1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの借入可能額を夫婦で上げる方法。収入合算とペアローン

住宅ローンの借入可能額を夫婦で上げる方法。収入合算とペアローン

住宅ローンの借入可能額は、夫婦の年収を合算する『収入合算』、夫婦のそれぞれが住宅ローンを契約する『ペアローン』を利用して増やせます。今回は、夫婦の年収を有効的に活用し、住宅ローンの借入可能額を増やす方法を解説します。

この記事の目次

夫婦で住宅ローン借入可能額を増やす方法

住宅ローンには夫婦の収入を合算して、借入可能額を増やす方法があります。

近親者1人と収入を合算できる収入合算

『収入合算』は申込者の収入と、配偶者などの近親者1人との収入を合算し、住宅ローンを契約する仕組みです。

収入合算できるのは、金融機関が定める一定の近親者のみです。

金融機関が融資額を決定する際に収入額は非常に重要であり、収入合算により収入額を増やすと、申込者単独での契約に比べ借入可能額を増やせます。

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

合算できる額は銀行により異なる

合算できる金額は、住宅ローンを提供する金融機関や商品によって異なります。

例えば、フラット35(※)では、申込者本人の年収を超えない範囲の金額で、近親者の年収の全額までの合算が可能です。

また、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの場合は、合算可能な金額は申込者本人の年収の50%以下とされています。

収入合算を利用する場合は、事前に確認しておきましょう。

(※フラット35とは、民間金融機関が住宅金融支援機構と提携して販売する住宅ローンです。取り扱う金融機関によって、融資金利などに違いがあります)

ヘルプ - ネット専用住宅ローン:ネット専用住宅ローン 申込み|住信SBIネット銀行
収入合算:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

夫婦それぞれが契約 ペアローン

『ペアローン』とは、1軒の家を購入する際に、夫婦や親子で1本ずつ住宅ローンを契約する借入方法です。

夫婦で利用する場合は夫と妻で、それぞの年収を基準に住宅ローンを組み、自分が契約したローンに返済義務を負います。また、お互いが相手のローンの連帯保証人になる仕組みです。

仮に、夫の年収を600万円、妻の年収を200万円とした場合、ペアローンを活用すると夫が年収600万円、妻が年収200万円でローンの契約が可能になります。夫が単独で契約するより借入可能額を増やせます。

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

返済比率が35%程度におさまるか試算を

住宅ローンの借入可能額は『返済比率』を基準にし、審査によって決められます。

返済比率とは年収に占める年間返済額の割合をいい、35%程度を基準とする金融機関が一般的です。融資を受けるには、返済比率を基準以下に収める必要があります。

基準を超えると年収に対し返済の負担が大きいとされ、融資の減額や審査の不通過といった結果を招きます。返済比率は以下により算出が可能です。

  • 返済比率(%)=年間返済額÷年収×100

仮に、年収600万円で返済比率を35%以下に抑えるは、年間返済額を210万円(600万円×0.35)以下にします。

なお、年間返済額は住宅ローンの返済額に、その他のローンの支払など、すべての年間の返済を加えた金額です。

いくらまで借りられる? : 三井住友銀行

収入合算の注意点

ここでは、夫婦で収入合算を利用する際の注意点を解説します。

収入減に対応できるか考えておこう

収入合算を活用する時は、借入額が収入が減っても返済できる金額であることが重要です。

一般的に、収入合算は夫婦どちらかの収入のみでは、希望額の借入が難しいケースで利用されます。よって、当初より返済の負担は大きいといえます。

返済中に病気や出産などで収入が減ると、更に返済は厳しくなります。収入合算により借入額を増やしすぎないよう慎重に検討しましょう。

2種類の借り方により登記方法が異なる

収入合算の借入方法には、夫婦の一方を債務者、他方を連帯保証人とする『連帯保証』と、夫と妻を債務者とする『連帯債務』があります。

住宅を取得すると、土地や建物の所有割合を示す持分の登記が必要です。持分は購入資金の負担割合で決めます。

連帯保証はひとりの債務者がローンの返済義務を負うため、借入額をすべて債務者の持分に反映させて登記します。連帯債務では夫と妻で、それぞれが負担するローンを持分に反映させます。

例えば4000万円の住宅をローンで購入するとします。夫を債務者として連帯保証を使い購入すると、夫の持分が100%になり単独名義で登記します。

連帯債務を使い4000万円のローンを組み、夫が3000万円、妻が1000万円の割合で債務を負担すると、持分を夫が3/4、妻が1/4として共有名義で登記します。

不動産の持分|平成30年度税金の手引き|三井不動産リアルティ株式会社

ペアローンの注意点

ここでは、夫婦でペアローンを利用する際の注意点を解説します。

2人分の諸費用が必要となる

ペアローンは1軒の住宅を購入するために夫と妻で、2本の住宅ローンを組むことになります。

よって、事務手数料や印紙代などの諸費用が、単独でローンを組む場合に比べ、2倍かかります。

団信は債務者ごとの保障となる

ペアローンを利用する場合は、夫も妻もそれぞれ団体信用生命保険(※)に加入します。もしものことがあった場合は、一方が契約する住宅ローンのみ返済が免除されます。

仮に夫が亡くなれば、夫が債務者である住宅ローンは返済は免除されます。しかし、妻が契約する住宅ローンの返済は続きます。妻がなくなった場合も同様です。

ペアローンの利用を検討する際は、ひとりで返済する状況となっても完済が可能であるかを考、え借入額を決めましょう。

(※団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中に利用者が死亡した場合などに、生命保険会社が残りの債務を代わりに返済する保障制度です)

ペアローン・収入合算 | 住宅ローン | じぶん銀行

まとめ

収入合算やペアローンを夫婦で活用すると、住宅ローンの借入額を増やすことが可能です。借入額が増えると返済額も増加します。返済計画をしっかり夫婦で話し合い、活用を検討しましょう。

住宅ローンの借入可能額はどう決まる?試算方法や借入のポイント

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン