1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンのおすすめは固定金利?将来設計がしやすいなどがメリット

住宅ローンのおすすめは固定金利?将来設計がしやすいなどがメリット

住宅ローンの固定金利型はどんな人におすすめなのでしょう。本記事では、住宅ローンの固定金利の種類や特徴を中心に解説します。住宅ローンの固定金利と変動金利の違いや、全期間固定金利型の住宅ローン『フラット35』も知っておきましょう。

この記事の目次

固定金利の住宅ローンの特徴

まず、固定金利の住宅ローンの特徴を、詳しくみていきます。

金利上昇リスクがなく計画を立てやすい

固定金利の住宅ローンは、融資を受ける際に金利が確定し返済が完了するまで変わりません。毎月の返済額が融資を受ける時点で決まるため、返済計画を立てやすいのが特徴です。

住宅ローンの返済は長期に及ぶケースが多く、その間に子供の進学などまとまった資金が必要になることもあるでしょう。

返済額が決まっていると返済計画だけでなく、家計を管理しやすくなるほか、ライフプランに合わせた貯蓄も可能になります。

変動金利よりも金利は高め

固定金利の住宅ローンは、変動金利に比べ当初は金利が高いケースがほとんどです。

変動金利で融資を受けると、返済中は6カ月ごとに金利の見直しがあり、その時の市場金利に合わせて適用金利が変わります。市場金利が下降すれば、住宅ローンの金利も下がり、上昇すると住宅ローンの金利も上がる仕組みです。

一方、固定金利では、返済中に金利の見直しはありません。市場金利が下がっても適用される金利は変わらずそのままです。

しかし、返済中に市場金利が上昇した場合は、変動金利の適用金利が上がるため、結果として固定金利の方が低金利となるケースがあります。

期間限定で金利変動なしの固定金利とは

固定金利には『全期間固定金利』と『固定金利期間選択型』があります。

固定金利期間選択型は5年、あるいは10年など、借り入れ当初の金利が一定の期間固定されるタイプです。固定期間が終わった時点で、変動金利型、または再び固定金利期間選択型にするかを選びます。

期間選択型には変動金利型のような、融資金利を上げた場合の返済額の上限(※)が決められていません。金利が大きく上昇すると、大幅に返済額が増える可能性があります。

(※変動金利型では、金利を上げた場合の返済額が従来の返済額の1.25倍以下という上限を設けています)

固定金利で有名なフラット35とは

固定金利型の住宅ローン『フラット35』とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供している商品です。

申し込み要件などの主な商品概要は、住宅金融支援機構によって定められており全国共通ですが、融資金利や手数料などは取り扱う金融機関ごとに異なります。

原則、最大35年間固定金利で安心

フラット35は、融資を受ける際に返済が終了するまでの金利が確定する全期間固定金利型の住宅ローンです。

フラット35の返済期間は最長で35年となっていますが、長期にわたる返済でも金利の上昇を心配する必要がありません。

借り換えの場合もOK

フラット35は借り換えにも利用できます。住宅ローンは借り換えにより、返済額を大きく減らすことが可能です。

例えば、固定金利型のローンを返済しているとしましょう。融資を受けた時より現在の金利が下がっていれば、フラット35に借り換えると金利が下がり返済額を減らせます。

また、変動金利の住宅ローンを組み金利の上昇が心配な人も、フラット35に借り換えると、借り換えた時の金利が完済まで続きます。借り換え後は金利の動きを気にすることなく完済を目指せるでしょう。

借換えをご検討の方:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

フラット35Sは一定期間の金利引き下げがある

フラット35には、新しい住宅の建築・購入や中古住宅の購入において、一定期間の金利が引き下げられる制度があります。これを、『フラット35S』といい、取得する住宅が省エネ性・耐震性などの定められた技術基準を満たす場合に、利用できる制度です。

フラット35Sには、クリアすべき技術基準の違いから金利の引き下げ期間が異なる2つのプランが用意されています。金利Aプランのほうが条件とされる技術基準のレベルが高く、その分金利の引き下げ期間が長くなっています。

金利引き下げプラン 金利引き下げ期間
フラット35S(金利Aプラン) 当初10年間
フラット35S(金利Bプラン) 当初5年間

全期間固定金利がおすすめな人は?

全期間固定金利型の住宅ローンは、どんな人におすすめなのでしょうか。

総返済額を事前に明確にしたい

総返済額を早い段階で明確にしたい人は、全期間固定金利型がおすすめです。融資が実行される時点、もしくは住宅ローンの申し込み時点で返済の総額がわかります。

金利変動の不安、マメな動向チェックが苦手

変動金利型では6カ月ごとに融資金利が見直されるため、返済中は金利の動きをチェックし、必要であれば借り換えなどの対応をしなければなりません。

金利の動きのチェックが苦手な人や、金利の上昇に対する不安を避けたい人は、全期間固定金利型の住宅ローンを組むことを検討してみるとよいかもしれません。

まとめ

固定金利の住宅ローンは、返済中に金利が変わることはありません。

借り入れ当初は変動金利に比べ、適用される金利が高い傾向にありますが、返済途中で金利の上昇を心配する必要がありません。また、融資を受ける段階で返済額を明確にできることも、固定金利のメリットと言えるでしょう。

住宅ローンのおすすめは?ネット銀行や主な地方金融機関を紹介

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン