1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンのフラット35と銀行ローンを比較。おすすめも紹介します

住宅ローンのフラット35と銀行ローンを比較。おすすめも紹介します

フラット35と銀行の住宅ローンを比較しながら、金利タイプや手数料などの違いを見ていきます。フラット35は金利や手数料などの諸費用が提供する金融機関によって異なります。フラット35を利用する前に、おすすめの金融機関も知っておきましょう。

この記事の目次

フラット35とは?

『フラット35』とは、住宅金融支援機構(以下「機構」と表現)と民間金融機関が提携し提供する住宅ローンです。機構は、住宅金融市場において安定的な資金供給を支援し、住生活の向上を目指す独立行政法人です。

主な商品概要は機構によって定められており全国共通ですが、融資金利や手数料などは金融機関によって異なります。

メリット

フラット35のメリットは、以下の通りです。

  1. ずっと固定金利で安心
  2. 質の高い住宅を低金利で取得できる
  3. 保証料・繰り上げ返済手数料が無料
  4. 返済期間中の生活・収入の変化に対応した返済方法の変更が可能
  5. 民間金融機関の住宅ローンに比べ、申し込み条件が緩やか

フラット35は、融資が実行される時点で返済終了までの融資金利が確定し、返済中に市場金利(※)の上昇があった場合でも適用金利は変わりません。

また、返済負担率を満たせば、勤続年数が浅い人や転職後すぐの人、自営業者なども申し込みが可能です。

(※市場金利とは、金融市場において金融機関の間で、お金の貸借をする際に適用される金利のことです。住宅ローンの金利は、市場金利を基準に決められます)

デメリット

フラット35には、以下のデメリットもあります。

  1. 市場金利が下がっても、金利は変わらず返済額も下がらない
  2. 融資を受けるには、取得する住宅が所定の技術基準を満たすことが必要

フラット35で住宅ローンを組むには、取得する住宅が床面積・耐久性・断熱性などにおいて、機構が定める一定の基準を満たさなければなりません。

また、技術基準の検査は機構と協定を結んだ適合証明機関が行いますが、検査費用の負担が必要になります。

住宅ローンはフラット35で組むべき?フラット35の基礎知識

フラット35と銀行ローンの比較

ここでは、フラット35と銀行の住宅ローンを比較してみましょう。

金利と手数料

住宅ローンを組む手続きには、事務手数料がかかります。手数料は利用する金融機関や融資を受ける金額により違ってきます。

下表にフラット35と一部の金融機関の事務手数料をまとめました。

金融機関 事務手数料 3000万円を借りた場合の事務手数料
フラット35 取り扱う金融機関により異なる。数万円~借入額の2%くらいが一般的 64万8000円(手数料定率プランの場合)
三井住友銀行・三井住友住宅ローン 3万2400円 3万2400円
住信SBIネット銀行・ネット専用住宅ローン 借入金額の2.16%(消費税込み)に相当する金額 64万8000円

住宅ローンを組むと、事務手数料のほかにも保証料などの諸費用がかかります。保証料に関しては、フラット35やネット銀行では無料とするケースが多く見られます。

三井住友住宅ローン : 三井住友銀行
住宅ローン - 住宅ローンの特徴|住信SBIネット銀行

変動金利と固定金利

住宅ローンの金利タイプには、固定金利と変動金利があります。

固定金利では借入時に一定期間の金利が決められ固定されますが、固定される期間の違いから、『全期間固定金利型』と『固定金利期間選択型』に分けられます。

フラット35は全期間固定金利型の住宅ローンです。一方、変動金利型の住宅ローンは、銀行などの民間金融機関に多く見られます。

各金利タイプの特徴は、下表の通りです。

金利タイプ 特徴
変動金利型 返済途中に定期的に金利の見直しが行われ変動するタイプ。
全期間固定金利型 借入時に返済期間中の金利が決められ、ずっと変わらない。
固定金利期間選択型 3年や5年など返済期間のうち一定期間の金利が固定され、固定期間が終了すると再度、金利タイプの選択が可能。

住宅ローンの基礎知識(融資の種類) | 一般財団法人住宅金融普及協会

新規と借り換えの違いは?

フラット35には新規でローンを組む場合を対象に、融資金利を一定期間引き下げる制度があります。これを『フラット35S』といい、住宅の新築と購入(中古住宅も含む)において、当初の5年間、もしくは10年間の借入金利が0.25%下げられます。

適用には、取得する住宅の省エネ性や耐震性などが、機構が定める技術基準を満たすことが必要です。

借り換えについては、現在は銀行の住宅ローンには低金利の商品が多くあり、フラット35への借り換えが、必ずしも有利であるとは言えない状況です。

おすすめのフラット35

ここでは、おすすめのフラット35を紹介します。

新規借入ならアルヒ スーパーフラット8S

新規の借り入れでおすすめなのが、住宅ローン専門の金融機関であるARUHI(アルヒ)が提供する『スーパーフラット8S』です。住宅の購入価格の2割を頭金として用意することで、従来のフラット35より0.1%低い金利で融資を受けられます。

  • 審査がスピーディー
  • 事務手数料や登記費用など諸費用の一部も融資対象
  • 保証料0円

ARUHI スーパーフラット | ARUHI 住宅ローン | アルヒ株式会社

借り換えなら楽天銀行 フラット35

住宅ローンの借り換えには低金利で融資が受けられる、楽天銀行の『フラット35-借り換え』がおすすめです。

さらに、事務手数料がリーズナブルなことも魅力の一つと言えるでしょう。例えば、3000万円のローンを組んだ場合の事務手数料は、29万1600円(税込み)になります。

  • 融資金利が業界最低水準
  • 事務手数料が安い。借入額×0.972%(税込)
  • 団体信用生命保険の保障内容が充実。もしもの時も安心

フラット35への借り換えなら、業界最低水準の金利の楽天銀行|住宅ローン|楽天銀行

まとめ

フラット35と民間金融機関の住宅ローンは、金利タイプや融資条件など多くの違いがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり確認し、最適な住宅ローンを選びましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン