1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの残価設定ローンとは?銀行ローンなどの違いも解説

自動車ローンの残価設定ローンとは?銀行ローンなどの違いも解説

自動車ローンには、残価設定ローンという種類の商品があります。その他の自動車ローンと残価設定ローンは何が違うのか、その特徴やメリット、デメリットを知っておきましょう。また、残価設定ローンの注意点などについても解説します。

この記事の目次

自動車ローンの種類

自動車ローンとは、自動車購入費を借りるための目的ローンです。基本的には、自動車購入費にしか利用できませんが、商品によっては車検や運転免許取得費用などにも利用できます。

自動車ローンには、『銀行ローン』『ディーラーローン』『残価設定ローン』などがあり、それぞれ特徴が異なります。

銀行のローン

『銀行ローン』とは、銀行から自動車購入費を借りる自動車ローンです。銀行ローンは審査の基準が高いので、収入が不安定な人やアルバイトの人などは、審査に通らない可能性があります。

ただし、他の自動車ローンよりも金利が低く、利息が安く済むので、返済の総額も安く抑えられるというメリットがあります。

ディーラーのローン

『ディーラーローン』は、自動車の販売店を介して、販売店が提携しているローン会社から自動車購入費を借りる自動車ローンです。

銀行ローンよりも審査の基準が甘いので、収入が不安定な人でも審査に通りやすいというメリットがあります。しかし、他の自動車ローンよりも金利が高く、利息が高くなるため、返済の総額も高くなるというデメリットがあります。

残価設定ローンとは?

『残価設定ローン』とは、自動車ローンの借入総額から、『残価』を引いた後の残額を返済するという仕組みの自動車ローンです。残価とは、購入する自動車を数年後に買い取りしてもらった場合の金額のことです。

仮に、自動車ローンの借入総額が100万円、残価が50万円だったとしましょう。この場合、借入総額から残価を引いた後の50万円を分割した金額を毎月返済していきます。

メリットとデメリット

残価設定ローンには、以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット デメリット
・月々の返済額が安い
・他の自動車ローンよりも金利が安い
・買い取り価格が保障されており、売却しやすい
・元金が減るのに時間がかかるため、利息を多く払う可能性がある
・買い取り前提なので、走行距離に制限が設けられていることがある

残価設定ローンの注意点

残価設定ローンには、重要な注意点があります。それは、『残価が割り引かれるわけではない』ということです。残価は最終返済日まで据え置かれているだけです。

そして、最終返済日に自動車を買い取りに出して、その売却益で残価を相殺するか、据え置かれた残価を支払って自動車を引き取るかを決めなくてはなりません。

自動車の引き取りを希望した場合、残価を一括払いする必要があります。商品によっては、残価の返済のために再ローンを申し込める場合もありますが、再ローンによって返済期間が延びることで、より多くの利息を支払うことになります。

銀行やディーラーローンとどっちがお得?

銀行ローン・ディーラーローンと残価設定ローンのどちらがお得かは、人によって異なります。残価設定ローンを利用して、最終的に自動車の引き取りを希望した場合、銀行ローン・ディーラーローンよりも利息を多く支払う可能性が高いでしょう。

そのため、始めから銀行ローンやディーラーローンで自動車を購入していた方が、返済の総額が安く済みます。

一方、最終返済日に自動車を買い取りに出す場合、残価を支払わない分安く自動車を利用できたといえるでしょう。また、買い取りに出す場合は車検免除などのサービスが受けられることもあるので、自動車購入費以外の費用が節約できる可能性があります。

残価設定ローンを有効に利用しよう

残価設定ローンを有効に活用するには、自分が残価設定ローンに向いているのか向いていないのかを把握することが重要です。

利用するのに向いている人

残価設定ローンが向いている人は、以下のような人です。

  • 定期的に新車に乗り換えたい人
  • 収入が少なく、月々の返済額をできるだけ抑えたい人
  • 週末や連休などのときにしか自動車に乗らない人
  • 車検などの費用を抑えたい人
  • レンタカーを頻繁に借りる人

残価設定ローンを利用すると、最終返済日に自動車を引き取らない限り、数年おきに自動車を買い取りに出すことになります。そのため、定期的に新車に乗り換えたい人にはメリットが大きいでしょう。

また、残価設定ローンでは月々の返済が数千円程度になるケースもあるので、それをレンタル料とみなせば、安く自動車をレンタルしているのと同じといえます。

利用には向いていない人

残価設定ローンは、以下のような人には向いていません。

  • 車内で喫煙する人
  • 長距離運転が多い人
  • 車のパーツを変更したい人
  • 自動車の買い取りを希望していない人

残価設定ローンは、最終的に自動車を買い取る前提になっているので、自動車をできるだけきれいに使うこと、改造しないことなどの条件が設定されるのが基本です。

そのため、喫煙者や改造したい人には向きません。また、走行距離も制限があることが多いので、長距離運転が多い人にも向かないでしょう。

まとめ

残価設定ローンとは、自動車を買い取りに出すことを前提とした自動車ローンです。自動車の利用にさまざまな制限があり、向き不向きがあるので、残価設定ローンの特徴をしっかり把握したうえで利用を決めましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン