1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの金利計算はどうする?計算式や主な借入先の金利まとめ

自動車ローンの金利計算はどうする?計算式や主な借入先の金利まとめ

自動車ローンを利用したときには、借入金額に利息を追加して返済しなくてはなりません。無理のない返済計画を立てるために、利息の計算方法を理解して、利息の支払額をシミュレーションしてみましょう。主な借り入れ先別の金利も紹介します。

この記事の目次

自動車ローンの基礎知識

自動車ローンの利息の計算の前に、まずは自動車ローンとはどのようなローンなのか、基礎知識について解説します。

マイカーローンやオートローンとも呼ばれる

自動車ローンとは、名称通り自動車の購入費用の借り入れを目的としたローンです。『マイカーローン』や『オートローン』とも呼ばれます。

自動車ローンは、利用目的に制限がある『目的別ローン』であるため、原則自動車の購入費用以外には利用できません。

しかし、商品によっては、車検代などの自動車関連費用であれば、自動車の購入費用以外に利用することも認められています。

なかには、運転免許の取得代に利用できる商品もあるので、免許の取得から自動車の購入まで、自動車関連費用は一通り借り入れたいという人は、そのような商品を探しましょう。

マイカーローン - JAバンク~お金を借りる~|JA兵庫みらい

自動車ローンのメリット

自動車ローンのメリットは『すぐに自動車が購入できる』ということです。自動車の価格は非常に高く、現金で購入しようとすると、長期間かけてお金を貯める必要があります。

もし、それなりに貯金があったとしても、いつ病気などでまとまった資金が必要になるかがわからないので、自動車に貯金をつぎ込むのは不安が残ります。

しかし、自動車ローンを利用すれば、貯金がない人や貯金を使うのに不安がある人でも、すぐに自動車を購入できるのです。

自動車ローンのデメリット

自動車ローンを利用すると、現金で購入するよりも支払額が増える点がデメリットです。自動車ローンを利用した場合、当然返済が始まりますが、借入額をそのまま返済すればよいわけではありません。

借入額に、お金を貸してもらった手数料として『利息』を付けて返済する必要があります。そのため、利息の金額分、現金での購入よりも支払額が高くなります。

自動車ローンの計算

自動車ローンを利用するときには、返済が困難にならないように、前もって利息を含めた返済額をシミュレーションすることが重要です。ここでは、利息額や毎月の返済額を計算する方法を解説します。

計算式

自動車ローンの利息は『金利』によって決まります。金利とは、借入金額に対する利息の割合を表す利率です。利息額は、以下の式で計算します。

  • 利息の金額=元金(借入残高)×金利×借入期間

元金は1回の返済ごとに減っていくので、それを踏まえて利息額を計算する必要があります。そして、毎月の返済額は、以下の式で計算します。

  • 毎月の返済額=元金+利息額÷借入期間(月数)

利息額はどう計算すればいいの?|ローン入門|群馬銀行

シミュレーションしてみよう

自動車ローンをしっかり返済していくには、事前に毎月の返済額をシミュレーションすることが重要です。

しかし、毎月返済ごとに元金が減ることを踏まえて利息額を計算しなければならないので、自分で計算するのは手間がかかります。

金融機関などがシミュレーターを無料で公開しているので、それを利用してシミュレーションするのがおすすめです。

なお、自動車購入時には、事務手数料などの諸費用が発生します。数万~数十万円かかる可能性もあるので、諸費用も忘れずに計算しておきましょう。

マイカーローン返済シミュレーション | JAバンク

主な借入先の金利

自動車ローンには、いくつか種類があります。

  • ディーラー(販売店)ローン
  • 銀行ローン
  • JAやろうきんのローン
  • 信販(クレジット)会社系ローン

自動車ローンの種類によって、金利の相場が異なります。各自動車ローンの金利と特徴について把握しておきましょう。

ディーラーローンの金利

ディーラーローンとは、自動車のディーラーが扱う自動車ローンです。ディーラーから直接借り入れるわけではなく、ディーラーと提携する信販会社と契約して融資を受けます。

ディーラーローンの金利の相場は『年4~10%程度』です。銀行ローンなどと比較すると、金利が高い傾向にあり、返済総額が高くなります。しかし、自動車ローンの審査のスピードが速く、かつ審査基準がやさしい点がメリットです。

銀行ローンの金利

銀行ローンとは、銀行が扱う自動車ローンです。金利の相場は『年2~4.5%程度』で、ディーラーローンと比べるとかなりの低金利です。

しかし、低金利である分、審査基準が厳しい傾向にあり、さらに審査完了までに日数がかかることが多いというデメリットがあります。

JAやろうきんでの金利

JA(農業協同組合)やろうきんも自動車ローンを扱っています。JAの自動車ローンの金利は地域ごとに大きく異なっており『年1.5~4%程度』と開きがあります。

利率が低い地域では、銀行ローンを凌ぐ低金利で借り入れできる可能性があるので、JAの自動車ローンもチェックしてみるとよいでしょう。

ろうきんの自動車ローンの金利は会員の種類によって変わりますが、『年2.4~3.9%』とやはり低金利での借り入れが可能です。自動車ローンを比較する際には、選択肢の一つに入れてみましょう。

オリコなど信販系ローンの金利

オリコなどの信販系ローンの金利は、『年3~10%程度』が相場であり、ディーラーローンと同様に金利が高い傾向にあります。

しかし、審査基準がやさしいため、収入が不安定な人などでも審査に通過しやすい点がメリットです。

なお、ディーラーローンも信販会社と契約しますが、同じ信販会社でも、ディーラーを契約した場合と直接契約した場合で、金利が異なる場合があります。事前にどちらの契約の方がお得か、調べておきましょう。

金利以外で考慮すべきポイント

自動車ローンを決めるときに、返済総額に影響する金利は重要な比較ポイントです。しかし、自動車ローンを決めるときには、金利以外にも考慮するべきポイントがあります。何を確認すればよいのか、具体的なポイントを見ていきましょう。

返済方法や回数などの項目

自動車ローンを決めるときには、返済方法や返済回数などを考慮しましょう。自動車ローンの返済方法は、主に『元金均等返済』と『元利均等返済』の二つに分かれます。

  • 元金均等返済:毎月の返済額のうち、元金の返済額が一定で、そこに利息が加算される方法。毎月返済額が変わる
  • 元利均等返済:毎月元金の返済額と利息額が調整され、請求額が一定になる方法

上記のうち、元金均等返済の方が元金の減りが早く、返済総額が安くなります。また、商品によって指定できる返済回数に上限が設定されています。

返済回数が少ないと、それだけ毎月の返済額が高くなるので、自分が希望する返済回数が指定できるかも見ておきましょう。

手数料を含めた総額

自動車ローンを利用するときには、自動車の本体価格以外にも、自動車税や事務手数料など、さまざまな諸費用が発生します。

総額で数十万円程かかることもあるので、これらの費用も含めた総額を算出し、返済計画に組み込むようにしましょう。

車の購入にかかる費用と節約のポイント|中古車のガリバー

まとめ

自動車ローンを利用すると、借入額に利息が加算された金額が請求されます。利息のことを忘れて返済計画を立てると、途中で返済が困難になる可能性があるので注意しましょう。

利息の金額は金利によって決まりますが、自動車ローンによって金利が大きく異なります。各自動車ローンの金利を比較して、お得に利用できる自動車ローンを探しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン