1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの相談は銀行にする?想定外時の対応も含めて解説

住宅ローンの相談は銀行にする?想定外時の対応も含めて解説

住宅ローンは、借入額が大きく借入期間が長いことが多いため、毎月の返済額や金利などをよく確認してから、借り入れることが大切です。本記事では、住宅ローンの基本事項と相談方法について解説します。住宅ローンを利用する際の参考にしましょう。

この記事の目次

住宅ローン相談はどこにするか

住宅ローンを借り入れる際には、以下の点を確認する必要があります。

  • 借入限度額
  • 最適な借入額
  • 借入期間
  • 毎月の返済額

借入額や返済額を検討する際には、まずライフプランに合わせた資金計画を考えなければなりません。難しいと感じる人は、専門家に相談するとよいでしょう。

ここでは、住宅ローンの相談ができる場所を種類別に紹介します。

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンは、新築や中古の住宅を購入したり、一戸建てを建築したりするために、金融機関などから借り入れるローンです。

どの金融機関で住宅ローンを借り入れるかは、以下のポイントを比較・検討して決めます。

  • 金利
  • 諸費用
  • 団体信用生命保険(※)の内容

金利には以下の3種類があり、金融機関により適用される金利が異なります。

金利の種類 詳細
変動金利型 定期的に金利の見直しがある
固定金利特約型 2・5・10年など一定期間金利が固定され、その後は変動金利になる
超長期固定金利型
(全期間固定金利型)
借入期間中、金利が変わらない

金利の種類により毎月の返済額や返済総額が変わるため、しっかりと確認して自分に合った金利を選ぶことが重要です。

(※団体信用生命保険とは、住宅ローンを組む人が被保険者(保険の対象者)、銀行が契約者および保険金受取人となり契約する保険です。債務者が死亡、および高度障害状態となったときに保険金が支払われ、以後のローンの支払いが不要となります)

住宅ローン - 全国銀行協会
金利とは?(はじめての住宅ローン) : 三井住友銀行

住宅ローンで不明な場合があったときは?

住宅ローンの借入を検討する中で不明な点がある場合は、専門家に相談しましょう。相談できる主な場所には、『銀行』『不動産会社』『ファイナンシャルプランナー事務所』などがあります。

銀行へ相談する

銀行での住宅ローン相談の特徴は、以下の通りです。

  • 取り扱っている住宅ローンの商品内容を詳しく聞ける
  • 借入上限額を相談できる
  • 金利の相談ができる
  • 相談は無料

銀行では、住宅ローンの商品内容や借入の手順など、具体的な話が聞けます。相談料も無料なので各銀行で相談し、商品内容や金利を比較するとよいでしょう。

不動産会社に相談する

不動産会社では、物件の購入を検討する材料の1つとして、住宅ローンの相談を受け付けてくれる場合があります。不動産会社での相談の特徴は、以下の通りです。

  • 住宅の購入にあたり、住宅ローンを利用する大まかな流れを聞ける
  • 物件と住宅ローンの話を併せて聞ける
  • 相談料は無料

不動産会社で相談をすれば、物件の選定と同時に、住宅ローンの基礎知識を得ることができます。

ファイナンシャルプランナーに相談する

ファイナンシャルプランナーに住宅ローンの相談をする特徴は、以下の通りです。

  • 毎月の収支をもとに、適正な毎月の返済額を相談できる
  • ライフプランをもとに、住宅の予算(返済可能な借入額)を相談できる
  • 住宅ローンだけでなく、保険や教育費など家計全般の相談も可能
  • 相談料がかかる

ファイナンシャルプランナーは、家計を考慮してライフプランを立てる専門家です。そのため、現在の収支や、将来必要な費用を計算した上で、無理なく返済できる借入額を提案してもらえます。

相談料は、ファイナンシャルプランナー事務所により異なるため、相談前に確認しましょう。時期によっては、初回相談無料などのキャンペーンを行っている事務所もあります。

住宅ローン相談・住宅購入相談|住宅相談FPサポートセンター

住宅ローンの相談をする前に準備するもの

住宅ローンの相談をするときには、以下の書類を用意すると、より詳しく具体的な話ができます。なお、書類は原本でなくコピーでも問題ありません。

項目 詳細
年収や勤務先が分かるもの ・会社員:源泉徴収票
・自営業:3年分の確定申告書と決算書
勤続年数が分かるもの 健康保険証(入社日の記載があるため)
住宅ローン以外のローンの明細 返済予定明細表など

ここからは、上記に加えて用意しておく書類をケース別に解説します。

相談にはどのような書類が必要ですか?:住宅ローン:常陽銀行

購入物件が決まっている人

購入する物件が決まっている人は、物件の詳細が分かる以下の書類も持参しましょう。

  • 購入物件のチラシやパンフレット
  • 販売図面
  • 見積書
  • 重要事項説明書

住宅ローンの借入の可否や借入可能額は、物件によって異なります。そのため、物件が決まっている人は、物件の詳細が分かる書類を用意することが大切です。

購入物件が決まっていない人

購入する物件が決まっていない人は、以下の書類を用意するとよいでしょう。

  • 家計簿
  • 加入している生命保険の明細
  • 貯蓄残高が分かる書類(通帳など)

これらの書類を持って相談に行けば、住宅の予算や返済可能な借入額を相談できます。

銀行が開催する住宅ローン相談会

ここでは、銀行が開催している住宅ローン相談会を紹介します。自分に合った相談会を選びましょう。

仕事帰りや土日に店舗で相談

銀行の営業時間は、通常平日の9~15時です。しかし、銀行によっては、夕方や夜間、休日にも相談を受け付けている場合があります。

日中に銀行に行く時間がない人や、休日に落ち着いて相談したい人は、活用するとよいでしょう。

なお、営業時間外や土日・祝日の相談は、予約制であることが多いため事前に確認が必要です。

三菱UFJ銀行の場合

三菱UFJ銀行では、平日15時以降および土日・祝日にも住宅ローンの相談が可能です。相談を希望する人は、前営業日の12時までに予約をしましょう。

予約は、ホームページの申込フォームや電話でできます。

電話番号 受付時間
0120-860-777 9~17時(1/1~1/3、5/3~5/5を除く)

住宅ローン : ご来店予約(新規) | 三菱UFJ銀行

ネットで住宅ローンで相談

銀行によっては、インターネットでの相談を受け付けている場合もあります。支店に行く時間がない人や近くに支店がない人は、利用するとよいでしょう。

みずほ銀行の場合

みずほ銀行では、インターネットを通じ住宅ローンの相談ができます。希望する人は、ホームページの『インターネットからのご相談』をクリックし、メールフォームに入力して送信しましょう。

後日、住宅ローンの担当者より、電話にて相談内容の回答がもらえます。インターネット相談サービスは、みずほ銀行に口座がない人でも利用可能です。

住宅ローンのご相談・お問い合わせ | みずほ銀行

住宅ローンの返済を銀行へ相談する

住宅ローンの借入をして返済が開始した後に、住宅ローンについて不明点や不安なことがでてきた場合は、まず銀行に相談しましょう。

返済条件の変更を相談できる

何らかの理由で、住宅ローンの毎月の返済が難しくなったときには、返済条件を変更できます。

ただし、どのように変更されるかは銀行により異なるため、まず借り入れている銀行に相談しましょう。返済条件変更の主な具体例は、以下の通りです。

  • 一定期間、利息のみの支払いにしてもらう
  • 毎月のローン返済額を減らし、ローンの返済期間を延ばす

どちらの方法も住宅ローンの総返済額は増えますが、毎月の返済額を減らせるため、返済が苦しい人には有用です。

住宅ローン 返済計画「返済プラン」の見直し : 三井住友銀行

6カ月延滞すると家は競売に出されることも

住宅ローンの返済ができなくなったときには、まずは銀行に相談しなければなりません。相談や連絡をせず滞納すると、返済の督促状や銀行への来店を求める電話がきます。

これらに応じなかった場合には催告状が送られ、住宅ローンを一括返済しなければなりません。一括返済ができないときには、住宅が競売にだされることもあります。

住宅が競売にだされることを防ぐには、督促状が届いた時点で銀行に相談に出向くことが重要です。

期限の利益喪失通知が届いたら【全任協】任意売却の無料相談

離婚したら住宅ローンはどうなるのか

住宅ローンの借入後、離婚により自宅を手放すことになった場合は、どのように手続きすればよいのでしょうか。

アンダーローンなら家を売って返済

家を手放すことになった場合、まずは不動産会社などを通じて、手放す家がどのくらいの金額で売れるかを調べます。

想定される売却価格と住宅ローンの残高を比較し、売却価格の方が大きい場合(アンダーローンといいます)は、住宅を売却した費用で住宅ローンを完済しましょう。

また、売却価格が住宅ローンの残高に足りなかったとしても、預貯金などほかの資産を不足額に充てることで、住宅ローンを完済してしまうこともできます。

離婚で持ち家の住宅ローンはどうなる?【全任協】任意売却の無料相談

オーバーローンなら銀行に相談して任意売却

想定される売却価格よりも住宅ローンの残高の方が大きい状態を、オーバーローンといいます。オーバーローンとなるには、以下のケースが考えられます。

  • 少ない自己資金で住宅を購入した(借入額が大きかった)
  • 何らかの理由で、住宅の価値が大幅に下がった

オーバーローンの場合は、勝手に家を売却することはできません。住宅ローンを借り入れている銀行に相談し、了承を得た上で任意売却しましょう。

任意売却後は、売却額で返済しきれなかったローン残高を返済していく必要がありますが、住宅ローンの返済額に比べると負担を抑えられます。

まとめ

住宅ローンは、大きな金額を長期間借り入れることが一般的です。最後まで返済できるよう借入前に専門家に相談し、適正な返済計画を立てましょう。

場合によっては、借入後にも住宅ローンの相談が必要となることもあります。その場合は、住宅ローンを借り入れている銀行に相談しましょう。

住宅ローンの相談先に悩む?ポイントや地域別に相談先を紹介

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン