1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの親子リレーローンは借り換え可能?注意点を解説します

住宅ローンの親子リレーローンは借り換え可能?注意点を解説します

親子で住む家の建築・購入のために借り入れるローンの一つに、親子リレーローンがあります。本記事では親子リレーローンの基本事項および、メリット・デメリットを詳しく解説します。親子リレーローンの借り換えについても、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

親子で住宅ローンを組む方法

住宅を建築・購入する資金が足りない場合、銀行から『住宅ローン』を借りなければなりません。住宅ローンには色々な商品がありますが、親子で居住する住宅を建築・購入する場合に借り入れるローンは、以下のとおりです。

  • 親子リレーローン
  • 親子ペアローン

ここでは、親子リレーローンと親子ペアローンの基本事項を詳しく見ていきましょう。

親子リレーローン

『親子リレーローン』は、親子で1つの住宅ローンを組み、2世代にわたり返済していく住宅ローンです。親子リレーローンでは、借入当初は親が返済し、返済が難しくなるタイミングで子が返済を引き継ぎます。

親子リレーローンの借入条件は、以下のとおりです。

  • 現在同居しているまたは、将来同居の予定がある親子である
  • 借入時の親子の年齢が、満20歳以上満70歳未満
  • 返済終了時の子の年齢が、満80歳未満
  • 親子とも一定の収入がある
  • 団体信用生命保険(※)に加入できる

団体信用生命保険は、子のみもしくは親子で加入します。また、年齢や収入の条件は、銀行により異なります。詳しくは、借り入れを希望する銀行に確認しましょう。

(※団体信用生命保険は、住宅ローンを組む人が被保険者(保険の対象者)、銀行が契約者および保険金受取人となり契約します。債務者の死亡・高度障害状態により保険金が支払われ、以後の返済は不要です)

りそな住宅ローン<親子二世代型>│住宅ローン│りそな銀行

親子ペアローン

『親子ペアローン』は、1つの物件に対して、親と子がそれぞれ住宅ローンを契約します。よって親子ペアローンでは、契約する住宅ローンの本数は2本です。団体信用生命保険も、それぞれ加入しなければなりません。

なお、親子ペアローンでは親子で別のローンを契約するため、借入当初からそれぞれローンの返済が始まります。

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

最初に家族で打ち合わせを十分にしておこう

親子リレーローンと親子ペアローンの特徴は、以下のとおりです。

親子リレーローン 親子ペアローン
特徴 2世代で返済するため、返済期間を長くできる 2つのローンを組むため、借入額を増やせる
住宅ローン控除(※) それぞれの返済負担割合に基づき、控除額が決まる それぞれが組んだローンの借入額によって控除される

親子で借り入れる住宅ローンは、借入額が大きく返済期間も長いため、借入後の返済計画の見直しは簡単ではありません。

ローンを契約する前に、親子リレーローンと親子ペアローンの特徴を比較検討し、返済計画について家族でよく話し合うことが重要です。

(※住宅ローン控除とは、住宅の取得や一定の増改築・ リフォーム工事を行って、10年以上のローンを組んだ場合に、所得税が控除される制度です)

親子リレーローンのメリットとデメリット

親子リレーローンを活用するには、どのような点に注意したらよいでしょう。次に、親子リレーローンのメリットおよびデメリットを解説します。

メリット

親子リレーローンを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 借入額を増やせる
  • 借入期間を長くできる

親子リレーローンでは、親と子の収入を合算して、借入額が決定します。単独で借り入れるよりも大きな金額の融資を受けられるため、購入する物件の幅が広がるのが、メリットの一つです。

また、単独では住宅ローンの借り入れが難しい高齢の親でも物件の購入が可能となるのも、親子リレーローンの魅力だといえるでしょう。

デメリット

親子リレーローンのデメリットは、以下のとおりです。

  • 親が亡くなった後もローンが残る
  • 相続時に問題が起きる可能性がある
  • 新たな住宅ローンを組むのが難しくなる

多くの親子リレーローンでは、団体信用生命保険に加入するのは子のみです。親子で加入する場合でも、一定の年齢を超えると、親の団体信用生命保険は子に引き継がれます。

よって、ローン返済の責任を最終的に子が負う点には、注意が必要です。

また親が亡くなった場合、親が返済を負担した部分は、相続財産となります。子が複数いる場合は、相続について兄弟間であらかじめ話し合っておきましょう。

親子リレーローンは借り換えできるか

住宅ローンの借り換えとは、住宅ローンをすでに借り入れている人が、より条件のよい住宅ローンに乗り換えることです。

最後に、親子リレーローンにおける借り換えについて、見ていきましょう。

可能だが対応してくれる銀行が少ない

親子リレーローンの借り換えは可能ですが、借り換えに対応している銀行は多くありません。また、借換時の年収や年齢・健康状態によっては、借り換えの審査に通らないことも考えられます。

金利の変動などによっては借り換えをしたいと考えている人は、親子リレーローン以外の借入方法も検討しましょう。

贈与税がかかるケースもある

親子リレーローンを、子供の単独ローンとして借り換える場合、贈与税がかかることがあります。住宅ローンの借り換えは、以下の手続きで行われます。

  1. 新しく借り入れる銀行の審査を受ける
  2. 新しく借り入れる銀行から、現在の住宅ローン残高と同額の融資を受ける
  3. 現在借り入れているローンを、新しく借りた住宅ローンで返済する
  4. 新たな銀行に、住宅ローンを返済していく

借入後に子が単独でローンを組む場合、ローン残高のうち親の負担分についても、子が引き受けることになります。子が引き受けた債務は、場合によっては贈与とみなされ、贈与税がかかる可能性がある点は、覚えておきましょう。

まとめ

親子リレーローンは、親子で居住する家の住宅ローンを、2世代にわたり返済していく仕組みです。親子リレーローンを利用すると、借入額を増やし返済期間を延ばせます。

ただし、借入後の返済計画の変更は難しいため、契約前に将来について家族でよく話し合うことが大切です。

親子リレーローンの借り換えは、受け付けていない銀行も多くあります。将来の金利にあわせて借り換えをしたい人は、親子リレーローン以外のローンも選択肢に加えましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン