1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 自動車ローン
  4. 自動車ローンの名義貸しは違法?名義人についても併せて解説

自動車ローンの名義貸しは違法?名義人についても併せて解説

自動車ローンの名義貸しは違法です。本記事では自動車ローンの名義貸しについて解説し、自動車の名義人とは誰を指すのか、また、名義変更の方法も紹介します。自動車ローンの種類や返済中でも車を売却できるのかも、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

2種類の自動車ローン

自動車ローンには、自動車販売店が扱う『ディーラーローン』と、銀行などが扱う『銀行ローン』があります。

ディーラーローンのメリットとデメリット

ディーラーローンとは、主に車の販売会社が取り扱う自動車ローンのことをいい、以下のメリット・デメリットがあります。

項目 内容
メリット ・手間がかからない
・審査が比較的緩やか
・低金利キャンペーンを開催していることがある
デメリット ・金利が高めである
・車の所有権が信販会社またはディーラーにある

販売会社は土日も営業しているので、休日に車の購入とローンの契約をセットで行えます。

銀行ローンのメリットとデメリット

銀行ローンとは、銀行のほか、信用金庫・信用組合・労働金庫・JAバンクなど多くの金融機関が扱う自動車ローンを指します。銀行ローンのメリット・デメリットは以下の通りです。

項目 内容
メリット ・金利が低めである
・商品が豊富である
・給与振込口座がある場合など、金利の優遇を受けられることがある
デメリット ・審査が比較的厳しい
・審査や手続きに手間と時間がかかる
・金融機関によっては店頭に出向かなければならない

銀行ローンは審査結果がわかるまでに数日以上かかることもあるため、購入のタイミングに間に合うよう余裕をもって申し込みましょう。

自動車の名義人について

自動車の『名義人』とは、車の車検証にある所有者の欄に記載されている人物や会社などを指します。名義変更や廃車などの権限を持つのは、この名義人(所有者)です。

ここでは、自動車の名義人について見ていきましょう。

ローンの種類で名義が異なる

自動車ローンを契約して車を購入すると、利用するローンの種類によって自動車の名義が異なります。

ディーラーローンを利用したときの車の名義は、自動車を購入した販売会社(ディーラー)または信販会社です。銀行ローンを利用した場合は、購入者本人の名義になります。

所有者が信販会社やディーラーの場合に自分名義に変更するには、残りのローンを完済しなければなりません。ローンを完済できないと、名義変更もできません。

車を売却する場合はその代金を返済に充てることも可能ですが、不足分があれば返済資金の工面が必要です。

売却時には名義を確認してトラブル防止

車の売却を考える際には事前に車検証に記載されている所有者が自分であるかを確認しておきましょう。自分以外の名義の場合は、名義変更してからでないと売却できません。

所有者の承諾もなく他人名義の車を売却すると、横領罪などの犯罪にあたります。

また、中には返済途中の自動車の売却が禁止されているローンもあるため、売却が可能なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

名義変更の方法

中古車販売店などの業者に車を売却する場合は、名義変更の手続きを業者が行います。知人などの個人に売却する場合は、自分で必要書類を用意して購入者(新しい所有者)の住所を管轄する陸運支局へ提出し名義を変更しなければなりません。

名義変更には、主に以下の書類が必要です。業者に売却する場合は、以下の必要書類のほとんどを業者側が用意するので、簡単に手続きを完了できます。

  • 所有者が用意する主な書類
    車検証・譲渡証明書
    委任状(車の所有者以外の人が手続きする場合に必要)
    印鑑登録証明書(3カ月以内に発行したもの)など
  • 新しい所有者が用意する主な書類
    印鑑登録証明書・車庫証明書など

名義貸しは違法行為にあたる?

『名義貸し』とは、実際の当事者ではない人が他人から依頼されローンの契約者になったり、クレジットカードを作るために名義を貸したりする行為をいいます。

ここでは、自動車ローンの『名義貸し』について見ていきましょう。

違法になる可能性もある

名義貸しは刑法上の違法行為にあたり、6カ月以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

過去に長期の延滞がある人や自己破産を経験した人は、一定期間はローンを組めません。このような状況の友人から頼まれて、自動車ローンを自分の名前で契約すると名義貸しにあたります。たとえ、名義を貸す相手が身内であっても名義貸しは違法です。

名義貸しをしてローンの契約者になってしまうと、返済が滞ったときには契約者である名義を貸した人物が滞納したことになり返済を請求されます。安易に名義貸しすることはやめましょう。

トラブルに巻き込まれることもある

名義貸しをしたことで、トラブルに巻き込まれるケースもあります。謝礼金などをちらつかせて自動車ローンの名義貸しを依頼してくる場合は、詐欺目的の可能性もあるため注意しましょう。

自動車ローンの契約が完了し車を手に入れると名義を貸した相手は自動車と共に姿をくらまし、ローンの返済だけが残ります。

詐欺被害として警察に相談することもできますが、そもそも名義貸しは違法行為であることから警察の対応も厳しいものになるかもしれません。

まとめ

自動車ローンの名義貸しは、違法行為にあたります。また、詐欺目的で名義貸しを依頼してくるケースもあり、知らないうちに詐欺に加担してしまうかもしれません。名義貸しを安易に引き受けることや、他人に依頼することもやめましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

自動車ローンの人気記事

カテゴリ

ローン