1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの親子リレーローンの審査は?条件をやさしく解説します

住宅ローンの親子リレーローンの審査は?条件をやさしく解説します

住宅ローンの借り入れ方法の一つに、親子リレーローンがあります。本記事では、親子リレーローンの基本事項やメリット・デメリットを解説します。親子リレーローンを借り入れる条件や審査についても、詳しく見ていきましょう。

この記事の目次

住宅ローンの親子リレーローンとは

『親子リレーローン』は、住宅ローンの借り入れ方法の一つです。住宅ローンとは、住宅や宅地の取得・建築のため、住宅を担保(※)として金融機関などが貸し出すローンです。

住宅ローンを扱う金融機関には、銀行や信用金庫・保険会社などがあります。まずは、親子リレーローンの基本事項を見てみましょう。

(※担保とは、ローンを借りる人が返済できなくなった場合、ローンを貸した人に返済の原資として提供されるものです)

親子リレー返済:長期固定金利住宅ローン【フラット35】

ローンの概要について

親子リレーローンは、一つの物件に対するローンを、親と子もしくは孫など、2世代にわたり返済していく住宅ローンです。一般的に、2世帯住宅や同居のための住宅を購入または、建築する際に利用されます。

2世代にわたり返済が行われるため、単独での借り入れに比べ、返済期間を長く設定できる点が特徴です。ただし借り入れには一定の条件があるため、希望する人は銀行に相談しましょう。

親子ペアローンとの違い

住宅ローンには、『親子ペアローン』という借り入れ方法もあります。親子ペアローンは、一つの物件に対し、親と子がそれぞれローンを借り入れる仕組みです。

親子リレーローンと親子ペアローンの特徴を、下表にまとめました。

リレーローン ペアローン
ローンの本数 1本 2本
債務者 親(子は連帯債務者) 親と子
返済期間 子の年齢による 親と子のそれぞれの年齢による
団体信用生命保険(※) 銀行による 親と子がそれぞれ加入

親子リレーローンは、借り入れ当初は親が返済をし、その後子が引き継ぎます。一方、親子ペアローンは、親と子の返済が同時にスタートします。

(※団体信用生命保険は、住宅ローンを組む人が被保険者(保険の対象者)、銀行が契約者および保険金受取人となり契約します。債務者の死亡・高度障害状態により保険金が支払われるため、以後の返済は不要です)

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

親子リレーローンのメリットとデメリット

親子リレーローンは、どのようなケースで有効なのでしょう。ここでは、親子リレーローンのメリットおよび、デメリットを解説します。

メリット

親子リレーローンを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 返済期間を長くできる
  • 借入額を大きくできる
  • 住宅ローン控除(※)がある

親子リレーローンでは、親と子の収入を合算して借入審査が行われるため、単独でローンを組むよりも借入額を大きくできます。

また住宅ローン控除の対象にもなるため、税金の負担を軽減することも可能です。なお、住宅ローン控除額は、親と子の返済負担の割合に応じて、それぞれ決まります。

(※住宅ローン控除とは、住宅の取得や一定の増改築・ リフォーム工事をして、10年以上のローンを組んだ場合に、所得税が控除される制度です)

デメリット

親子リレーローンのデメリットは、以下のとおりです。

  • 返済計画の変更が難しい
  • 相続時のトラブルの可能性

親子リレーローンは、返済期間が長期にわたります。借り入れる金額が大きく、途中での返済計画の変更が難しため、将来の計画を十分に話し合ったうえで借り入れることが重要です。

また親子リレーローンでは、親が亡くなった場合、物件のうちの親の持ち分が、相続財産となります。子が1人の場合は問題ありませんが、2人以上いる場合、誰が相続するかのトラブルが起きる可能性があります。

兄弟がいる人が親子リレーローンを組む場合、住宅以外にも相続財産を用意するなどの対策をしておくと安心です。

親子リレーローンの審査と注意点

最後に、親子リレーローンの審査を解説します。親子リレーローン特有の注意点として、団体信用生命保険についても見てみましょう。

基本は一般住宅ローンと同じ審査

親子リレーローンは住宅ローンの一つであるため、一般的な住宅ローンの借入審査と同様の審査が行われます。住宅ローンで行われる審査項目は、以下のとおりです。

  • 収入
  • 勤続年数
  • 債務者に関する事柄(年齢や家族構成など)
  • 個人信用情報(※)

住宅ローンは、借入期間が長く金額も大きいため、債務者の返済能力を審査します。収入や勤務状況の他、住宅ローン以外の借り入れがある人は、正しく申告しなければなりません。

(※個人信用情報とは、クレジットやローンなどの契約内容や返済・支払状況・利用残高といった取引情報です。金融機関は、加盟している信用情報機関に照会をして、取引相手の信用力を確認できます)

親子リレーローン特有の審査条件

親子リレーローンには、一般的な住宅ローンには無い、特有の条件があります。親子リレーローンで審査される条件は、以下のとおりです。

  • 債務者とローンを引き継ぐ人との続柄
  • 最長返済期間
  • 同居の有無

多くの親子リレーローンでは、子や孫といった直系親族(※)もしくは、配偶者しか債務を引き継げません。また、親子リレーローンを利用すれば返済期間を長くできますが、銀行によって最長返済期間が決まっています。

その他、現在同居しているもしくは、将来同居する予定の物件しか親子リレーローンの対象にならないなどの条件もあります。

(※直系親族とは、世代が上下に直線的に連なっている親族のことです。直系親族には直系血族と直系姻族があり、特に6親等内の直系血族と3親等内の直系姻族をいいます)

団体信用生命保険の加入を確認する

親子リレーローンにおける団体信用生命保険の取り扱いは、銀行により異なります。団体信用生命保険の取り扱いの一例は、以下のとおりです。

  • フラット35:親か子のどちらかが加入
  • りそな住宅ローン:親と子が1/2ずつ加入

団体信用生命保険には、被保険者が亡くなった場合に住宅ローンの残額が清算される、大きなメリットがあります。親の年齢などを考慮し、自分にあった保険加入ができる銀行を選ぶことが重要です。

なお、団体信用生命保険は80歳までしか加入できません。満80歳を超えた場合、親が加入していた団体信用生命保険を子に切り替えるなどの手続きをしましょう。

りそな住宅ローン<親子二世代型>│住宅ローン│りそな銀行

まとめ

親子リレーローンを利用すると、住宅ローンの借り入れ金額を大きくし、返済期間を長くできます。返済計画や相続についてよく検討したうえで、借り入れを申し込みましょう。

親子リレーローンでは、通常の住宅ローン審査の他、団体信用生命保険やローンを引き継ぐ人の続柄など、特有のチェックポイントもあります。

条件の詳細は銀行により異なるため、親子リレーローンを希望する人はまず、銀行に相談しましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン