1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンと離婚時の連帯保証人について。放置のリスクと外れる方法

住宅ローンと離婚時の連帯保証人について。放置のリスクと外れる方法

住宅ローンが残った状態で離婚した場合、以後のローンの取り扱いはどのようになるのでしょう。本記事では、離婚時に気をつけるべき住宅ローンのポイントを解説します。連帯保証人になっている場合の注意点も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

離婚時は住宅ローンの契約内容を要確認

『住宅ローン』とは、宅地や住宅の購入・建築のため、銀行などの金融機関から借り入れるローンです。住宅ローンは通常、購入・建築する物件を担保(※)に、貸し出されます。

住宅ローンは、借入額が大きく返済期間が長い契約がほとんどです。そのため場合によっては、住宅ローンの返済中に、家族状況や収入などに変化が起きることも考えられます。

住宅ローンの返済中に離婚をする場合、どのように対処したらよいのでしょう。ここではまず、住宅ローン返済中に離婚をする際の注意点を解説します。

(※担保とは、ローンを借りる人が返済できなくなった場合、ローンを貸した人に返済の原資として提供されるものです)

所有者や債務者の名義、残額は?

離婚時に住宅ローンが残っている場合は、以下の項目を確認します。

  • 物件の所有者
  • 住宅ローン債務者
  • 住宅ローン残高

物件の所有者は、登記簿謄本(※)で確認できます。住宅ローン債務者は、住宅ローンを契約し返済している人です。ほとんどの場合、物件の所有者と住宅ローンの債務者は同一人物です。

住宅ローン残高は、借入時に発行される返済予定表で確認しましょう。

(※登記簿謄本とは、土地・建物の所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係などが記載された、不動産登記簿の写しをいいます。交付が義務付けられているため、法務局(登記所)にて誰でも交付・閲覧が可能です)

妻が連帯保証人になっているケース

多くの住宅ローンでは、連帯保証人は不要です。ただし、夫婦で収入合算をして住宅ローンを組んだ場合や、ローンの借入審査の結果によっては、妻が連帯保証人となっている場合があります。

連帯保証人は、主債務者と連帯して債務を負担することを約束した保証人です。よって、主債務者が返済できなくなったときには、代わりに住宅ローンを返済しなければなりません。

離婚により自動的に解除されるわけではない

夫が主債務者、妻が連帯保証人となる住宅ローンを組んでいた場合、離婚をしても自動的に連帯保証人は解除されません。連帯保証人を外れたい場合は、外すための手続きをとる必要があります。

離婚後も連帯保証人のままだとどうなる?

離婚後も連帯保証人を外さずにいた場合、どのような問題があるのでしょう。次に、連帯保証人を続けるリスクを解説します。

離婚で持ち家の住宅ローンはどうなる?【全任協】任意売却の無料相談

返済責任がかかり続ける

先述のとおり、主債務者による返済が難しくなった場合、連帯保証人は主債務者に代わって返済をする義務があります。連帯保証人の義務は、ローンを完済するまで終わりません。

債務者の滞納や自己破産による返済リスク

連帯保証人が返済を求められるケースの例は、以下のとおりです。

  • 債務者が住宅ローンを滞納した
  • 自己破産などにより、債務者が返済できなくなった

離婚により、債務者が物件に居住しなくなった場合などは、ローンの返済が滞る可能性があります。また、債務者の資産状況によっては、返済が難しくなるケースも考えられます。

離婚後、連帯保証人のままでいる場合には、返済が保障されるよう『離婚公正証書(※)』を作成するとよいでしょう。離婚公正証書は、ローンの返済や物件の権利などの取り決めについての証拠となります。

また、離婚公正証書に記された返済が行われなかった場合、債務者の財産を差し押さえて、返済に充てることが可能です。

(※離婚公正証書は、法律の専門家である公証人が、法律にしたがって作成する公文書です)

5 離婚 | 日本公証人連合会

連帯保証人を外すには?

現在のローン契約のまま連帯保証人を外すのは、簡単ではありません。では、連帯保証人を外れるには、どのようにしたらよいのでしょう。最後に、連帯保証人を外れるための方法を、3つ見ていきましょう。

新たな連帯保証人をつける

連帯保証人を外れる方法の1つ目は、新たな連帯保証人を見つけて、ローンを借り入れている銀行に相談することです。連帯保証人としては、以下の人が考えられます。

  • 両親
  • 兄弟
  • その他の親類

新たな連帯保証人には、一定の収入や貯蓄が求められます。また、友人などに多額の連帯保証人を依頼するのは難しいため、主債務者の親や兄弟に依頼するケースが一般的です。

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換えを利用するのが、連帯保証人を外れる方法の2つ目です。借り換えにより、連帯保証人をつけないローンに組みかえれば、連帯保証人から外れられます。

ローンの借換手順は、以下のとおりです。

  1. 新たな銀行で、連帯保証人なしでのローン借入審査を受ける
  2. 新たな銀行で、ローン残高と同額の住宅ローンを借り入れる
  3. 現在の銀行に、住宅ローンを一括返済する

連帯保証人なしで住宅ローンを借り換える場合、収入などの借入審査が厳しくなる点には、注意しましょう。

代わりになる担保をつける

連帯保証人を外れる3つ目の方法は、代わりになる担保の提供です。ローンを返済している物件の他に所有する不動産(実家など)がある人は、銀行に相談しましょう。

まとめ

住宅ローンが残った状態で離婚をするときには、住宅ローンの契約内容をよく確認しましょう。連帯保証人は、債務者による返済が滞った場合に、代わって返済をする義務を負います。

住宅ローンの連帯保証人になっている人は、離婚時に連帯保証人を外れるかどうかをきちんと考えることが重要です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン