1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンを組む平均的な年齢は?完済までの平均期間も併せて解説

住宅ローンを組む平均的な年齢は?完済までの平均期間も併せて解説

住宅ローンは何歳ぐらいで組むものなのでしょうか。本記事では、住宅ローンを組む平均年齢を、完済までの平均期間と併せて解説します。また、住宅ローンを早期完済するための方法や、早期完済に関する注意点についても知っておきましょう。

この記事の目次

住宅ローンを組む

住宅購入は、数千万円単位の大きな買い物です。それだけの金額を現金で準備するのはむずかしいため、多くの人が住宅ローンを組んで購入します。

借入時の平均年齢

国土交通省住宅局『住宅市場動向調査報告書』による住宅購入時の平均年齢のデータから、住宅ローンを組むときの平均年齢を考えてみましょう。

住宅の種類 購入時の平均年齢(歳)
注文住宅 39.5
分譲戸建住宅 37.4
分譲マンション 39.5
中古戸建住宅 42.9
中古マンション 44.2

どの種類の住宅でも、30代後半~40代前半で購入しているという結果が出ています。よって、住宅ローンを組む平均年齢も、30代後半~40代前半となるでしょう。

国土交通省 住宅局「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」

平均的な返済までの契約期間は?

住宅ローンを組むときには、契約時に返済までの期間を設定しますが、平均的な契約期間は何年なのでしょうか。

住宅金融支援機構の『2018年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果』によると、住宅ローンの平均契約期間(約定貸出期間)は『26.4年』です。年数別に見ると、30年以下で契約している人が最も多いことがわかります。

平均契約期間 割合(%)
10年以下 0.4
15年以下 3.8
20年以下 11.9
25年以下 21.2
30年以下 41.9
35年以下 20.8

住宅金融支援機構「2018年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果」

住宅ローンの完済を目指す

住宅ローンの契約期間と完済までにかかった実際の年数には差があります。

完済までの平均年数

住宅金融支援機構の『18年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果』によると、住宅ローン完済までの平均年数は『15.2年』です。年数別に見ると、多くの人が15年以内に完済していることがわかります。

完済までの年数 割合(%)
10年以下 25.9
15年以下 39.2
20年以下 13.3
25年以下 13.3
30年以下 8.4
35年以下

住宅金融支援機構「2018年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果」

完済時に必要な手続き

住宅ローン完済時には、『抵当権抹消手続き』と『火災保険の質権抹消手続き』が必要です。

詳細
抵当権抹消手続き 購入した住宅を住宅ローンの担保にしている場合に、不動産登記簿謄本(ふどうさんとうきぼとうほん※1)の抵当権の記録を消すための手続き
火災保険の質権抹消手続き 金融機関が火災保険に質権(※2)を設定している場合に、質権を消すための手続き

抵当権抹消手続きをしておかないと、不動産登記簿謄本に住宅が担保になっている記録が残ったままになり、別のローンを組みづらいなどのデメリットが発生します。

また、火災保険に質権を設定した場合、火災保険の保険証券は金融機関が保管しているため、質権抹消手続きをして保険証券を手元に戻さなくてはなりません。

(※1.不動産登記簿謄本とは、土地や建物の所在と面積、所有者といった、その物件の権利関係が記録されている不動産登記簿の写しのことです)

(※2.火災保険の質権とは、担保である住宅が火災で焼失した場合に、火災保険から支払われる保険金が債権者である金融機関に優先して支払われる権利のことです)

早期に住宅ローンを完済させるには

住宅ローンは、毎月のローン残高(元本)に所定の利率を掛けた利息が上乗せされます。つまり、早く返済するほど利息が少なくて済み、返済総額が安くなるということです。ここでは、住宅ローンを早期完済するための方法を解説します。

借り換えを行う

長く住宅ローンを返済していると、今組んでいる住宅ローンよりも利息が安い住宅ローンが新たに販売されることがあります。もし、今よりも利息が安い住宅ローンを見つけた場合は、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

利息が安くなった分、返済総額が減額できるため、早期完済できる可能性が高まります。ただし、借り換えの際には以下のような諸経費が発生することを考慮しなければいけません。

  • 契約書に貼り付ける収入印紙代
  • 事務手数料
  • 保証料
  • 登録免許税

このような費用がかさみ、利息が減っても大してお得にならない可能性もあるので、事前に諸経費について確認することが大切です。

繰り上げ返済を行う

住宅ローンの早期完済を目指すのであれば、繰り上げ返済も有効な方法です。繰り上げ返済とは、契約時に定めた金額を返済しつつ、まとまった資金ができたときに上乗せして返済することです。

上乗せした分元本が減り、それによって利息も減るため、早期完済に役立ちます。なお、繰り上げ返済には、『期間短縮型』と『返済額軽減型』がありますが、早期完済したい場合は期間短縮型を選択したほうがよいでしょう。

  • 期間短縮型:毎月の返済額は変わらないが、上乗せした分、返済期間を短くする方法
  • 返済額軽減型:返済期間はそのままで、上乗せした分、毎月の返済額を減らす方法

過度の繰り上げ返済は要注意

繰り上げ返済は、すればするほど完済までの期間が短くなるため、できるだけ多くしたくなるものです。しかし、過度の繰り上げ返済には注意しましょう。

住宅ローンの返済だけに資金を集中させてしまうと、不慮の事故や病気、子どもの教育資金などまとまったお金が必要になったときに、資金が不足する恐れがあります。何にいくら必要かシミュレーションし、余裕資金を繰り上げ返済に充てるようにしましょう。

まとめ

住宅ローンを組む平均年齢は、30代後半~40代前半です。ただし、人によって住宅購入のタイミングは違います。平均を意識するよりも、住宅ローンを組んでも無理なく返済できるタイミングを考えることが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン