1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンは保証料の比較も大切。相場やおすすめのローンも紹介

住宅ローンは保証料の比較も大切。相場やおすすめのローンも紹介

住宅ローンを組むときには、さまざまな諸費用がかかります。その中でも金額が大きくなる可能性が高く、銀行によって異なるのが保証料です。保証料の相場や、保証料に注目した場合におすすめのローンについて紹介します。

この記事の目次

金利と共に保証料も比較して選ぶ

住宅ローンを組むときには、金利の高低に気を取られがちですが、保証料も重要なポイントです。保証料は金融機関によって大きな差が出るため、金利と合わせて比較しなければいけません。

保証料とは何なのか、また保証料の支払い方法を紹介します。

保証料とは

住宅ローンの保証料とは、金融機関ではなく保証会社に対して支払うお金です。万が一、住宅ローンの契約者が返済できなくなった場合に、保証会社が残額を弁済してくれます。

もちろん、それでローンの支払いがなくなるわけではありません。保証会社が弁済してくれた場合、それ以降は金融機関ではなく、保証会社に残額を返済することになります。

保証料の支払い方法は、一括と分割の2種類です。それぞれの特徴を紹介します。

一括で支払う方法

保証料の一括払いは『外枠方式』とも呼ばれる支払い方法です。この方法では、住宅ローンの借り入れの際に、一括で保証料を支払います。借り入れの当初にある程度まとまったお金が必要になるため、最初の負担が大きくなるのが特徴です。

なお、一括で支払った場合、繰り上げ返済をすると保証料の一部が変換される場合があります。その際手数料がかかる銀行もあるので、その点は住宅ローンの比較の際に確認しておきたいポイントです。

分割で支払う方法

分割で支払う方法は、『内枠方式』と呼ばれます。別途保証料を毎月支払うのではなく、適用される金利に上乗せする方式です。借り入れ当初に一括で支払うのが難しい場合などには、この方式がよく選ばれます。

住宅ローンの保証料の相場は

住宅ローンの保証料の相場はどのくらいになるのでしょうか。

銀行によって差がある

住宅ローンの保証料は、金融機関によって大きな差があります。基本的には一律ではなく、同じ銀行でも借り入れする期間や借入金額によって異なるのが一般的です。

当然、期間が長かったり、金額が大きかったりすると返済が滞るリスクが高くなるため、保証料も高くなります。

また、銀行によっては元利均等返済と元金均等返済で、保証料が違うケースもあるので注意が必要です。元金均等返済のほうが元金が減るペースが速いため、一般的に保証料は安くなります。

保証料なしの住宅ローンはお得?

保証料は保証会社を使うときに支払うため、保証会社を利用しない金融機関では支払う必要がありません。ネット銀行の多くは保証会社を利用していないため、保証料は無料のケースがほとんどです。

保証料無料となるとお得に見えますが、実際はどうなのでしょうか。住宅ローンの支払いは金利や保証料だけでなく、手数料も含めて検討しなければいけません。

保証料無料の金融機関は、保証料がかかる金融機関より手数料が高額になることも多いので注意が必要です。保証料と手数料を合わせると金額があまり変わらないケースもあるので、全てを含めてシミュレーションしましょう。

保証料で選ぶおすすめの住宅ローン

保証料に注目して住宅ローンを選んだ場合、おすすめの銀行を紹介します。

りそな住宅ローン

りそな銀行の保証料には、一般的な『一括前払い型』と『金利上乗せ型』に加え、『融資手数料型』を含めた3つのタイプがあります。

一括前払い型の場合、保証料は融資金額と借入期間によって異なりますが、ある程度幅があるのが特徴です。例えば、借入期間20年のケースでは、100万円あたりの保証料は1万4834~2万2252円で、審査によって金額が確定します。

金利上乗せ型の場合、上乗せは0.2%です。そして、融資手数料型の場合、保証料は金利に含まれており、実質は無料となります。しかし、融資手数料として、借入金額の2.16%がかかる仕組みです。

ちなみに、融資手数料型のほうが、一括前払い型や金利上乗せ型よりも適用される金利が安くなります。

りそな住宅ローン│住宅ローン│りそな銀行

みずほ銀行住宅ローン

みずほ銀行の保証料は他の銀行とは少し異なり、『一部前払い型』または『金利上乗せ型』の2種類です。どちらを利用する場合でも、保証料に関する事務手数料3万2400円が必要となります。

一部前払い型は、最初に保証料の一部を支払いますが、その残りの分は金利に含まれる方式です。借入期間20年の場合の保証料は、1000万円あたり元利均等返済では14万8340~51万9280円、元金均等返済では12万2770~42万9670円となります。

金利上乗せ型の場合、他行同様に0.2%の上乗せです。

ネット住宅ローン/住宅ローン | みずほ銀行

三井住友信託銀行住宅ローン

三井住友信託銀行の保証料は、『融資手数料型』または『一括前払い型』『金利上乗せ型』の3種類です。融資手数料型では、保証料は無料ですが、借入金額の2.16%の融資手数料が必要となります。

一括前払い型または金利上乗せ型の場合は、保証取扱手数料(3万2400円)が必要です。それに加えて、一括の場合は借入期間と借入金額に応じた保証料、金利上乗せ型では金利に0.2%が上乗せされます。

一括の場合は、元利均等返済と元金均等返済でも保証料が異なるので注意が必要です。保証料は借入期間20年の場合、1000万円あたり元利均等返済では14万8350円、元金均等返済では12万2780円になります。

なお、三井住友信託銀行では、夫婦または親子でペアローンを組む場合、保証取扱手数料が通常2件分必要なところ1件分になるのが嬉しいポイントです。

住宅ローン | 三井住友信託銀行株式会社

まとめ

住宅ローンは金利だけでなく、保証料も合わせて比較しなければいけません。保証料は、銀行によって無料のところもあれば有料のところもあります。有料の場合も、借り入れする期間や金額によって保証料が異なるので、それぞれ確認が必要です。

また、保証料が無料でも手数料が高いなど、その他の費用が大きくなることもあるので、必ず総額をチェックしましょう。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン