1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの借り換えを銀行で。流れや必要書類も解説します

自動車ローンの借り換えを銀行で。流れや必要書類も解説します

借り入れている自動車ローンよりも条件がよいローンがある場合は、借り換えも選択肢となるでしょう。本記事では、自動車ローンの借り換えのメリットおよびデメリットを解説します。借り換えを考える際のポイントも、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

自動車ローンの借り換えとは

『自動車ローン』とは、自動車の購入資金として借り入れるローンです。自動車ローンは、以下で借り入れします。

  • 自動車ディーラー
  • 金融機関(銀行・保険会社・JA(ジェイエイ:農協)など)

自動車ローンの借入金には、利息があります。自動車ローンの借入後に、金利が低いなどよりよい条件のローンが見つかった場合には、『借り換え』も選択肢となるでしょう。

ここでは、自動車ローンを借り換えるメリットおよびデメリットを解説します。

借り換えのメリット

自動車ローンを借り換えるメリットは、現在よりも金利が低くなる点です。金利が低くなると、以下の効果を得られます。

  • 毎月の返済額が小さくなる
  • 総返済額が減る

返済額を減らすことで、毎月の家計負担の減少を目指せます。

借り換えのデメリット

借り換えのデメリットは、手数料がかかる点です。借り換えに必要な手数料には、以下があります。

  • 一括返済の手数料
  • 事務手数料
  • 印紙代

自動車ローンの借り換えるには、現在借り入れているローンを、新たに借り入れたローンで一括返済します。その際に必要なのが、一括返済の手数料です。

また、自動車ローンを借り入れる金融機関に新たに支払うのが、事務手数料です。そのほか、契約書に貼付する印紙代もかかります。

インターネットで自動車ローンを借入契約する場合は、印紙代はかかりません。

自動車ローンの借り換えのポイント

自動車ローンには、さまざまな商品があります。借り換えを成功させるには、商品を選択するうえで、いくつかのポイントを知っておくことが大切です。

金利が安いローンにする

自動車ローンの借り換えで重要なポイントは、現在よりも金利が低いローンを選ぶということです。自動車ローンの金利は、ローンを取り扱っている金融機関のホームページなどに記載されています。

いくつかの自動車ローンの金利を比較し、できるだけ低い金利の商品を選びましょう。

手数料などの総支払額もチェック

先述のとおり、自動車ローンの借り換えでは、いくつかの手数料がかかります。自動車ローンの借り換えを決める前に、手数料などのコストがいくらかかるかを、きちんと確認しなければなりません。

なぜなら、コストの金額によっては、金利を下げることで得られるメリットよりも、デメリットの方が大きくなることが考えられるからです。

借り換えにより損をすることがないよう、借り換えによるメリットデメリットをよく検討したうえで、借り換えの手続きを進めましょう。

ディーラーと銀行はどちらがよい?

自動車ローンは、自動車ディーラーおよび金融機関で取り扱っています。ここでは、金利や審査などの特徴を見ていきます。

なお、自動車ローンの借り入れで審査されるポイントは、以下のとおりです。

  • 債務者の情報
  • これまでに借り入れたローンの返済履歴
  • その他の借り入れの有無や金額

債務者の情報とは、年齢や家族構成・年収や勤務先などです。ローンの返済履歴では、これまでに本人が借り入れたローンにおいて滞納がないかなどを、個人信用情報(※)により確認されます。

(※個人信用情報とは、クレジットやローンなどの契約内容や利用残高・返済・支払状況といった取引情報です。金融機関は、加盟している信用情報機関に照会をして、取引相手の信用力を確認できます)

自動車ローンの審査を通すためのコツ|中古車のガリバー

ディーラーローンのポイント

自動車ディーラーは、独自の自動車ローンを取り扱っていません。提携する信販会社の自動車ローンをディーラーローンとして提供しています。

ディーラーローンは、審査に通りやすい点がメリットです。審査に不安がある人や、銀行ローンの借入審査に通らなかった人は、ディーラーローンを検討してみてもよいでしょう。

ただし、多くの場合、銀行よりも金利が高めに設定されている点に注意が必要です。

銀行ローンのポイント

銀行の自動車ローンを利用するメリットは、低めの金利で借り入れができる点です。ディーラーローンよりも店頭金利自体が低いだけでなく、銀行によっては、取引内容次第でさらに金利が低くなるサービスがあります。

例えば、カードローンを契約している人や住宅ローンの借り入れがある人は、店頭金利よりも低い金利で自動車ローンを借り入れられるなどです。

すでに取引している銀行がある人は、自動車ローンについて問い合わせしてみてもよいでしょう。

ただし、銀行ローンは金利が低いぶん審査が厳しく、手続きに時間がかかることがあります。銀行での借り換えを希望する人は、手続きを計画的に進めることが大切です。

銀行で自動車ローンの借り換えをする

最後に、銀行で借り換えをする場合の手続きの流れを解説します。

マイカーローン:お申し込みの流れ(必要書類について) | 三菱UFJ銀行

必要な書類

自動車ローンの借り換えに必要な書類は、下表のとおりです。

項目 具体例
本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
借り換えに関する書類 ・見積書
・ローン返済予定表
・ローンが引き落とされた通帳のコピー
・車検証のコピー
年収に関する書類 ・源泉徴収票
・確定申告書

場合によっては、上記以外の書類が必要となることがあるため、手続きをスムーズに進めるには、あらかじめ銀行に確認すると安心です。

手続きの流れ

自動車ローンの借り換えで必要な手続きには、以下があります。

1.仮審査
2.本審査
3.ローンの契約
4.ローンの借り入れ(決済)

本審査の申し込みをする時点で、現在借り入れている金融機関に対し、借り換えの手続きを進めていることを伝えておきましょう。

一般的にローンの借入金は、決済時に現在借り入れている金融機関に振り込まれます。一括返済されると借り換えが完了し、その後新たな金融機関に返済していくことになります。

まとめ

自動車ローンの借り換えは、金利が低くなるメリットがある一方、手数料などのコストがかかるという注意点があります。借り換えを希望する人は、メリットとデメリットを比較検討して決めることが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン