1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの親子リレーローンは控除もできる。概要をやさしく解説

住宅ローンの親子リレーローンは控除もできる。概要をやさしく解説

親子リレーローンは、親子で同居する住宅の建築・購入などに利用される、住宅ローンです。本記事では、親子リレーローンの基本事項およびメリットデメリットを、解説します。ペアローンとの相違点や控除についても、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

住宅ローンの親子リレーローンとは

『住宅ローン』とは、住宅や宅地の購入や住宅の建築のため、住宅を担保(※)として金融機関などが貸し出すローンです。住宅ローンを貸し出す金融機関には、以下があります。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 農協(JA:ジェイエー)
  • 保険会社

親子リレーローンは、親と子が名義人となり契約する住宅ローンです。ここではまず、親子リレーローンの基本事項を解説します。

(※担保とは、ローンの借入人が返済できなくなったときに、返済の原資として提供されるものです)

りそな住宅ローン<親子二世代型>│住宅ローン│りそな銀行

ローンの概要

『親子リレーローン』は、親子で居住する住宅を建築・購入するために借り入れる、住宅ローンです。一般的に親子リレーローンでは、親が主債務者、子が連帯債務者(※)となり、ローンを借り入れます。

親子リレーローンには、以下の特徴があります。

  • 親と子の両方が名義人となり、ローンを借り入れる
  • 2世代にわたりローンを返済する

親子リレーローンでは、借入当初に返済をするのは親のみです。その後、親による返済が難しくなるタイミングで、子がローンを引き継ぎます。

(※連帯債務者は、主債務者と連帯して同一の債務を負います。連帯債務者は、主債務者と同じ立場で、ローンの返済をしていかなければなりません)

ローンを組める条件

親子リレーローンの借入条件は、以下のとおりです。

  • 現在同居しているまたは、将来同居の予定がある親と子
  • 親子とも安定した収入がある
  • 借入時の年齢が満20歳以上満70歳未満
  • 返済完了時の子の年齢が満80歳未満
  • 団体信用生命保険(※)に加入できる

借入時および完済時の年齢の条件は、借り入れる金融機関により異なります。また、団体信用生命保険は、親子での加入が求められる場合と、子のみが入る場合があります。

借り入れをする際は、いくつかの金融機関に相談し、条件を比較検討しましょう。

(※団体信用生命保険は、住宅ローンの借入人が被保険者(保険の対象者)、銀行が契約者および保険金受取人となり契約します。債務者の死亡・高度障害状態により保険金が支払われ、以後の返済が不要となります)

親子リレーローンのメリットとデメリット

親子リレーローンを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょう。次に、親子リレーローンのメリットとデメリットを見ていきます。

メリット

親子リレーローンのメリットは、以下のとおりです。

  • 高齢の親でも住宅ローンの借り入れが可能になる
  • 借入額を増やせる
  • 借入期間を延ばせる

親子リレーローンでは、単独での借り入れよりも借入額を増やせるため、購入できる物件の選択肢が広がります。

デメリット

親子リレーローンのデメリットは、以下のとおりです。

  • 返済計画を変えづらい
  • 新しい住宅ローンを組めなくなる
  • 相続時に争いになる可能性がある

親子リレーローンは借入期間が長いため、返済途中に住宅への居住が難しくなるケースや、収入に変化が生じることもあるでしょう。

また、親子リレーローンの返済中に親が亡くなった場合、親が返済を負担した部分は、相続財産となります。よって、子が複数人いる場合は、相続時の争いの原因になることも考えられます。

親子リレーローンを借り入れる際には、将来設計や資金計画について家族でよく相談したうえで、返済し続けられる契約をすることが重要です。

親子ペアローンとは

住宅ローンの借入方法の一つに、『親子ペアローン』があります。最後に、親子ペアローンの基本事項と、親子リレーローンとの相違点を解説します。

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

ローンの特徴

親子ペアローンとは、1つの物件に対し、親と子がそれぞれローンを組む住宅ローンです。親と子それぞれの収入をもとに借入額が決定するため、単独での契約よりも借入額を増やせます。

リレーローンとの違い

親子リレーローンと親子ペアローンの違いは、下表のとおりです。

親子リレーローン 親子ペアローン
契約する住宅ローンの本数 1本 2本
団体信用生命保険 親子もしくは子のみ加入 親子がそれぞれ加入
ローンを返済する人 最初は親、その後子が引き継ぐ 借入時から、親子がそれぞれ返済

1本の住宅ローンを親子2世代で返済していく親子リレーローンに対し、親子ペアローンは親と子がそれぞれ住宅ローンを契約します。なお、親子ペアローンでは、親と子がお互いに連帯保証人(※)となります。

(※連帯保証人とは、主債務者と連帯して債務を負担することを約束した保証人です。主債務者が返済できなくなったときに、代わりに返済する義務を負います)

どちらも住宅ローン控除の対象

親子リレーローンも親子ペアローンも、住宅ローン控除(※)の対象です。親子リレーローンと親子ペアローンでは、住宅ローン控除について以下の違いがあります。

  • 親子リレーローン:親と子の返済負担の割合によって、控除を受けられる
  • 親子ペアローン:それぞれが組んだ住宅ローンに対し、控除を受けられる

親子リレーローンでは、返済負担の割合によって控除額を計算しなければなりません。また、控除を受けるには、確定申告が必要です。控除の手続きが不安な人は、税務署の窓口や税理士に相談しましょう。

(※住宅ローン控除とは、住宅の取得や一定の増改築・ リフォーム工事を行って、10年以上のローンを組んだときに、所得税が控除される制度です)

まとめ

親子リレーローンは、2世代にわたり返済することで、借入額を増やしたり返済期間を長くしたりできるメリットがあります。

ただし、借入後の返済計画の変更は難しいため、借入前に将来設計や資金計画について家族とよく話し合うことが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン