1. Fincyトップ
  2. ローン
  3. 住宅ローン
  4. 住宅ローンの団体信用生命保険を比較。注意点もやさしく解説します

住宅ローンの団体信用生命保険を比較。注意点もやさしく解説します

多くの金融機関において、住宅ローンの借入時には、団体信用生命保険への加入が条件となっています。団体信用生命保険は、どのように加入すればよいのでしょうか。本記事では、団体信用生命保険の基本事項と、上手な活用方法について詳しく解説します。

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、住宅ローンサービス

この記事の目次

住宅ローン利用時には保険に加入する

ほとんどの住宅ローンは、団体信用生命保険に加入しなければ借入ができません。

なぜなら、団体信用生命保険に加入することで、債務者(住宅ローンを借りた人)に万が一のことがあったときに、債権者(銀行)が住宅ローンの返済を受けられなくなるリスクを減らせるからです。

ここでは、まず団体信用生命保険の基本事項を見てみましょう。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は、銀行が契約者および保険金受取人、ローン借入人が被保険者となり契約します。

そして、ローン借入人が死亡、もしくは所定の高度障害状態となったときに、ローン残高と同等の保険金が銀行に支払われる仕組みになっています。

団体信用生命保険には、以下の効果があります。

  • 債務者に万が一のことがあってもローンの回収ができる
  • 遺された家族がローンを支払い続ける必要がなくなる

なお、団体信用生命保険の保険料は多くの場合、住宅ローン金利に含まれているため、別途支払う必要はありません。

団体信用生命保険について知りたい|公益財団法人 生命保険文化センター

生命保険との違い

民間の保険会社が販売している生命保険も、団体信用生命保険と同じく、被保険者が死亡および所定の高度障害状態となったときに、保険金が支払われる保険です。

以下に団体信用生命保険と、一般的な生命保険の違いをまとめました。

団体信用生命保険 一般的な生命保険
保険金の使途 住宅ローンの返済 使い道は自由(生活費や教育費など)
生命保険の目的 遺された家族に住宅の心配がなくなる 遺された家族の当面の現金が確保できる
保険期間 ローン契約から完済まで 契約時に決めた年数

ローンの借入に伴い団体信用生命保険に加入したときには、それぞれの保障内容や保障額を確認し、保障が大きくなりすぎたときには、一般的な生命保険を見直しましょう。

団体信用生命保険のオプションを比較する

団体信用生命保険は、特約(※)を利用することで、死亡や高度障害状態以外の疾病にも備えられます。

(※全ての契約で保障される主契約に対し、特約とは契約者の希望により付加できる保障です)

3大疾病保障

団体信用生命保険に『3大疾病保障特約』を付けると、がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備えられます。特約の保険料は金利に上乗せされ、毎月のローン返済と併せて支払うのが一般的です。

なお、一般的にがんの保障には、ローン実行から90日の免責期間があります。免責期間中にがんと診断確定された場合、保障は受けられません。

3大疾病保障特約付住宅ローン│住宅ローン│りそな銀行

8大疾病保障

『8大疾病保障特約』では3大疾病に加え、高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性すい炎が保障の対象となります。

8大疾病保障の保険料は、金利に上乗せされるケースと、住宅ローンとは別に支払うケースがあります。

住宅ローン 8大疾病保障付住宅ローン : 三井住友銀行

他にも多様な保障プラン

団体信用生命保険によっては、独自の保障プランを提供しているものがあります。以下にいくつかのプランを紹介します。

借入金融機関 保障プラン 詳細
りそな銀行 団信革命 3大疾病保障に加え、所定の病気やケガによる16の状態、および所定の要介護状態が保障される
楽天銀行 夫婦連生団体信用生命保険 連帯債務者である夫婦のどちらかが、死亡もしくは所定の高度障害状態となったときに保障される
横浜銀行 ガン保障特約・入院保障付き住宅ローン ・がんと診断確定されたときに保障される
・病気やケガで入院すると一時金が支払われ、入院中のローン返済が最長3カ月間保障される

特定状態保障特約付住宅ローン(詳細)│住宅ローン│りそな銀行
住宅ローン(金利選択型)用 団体信用生命保険(特約なし)|住宅ローン|楽天銀行
ガン保障特約付き住宅ローン|団体信用生命保険|横浜銀行

団体信用生命保険の主な注意点

団体信用生命保険を上手に活用するには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

健康状態により加入できないときは?

団体信用生命保険の加入は、健康状態の告知が必要です。債務者の健康状態によっては、団体信用生命保険に加入できず、ローンの借入ができないことがあるため気を付けなければなりません。

通常の団体信用生命保険に加入できない場合、引受条件を緩和した『ワイド団信』を利用する方法があります。ただし、ワイド団信の加入には、年齢や借入額に制限がある点に注意が必要です。

また、団体信用生命保険に加入せず住宅ローンを借り入れたい場合は、『フラット35』があります。

フラット35は、団体信用生命保険への加入が任意であるため、健康状態などで団体信用生命保険への加入ができない人は、検討してみましょう。

引受条件緩和型団体信用生命保険【ワイド団信】(新規) | 三菱UFJ銀行
健康上の理由その他の事情で団体信用生命保険に加入しない場合も、【フラット35】は利用できますか。 :よくある質問:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

オプションは途中で追加や解約ができない

団体信用生命保険は、特約を付加することで保障を手厚くできます。しかし、多くの団体信用生命保険では、ローン借入後に特約の付加や解約はできません。

特約を付加するかどうかを決めるときには、以下のポイントを確認しましょう。

  • 特約の保険料により、毎月の返済額がどのくらい上がるか
  • 加入中の生命保険や医療保険などと比較し、保障内容が重複していないか

住宅ローンは通常、長期で借り入れるケースがほとんどです。そのため、現状だけでなく、将来の資産状況やライフプランなどをよく考え、毎月の返済額や保障内容を決めることが重要です。

まとめ

住宅ローンの借入時には、団体信用生命保険に加入しなければなりません。団体信用生命保険の保障内容や保険料は、金融機関により異なります。保障内容をしっかりと確認して契約することが肝心です。

カードローン、キャッシングをしてしまって多重債務に苦しんでいる方や、
おまとめローンを利用して、全額返済の計算をしたい方、子供のために家を買うので住宅ローンを 組みたいという方は、まず、ライフプランを作成しましょう。
Fincyでは「お金の専門家」に相談することができます。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

住宅ローンの人気記事

カテゴリ

ローン

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 56日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり