1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの借り換え審査のポイントは?流れ等もあわせて解説

自動車ローンの借り換え審査のポイントは?流れ等もあわせて解説

現在借り入れている自動車ローンよりも金利が低いローンが見つかった場合、借り換えが選択肢の1つとなります。本記事では、自動車ローンの借り換えの基本事項を解説します。借り換えで審査されるポイントについても、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

自動車ローンの借り換えとは

『自動車ローン』とは、自動車を購入するために、自動車ディーラーや金融機関(銀行・保険会社・JA(ジェイエー※)など)から借り入れるローンです。

自動車ローンを借り入れた後に、金利などの条件がよりよいローンが見つかった場合は、『借り換え』ができるケースがあります。

ここでは、自動車ローンを借り換えるメリットおよびデメリットを解説します。自動車ローンの借り換えを検討する材料として、知っておきましょう。

(※JAとは、相互扶助の精神のもと、農家の営農と生活を守り高めるために組織された協同組合です。 生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売・貯金やローン・共同利用施設の設置などを行っています)

メリット

自動車ローンを借り換える最大のメリットは、現在借り入れているローンよりも金利が低くなる点です。金利が低くなることで、以下の効果が得られます。

  • 毎月の返済額が安くなる
  • 返済総額を減らせる

毎月の返済額が減れば、現在よりも家計に余裕ができます。それにより、貯蓄額の増加も目指せるでしょう。

デメリット

自動車ローンの借り換えをするデメリットは、手数料がかかる点です。自動車ローンの借り換えに必要な手数料には、以下のようなものがあります。

手数料の種類 詳細
一括返済の手数料 現在借り入れている金融機関に支払う
事務手数料 新たに借り入れる金融機関に支払う
印紙代 ローンの契約書に貼付する印紙代。インターネットから契約する場合は不要
保証料 保証会社(※)に支払う

手数料の有無や金額は、借り入れる金融機関などにより差があるため、あらかじめ確認しましょう。金利の低下により減らせる利息額と支払う手数料を比較し、利益が出る借り換えを行うことが重要です。

(※保証会社とは、ローンの延滞時に債務者に代わって一括返済する会社です。債務者に対する、ローンの返済要求も行います。保証料は、ローンの借入時もしくは月々の返済と併せて支払います)

自動車ローンの借り換え審査について

自動車ローンの貸し出しでは、債務者に対する『審査』があります。これは、ローンを完済できるかどうか、債務者の返済能力を調べるためです。審査では、以下の項目がチェックされます。

  • 債務者の情報(年齢・家族構成・持ち家か賃貸かなど)
  • 債務者の収入(年収・勤続年数など)
  • その他の借り入れの有無(借り入れの金額・返済履歴など)

マイカーローンのお申込みの流れ| マイカーローン | りそな銀行

必要な書類

自動車ローンの審査に必要な書類は、以下のとおりです。

項目 具体例
本人を確認する書類 ・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
年収に関する書類 ・源泉徴収票
・確定申告書
・健康保険証
その他のローンに関する書類 返済予定表

健康保険証は、入社日が記載されているため、勤続年数の確認に使用されます。

審査の流れ

自動車ローンの審査は、仮審査と本審査の2種類です。仮審査は本審査の前に行われる簡易的な審査で、本審査に比べ必要書類などが少なく、金融機関によってはネットでも受け付けています。

本審査は、仮審査に通った人のみが受けられる審査です。仮審査よりも多くの書類の提出を求められるため、あらかじめ必要なものを確認しておきましょう。

本審査に通るとローンの契約手続きに進みます。そのため、本審査に申し込む時点で、現在ローンを借り入れている金融機関に借り換えの手続きを進めていることを伝えましょう。

借り換え審査のポイント

最後に、借り換え審査のポイントを詳しく解説します。

職業と勤続年数

審査では、自動車ローンを返済し続けていく能力があるかを調べるため、債務者の年収だけでなく勤務先や勤続年数をチェックします。これは、現在と同等もしくはそれ以上の年収を、将来にわたり安定的に得られるかどうか審査するためです。

年収

自動車ローンの借り入れでは、返済負担率の審査が行われます。返済負担率の計算をするのに必要なのが、年収です。返済負担率は、以下の式で求めます。

  • 返済負担率(%)=年間返済額÷年収×100

例えば、年収500万円の人が年間返済額50万円の自動車ローンを組んだ場合、返済負担率は10%です。一般的に、返済負担率が30%より少なければ、適正な借入額とされます。

なお、住宅ローンや奨学金返済など、自動車ローン以外に返済しているローンがある人は、すべて合算した金額を年間返済額としましょう。

信用情報

信用情報とは、クレジットやローンなどの契約内容や支払状況・利用残高といった、取引情報です。

金融機関は、加盟している信用情報機関に照会を行い、債務者の信用力を確認できます。よって、借り入れを隠したまま手続きを進めることはできません。自動車ローン以外の借り入れがある人は、正直に申告しましょう。

現在のローンの返済遅れはNG

ローンを契約する金融機関は、貸し出しにあたり、ローンの返済を続けられるかどうかを重視します。よって、現在借り入れているローンを延滞したことがある人は、審査に不利となると知っておきましょう。

なお、現在の自動車ローンの返済記録も信用情報に記録されているため、延滞を隠すことはできません。

まとめ

自動車ローンの借り換えでは、債務者の返済能力をチェックする審査が行われます。審査では、いくつかの書類の提出が必要です。

手続きをスムーズに進めるには、必要書類をあらかじめ確認し、計画的に書類を準備しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン