1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの平均返済額や期間とは?自動車ローンを徹底解説します

自動車ローンの平均返済額や期間とは?自動車ローンを徹底解説します

自動車ローンを組んで自動車の購入を検討したとき、1カ月あたりいくら返済すればよいのか、どれくらいの期間で完済するのかが気になったことはないでしょうか。本記事では、自動車ローンの基礎知識や平均返済額、平均返済期間などについて解説します。

この記事の目次

自動車ローンとは

自動車は高額であるため、多くの人が自動車購入時には自動車ローンを利用するでしょう。まずは、自動車ローンとはどのようなローンなのか、特徴や目的といった基本的な知識について解説します。

特徴と目的

自動車ローンとは、自動車を購入するための資金の借り入れを目的としたローンのことです。大きな特徴としては、他のローンよりも金利が低いことが挙げられます。

金利とは、ローンの借入額に対する利息の割合を示すものです。利息とは、お金を借りるときの手数料のようなもので、ローンでお金を借り入れたときには、借入額に利息を加算した金額を返済しなければなりません。

金利が高いと当然利息も高くなり、総返済額が高くなります。反対に、金利が低いと利息も低くなるため、総返済額が安くなります。つまり、自動車ローンは他のローンと比較して利息が安く、総返済額が安く済むということです。

新車にしか使えないの?

自動車は数十万~数百万円する高額商品です。よって、自動車ローンは借入額が高額になります。借入額が高額であるということは、お金を貸す側にとっては滞納された場合の損失が大きく、リスクが高い商品であるということです。

そのため、一般的に自動車ローンを組むときには、滞納が起きたとき保証のために、購入する自動車を担保として提供するよう求められます。担保として提供する自動車が中古車でも問題ありません。

また、自動車ローンは、自動車を購入するための資金以外には利用できない目的別ローンです。しかし、商品によっては、車検代や運転免許取得代など、自動車関連費用であれば、自動車を購入するための資金以外に利用することも許可されています。

自動車ローンの種類

自動車ローンは、『銀行系のローン』『ディーラーのローン』『残価設定ローン』などの種類に分類されます。それぞれの特徴やメリットとデメリットを把握しておきましょう。

銀行系のローン

『銀行系のローン』とは、銀行が提供している自動車ローンのことです。メガバンク(※)以外にも、都市銀行や信用金庫、労働金庫なども自動車ローンを取り扱っています。

(※メガバンクとは、巨額の収益や資産を有する銀行、あるいは銀行グループを指します。日本におけるメガバンクは、三菱UFJフィナンシャル・グループ・三井住友フィナンシャルグループ・みずほフィナンシャルグループです)

メリットとデメリット

銀行系のローンのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・金利が年2~4.5%程度と低く、総返済額を安く抑えられる
・その銀行の口座を給与振込み用にしている人などは、金利の優遇制度を受けられることがある
・自動車ローン返済中も自動車の名義は購入者になる
・審査が厳しい
・審査期間が長く、自動車購入までに時間がかかってしまうことがある

銀行系のローンの大きなメリットは、金利が低いことです。もともと自動車ローンは金利が低いローンですが、その中でも銀行系のローンは特に金利が低く、総返済額が安く抑えられます。

また、銀行系のローンの多くは返済中でも自動車を自分名義にできるので、自動車ローンの借り換えなどがしやすいというメリットもあります。

ディーラ―のローン

『ディーラーのローン』とは、ディーラー(自動車販売店)が提供している自動車ローンのことです。ただし、ディーラーが購入者に直接お金を貸すのではありません。

ディーラーがクレジット会社と提携しており、ディーラーを通してそのクレジット会社と契約して、クレジット会社からお金を借りるという仕組みです。

メリットとデメリット

ディーラーのローンには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
・銀行系のローンよりも審査がやさしい
・審査期間が比較的短いため、すぐに自動車を購入できる
・金利が年4~8%と高めに設定される
・ディーラーと提携しているクレジット会社以外は利用できない
・自動車ローン返済中は自動車の名義がディーラーになる

ディーラーのローンは審査がやさしく、就職・転職直後などでも借りやすい点が大きなメリットといえます。ただし、銀行系のローンより金利が高いので総返済額も高くなるでしょう。

また、自動車ローンの返済期間中は自動車の名義がディーラーになるので、自動車ローンの借り換えなどがしづらいというデメリットがあります。

残価設定ローンとは

最近自動車を購入する際に、『残価設定ローン』を勧められるケースが増えています。残価設定ローンは、通常の自動車ローンとは仕組みが大きく異なります。

残価設定ローンを安易に契約すると損をする可能性もあるので、仕組みやメリット、デメリットなどをしっかり理解しておきましょう。

特徴と仕組み

『残価』というのは、自動車を購入してから所定の年数が経過した後に、自動車を下取りに出した場合の金額のことです。残価設定ローンは、借入額からこの残価を除外した金額を返済していきます。

仮に、借入額400万円、残価200万円だった場合、残価を除外した200万円を分割で返済するということです。ここで注意したい点は『残価の金額分割り引かれているわけではない』ことです。

残価は返済の最終期日まで据え置かれています。そして、最終期日に残価を一括返済して自動車を買い取るか、自動車を下取りに出して残価を精算するかを決めなくてはなりません。

メリット

残価設定ローンの大きなメリットは、通常の自動車ローンよりも毎月の返済額を安く抑えられることです。例えば、通常の自動車ローンで400万円を返済期間5年で借りると『400万円÷60回』で月々6万6700円程度を返済することになります。

しかし、借入額400万円、残価200万円、返済期間5年だった場合『200万円÷60回』になるので、月々3万3300円程度の返済で済むのです。

また、残価設定ローンは数年後の下取り価格が保障されるので売却しやすく、定期的に自動車を乗り換えたい人には便利なローンといえます。

デメリット

残価設定ローンのデメリットは、自動車の買い取りを決めた場合に残価を一括返済しなくてはならないことです。月々の返済額が安く抑えられても、最終的に高額な費用を必要とします。

残価が一括返済できない場合に、再ローンが組める金融機関やディーラーもありますが、返済期間が延びることで余分な利息がかかり、総返済額が高くなる点もデメリットです。

また、残価設定ローンは数年後の下取りを保証していることから、自動車の走行距離に制限があるのが一般的です。また、喫煙やパーツの変更なども基本的に禁止されているので、長距離走行が多い人や、自由に自動車を利用したい人には向いていません。

返済額を左右する要件

自動車ローンは、同じ借入額でも借入先によって総返済額が大きく異なります。総返済額を左右する要件を把握し、総返済額を安く抑えられるようになりましょう。

返済期間

総返済額を左右する要件のひとつは、『返済期間』です。返済期間が長い、つまり返済回数が多いということは、その分利息を支払う回数も増えます。そのため、返済期間が長くなればなるほど、利息によって総返済額が高くなるのです。

金利

利息の金額を決める『金利』も返済額に影響します。前述のとおり、金利は借入額に対する利息の割合を示すものです。金利が高いほど利息の割合が多くなるので、総返済額も高くなります。

返済方法

総返済額を安く抑えたいのであれば、返済方法も重要です。利息の計算式を見てみましょう。

  • 利息の金額=元金×金利×借入期間

つまり、元金や借入期間が少ないほど、利息も少なくなるということです。できるだけ早く元金が減らせる返済方法、あるいは借入期間が短縮できる返済方法にすれば、それだけ利息が減り、総返済額を安く抑えられます。

返済期間と返済の平均金額

自動車ローンを借りるときに、目安として返済期間と月々の返済額の平均を知りたいという人もいるでしょう。しかし、自動車ローンは人によって借入額や頭金の有無、収入などの条件が大きく異なるため、公的なデータがありません。

総務省統計局の『2018年・家計調査(総世帯)』によると、1カ月あたりの自動車等関係費の平均は『1万8858円』、自動車等購入の平均は『4997円』との結果が出ています。しかし、自動車ローンに限定した調査結果ではないので、返済額の目安にはならないでしょう。

それでは、自動車ローンの返済期間や月々の返済額を考えるときに、何を基準にすればよいのでしょうか。

家計調査 家計収支編 総世帯 詳細結果表 年次 2018年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

平均返済額

自動車ローンの返済額は、月収(手取り)の15~25%以内に収めるとよいとされています。仮に、月収が25万円だとしたら、3万7500~6万2500円の範囲内に収めるとよいという計算です。

しかし、これはあくまで目安であって、実際に返済に充てられる金額は人それぞれ異なります。さまざまな支払いを済ませると、毎月1万円程度しか手元に残らないという人は、月収の15%でも返済が厳しくなるでしょう。

毎月10万円以上の余裕資金がある場合は、25%以上の返済額を設定し、早期完済を目指した方が総返済額は安く済みます。自分の毎月の収支を洗い出し、無理なく返済できる金額を考えてみましょう。

返済の平均年数

自動車ローンの平均返済期間についても、公的なデータはありません。一般的には、3~5年程度に設定する人が多いとされています。

しかし、前述のとおり、自動車ローンの返済に充てられる金額は、人それぞれ違うものです。金銭的にあまり余裕がない人は、できるだけ返済期間を長く設定し、月々の返済額を下げる必要があります。

資金に余裕があれば、頭金を支払ったり、月々の返済額を上げて返済期間を短くしたりすることで、総返済額を抑えられます。自分が返済に回せる金額を考慮して、返済期間を設定しましょう。

支払い平均額に影響する金利

金利には『固定金利』と『変動金利』の2種類があり、どちらの金利かによって月々の返済額に影響を及ぼします。それぞれの特徴や、どちらの金利を選ぶとよいのかを知っておきましょう。

利率が安定する固定金利

『固定金利』とは、返済開始から完済時まで、同じ金利が継続することです。その時々の情勢などによって金利が変更されることがないので、利息の金額が安定しています。

ただし、景気が後退しているときでもそれまで通りの金利なので、返済の負担が重くなる可能性があります。また、一般的に固定金利は変動金利よりも利率が高いので、総返済額が高くなるでしょう。

利率が低い変動金利

『変動金利』とは、その時々の情勢に応じて金利が変動することです。景気が後退しているときには金利が引き下げられるので、返済の負担が軽くなります。

しかし、景気がよくなれば、やはりそれに応じて金利が引き上げられるので注意が必要です。変動金利は固定金利よりも利率が低い傾向にありますが、金利が引き上げられて返済の負担が急激に重くなるリスクがあることを理解しておきましょう。

どちらを選ぶべきか

固定金利と変動金利のどちらにするのかで悩んだときには、変動金利にするのがおすすめです。自動車ローンは、数十年単位で返済を続ける住宅ローンなどとは違い、そこまで長期間の返済になることはありません。

また、借入額が高いといっても、住宅ローンのように数千万円単位で借りるものではないので、金利が高くなったとしても影響が少なく済みます。そのため、利率が低い変動金利にした方が、総返済額が安く済む可能性が高いのです。

念のため、金利が大幅に引き上げられ返済の負担が増加した場合には、その時点で固定金利の自動車ローンに借り換えるなどの対策を考えておくと安心です。

返済方法について

自動車ローンの返済方法は、『元利均等返済』と『元金均等返済』のいずれかになるのが一般的です。どちらの返済方法にするのかによって総返済額に差が出るため、それぞれの特徴を理解しておくことが重要です。

また、総返済額を減らす方法として『繰り上げ返済』や『一括返済』がありますが、自動車ローンを繰り上げ返済、または一括返済するときの注意点も知っておきましょう。

月額返済額が一定の元利均等返済

『元利均等返済』とは、月々の返済額が一定の返済方法です。毎月引き落とされる自動車ローンの返済額は、『元金+利息』で構成されています。

元利均等返済では、月々の返済額を一定にするために、返済額のうち元金の返済分が占める割合と、利息分が占める割合が変動します。返済開始から完済まで返済額が同じなので、支出を管理しやすいのが元利均等返済のメリットです。

しかし、初めのうちは、元金の返済分よりも利息分が占める割合の方が大きいため、元金がなかなか減りません。その分、利息が高くなることから、総返済額も高くなります。

月額返済元金が一定の元金均等返済

『元金均等返済』とは、元金の返済分の金額が一定で、そこに利息分が上乗せされるという返済方法です。利息の金額は常時変動するため、月々の返済額も変動するのが特徴です。

返済額が変動するので、支出の管理はしづらくなるでしょう。しかし、元利均等返済のように返済額の大半を利息分が占めるということがなく、毎月確実に元金が減ります。

元金が減るのが早いので利息が安くなり、総返済額も安くなる点が、元金均等返済の大きなメリットです。総返済額を安く抑えたいのであれば、元金均等返済を選ぶとよいでしょう。

ただし、商品によっては元利均等返済にしか対応していないことがあります。契約前に返済方法をよく確認しておきましょう。

繰り上げ返済や一括返済で総返済額を減らす

総返済額を減らしたいのであれば、『繰り上げ返済』や『一括返済』が有効です。

  • 繰り上げ返済:毎月の返済は継続しつつ、資金に余裕が出たときに上乗せ返済すること
  • 一括返済:名称通り、ローンの残額を一括で返済すること

繰り上げ返済した場合、毎月の返済額はそのままで、繰り上げ返済した分返済期間を短くするか、毎月の返済額を下げるかを選ぶ必要があります。このとき、毎月の返済額を下げると、元金が減るのが遅れて余分な利息がかかるので、返済期間を短くする方を選びましょう。

また、自動車ローンでは、繰り上げ返済や一括返済の際に手数料がかかる場合があります。手数料が高額で、かえって総返済額が増える可能性があるので注意が必要です。

まとめ

自動車ローンの理想的な返済額や返済期間は、人それぞれ異なります。自分の家計状況を洗い出し、無理なく返済できる金額や期間を考えてみましょう。

また、自動車ローンは商品、金利、返済方法などにいくつか種類があり、どれを選択するかで総返済額が変わります。事前にしっかりと知識を身につけ、お得に利用できる方法を考えておきましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン