1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローン金利の固定タイプの推移は?年数ごとのおすすめを紹介

住宅ローン金利の固定タイプの推移は?年数ごとのおすすめを紹介

住宅ローンの金利には、固定金利型と変動金利型があります。本記事では固定金利型の住宅ローンに焦点をあて、変動金利型との違いや固定金利の推移などを解説します。また、おすすめの固定タイプの住宅ローンを固定年数別に見ていきましょう。

この記事の目次

金利のタイプ

住宅ローンは、『固定金利型』・『固定期間選択型』・『変動金利型』の三つの金利タイプに分類できます。まず、これら三つを詳しく見ていきましょう。

変動するタイプ

返済の途中に金利が変動するものを変動金利型といい、通常、金融機関による金利の見直しが6カ月に1度のペースで行われます。市場金利をベースに金利が見直され、必要に応じて変更される仕組みです。

金利が変わると必ず返済額の更新があるわけではなく、5年に1度の見直しにより返済額が更新されます。

また、変動金利型には融資金利が低い商品が多く、融資を受ける当初の毎月返済額を抑えられます。しかし、返済中に金利が上がると、返済額が増えるリスクがあることを知っておきましょう。

最後まで固定のタイプ

固定金利型は一定期間の金利が固定され変わらないタイプです。固定金利型の中には『全期間固定金利型』と呼ばれる、借入時に完済までの金利が確定し変わらないものがあります。

毎月返済額・総返済額を、融資を受ける早い段階で確定できるため、完済までの見通しを立てやすいのが特徴です。

しかし、市場金利が下降してもローンの金利が下がることはなく、当初決められた金額で返済が続きます。

当初何年かは固定のタイプ

借り入れから5・10・20年などの一定期間の金利を固定するものを、『固定期間選択型』といいます。

このタイプの商品では、固定期間が終わると変動金利型に自動的に移行するものがほとんどです。例えば10年固定であれば、10年が経過すると自動的に変動金利が適用されます。

固定期間の終了後も再び固定期間選択型を利用したい人は、指定された期限までに所定の手続きが必要です。そして、固定期間が終了した後の金利は、終了時点の金利が新たに適用されることも知っておきましょう。

また、一部ではありますが固定期間の終了後に変動金利しか選べない商品もあります。事前に商品内容をしっかり検討することも必要でしょう。

金利とは?(はじめての住宅ローン) : 三井住友銀行

金利の推移

固定金利を中心に、金利の推移や今後の見通しを見ていきましょう。

これまでの推移

以下は、固定金利型の住宅ローンの中でも知名度の高い『フラット35』の、これまでの金利推移(※)を示したグラフです。

金利推移グラフ

出典:【フラット35】借り換え|アルヒマーケティング株式会社

グラフからわかるように、ここ3~4年の融資金利は1%台をキープした状態です。しかし、10年ほど前は3%を超えており現在がいかに低金利であるかがわかります。

2019年や今後の見通し

今後の金利の見通しは、しばらくは超低金利の状況が続くと見られています。しかし、今以上に金利が大きく下がることは考えにくく、今後は本格的な金利の上昇がいつ訪れるのかを予測することになるでしょう。

固定金利に関しては、長期金利の影響を大きく受けます。長期金利とは、金融機関が1年以上の資金を貸し出す際に適用する金利のことで、新発10年物国債(※1)の利回りなどを指標金利(※2)としています。

長期金利が変動する要因はいろいろですが、基本的には景気が良くなると上昇し、悪くなると下降します。固定金利が今後どのような動きを見せるかは、新発10年物国債の利回りや国内外の経済情報、また専門家の意見などから判断するとよいでしょう。

(※1:新発10年物国債(しんぱつじゅうねんものこくさい)とは、新規に発行された償還期間10年の国債のことです)

(※2:指標金利とは、金融市場において金利水準を判断および評価する際に目じるしとなる金利のことをいいます)

長期金利│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
長期金利推移グラフ | 日本相互証券株式会社

選び方のポイント

住宅ローンを選ぶ際のポイントや注意点を解説します。

金利タイプ

金利タイプを選ぶときのポイントとして、今後の金利の動きがあげられます。これから金利が上がる可能性が高ければ、完済まで変更がない全期間固定型を選ぶほうが有利といえるでしょう。

逆に金利が下がる可能性が高ければ、変動金利型を選ぶと返済額を減らせるかもしれません。

また、現時点で決めかねる人は固定期間選択型を選んで、当初の固定期間のあいだに金利の動きを見極めることも可能です。

金利リスク

変動金利型の住宅ローンでは、『125%ルール』を設ける金融機関が多い傾向にあります。このルールは、5年ごとの返済額の更新において、従来の返済額の125%を超えないというものです。

例えば、毎月の返済額を10万円としましょう。この場合は金利がどんなに上昇しても、月々の返済が12万5000円を超えることはありません。

しかし、125%を超える部分の返済が免除されるわけではなく、さらに5年後に返済が先送りされます。仮に、金利の上昇が続くなどで先送り分を借入期間中に返済できなければ、最終返済時にまとめて返さなければなりません。

また、固定期間選択型は125%ルールの対象外であるため、固定期間が終わり変動金利を選ぶと返済額の更新に上限がなくなります。金利が上がるとどの程度まで月々の返済が増えるか見通しが立ちませんが、一方では返済の先送りがないともいえます。

借入後の見直し

変動金利型を利用する場合は、返済中に金利の動きをチェックし上昇しそうであれば、借り換えなどの対応が必要です。

借り換えには再び商品を選ぶために、返済について見直さなければなりません。また、返済中のローンの解約も必要になり、面倒な手続きに加え諸費用も発生します。

借り入れ後に、金利のチェックや借り換えなどの面倒な作業を避けたい人は固定金利型の選択が向いているといえるでしょう。

また将来に教育費など大きな出費を控え、ローンの返済と同時に貯蓄が必要な世帯も、資金計画を立てやすい固定金利型の選択を検討するとよいかもしれません。

フラット35とはどんな住宅ローン?

フラット35とはどのようなローンなのか、詳しく見ていきましょう。

最大35年固定金利の住宅ローン

フラット35は借入期間が最大35年の全期間固定金利型のローンです。住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する商品で、申し込みは銀行などの取扱金融機関を通して行えます。

申し込み条件など住宅金融支援機構が定める項目に関しては全国共通ですが、金利や手数料などは金融機関が決めるため借入先によって異なります。

フラット35のメリット

フラット35には勤続年数や雇用形態などの申し込み要件がなく、自営業者や勤続年数が浅い人も申し込みが可能です。主なメリットとして、以下があげられます。

  1. 金利が変わらず安心、返済計画が立てやすい
  2. 保証料が不要
  3. 人に対しての利用条件が比較的緩やか
  4. 繰り上げ返済の手数料が無料

フラット35のデメリット

フラット35には、物件検査を受けて『適合証明書』を取得することが必要であるなど、主に以下のデメリットがあります。

  1. 金利が高め
  2. 市場金利が下がっても、金利が変わらない
  3. 取得する物件が所定の技術基準を満たすことが必要
  4. 融資額が物件価格の9割を超えると、金利が高くなる
  5. 繰り上げ返済に最低額が定められている

15年固定金利の比較ランキングでおすすめ

ここでは、当初15年の金利が固定される『15年固定型』の住宅ローンの中から、おすすめの商品を紹介していきます。

なお、金利に関してはすべて2019年5月現在における年率です。

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン

住信SBIネット銀行の『ネット専用住宅ローン』は三井住友信託銀行の商品ですが、代理業者として住信SBIネット銀行が申し込みなどの手続きを代行しています。

15年固定型は、以下の通期引下げプランと当初引下げプランの二つから金利プランを選べます。

プラン名 詳細
通期引下げプラン ・借入全期間において、金利を一定幅で引き下げ
当初引下げプラン ・当初固定期間を重視し金利の下げ幅を大きく設定
・固定期間終了後は下げ幅が縮小される

主な商品内容は下表の通りです。

項目 詳細
適用金利(15年固定) 通期引下げプラン:1.51%
当初引下げプラン:1.11%
借入金額 500万~1億円
借入期間 1~35年
保証料 不要
一部繰上返済手数料 無料
事務手数料 借入額×2.16%(税込)

ネット専用住宅ローン | 住宅ローン | 住信SBIネット銀行

新生銀行 パワースマート住宅ローン

『新生銀行パワースマート住宅ローン』は2018年オリコン顧客満足度調査において、『住宅ローン手数料・保証料ランキング』にて第1位に選ばれた商品です。15年固定型は契約日の金利が融資金利として適用され、以後15年間変わりません。

主な商品内容は以下の通りです。

項目 詳細
適用金利(15年固定) 1.25%
借入金額 500万~1億円
借入期間 5~35年
保証料 不要
一部繰上返済手数料 無料
事務手数料 5万4000円(税込)

固定期間の終了後は金利の下げ幅が小さくなります。また、終了後の借入元本の残高が500万円未満の場合は、再度、当初固定金利タイプを選ぶと金利の引き下げはありません。変動金利を選んでも500万円以上の場合に比べ、引き下げ幅が小さい設定です。

初めてお借り入れの方も借り換えの方も新生銀行の『パワースマート住宅ローン』 | 新生銀行

じぶん銀行 住宅ローン

『じぶん銀行住宅ローン』はがんと診断されると、住宅ローン残高が1/2になるがん50%保障団信が無料であるなど、返済中の保障が手厚い住宅ローンです。

15年固定型は、以下の二つから金利プランを選べます。

プラン名 詳細
全期間引下げプラン ・借入期間中すべてで金利を引き下げ
・当初期間引下げプランに比べ固定期間中の下げ幅は小さい
当初期間引下げプラン ・当初固定期間中の金利の下げ幅が大きい
・固定期間終了後の下げ幅は全期間引下げプランに比べ小さい

主な商品内容は以下の通りです。

項目 詳細
適用金利(15年固定) 全期間引下げ:1.67%
当初期間引下げ:1.193%
借入金額 500万~2億円
借入期間 1~35年
保証料 不要
一部繰上返済手数料 無料
事務手数料 借入金額×2.16%(税込)

商品詳細 | 住宅ローン | じぶん銀行

20年固定金利の比較ランキングでおすすめ

ここでは、当初20年の金利が固定される『20年固定型』の中から、おすすめの住宅ローンを紹介します。なお、金利に関してはすべて、19年5月現在における年率です。

りそな銀行 住宅ローン

りそな銀行の『りそな住宅ローン』には、融資手数料型・保証料一括前払い型・保証料金利型の三つの金利プランがあり、保証料などに違いがあります。

金利プラン 融資手数料 保証料 保証会社事務手数料
融資手数料型 借入金額×2.16% 不要 不要
保証料一括前払型 不要 契約時に一括支払い 3万4000円
保証料金利型 不要 金利に0.2%上乗せ 3万4000円

20年固定の融資金利は、以下となっています。

金利プラン 全期間型 当初型
融資手数料型 2.295% 1.0%
保証料一括前払型 2.35% 1.055%
保証料金利型 2.55% 1.255%

なお、上記は最大引き下げ幅を適用した場合の金利です。

住宅ローン(概要・金利等)|りそな銀行・埼玉りそな銀行

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン

住信SBIネット銀行の『ネット専用住宅ローン』には、固定20年型も用意されています。融資金利は以下の通りです。

項目 詳細
適用金利 通期引下げ:2.52%
当初引下げ:1.24%

みずほ銀行 ネット住宅ローン

『みずほ銀行ネット住宅ローン』の20年固定型は全期間重視プランとなっており、完済まで基準金利から一定幅で金利が引き下げられます。下げ幅は所定の範囲内で、審査後に決定する仕組みです。

事前審査から借り入れまでネットで手続きが可能であり、わからないことは専門担当者が、電話やネットで丁寧にサポートしてくれます。

項目 詳細
適用金利(固定20年) 1.15~1.4%
借入金額 50万~1億円
借入期間 2~35年
保証料 借入金額・支払方式などによって異なる
一部繰上返済の手数料 3万2400円(みずほダイレクトインターネットバンキングにて手続きをする場合は無料)
事務手数料 3万2400円

ネット住宅ローン「全期間重視プラン」 | みずほ銀行

フラット35の比較ランキングでおすすめ

ここではフラット35を取り扱うおすすめの金融機関を紹介していきます。フラット35の以下の融資条件に関しては、基本的にどの金融機関を利用しても同じです。

項目 詳細
金利タイプ 全期間固定金利タイプ
借入額 100~8000万円
融資期間 15~35年
保証料 不要
繰上返済手数料 無料

なお、これから紹介する金利に関しては、すべて機構団信に加入した場合の年率(19年5月現在)になります。

ARUHI フラット35

『ARUHI(アルヒ)フラット35』は金利の低さと、事前審査の結果が最短当日にわかるスピーディーな審査が人気です。8年連続取り扱い件数がNO.1(※)となっています。

返済口座として、給与振込口座や生活費の支払いに使用している手持ちの口座を利用でき、新たに口座を開設する必要がなく非常に便利といえるでしょう。

項目 詳細
金利 借入期間:金利
15~20年:1.23%
21~35年:1.293%
事務手数料 Web申し込み:借入額×1.0%
Web申し込み以外:借入額×2.0%
(最低事務手数料20万円・消費税別)

(※10~17年度統計フラット35融資実行件数(ARUHI調べ)における結果です)

ARUHI フラット35 融資条件(新規借り入れ) | ARUHI 住宅ローン | アルヒ株式会社

住信SBIネット銀行 フラット35

『住信SBIネット銀行フラット35』は、団体信用生命保険に全疾病保障の特約がつけられます。

特約を付ける場合は、事務取扱手数料に借入金額の0.5%(消費税別)が上乗せされますが、所定の条件を満たすと住宅ローンの債務残高に相当する保険金が支払われるなど返済中も安心です。

項目 詳細
金利 借入期間:金利
15~20年:1.23%
21~35年:1.29%
事務手数料 Web申込みの場合: 借入額×1.0%
(最低事務手数料10万円・消費税別)

新規お借入れ - フラット35の商品概要|住信SBIネット銀行

楽天銀行 フラット35

『楽天銀行フラット35』は、2018年オリコン顧客満足度調査において『全期間固定・フラット35満足度ランキング』にて第1位の住宅ローンです。

窓口に出向かずに契約できることやネット相談・電話相談などが非常にわかりやすいなど、利便性の高さとスピーディーなサービスが人気です。

項目 詳細
金利 借入期間:金利
15~20年:1.23%
21~35年:1.29%
事務手数料 借入額×1.08%
(最低事務手数料10万8000円・税込※)

(※楽天銀行以外を返済口座とする場合の事務手数料は、借入額×1.404%(税込)になります)

楽天銀行の住宅ローン フラット35の金利が業界最低水準|住宅ローン|楽天銀行

まとめ

近年、住宅ローンの金利は非常に低い水準で推移しており、ほぼ横ばい状態です。

固定金利で住宅ローンを組む際には現時点での金利はもちろん、固定期間が終了した後の金利の扱いがどのようになるのかを確認して選びましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン