カードローンの返済。借りる前にしっかりと把握しておくべきこと

カードローンは小口融資がメインとなるので、借りる際に「返済」について考えていないという人は意外と多いです。

しかし借りた以上は返さなくてはならないのが決まりです。ここではそんなカードローンの返済について考えていきます。

カードローンの返済方法

中小消費者金融などが提供するキャッシングでは分割払いでの返済もありますが、カードローンとして提供されている場合の多くは、リボ払い方式を採用していることが多いです。

リボ払いとは「最低返済と随時返済を併用する」方式の事で、カードローン以外にもクレジットカードの支払い方法としても一般的に用いられています。

リボ払いの仕組みについて

リボルビング払い、俗に言うリボ払いは「決められた額(約定返済、最低返済とも)を行えば返済自体は完了する」「追加での返済(随時返済)を行う事ができる」という返済方法です。

基本的には毎月規約によって決められた約定返済額を返済するのですが、経済的に余裕がある場合や早めの完済を目指す場合、追加で返済を行うという形になります。

この随時返済はいつでも受け付けているのが一般的で、借りた翌日に完済するということも可能です。その場合は借りた元金に一日分の利息を追加して支払う事になります。

残高スライド方式が一般的

リボ払いと言ってもいくつか種類があるのですが、カードローンで用いられる事が多いのは「残高スライド式リボルビング払い」です。

この方法は「残高によって約定返済額が変わる」方式です。ちなみにこの「残高」は会社によって「最終借り入れ時の残高」と「最終返済時の残高」と指す物が異なりますが、最終返済、つまり前回の返済の際の残高を基準とする会社が多いようです。

返済額は借入額によって変動

この残高スライドリボ払いは借入額が多いほど約定返済額が増え、返済を進める事で返済額が減っていくという形になります。

具体的にどの程度の額になるかは会社によって異なりますが、10万や50万円と言った少額の場合は1,000円から1万円、500万円程度借りても毎月5万円とかなり低めに押さえられているのが一般的です。

会社のホームページや規約などに必ず書かれているので、借り入れの前にしっかりと確認しておきましょう。

そのほかのリボ払い:定額と定率

リボ払いには残高スライド以外にも「定額と定率」「元金と元利」の4つの要素に分けられます。

まず「定額」と「定率」ですが、これは毎月の返済額が金額で決まっているか割合で決まっているかの違いです。

多くのカードローンでは定額を用いており決められた返済額を返済する方法ですが、大手消費者金融のアコムは借入額に対しての割合である定率方式を用いるなど、定率方法がないわけではありません。

各回の返済金額

  • 契約極度額30万円以下の場合借入金額の4.2%以上
  • 契約極度額30万円超の場合借入金額の3.0%以上

出典:貸付条件(カードローン)【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

そのほかのリボ払い:元金と元利

次に元金と元利ですが、これは毎月の最低返済額に利息を含むかどうかと言う違いです。

元金の場合、最低返済に利息が含まれないので「最低返済額+利息」になります。元利の場合は最低返済に利息が含まれるので最低返済額のみを返済する形になります。近年のカードローンの多くはわかりやすい元利方式が多いようです。

ここに残高スライド方式の有無も加えてカードローンの返済方式が決まるという形になります。

返済計画の立て方について

上記の様にリボ払いは毎月一定額を返済するという考え方ではありません。

最低額以上を返済するという考え方なので、極端な話毎月最低額のみを返済しても問題はありません。しかしその場合、返済が長引き利息が増え、返済額のみが増えていく事になります。

ですから返済計画を立てる場合、できる限り短い期間で完済することを目指すことをおすすめします。ただし、返済のために無理をして生活に支障をきたすようでは問題があるので、自分の生活の中の余裕の範囲で返済することも大切です。

カードローン返済の仕組み。これだけは知っておきたい基礎知識

リボ払いは利息だけが増える?

リボ払いについて調べていると「リボ払いは利息だけが増えて返済が終わらない」と言った意見を見かけることがあります。これは全くの嘘で、リボ払いと言ってもしっかりと返済を続けていれば利息だけが増えるといったことはありません。

ではなぜ利息だけが増えるという話になるのかというと、リボ払いについてしっかりと理解していないまま利用してしまうためです。

そもそもなぜ利息が増えるのか

まず利息というのは「借入額・金利・返済期間」の三つで決まります。借入額が多ければ多いほど利息が増えるのは当たり前ですし、同じ借入額であれば金利が高い方が利息が高くなるのも当たり前です。

そして借入額と金利が同じであれば返済期間が長ければ長いほど利息が増える事になります。リボ払いで利息だけが増えるというのはここにポイントがあります。

逆に言えば、金利が低いローンを契約し毎月の返済額を多めにする、そして返済期間を短くする事で利息が少なくなります。

最低返済のみ行うのが原因

リボ払いで利息だけが増えるというのは、最低返済のみしか行わない事が原因です。

リボ払いの最低返済は一般的にかなり低めに押さえられています。これはそれぞれの経済状況に合わせた自由な返済計画を立てる為の工夫なのですが、「最低返済のみ行えばよい」と勘違いしてしまう人が一定数存在するのです。

その結果、返済を繰り返しても利息を減らすだけで元金が減らず、返済が終わらない、利息だけが増えるということが起きる訳です。

「随時返済」を心がけよう

リボ払いは「最低返済を行えば良い」契約ではなく「最低返済額以上を支払う」契約です。

急病などで手元にお金がない場合に、最低返済だけで済ませる事ができるといったメリットはありますが、余裕があるときは随時返済で多めの返済をしないと、完済まで長期化してしまいます。

滞納や未納などは問題ですが、早く完済する事についてはまったく問題がないので、余裕がある時には随時返済を行い早めの完済を目指しましょう。

返済について。みずほ銀行を例に

次に具体的な返済方法や返済日について解説していきます。ただし返済日や返済方法は会社によって大きく異なるので、ここでは大手銀行の一つであるみずほ銀行を例に解説します。

みずほ銀行 _ カードローンご返済方法

返済方法

みずほ銀行では、最低返済の分は申込みの際に設定した代表口座から毎月自動振替で返済が行われます。銀行系カードローンでは、申込みの際に代表口座として当該銀行の口座を開設することという条件を付けていることが多いのですが、みずほ銀行でも同様の条件を付けています。

毎月の最低返済以外の任意返済はATM、もしくはみずほダイレクトバンク(ネットバンキング)で行うことが可能です。

注意点として、毎月の任意返済は最低返済と別であるという事あげられます。任意返済を行った結果、最低返済ができなくなるという事がないように、毎月の最低返済分はしっかりと用意しておきましょう。

また、みずほ銀行では元金の任意返済はATMで可能ですが、利息と元金を一括で完済する場合は店頭での返済となり、ATMなどでは返済ができません。

返済日

みずほ銀行の返済日は毎月10日です。10日までに任意返済とは別に最低返済額をみずほ銀行の口座に振り込んでおく形になります。

会社によって異なるので注意

みずほ銀行の場合は返済用の口座として自社口座しか選べませんが、消費者金融などでは最低返済も振り込みでできる会社がありますし、銀行でも他社の口座を選べる場合があります。

また、任意返済の方法もネットバンキング以外にコンビニでの返済対応している会社もありますし、返済日についても複数の日付から都合がよい日を選べる会社もあります。

このように会社によって条件や返済方法は大きく異なるので、借り入れを行う前にホームページなどでよく確認しておきましょう。

カードローンの返済シミュレーション。返済期間や返済金額を解説

返済ができない場合はどうするか

返済を続ける中で「どうしても返済ができない」「振り込みを忘れてしまった」と言ったことが起こる可能性があります。こういった場合、返済の目途があればまず企業に相談しましょう。

もし返済がどう考えてもできない、という場合は債務整理も視野にいれて検討する必要があります。

まずは企業に相談

「急にお金が必要になって今月分の返済が遅れてしまう」「急用ができて返済が遅くなる」「返済を忘れていた」と言った場合、まずは企業に相談してみましょう。

返済が遅れてしまった場合の対応は会社によって異なりますが、特定の口座に振り込むように指示されることが多いようです。また返済日を選べる会社であれば、一時的に返済日を変更して滞納扱いしないという処置をとってくれる場合もあります。

どこまで対応できるかは会社によって異なりますが、返済ができないとわかったら早めに企業に連絡してください。

どうしても無理なら自己破産も

何をどうやって返済ができない、となると自己破産などの債務整理も視野に入れる必要があります。

どれも信用情報にその旨が記載され今後のローン借り入れなどに大きな影響を及ぼすことになりますが、返済ができないまま放置するよりも早めに対応した方がメリットが多いです。債務整理は個人でもできますが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

まとめ

返済方法について網羅的に解説しましたが、細かな部分は会社によってことなります。借り入れの際に確認を忘れてしまいやすい部分でもあるので、忘れずに確認するようにしましょう。

また返済ができない、遅れてしまうと言った場合はまず企業に相談し、返済がどうしてもできないということであれば債務整理ということになります。

ただし債務整理にもデメリットがあるので、そういった状態にならないように計画的な利用をすることが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「ローンに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。