1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの残価設定型とは。メリットやデメリットをご紹介

自動車ローンの残価設定型とは。メリットやデメリットをご紹介

自動車ローンには、残価設定型という商品があります。残価設定型自動車ローンとはどういったものなのか、仕組みやメリット、デメリットを知って、自分に向いているか考えてみましょう。また、借り入れ前のシミュレーション方法も紹介します。

この記事の目次

残価設定型自動車ローンとはどんな仕組み?

自動車ローンにはさまざまな商品がありますが、その中に『残価設定型自動車ローン』というものがあります。どのようなローンなのかを解説します。

残価を除いた金額で分割支払いが可能

残価設定型自動車ローンの『残価』とは、購入する自動車を、数年後に下取りした場合の金額のことです。残価設定型自動車ローンでは、ローンの総額から残価を除いた金額を分割して返済します。

残価は最終回に据え置きされる

ローンの総額から残価を除いた金額を返済するといっても、残価分のローンが割引されるというわけではありません。残価は分割払いの最終回にしっかり据え置きされます。最終回を迎えるときには、以下のいずれかの方法を選択するのが一般的です。

  • 購入した自動車を下取りに出す(車両返却)
  • 残価を一括払いし、自動車を買い取る

残価を一括で支払うのがむずかしい場合は、再ローン契約で残価を分割払いできることもあります。ただし、すべての販売店が再ローンに対応しているわけではないので、前もって確認しましょう。

お店によっては中古車も対象

残価設定型自動車ローンは、最終的に購入した自動車を下取りに出すことを前提としています。そのため、基本的には新車が対象です。しかし、販売店によっては中古車も対象に入っています。

Honda中古車限定 据置クレジット|クレジット&カーリース|Honda

オリコなどローン会社でも契約できる

残価設定型自動車ローンは、オリコなどのローン会社でも取り扱っています。販売店やローン会社ごとに金利が異なるので、借り入れ前に各社の金利を比較しておきましょう。

残価設定型オートローン|ローン・キャッシングのオリコ

残価設定型のメリットとデメリット

残価設定型自動車ローンが自分に合っているかどうかを考えるには、残価設定型自動車ローンのメリット・デメリットを知る必要があるでしょう。

メリット

残価設定型自動車ローンのメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 残価を除いた金額を分割払いするので、他の自動車ローンより月々の返済額が安い
  • 下取り額が保障されていて売却しやすい
  • 他の自動車ローンよりも金利が安い商品が多い
  • 所定の期間で乗り換えれば車検が不要になるなど、購入費以外のコストが削減できる場合がある

残価設定型自動車ローンの大きなメリットは、月々の返済額が安いことでしょう。月々数千円の返済で済むこともあるので、金銭的な事情で自動車の購入を諦めていた人でも、自動車を購入しやすくなります。

デメリット

残価設定型自動車ローンはもちろん、メリットばかりではありません。利用を決める前に、デメリットも把握しておきましょう。

  • 元本がなかなか減らないため、他の自動車ローンよりも金利を多く支払う可能性が高い
  • 買い取りを希望した場合は、他の自動車ローンより高くつくことがある
  • 走行距離に制限があるのが基本

ローンの利息は、毎月のローン残高に対してかけられます。残価設定型自動車ローンは毎月の返済額が少額で、さらに残価もあるためなかなか元本が減らず、利息を多く支払う可能性が高くなります。

さらに、利息を多く支払う分、買い取りを希望する場合は、他の自動車ローンの方が支払総額が安く済む可能性が高いでしょう。

残価設定型ローンの審査は厳しい?

残価設定型自動車ローンの審査は、他の自動車ローンと大差ありません。どの販売会社でも審査基準の詳細は明らかにされていませんが、自動車ローンの審査でチェックされるのは支払い能力です。よって、以下のような人は審査に落ちる可能性があります。

  • 年収が低い(200万円に届いていない)
  • 年齢が若すぎる、あるいは高齢すぎる
  • 勤続年数が短い
  • 自営業など収入が不安定
  • 他社のローンで高額な借入がある
  • 過去にクレジットカードやローンの支払いを延滞したことがある
  • 自己破産などの債務整理をした

借入前にシミュレーションしよう

自動車ローンを借り入れる前には、残価設定型自動車ローンに限らず、さまざまな自動車ローンの返済についてシミュレーションをしてみましょう。そのうえで、無理なく効率的に返済していける自動車ローンを選ぶことが大切です。

残価設定型ローンの場合は金利に注意

残価設定型自動車ローンは、他の自動車ローンに比べて金利が安い傾向にありますが、残価が据え置かれていることから、利息の支払回数が多くなります。

金利が安いはずなのに、最終的に他の自動車ローンよりも利息の支払総額が高かったということがないよう、利息も含めてしっかりシミュレーションしましょう。

シミュレーションサイトを活用しよう

自動車ローンをシミュレーションするときには、シミュレーションサイトを利用するのがおすすめです。自分で一つずつ返済額や利息などを計算するのは非常に手間がかかります。

シミュレーションサイトを利用すれば、借入額や借入期間、金利などを入力するだけで月々の返済額や返済総額、利息の金額などを自動計算してくれるので便利です。

マイカーローンシミュレーション | SBJ銀行 | 銀行がおもしろくなる。

まとめ

残価設定型自動車ローンは、購入する自動車の下取り金額を除いた額を分割払いする自動車ローンです。ただし、下取り金額分の割引が受けられるのではなく、返済の最終回に据え置かれます。

買い取りの場合は残価を支払う必要があり、利息の支払総額が他の自動車ローンよりも多くなることがあります。借り入れを決める前にシミュレーションをして、自分に向いているかを考えましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン