1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローン金利の推移はどうなってる?タイプ別の動向とおすすめ商品

住宅ローン金利の推移はどうなってる?タイプ別の動向とおすすめ商品

住宅ローンの金利には、いくつか種類があります。それぞれの金利の特徴や動向を知り、自分にはどのタイプが合うのかを考えてみましょう。金利タイプ別のおすすめ住宅ローンや2019年のランキング内でおすすめの住宅ローンも紹介します。

この記事の目次

住宅ローンとは

住宅ローンの金利の詳細の前に、まずは住宅ローンがどのようなローンなのかを解説します。

住宅であれば基本的に利用可能

住宅ローンとは、名称通り『住宅に関わる資金を借りるためのローン』です。新築住宅だけなく、中古住宅やリフォームなどでも基本的に利用可能です。

ただし、住宅ローンは借入額が大きいため、住宅を担保として提供するよう求められます。利用者が返済不能になっても、住宅を売却して貸付金を回収できるようにするためです。

そのため、借入可能額は、住宅を売却して回収できる範囲(担保評価額)に応じて決定されます。中古住宅やリフォームが必要な住宅では担保評価額が低くなることから、借入可能額が低く設定されるか、審査に通らない可能性があるので注意が必要です。

また、住宅に関わる資金といっても、事業用・投資用の住宅や海外の住宅に関わる資金には利用できないのが一般的です。

住宅ローンの種類

住宅ローンは公的ローンと民間ローンに分かれており、それぞれさらに細かく種類が分かれています。

区分 種類 詳細
公的ローン 財形住宅融資 1年以上財形貯蓄を続け、貯蓄残高が50万円以上ある人向けの住宅ローン
自治体融資 自治体が居住者・勤務者に対して融資を行う住宅ローン
民間ローン 提携ローン 不動産会社などと提携した金融機関が融資を行う住宅ローン
非提携ローン 提携ローン以外の民間ローン

公的ローンは審査が比較的やさしいのがメリットです。しかし、借入可能額が低い、取得する住宅の種類の条件が細かいなどのデメリットがあります。

民間ローンは借入可能額が高く、取得する住宅の種類の条件もあまりありません。しかし、審査が厳しいというデメリットがあります。

金利の種類と特徴

ここからは、住宅ローンの金利について解説します。そもそも金利とは何なのかというと、『利息の割合を示す利率』のことです。

住宅ローンでは、返済の際にお金を貸してもらった報酬として、借入金に利息を加算して返済する必要があります。

そして、借入金にいくらの利息を付けて返せばよいのかを表しているのが金利です。金利の計算式を見てみましょう。

  • 利息額=ローン残高(元金)×金利×借入期間

上記のとおり、金利が利息額に影響しています。金利は住宅ローンごとに大きく異なるため、希望の住宅ローンの金利を調べてみましょう。

また、金利には変動金利・全期間固定金利・固定期間選択金利の3タイプがあり、同じ住宅ローンでもどのタイプを選ぶかによって利率が異なります。

変動金利

『変動金利』とは、返済中に経済情勢の影響などによって金利が引き上げられたり、引き下げられたりするタイプの金利です。

市場金利が低下している現在は、多くの住宅ローンで変動金利が一番低く設定されていることから、住宅ローン利用者の6割以上が変動金利を選択しています。(民間住宅ローンの貸出動向調査より)

しかし、今どれだけ金利が低くても、将来経済情勢が回復して市場金利が引き上げられれば、それに応じて金利の引き上げが行われ、返済総額が増加するリスクがあります。

変動金利を選ぶのであれば、金利が引き上げられた際にどうするのか、対策を考えておくことが重要です。

民間住宅ローンの貸出動向調査:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

全期間固定金利

『全期間固定金利』とは、経済情勢などの影響を受けず、初めに設定された金利が完済まで続くタイプの金利です。返済中に金利が引き上げられて返済総額が増加するリスクがないため、計画的に返済を続けられます。

現在は変動金利よりも利率が高いケースが多く、返済総額が高くなりやすいというデメリットがありますが、昔に比べると全期間固定金利の利率もかなり低下しています。

変動金利と全期間固定金利の利率にほとんど差がない住宅ローンもあるので、リスクを避けたい人は、低金利の今のうちに全期間固定金利を契約することも考えてみましょう。

固定期間選択金利

『固定期間選択金利』とは、最初に設定した期間だけ同じ金利が続き、以降は変動金利に切り替えられるタイプの金利です。住宅ローンによっては、固定期間経過後に再度固定金利を選べることもあります。

固定期間は3年、5年、10年など、いくつかのパターンから選ぶことが可能で、固定期間が短いほど金利が低いのが一般的です。

固定期間中は金利が変動する心配がなく、全期間固定金利よりも金利が低いケースが多いことから、借り換えの際に固定期間選択金利を選ぶ人が多く見られます。(民間住宅ローン借換の実態調査より)

ただし、固定期間経過後は今まで通りの金利ではなく、その時点での金利が適用されるので、それまでより金利が高くなる可能性がある点に注意が必要です。

2017年度 民間住宅ローン借換の実態調査

金利チャートの推移はどうなっている?

ここでは、新規借り入れで人気の変動金利と借り換えで人気の固定期間選択金利の推移について、フラット35のサイトの金利チャートをもとに紹介します。

民間金融機関の住宅ローン金利推移

出典:民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等):長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

過去1年の推移

直近の2019年7月時点の平均金利を見てみましょう。

  • 変動金利:年2.475%
  • 固定期間選択金利(3年):年2.94%
  • 固定期間選択金利(10年):年3.2%

どのタイプでも、年2~3%程度との結果が出ています。変動金利と比較すると固定期間選択金利の方がやや金利は高いですが、それほど大きな差はありません。

続いて、18年時点の金利を見てみましょう。18年時点の金利も19年7月時点の平均金利とほとんど変わりなく、どの金利タイプも年2~3%程度で推移しています。

長期スパンの推移

次は、長期スパンの金利の推移を見ていきましょう。1984~91年頃まで変動金利は年5~8%と高い傾向にありました。しかし、92年頃から急速に下がっていき、95年頃には今の平均金利とほとんど変わらない金利まで下がっています。

また、94年頃から記録されている固定期間選択金利のデータを見ると、早い段階で現在と同程度まで金利が下がっています。そして、変動金利と固定期間選択金利ともに、ほぼ同程度の金利で現在まで推移しているのです。

これほど長い間低金利で推移している要因として考えられるのが、バブル崩壊やリーマンショック、日本銀行のゼロ金利政策などです。これらの出来事によって金利の低下が進み、回復しないまま現在に至っています。

今後の見通し

長い間住宅ローンの金利は低い水準で継続していましたが、今後は金利が上がっていく可能性があります。日本銀行総裁が、記者会見で『低金利を継続するは20年春頃まで』と明言したためです。

また、20年の東京オリンピックの影響などで景気が上昇すれば、それに伴い市場金利も上昇し、住宅ローンの金利が高まることも予想されます。

しかし、金利については確実にこうなると明言できない部分があるため、将来を予測して心配するよりも、金利が高くなった場合の対策を考える方が有用です。

直近の変動金利の動向とおすすめ商品

ここからは、金利タイプ別の直近の動向とおすすめの住宅ローンを紹介します(17年7月時点)。まずは、変動金利です。

主要な金融機関に大きな変化なし

変動金利については、主要な金融機関で大きな変化は見られず、横ばいで推移しています。前述の金利チャートを見てもわかりますが、『変動』するはずの金利が年2.475%のまま10年間継続しています。

少なくとも、日本銀行総裁が低金利維持を明言した20年春頃までは、このままの金利で推移する可能性が高いでしょう。

住宅ローン金利ランキング | 住まいのお役立ち記事

住信SBIネット銀行 通期引下げプラン

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン・変動金利通期引下げプランは、金利が年0.457%と非常に低いのが魅力です。

さらに、団体信用生命保険と全疾病保障が無料で付帯しているというメリットがあります。団体信用生命保険や全疾病保障を付けると、通常は保険料分の金利が上乗せされるなど、別途費用が発生するので、無料で付帯しているのは大変お得です。

ネット専用住宅ローン | 住宅ローン | 住信SBIネット銀行

SBIマネープラザ MR.住宅ローンREAL

SBIマネープラザのMR.住宅ローンREAL・変動金利通期引下げプランも、年0.457%の金利で利用できます。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンと大きく異なる点は、ネット住宅ローンにもかかわらず、SBIマネープラザの店舗で担当者に相談しながら手続きを進められることです。

ネット住宅ローンは金利が低いものが多いので、ネット住宅ローンにしたいけれど、ネットで手続きを進めるのは不安という人におすすめです。

住宅ローンのご相談 | SBIマネープラザ

直近の10年固定金利の動向とおすすめ商品

続いて、住宅ローンの借り換えで選ばれることが多い、固定期間選択金利の10年固定金利について、直近の動向やおすすめの住宅ローンを紹介します。

2017年度 民間住宅ローン借換の実態調査

10年固定金利は据え置き

固定期間選択金利(10年固定金利)の利率は、一部の金融機関が引き上げたものの、ほとんどの金融機関で据え置かれています。

世界的に長期金利の低下が進んでいるため、10年固定金利の金利が下がる可能性はありました。しかし、すでに10年固定金利はかなりの低金利に設定されており、これ以上の引き下げは厳しいとの判断から、これまで通りの金利で据え置かれたとされています。

住宅ローン金利ランキング | 住まいのお役立ち記事

りそな銀行 WEB限定借換ローン 当初型

住宅ローンを借り換える予定があり、10年固定金利に変更しようと考えている人には、りそな銀行のWEB限定借換ローン・当初型10年がおすすめです。

りそな銀行のWEB限定借換ローン・当初型10年は金利が年0.6%と、変動金利の年0.429%とほぼ変わらない金利で利用できます。当初型20年でも年0.9%の金利で利用できるので、返済期間を長くしたい人でも安心です。

りそな借りかえローン | りそな銀行

イオン銀行 当初固定金利プラン 定率

住宅ローンの借り換えで10年固定金利に変更したい人には、年0.69%の金利で利用できる、イオン銀行の当初10年固定特別金利プランもよいでしょう。

イオン銀行の住宅ローンの魅力的な点は、金利の低さだけではありません。イオン銀行の住宅ローンには、イオンでの買い物が毎日5%OFFという特典が付帯しているため、日々の支出も削減できます。

住宅ローンお借換え |イオン銀行

直近の35年固定金利の動向とおすすめ商品

[caption id="attachment_59311" align="alignnone" width="1024"] ???????? / Mitsui Sumitomo Trust Bank[/caption]

通常の住宅ローンで全期間固定金利を選ぶ人は少ないものの、全期間固定金利で代表的な住宅ローン、フラット35は順調に利用者数を伸ばしています。ここでは、全期間固定金利(35年固定)について見ていきましょう。

35年固定金利は軒並み引き下げ

35年固定金利の利率は、世界的な長期金利の低下の影響を受けて軒並み引き下げられています。

長期金利の低下の主な要因は米中の貿易摩擦であるため、このまま2国間の関係が改善しなければ、しばらくは全期間固定金利の金利も低いまま推移するでしょう。

住宅ローン金利ランキング | 住まいのお役立ち記事

三井住友信託銀行 当初期間金利引下げ 融資手数料型

全期間固定金利を希望する人には、三井住友信託銀行の当初期間金利引下げ・固定プラン30年(融資手数料型)がおすすめです。

全期間固定金利でありながら、金利は年1.05%と低く抑えられています。三井住友信託銀行の証券口座を開設するなど、所定の条件を満たせば金利の優遇を受けることも可能です。

住宅ローン | 三井住友信託銀行株式会社

優良住宅ローン フラット35

全期間固定金利であれば、やはりフラット35は外せません。フラット35とは、住宅金融支援機構が扱う住宅ローンで、さまざまな金融機関や企業との提携によって提供されています。

申込条件は住宅金融支援機構が定めているためどこでも同じですが、金利は提携先ごとに異なります。フラット35を利用する場合は、各提携先の金利を比較するようにしましょう。

株式会社優良住宅ローンのフラット35は、返済期間が21年以上の場合は年1.18%、返済期間が20年以下の場合は年1.12%の低金利で利用できるのでおすすめです。

フラット35とはどのような住宅ローンですか。:よくある質問:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

2019人気ランキングでのおすすめ商品

最後に19年の住宅ローン人気ランキングから、おすすめの住宅ローンを紹介します

価格.com - 住宅ローン人気ランキング 【2019年7月更新】

じぶん銀行 住宅ローン 全期間引下げプラン

変動金利の住宅ローンを探している人には、じぶん銀行の住宅ローン・全期間引下げプランがおすすめです。

もともと変動金利は年2.341%ですが、全期間引下げプランでは『年0.457%』に引き下げられています。さらに、『がん50%保障団信』が無料で付帯しているので、大変お得です。

全期間引下げプラン | 住宅ローン | じぶん銀行

ARUHI ARUHIスーパーフラット8S

アルヒ株式会社のARUHI スーパーフラット8Sは、固定期間選択金利(当初10年)が10年目までは年0.55%、11年目からは年0.8%で利用できます。

8Sの他に、融資率(※)に応じて7Sや9Sなどの商品があり、それぞれ金利が異なります。住宅購入の際、費用のどれくらいを借入金でまかなう予定なのかを考え、それに合わせて商品を選びましょう。

(※融資率とは、住宅取得にかかった費用のうち、住宅ローンの借入金が占める割合のことです)

ARUHI スーパーフラット | ARUHI 住宅ローン | アルヒ株式会社

住信SBIネット銀行 ネット専用全疾病保障付住宅ローン

住信SBIネット銀行のネット専用全疾病保障付住宅ローンは、変動金利の場合は年0.447%、固定期間選択金利(当初20年)の場合は年1.23%で利用できます。

この住宅ローンの人気の理由は、団体信用生命保険や全疾病保障が無料で付帯してこの金利だということです。通常は保障が多いほど金利が上乗せされていき、返済総額が高くなります。

しかし、住信SBIネット銀行のネット専用全疾病保障付住宅ローンであれば、費用を負担することなく手厚い保障を受けることが可能です。

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン

まとめ

住宅ローンの金利は、長期間低金利で推移しています。しかし、低金利維持が20年春頃までと明言されており、東京オリンピックなどの金利を上げる可能性があるイベントが控えているため、いつまで低金利が続くかはわかりません。

非常に高額な借り入れであるため、住宅ローンの利用は慎重に検討した方がよいですが、できれば低金利のうちに契約を済ませた方がよいでしょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン