1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンは離婚時に借り換えすべき?名義変更と連帯保証人について

住宅ローンは離婚時に借り換えすべき?名義変更と連帯保証人について

離婚時に住宅ローンが残っている場合、どのように対応したらよいのでしょう。本記事では、離婚に伴う住宅ローンの対処方法を、詳しく解説します。離婚と同時に住宅ローンを借り換える際の注意点も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

離婚の準備で住宅ローンが残る家はどうする?

『住宅ローン』とは、住宅や宅地の取得・建築のため、住宅を担保(※)として銀行などの金融機関が貸し出すローンです。

離婚時の住宅ローン残高が、物件の売却価格よりも少ない場合は、物件を売却し一括返済してもよいでしょう。

しかし、物件の売却価格よりも住宅ローンの残高の方が多い場合、売却したとしてもローンを完済できません。このようなときは、物件を売却せずに離婚後も住宅ローンを返済していく選択肢があります。

ここでは、離婚後に住宅ローンを返済し続ける場合の注意点を解説します。

(※担保とは、ローンを借りる人が返済できなくなった場合、ローンを貸した人に返済の原資として提供されるものです)

銀行に無断で家の所有者変更は可能か

離婚により、ローンを返済する人が物件に居住しなくなる場合は、銀行に相談しなければなりません。なぜなら、住宅ローンは通常、債務者が物件に居住する条件で契約するからです。

例えば、夫が住宅ローンを借り入れて購入した物件に、離婚後、妻と子のみが住み続けるとしましょう。

この場合、借入時の契約との相違が生じるため、銀行に相談してローンの名義を変更するなどの対応が必要です。銀行に無断で名義を変更することはできません。

なお、債務者が居住していないにもかかわらず銀行に連絡をしなかった場合、ローンの一括返済を求められることもあるため、注意しましょう。

離婚公正証書の作成

住宅ローンの返済中に離婚をする場合、『離婚公正証書』を作成すると、離婚後のトラブルを防げます。離婚公正証書は、法律の専門家である公証人が、法律にしたがって作成する公文書です。

離婚公正証書には、以下の内容が記載できます。

  • 慰謝料や養育費
  • 財産分与
  • 親権者の指定

公正証書を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 公的な証拠となる
  • 財産の差し押さえができる

離婚公正証書に住宅ローンについて記載しておくと、返済滞納時に財産の差し押さえによる支払いを請求することも可能になります。

5 離婚 | 日本公証人連合会

連帯保証人を外すため住宅ローンを借り換える

住宅ローンでは、夫(もしくは妻)が主債務者・妻(もしくは夫)が連帯保証人として、借り入れるケースがあります。離婚後も住宅ローンの返済が残る場合は、連帯保証人を外れるのも、選択肢の一つです。

連帯保証人を外れるには、以下の方法があります。

  • 現在借り入れている銀行に相談して外してもらう
  • 新たな連帯保証人をつける
  • 借り換えをする

ローンの残高がある状態で連帯保証人を外れたり、新たな連帯保証人を見つけたりするのは、実際には困難です。ここでは、借り換えにより保証人を外れる方法を解説します。

離婚で持ち家の住宅ローンはどうなる?【全任協】任意売却の無料相談

離婚後も連帯保証人であり続けることのリスク

離婚後も連帯保証人となるリスクは、ローンを完済するまで返済の責任を負い続ける点です。連帯保証人は、主債務者の返済が滞った場合、主債務者に代わり返済をしなければなりません。

返済を肩代わりしなければならなくなる可能性は、離婚後に新たな生活を始めるにあたっての負担となることも考えられます。

審査では残額や収入、担保価値が見られる

借り換えをするには、新たな銀行で現在の住宅ローン残高と同額のローンを借り入れなければなりません。住宅ローンの借り入れには、下表の項目の審査が行われます。

具体例
資産状況 ・年収
・住宅ローン以外の借り入れ
物件の担保価値 ・物件の広さ
・立地
・築年数
信用情報 ・ローンやクレジットカードの支払い実績

審査の基準は、銀行により異なります。審査に通るか不安な人は、いくつかの銀行に審査を依頼してもよいでしょう。

また、借り換え時には新たに団体信用生命保険(※)に加入する必要があります。健康状態により団体信用生命保険に加入できない場合も、住宅ローンの借り入れはできません。

(※団体信用生命保険は、住宅ローンを組む人が被保険者(保険の対象者)、銀行が契約者および保険金受取人となり契約します。債務者の死亡・高度障害状態により、保険金が支払われます)

審査通過が厳しい場合は繰り上げ返済を

現在の条件で住宅ローン審査に通るのが難しい場合は、繰り上げ返済により借入額を減らすのも、対応策の一つです。

債務者変更のため住宅ローンを借り換え

離婚により、住宅ローンの債務者を変更したい場合にも、借り換えが有効な手段となります。

ペアローンの場合、まずは1本に

夫と妻でペアローンを借り入れている場合、離婚によりどちらかの単独債務に変更することも考えられます。

ペアローンをやめるには、債務者となる人が、新たに単独で住宅ローンを借り入れなければなりません。単独名義で借り換えるには、これまで2人で返済していたローンを単独で返せるだけの収入が必要となります。

夫のローンを妻に変更する場合は経済力が鍵?

離婚により、妻と子のみが自宅に住み続ける場合、借り換えにより住宅ローンの債務者を夫から妻に変更するのも、選択肢の一つです。

ただし、債務者を変更するには、妻に審査に通るだけの収入がなければなりません。債務者の変更を考えている人は、ローン返済予定表や源泉徴収票などを持参のうえ、いくつかの銀行で相談しましょう。

まとめ

離婚により債務者が物件に居住しなくなる場合、まずは住宅ローンを借りた銀行に相談しましょう。

離婚により連帯保証人を外れたい、もしくは債務者を変更したい場合などは、借り換えを利用する方法もあります。ただし借り換えには、新たな銀行のローン審査に通らなければなりません。

借り換えを希望する人は、源泉徴収票やローン返済予定表を持参し、いくつかの銀行に相談することが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン