カードローンの徹底比較。銀行でも審査が甘いところはあるのか

カードローンを利用したいと思っても審査に通るかどうか不安、かといって消費者金融で借りるのも抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、審査に不安がある人でも利用できるカードローンはどこの銀行なのかをご紹介します。

銀行系カードローンとは

銀行で契約したローンカードで借り入れをすることを銀行カードローンと言います。最近ではテレビCMや雑誌でも多く取り上げられ、借り入れの目的を問わず、契約額内であればATMから簡単に借り入れすることができるので、話題となっています。

カードローンには2種類ある

カードローンには大きく分けて銀行系カードローンと消費者金融カードローンがあります。

銀行系カードローンは、銀行が取り扱っているカードローンで、審査が厳しい分、低金利でお金を借りることができます。一方、消費者金融は審査のスピードを売りにすぐに借り入れをすることができますが、その分金利が高くなります。

銀行系は審査が厳しい

銀行は審査が厳しいですが、審査が通れば低金利で借り入れをすることができます。低金利で安心して借りるためには銀行の審査基準をクリアする必要があります。

例えば、銀行では一定額以上の借り入れの際に収入証明書の提出が必須のところがありますが、消費者金融では必要のないところもあります。

審査が甘いファイナンスとは

極甘審査ファイナスとは一般的に審査基準が非常に緩いことを指しますが、銀行系カードローンでも極甘審査ファイナンスは存在するのでしょうか。

保証会社が消費者金融と同じ銀行

消費者金融ほど審査が甘い銀行はありませんが、銀行の中でも審査が甘い可能性があるところは存在します。その理由は保証会社にあります。

審査は銀行や消費者金融ではなく、保証会社が行うので保証会社が消費者金融と同じ銀行は、他と比べて審査基準が緩くなる傾向にあります。

「審査が甘い」は危険

もっとも、絶対に審査に通るカードローンは存在しません。最低限の審査基準はどこの銀行でも同じです。必要以上に「審査激甘」「誰でも通る」と謳っているところは、その他のところで何らかのリスクがある可能性が高く、慎重に検討しましょう。

審査基準が低いリスク

審査は申込人がお金をきちんと返せるのか、信用度を見るためにあります。審査基準が低いということは、銀行側にすれば返せるかどうかの見込みが低い相手にお金を貸すことになります。

その分、金利が高くなったり、取り立てが非常に厳しいものになってしまう可能性があります。

「甘い」というキャッチコピー

審査に不安があり、「審査が甘い」という言葉につられてしまいそうになる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけで選択をすると後々大変なことになりかねません。

きちんと調べたうえで信頼できるところを選択しましょう。

借り過ぎには十分ご注意を

審査が甘い分、必要以上に借り入れてしまうと、返済のためにまた新たな借り入れをするという自転車操業になってしまう可能性もあります。そうなってしまった場合、高い可能性で多重債務に陥ってしまいます。

そうならないために借り入れは返済できる範囲で、計画的に行うことが重要です。

審査が甘いファイナンスは金利が高い

審査基準が高いと金利が低くなる、審査と金利はそういった関係性にあります。
これは、信用できる人はきちんと返してくれると予測できるため銀行は低金利で貸すことができるからです。

審査基準と借入条件

審査は一般的に安定した収入があるか、どれだけ他社から借りているのか、返済期日は守れているかが大きくチェックされています。

よく「金利○.○%~○○.○%」という広告があり自分はどの金利になるのだろうと思う方もいると思いますが、金利は大まかに契約限度額で決まり、さらにその人の信用度も反映されます。

審査が甘いと金利が高い

信用度が低いということは、お金を貸しても返せなくなる可能性が高いということです。もし、返済できない場合は、保証会社が代わりに弁済することになります。そういった場合に備えるため高い金利で貸し付けします。

貸手側としては、審査基準が甘い分、金利を高く設定することで、万が一の場合に備えておく必要があります。

返済金額のほとんどが利息になる

金利が高ければ当然無駄な利息を払い続けていくことになります。返済金のほとんどが利息となってしまい元金の返済がいつまでも終わらないということも起こります。

最初の借入額と金利よりも、借り入れた後、毎月きちんと返済できるかどうかに注意しましょう。

借りることよりも返すことを重視

後先考えずに、今すぐ必要だから、すぐ借りられるという理由でお金を借りると後々後悔することになります。借りる金額と金利にもよりますが、返済は何年、何十年も続く場合があり、長期的なスパンで返済計画を立てる必要があります。

多重債務になる可能性も

利息の返済に追われ、いつまでたっても完済できない状態が続くと、それが新たな借り入れにつながるケースが多くあります。それが多重債務の入り口です。自分には多重債務は関係ないと思っていても、ちょっとしたカードローンの借り入れがきっかけになることも少なくありません。

審査が甘い銀行系カードローン

安心して低金利、さらに審査が甘い銀行はあるのでしょうか。保証会社が消費者金融と同じ銀行は審査が甘くなる傾向にありますが、大手銀行であれば三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行がそれに当たります。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

保証会社は大手消費者金融のアコムです。アコムから直接申し込むのとは審査基準は異なりますが同じ保証会社ということもあって他の銀行に比べると低い基準になっています。

さらに保証会社が消費者金融という特権を生かし審査のスピードも消費者金融並みかつ、圧倒的な速さで、即日融資も可能です。

カードローン「バンクイック」 金利年1.8%~年14.6% | 三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行カードローン

保証会社はテレビCMでも有名な消費者金融プロミスです。バンクイックと同様に審査基準も他の銀行に比べると消費者金融寄りで、審査のスピードも早いです。

24時間ネット受付も可能ですが、店舗数が多いので対面で気軽に相談したり、説明を受けながら申込をすることができます。

三井住友銀行カードローン : 三井住友銀行

ネット銀行カードローンの審査

インターネットが普及し、銀行もインターネット上で口座の開設や残高管理、振込までできるようになっています。さらには店舗を持たないネット銀行が普及し、カードローンの取り扱いもしています。

ネット銀行とは

ネット銀行とは対面の店舗は持たず、すべての管理をインターネット上で行う銀行のことです。店舗を持たない代わりに振込やATMの手数料を比較的安く設定されています。回数制限はありますが、振込手数料やATM手数料を無料にしている銀行もあります。

管理はすべてインターネット上

インターネット上が取引市場になるため通帳はありません。残高管理、入出金の動きの確認等管理はすべてネット上で行います。そのため時間を気にすることなく24時間利用できます。

従来は店舗に行かなければならなかった口座開設や振込が家に居ながら出来るため、仕事で忙しい方でも気軽に利用することができます。

申し込み、審査、返済もネット

さらに、申し込みから融資まですべてネット上で完結します。24時間申し込み可能、人件費が削減されているため金利が低金利に設定されています。多くのコンビニATMと提携しているため入手金も自由にできます。

審査が甘くなる理由

ネット銀行も銀行と同じように低金利で借り入れをすることができますが、審査は比較的甘い傾向にあります。その理由は何なのでしょうか。

保証会社が消費者金融の銀行が多い

保証会社が消費者金融のネット銀行が多いため、比較的審査は通りやすくなっています。また、店舗がないため窓口での受け付けはありません。ネット上ですべて完結するので、働きながらでも、時間がない方でも手軽に申し込むことができます。

サービスの知名度をあげるため

ネット銀行は知名度を上げるために様々なサービスを用意したり、キャンペーンを行うなど工夫をしています。まず、大手消費者金融を保証会社にすることで審査通過率・スピードを上げ、24時間申し込みに対応しています。

また「無利息期間30日間」という初めての利用で利用期間30日間無利息でカードローンを利用できるサービスを展開しているところもあります。

おすすめネット銀行3社

ネット銀行も今数多くありますが、その中でカードローンのおすすめ3社を紹介します。

楽天銀行

「楽天銀行スーパーローン」は金利が1.9%~ 14.5%とメガバンクとほとんど変わりません。さらにコンビニATM手数料は無料、24時間使えるので利便性もバツグンです。

基本カードローンは自身に安定した収入がなければ申込は難しいですが、楽天銀行ではフリーター、アルバイト、専業主婦の方も申し込みできます。

カードローン・ローン|楽天銀行のスーパーローン

じぶん銀行

じぶん銀行カードローンは2.2%~17.5%と低くはありませんが、保証会社が大手消費者金融アコムで審査は比較的通りやすくなっています。

またKDDIも出資しているため金利優遇など期間限定でauユーザーだけのサービスもあります。

じぶん銀行カードローン | じぶん銀行

住信SBIネット銀行

「ミスターカードローン」は金利がかなり低く設定されており0.99%~7.99%、または8.39%~14.79%と2種類の金利コースがあります。

金利コースは審査後に決定します。さらに申し込み限度額1,200万円と他の銀行では取れないような限度額を取ることが出来るため借り換え、おまとめに強くなっています。

ミスターカードローン - 商品概要|住信SBIネット銀行

まとめ

銀行・ネット銀行は消費者金融に比べて低金利で安心して借り入れをすることができ、最近では消費者金融とほぼ同じ保証基準で審査しているところも増えているため、審査が通りやすくなっているところもあります。

借り入れをするときはよく調べて「審査に必ず通る」など甘い言葉に惑わされることなくよく考えて申込をしましょう。ご利用は計画的に、が大原則です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「ローンに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。