1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. カードローン
  4. カードローンの審査に落ちたら?審査前後にとるべき対策とは

カードローンの審査に落ちたら?審査前後にとるべき対策とは

カードローンに限らず融資を受ける際にはかならず審査があります。この審査結果次第では希望限度額に満たない限度額を提示される他、利用自体を断られるがあります。もし落ちてしまった場合でも現実的にとれる対策は少ないのですが、ここで解説していきます。

【2018年最新】 ▼ 当サイトの登録の多いキャッシング・カードローンサービス

この記事の目次

落ちた理由は公開されない

最初に注意点として「基本的にどの会社であっても、審査基準や審査内容は公開されていない」という事があげられます。

そのため審査に落ちた場合でも「なぜ審査に落ちたのか」といったことは一切アナウンスされないので、明確に「これをしたらよい」という事は言えません。

ただし未公開と言っても専門家の意見などで「ある程度の方向性」はわかっています。

ここではそう言った情報から考えられる対策について解説しますが、行ったからと言って確実に審査に合格するという事はないことは承知の上でお読みください。

とれる対策は少ない

一般的にカードローンの審査では「現在の経済状況」と「信用情報(過去の金融取引の実績)」の二点を見ると言われています。

そのためカードローンの審査に落ちる理由というのも主にこの二つに問題があると考えられますが、経済状況、つまり収入や職業などはカードローンの審査に落ちたからと言って簡単に改善できるものではありません。

信用情報も同様で、企業の誤記入など特別な事情がなければ修正できるものではありません。

その上で考えられる対策が以下の三つです。

借入中の借金を返済する

カードローンに限らず、ローンやキャッシングといった現在借入中の借金をできる限り返済しましょう。

借入額が多いと月々の返済額も多くなり収入に対しての負担も増えるので審査に落ちる可能性が高くなります。

逆に言えば他社から借り入れ中の借金を減らせば審査に受かる可能性がでてきます。

カードローンに申し込むという事は多かれ少なかれお金に困っているという事なので、すぐには難しいですが、他社から借り入れがある方はある程度返済を進めた上で再度申し込んでみることをお勧めします。

他社に申し込み&希望限度額をできるだけ下げる

経済状況や信用情報について何か思い当たる問題がないという方であれば、他社に申し込む事で審査に受かる可能性があります。

審査基準が未公開なのは会社間でも同じであり、それぞれの会社で自社が提供するサービスに合わせた審査基準で審査をしています。

ですからA社で落ちたという人でもB社で受かることがありますし、その逆もあり得ます。

ですから一社で落ちた場合でも他の会社に申し込んでみることをお勧めします。

また限度額が低い方が審査に通りやすくなると言われているので、申し込む際は限度額をできるだけ下げることをお勧めします。

信用情報を確認してみる

インターネット上では審査に落ちたら信用情報の確認をすることを進めるサイトが多いです。

信用情報は基本的に信用情報機関に加盟している会員以外取得できませんが、本人の情報に限っては会員でなくても開示を申し込む事ができます。

情報開示とは、お客様ご本人のお申込みにより、CICに加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。お客様の情報が現在、信用情報機関に登録されているのか、またはどのように登録されているかを確認していただくことができます。

出典:情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

上にあげたのはCICの解説ですが、JICCなどほかの信用情報機関でも同様の制度を設けているので手数料を支払い申込みの上で確認することができます。

問題があってもあきらめて数年待つしかない

ただし信用情報を確認して、自分でも覚えていない滞納や未納の情報があったという場合でも対策はありません。

信用情報は企業の誤記入など特別な事情がなければ修正や削除ができるものではないためです。

ですからできる対応としては「記録が消去されるまで待つ」という事になります。

CICでは契約終了後5年間情報を保有するとしています。

契約期間中および契約終了後5年以内

出典:CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

落ちた後に考えるのではなく落ちる前に対策を

カードローンの審査に落ちた場合、できることは上にあげた程度のことになります

ですから「落ちた後」に考えるのではなく落ちる前、つまり普段の借入からトラブルを起こさないようにする事と無理な借り入れはしない事が大切です。

借りた借金は滞納せず返す事

まず当たり前のことですが、借りたお金は返済日に遅れることなくしっかりと返しましょう。

ローン以外にもクレジットカードのショッピング枠や携帯の月賦払いなども信用情報に記載される情報なので、滞納や未納などを起こさないようにしましょう。

無理な借り入れはしない

返済にもかかわることですが、自分の返済能力を超えた借り入れをしない事も大切です。

収入に見合わない借金は審査に落ちる原因の一つですし、仮に借りることができたとしても返済の段階で無理が生じてきます。

ですから自分の経済状況や返済能力から導き出した余裕がある返済計画とそれに合わせた借入をするように心がけましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

カードローンの人気記事

カテゴリ

ローン