1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの利用は保険の見直しのタイミング。注意点も解説します

住宅ローンの利用は保険の見直しのタイミング。注意点も解説します

住宅ローンを組むときは、保険を見直す良いタイミングだということをご存知でしょうか。住宅ローン契約時は団体信用生命保険の保障内容と合わせて、保険を再検討するのがベターです。保険を見直す必要性や、見直す際の注意点を紹介します。

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、住宅ローンサービス

この記事の目次

住宅ローンと団体信用生命保険

住宅ローンを利用する際は、『団体信用生命保険』に加入するのが一般的です。この団体信用生命保険とは一体どのような保険なのでしょうか。その概要と基本的な保障内容について紹介します。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は『団信』と呼ばれ、住宅ローンの利用に合わせて加入します。住宅ローンの返済期間中に万が一のことがあった場合、マイホームを家族に遺すための保障となるのが団信です。

ほとんどの金融機関では、団信に加入しなければ住宅ローンの契約は不可能といえます。このような強制加入の場合、団信の保険料は金利に含まれていることが多く、追加の保険料は発生しません。

ただし、一部の金融機関やフラット35(※)では団信の加入は任意のため、加入する際には別途保険料を支払う必要があります。

(※フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で行う住宅ローンで、全期間固定金利が特徴の商品です)

保障内容

団信に加入しておくと、住宅ローンの返済中に契約者が死亡したり、高度障害になったりして残りの返済ができなくなった場合に、ローンの残額が保険で支払われます。

団信に加入するためには、通常の生命保険と同様に健康状態が良好でなければいけません。加入の際には健康状態を正直に申告しておく必要があり、虚偽の申告をしていると、万が一のときに保険金が支払われない可能性があります。

住宅ローンの利用に際し生命保険を見直す

住宅ローンを利用する際には、団信との兼ね合いも含めて生命保険を見直すのがおすすめです。見直しをしたほうが良い理由と、見直す際のポイントを紹介します。

見直したほうが良い理由

一家の大黒柱に何かあったとき、住宅ローンの残債分が保険金から支払われるのが団信の保障です。団信があれば、その後のローンの支払いをせずに家を所有できるため、その分他の生命保険の保険料を減額できます。

もちろん、そのままの契約でも問題はありません。しかし、保険金が多いということは、その分保険料が高くなります。保障内容をチェックし、保険の見直しをすることで、保険料が節約できる可能性があるのです。

また、団信が必須でなくても、住宅ローンの契約に合わせて保険の見直しをおすすめします。この場合、既存の生命保険を見直してローンの残債分をカバーするか、団信に加入するかを判断しましょう。

このように、住宅ローンの契約時は、団信に加入する場合もそうでない場合も、保険を見直す最適なタイミングといえます。

見直すべきポイント

生命保険の契約は、一度決めたらそのままではなく、ライフスタイルの変化ごとに見直すのがベストです。結婚、出産、住宅購入などのライフイベントによって適宜見直しをし、そのときに最適な保険の形になっているかチェックしましょう。

住宅ローンの利用開始後は、月々のローン返済がスタートするため、保険料と保険金額などのバランスを考えることが大切です。

保険の見直しの際の注意点

住宅ローン利用に合わせて生命保険の見直しをする場合には、気を付けたいポイントがあります。どのような点に注意して見直しをすれば良いのでしょうか。

団体信用生命保険の保障期間

団信は、融資実行後から住宅ローンの支払い完了までが保障期間です。つまり、物件が自分に引き渡されるまでの間はまだ保障が開始されていませんし、ローンを完済した後には保障が残りません。

ローンを完済する年齢では、新たな保険に入ることが難しいケースもあります。ローン完済後も受けたい保障内容は、継続して保険契約しておくなどの判断が必要です。

見直して良いのは重複保障のみ

団信に入るからといって、全ての保険を削減して良いわけではありません。見直して良いのは、団信と既存の生命保険の両者で重複している保障のみです。

近年は、死亡や高度障害などに加え、がんや脳卒中などの疾病保障が付く団信も増えてきています。しかし、特約の条件や保障の内容はしっかりチェックしなければいけません。

団信に付帯する特約は、保障が適用されるための条件が限定されているケースも多く、医療保険やがん保険に比べて保障が薄い場合もあります。必要な保障が不足しないよう、重複している保障に注目して保険を見直しましょう。

無保険状態を作らない

保険契約を見直す際には、無保険状態を作らないように注意しなければいけません。契約の狭間で無保険状態のときに万が一のことがあると、保険金が支払われずに困ることになります。

現在契約している生命保険の解約や変更手続きは、物件の引き渡しが終わり、団信の保障期間がスタートしてから行うようにしましょう。

まとめ

生命保険は万が一に備える保障のため、ライフスタイルが変わったときには、最適な形になるよう適宜見直すのがおすすめです。ライフスタイルが変化する要因は様々ですが、中でも住宅の購入は、今後の生活に大きな影響のある要因といえます。

住宅ローンを組むことで毎月の支出なども変わりますし、有事の際に必要となる資金も変化が出てくるでしょう。生命保険に求める保障内容も変化する可能性が高いので、必要な保障を確認し、保険料の節約なども含めて検討するようにしてください。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン