1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託のメリットとデメリットは何?株との違いも徹底解説

投資信託のメリットとデメリットは何?株との違いも徹底解説

資金を複数の商品に分散できる投資信託は、ひとつの銘柄に投資する場合に比べリスクを軽減できます。本記事では、投資信託を始めようと考えている人に、投資信託のメリット・デメリットをはじめ、株との違いを解説します。

この記事の目次

投資信託とは

投資信託とは、多くの投資家から委託された資金をまとめ、運用の専門家が国内や海外の株や債券などに投資・運用してくれる金融商品のことです。運用で得られた利益は、分配金として投資家に還元されます。

ここでは、投資信託のメリット・デメリットについてみていきましょう。

そもそも投資信託とは? - 投資信託協会

投資信託のメリット

投資信託のメリットは、少額資金で始められることです。投資にはある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託は1万円程度から購入できます。

また、国内外の株式・不動産・債券など、さまざまな商品を組み合わせて運用するため、複数に資金を分散して投資できます。

さらに、投資の専門家に任せられるため、投資に必要な知識や情報が十分でない初心者にとっては、なかなか自分では手が出せなかった分野にも投資が可能です。

4つのメリット - 投資信託協会

投資信託のデメリット

投資信託は、運用の仕方によっては預貯金以上の収益を得られる反面、投資した元金の保証はないため、運用が上手くいかなければ損失を出す恐れもあります。

また、資産運用をプロ(ファンドマネージャー)に委託するため、購入や保留に手数料が発生します。手数料には主に、『販売手数料』『信託報酬』『信託財産留保額』の3つがあります。

販売手数料は投資信託を購入する際に必要で、信託報酬は投資信託の運用時に発生する費用です。信託財産留保額は、投資信託を解約(売却)する際にかかる費用をいいます。

投資信託のメリットとデメリット | 投資信託を学ぶ | 投資信託 | 楽天証券

投資信託と株の違い

『株』は、正式には『株式』といいます。会社が活動していくのに必要な資金を集めるために、株式を発行します。

そして、その株式を購入することで株主となり、株主は会社が利益を上げたときに、その一部を受け取る権利があります。

ここでは、投資信託と株の違いを確認しておきましょう。

株式ってなに?株はどこから発生するのか | 日本証券業協会

始めるハードルの高さ

株の購入には、それなりのまとまった資金が必要になります。株には『単元株』という最低売買単位が設定されており、株の売買はこの単元株数をもとにおこなわれます。1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1000株・100株が一般的です。

たとえば、イオン株を購入する場合、最低購入単位は100株なので、100株単位で買うことになります。1株あたり2370円(2018年6月25日現在)を推移しており、100株で23万7000円ほど必要になります。

このように1銘柄に数十万、あるいは数百万になる場合が多く、1万円前後で始められる投資信託に比べハードルが高くなります。

イオン(株)【8267】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

売買を自分でやるかプロに任せるか

株と投資信託の大きな違いは、投資を自分でするかプロに任せるかという点です。運用を投資のプロに任せられる投資信託と違い、株は自分で銘柄選びや売買のタイミングを判断する必要があるため、ある程度の知識が必要です。

ただし、投資信託であっても商品選びは個人の判断になり、プロが運用していても必ず収益があがるとは限りません。どちらも元本割れのリスクがあることを覚えておきましょう。

どちらを買うかは投資目的で決めよう

株と投資信託のどちらを購入するかは、投資を行う目的を決めてから選ぶことが大切です。

たとえば、子どもの将来の学費や自分の老後資金を増やすことを目的とした場合は、中長期的に投資をおこない、積立が可能な投資信託でコツコツと資産を増やすのがよいでしょう。

投信・外貨建MMF|SBI証券

投資信託が初心者におすすめな理由

ここでは、投資信託が投資初心者におすすめな理由を解説します。

分散投資でリスク軽減

たとえば、株式投資でひとつの銘柄にだけ投資していた場合、その企業の倒産や業績悪化により株価が値下がりすると、影響をそのまま受け大きな損失を被る恐れがあります。

しかし、投資信託であれば、さまざまな商品を組み合せているため、複数の投資対象に資産を分散でき、リスクを分散・軽減することが可能になります。

投資信託の特徴 | 商品の基礎知識を学ぶ │ はじめての方へ │ ちばぎん証券

少額からでも始められる

投資信託は少額の資金から運用を始められます。金融機関によって最低金額は異なりますが、1万円程度あれば取引可能です。また、最近では月々100円からできる『投信積立(※)』などもあります。

このような投信積立であれば投資の勉強も兼ねて、気軽ににチャレンジすることも可能です。

(※投信積立とは、投資信託を一定金額積み立てながら購入する方法です)

100円から積立可能「投信積立」 | 楽天証券の魅力 | はじめての方へ | 楽天証券

運用するのはプロ

株などの金融取引には、データ収集や分析に多くの時間が必要になります。

しかし、投資信託は運用のプロであるファンドマネージャーが、投資家に代わってどの資産にどうやって投資するのかを判断してくれるため、初心者でも始めやすいといえます。

投資信託の特徴 | 商品の基礎知識を学ぶ │ はじめての方へ │ ちばぎん証券

まとめ

投資信託は株式投資に比べて、少額の資金で手軽に始められます。また、複数の投資対象に資産を分散できるため、リスクを分散・軽減できます。

ただし、投資である以上元本保証がないことや、コストがかかるといったデメリットがあります。これらも理解したうえで、始めるようにしましょう。

投資信託のメリットとデメリットとは?ETFや投信積立などについて

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 中小型株投資について

    現在「ひふみプラス」に投資をしていますが、構成銘柄が東証1部の時価総額の大きい企業ばかりになっています。構成企業の企業は、自分で調査したビジネスモデルや経...

    40代 / 女性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資