1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンは転職前の方が組みやすい?理由と注意点を解説します

住宅ローンは転職前の方が組みやすい?理由と注意点を解説します

住宅ローンの契約時に金融機関によって行われる審査では、職業や年収などが重要なポイントとなります。では転職を考えている場合、転職前と後ではどちらが住宅ローンを組みやすいのでしょうか。その理由と転職に関する注意点を紹介します。

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、住宅ローンサービス

この記事の目次

住宅ローン審査で勤続年数は大切なポイント

住宅ローンは、金融機関が求める融資条件をクリアしなければ組むことができません。金融機関では申し込みに対して審査を行いますが、そこで重要なポイントとなるのが『勤続年数』です。

住宅ローンについて知っておこう

『住宅ローン』とは、銀行などの金融機関が住宅の購入のために行う融資です。借り入れた資金は、利息を加えて毎月返済しますが、この時適用される金利は以下の3種類から選択します。

  • 変動金利型
  • 固定金利特約型
  • 全期間固定金利型

『変動金利型』は、景気などによって金利が変動し、それによって返済額が上下するタイプです。固定金利に比べて金利が安いのが特徴ですが、返済額が大幅に上がるリスクがあります。

『固定金利特約型』は、3年、5年など借り入れ当初の決まった期間だけ金利が固定され、その後変動にするか、再度一定期間固定金利にするかを選べるタイプです。

『全期間固定金利型』は、その名の通り返済期間中金利が固定されます。返済期間が長くなるほど金利は高くなりますが、景気の変動による影響を受けず、返済計画が立てやすいのが特徴です。

勤続年数が重視される理由

住宅ローンは借入金額が大きく、返済が長期にわたるのが一般的です。貸し付けをする金融機関としては、返済不能となるリスクを回避しなければいけません。そこで、安定した収入を得ていて、今後も問題なく継続して返済ができるか、という点が重要視されるのです。

しかし、勤続年数が短い場合、この先同じ会社で安定した収入が得られるかが、金融機関にとって不安材料となります。このような理由から、勤続年数1~3年を審査の条件として提示している金融機関も少なくありません。

勤続年数の要件がない住宅ローンもある

勤続年数が住宅ローン審査の条件に含まれる場合もありますが、特に条件を設けていない住宅ローンもあります。

その1つが『フラット35』です。フラット35は全期間固定金利型の住宅ローン商品で、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行っています。

借り入れの対象となる住宅の広さや、年収に対する年間合計返済額の割合などの条件はありますが、勤続年数に関する条件はありません。

またネット銀行などでは、勤続年数の条件を特に設定しない金融機関もあります。

【フラット35】ご利用条件:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

住宅ローンを組むなら転職前か後か?

転職と住宅の購入を同時期に考えている場合、転職前か転職後で、住宅ローンを組むにはどちらが有利になるのでしょうか。

転職前の方が有利

転職前と転職後を単純に比較すれば、転職前の方が住宅ローンを組むには有利です。転職直後の場合、勤続年数が短くなるため、審査に通りづらくなります。

また、勤続年数が短いと選べる金融機関や住宅ローン商品が限られるので、転職前に比べて高い金利となり、住宅ローンの返済額が高くなってしまうかもしれません。

転職回数が多い人は注意が必要

転職直後でなくても、転職回数が多い人は注意が必要です。過去の転職回数を審査の際に記載しなければいけないこともあり、転職回数が多いと不安定な印象を与える可能性があります。

転職回数が多い場合には、なぜ転職したかが重要です。同業種でスキルアップしたいなどの前向きな転職理由であったり、転職前後でかなり年収がアップしていたりすると、転職回数が多くてもネックにならない可能性があります。

転職前に住宅ローンを組む際の注意点

審査を考慮するなら、住宅ローンを組むのは転職前の方が有利です。しかし、住宅ローンを組んだ後に転職を考えている場合には、気を付けておきたい点があります。

転職前後の収入差

転職した際、必ずしも収入がアップするとは限りません。基本給が変わらなくても残業が少なくなったり、ボーナスが減ったりなどの理由で、年収がダウンする可能性もあります。

転職前に契約する場合には、転職後に年収がダウンしても、返済に無理がでないような返済計画を立てなければいけません。

無理なローンは組まない

住宅の購入と並行して転職を考えている場合は、転職後の収入の減少も考え、無理なローンは組まないことが大切です。

転職直後には住宅ローンを組みづらいですが、1~2年経てば選べる金融機関も増えてきます。転職後の住宅購入を考えて、転職前には住宅ローンを組まず貯金を増やすなども1つの方法です。

貯金を増やしておけば、転職後に住宅を購入する場合に頭金を増やすことができ、借入金額を減らせるというメリットもあります。

まとめ

住宅ローンを組むためには、年収やその他の借り入れ状況など、さまざまな条件をクリアする必要があります。その中でも、継続的な収入に関わる勤続年数は重要なポイントです。

一般的に勤続年数が短ければ短いほど、住宅ローンの契約はしづらくなります。しかし、転職後には収入減のリスクもあるので、必ずしも転職前に契約するのがベストとは言い切れません。

転職後のリスクなども考え、転職前後のどちらに住宅ローンを組むのが最適かを判断しましょう。そして転職前後どちらの場合でも、無理のない範囲でローンを組むことが大切です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 53日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり