申込基準は明らかにしています。専業主婦の場合、2番目の「安定した収入」という条件を満たさなくなります。

原則収入がなければ借入できない

つまり、申込基準に照らすと、専業主婦の場合、消費者金融では自分自身に安定した収入がないので借入できない、ということになります。

消費者金融や信販会社の融資には「総量規制」という法規制が適用され、年収の1/3以上の融資をすることができないのです。

例えば年収300万円の会社員の場合
300万円×1/3=100万円
100万円が融資の上限になります。

専業主婦の場合は収入がないので
0円×1/3=0円
つまり、消費者金融では融資することができないのです。

銀行は総量規制の対象外

金融会社 規制の法律 総量規制
消費者金融 貸金業法 規制を受ける
信販会社 貸金業法 規制を受ける
銀行 銀行業法 規制を受けない

総量規制は消費者金融・信販会社の融資に適用される法律で、銀行は対象外です。専門的な話になりますが、総量規制は貸金業法の規制です。

貸金業とは消費者金融・信販会社のことです。銀行は貸金業法ではなく銀行法での規制を受けるので、総量規制の対象外になるのです。

銀行なら専業主婦でも借りられる

つまり専業主婦が借入をしたい場合は、銀行系カードローンを申し込めばよいということになります。パートをしていて自分に収入がある兼業主婦の場合は、自分の収入内で借入が出来るので、消費者金融系カードローンに申し込むこともできます。

もちろん、収入が少なくて、希望借入額に届かない場合は、銀行系カードローンに申し込む方が、より希望借入額に近づきます。自分より夫の方が収入が多いからです。

即日借入をしたい場合

即日借入をしたい場合は、審査がしやすいように書類を揃えておくことが大切です。免許証だけで借りられると宣伝している会社は多いですが、無担保で融資するのですから、自分自身をできるだけ明らかにすることが大切です。

また、消費者金融の方が銀行より審査が甘いので、即日借入できる可能性が高いです。

即日借入の条件

申し込み方法は、インターネットからが一番審査が早いと各社宣伝しています。

さらに早くするためには、前もって電話審査を受けておき、そのあとインターネットで本審査を受けるとスピーディーに審査は進みます。最短30分で審査完了、即日借入の流れになります。

ただし、30分はあくまでも最短なので、実際には1時間ほどの余裕を持って申込をした方が確実です。また、審査可能時間帯は会社によって異なるので、前もって確認することが必要です。

審査可能時間帯の例

おおむね21時~22時が審査受付の最終時間です。

専業主婦の場合

必要な書類は

  • 顔写真の確認できる本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
  • 住民票

顔写真の付いている本人確認書類がない場合(たとえば健康保険証)、あるいは現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は

  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書

の提出を求められることがあります。

住民票が必要な理由は、夫の収入の信用内で融資を受けるのですから、結婚していることを証明するためです。

また、夫の仕事の実態が分かりにくい場合は、夫の収入証明の提出を求められることもあります。例えば自営業であったり、勤務先が小さい会社であったりするときです。

パートをしている兼業主婦の場合

即日融資のために必要な書類は、自分自身の収入の範囲内で融資を受ける場合、銀行系・消費者金融系どちらのカードローンでも

  • 顔写真の確認できる本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

です。住民票は必須ではありません。ただし、健康保険証など、顔写真が確認できない本人確認書類や、現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は

  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書

いずれかの提出を求められます。

また、給料明細があれば収入の証明ができ、審査がよりスムーズに進みます。

パートで働いている主婦が、銀行系カードローンで夫の信用で融資を受ける場合は、前述した専業主婦と提出書類は同じです。

主婦が即日借入できる業者

専業主婦の場合は銀行系カードローンでしか借入ができません。

銀行系カードローン3選

カードローン名 金利 借入上限額
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円
楽天銀行スーパーローン 14.5% 50万円

いずれも条件は「配偶者に安定した収入があること」となっています。

消費者金融系カードローン3選

カードローン名 金利 借入上限額
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
ノーローン 4.9%~18.0% 300万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円

レディースローンが安心

消費者金融では女性専用のローンが存在します。ただし対象は収入がある兼業主婦のみです。

レディースローンの特徴

レディースローンではスタッフが全員女性ですので安心して申し込めます。

「夫に知られたくない」という主婦の気持ちもわかってもらえるので、増額を申し込みたいときや、返済に困ったときの相談もしやすくなっています。

審査基準も兼業主婦用にシステムが組まれているので、通常の申込よりスピーディーに審査が進みます。

レディースローン3選

カードローン名 金利 借入上限額
レディースキャッシング(プロミス) 4.5%~17.8% 500万円
マイレディス(セントラル) 4.8%~18.0% 100万円
アイフルSuLaLi 18.0% 10万円

夫に知られずに借りられる?

専業主婦でカードローンを借りる場合、夫にバレる心配はないのでしょうか。結論を言えば、申込の段階で夫にバレることはまずありません。夫の会社に在籍確認の電話をすることはほとんどないからです。

夫の信用で借入をするのに、なぜ在籍確認の電話がない理由は、専業主婦で生活ができていること自体が収入証明と見なしているからです。

在籍確認の内容をチェック

専業主婦の在籍確認は、自分の携帯電話と自宅の固定電話に対して行われます。携帯電話は自分しかとらないので安心ですが、自宅の固定電話の場合

  • 電話をかける時間帯
  • 個人名か会社名か(個人名だと名前、会社名だと会社名)
  • 男性か女性か

これは打ち合わせが必要です。万が一、夫が固定電話に出たときに慌てないようにするためです。専業主婦が利用できるカードローンは銀行系です。

在籍確認で銀行名で名乗ってもらえば「セールスだから」と言ってごまかすことができます。個人名だと、なぜ携帯電話にかけないのか疑われる可能性があります。

借入・返済の証拠を残さない

カードを使って借入と返済をする場合、財布にカードを入れるのは危険です。夫と一緒にいるときに、別のカードを取り出す際、カードローンのカードが見えたり、落としたりする可能性があるからです。

銀行口座振込を利用する場合は、他の生活口座や自分の小遣い口座に使っている通帳と別保管が原則です。

延滞をしない限り、銀行から夫へカードローンの事実を伝えることはありません。夫に知られるケースはカードや通帳が見つかったときです。

夫に知られてもいい場合

カードローンを夫に知られてもよい場合は「配偶者貸付」という制度が利用できます。

「配偶者貸付」とは総量規制の例外として、本人と配偶者と収入を合算して、2人分の年収の1/3までの借入ができる制度です。

Q&A 配偶者貸付について|貸金業法について|日本貸金業協会

同意書を書いてもらう

配偶者貸付に必要な書類が「配偶者の同意書」です。これがあることによって、世帯として借入をすることとなり、専業主婦でも消費者金融からの借入が可能になります。夫の収入が総量規制の対象になるからです。

住民票を用意する

配偶者貸付で消費者金融から借りる時は、銀行系カードローンと同じように必要書類に住民票が加わります。結婚しているという証明書として審査で必要となるのです。

配偶者貸付のメリット

配偶者貸付のメリットは収入を夫婦合算して借りることができる点です。専業主婦の場合は夫婦合算しても年収は変わりませんが、兼業主婦の場合は、自分の収入も審査対象に組み入れることができるので、より多くの融資を受けることができます。

例えば自分の年収が90万円の場合、消費者金融で通常借りられる上限は

90万円×1/3=30万円です。

夫の年収が210万円なら合算できるので

年収=90万円+210万円=300万円

300万円×1/3=100万円

100万円が借りられる上限となります。

配偶者貸付のデメリット

配偶者貸付は積極的には行われていません。

配偶者の同意書はあっても、配偶者は連帯保証人にならないからです。連帯保証人とは、借金の支払い義務が借り手と同様にある保証人のことです。

妻が返済困難になっても夫に返済の義務はないので、貸付をするリスクが高いのです。

契約後に離婚した場合はさらに回収が困難になります。そのため配偶者貸付は一般的ではなく、行なっているのは中小の消費者金融業者です。

他に借入がなく、夫が同意しているなら消費者金融より銀行系カードローンの方が金利が低いため、メリットが大きいと言えます。配偶者貸付はあくまで銀行系カードローンの審査に落ちた場合の選択肢です。

まとめ

専業主婦は銀行系カードローンを利用して即日借入をすることができます。兼業主婦なら銀行系・消費者金融系、どちらも利用することができます。書類の不備がなく、審査可能時間内に申込みをすることが、即日融資の条件です。

カードローンの即日融資。どこに申し込むのがベスト?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン