1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 初心者の投資信託の始め方について。初めてでもわかりやすい手順

初心者の投資信託の始め方について。初めてでもわかりやすい手順

資産運用手段の1つとして、投資信託を活用している人が増えています。しかし、どのように投資信託を初めたらよいかわからず、困っている人もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、投資信託を始める手順について、わかりやすく解説します。

この記事の目次

まずは投資信託について学ぼう

投資信託は、複数の投資家から集めた資金を、運用の専門家が運用する投資商品です。そのため株よりもリスクが低く、初心者でも始めやすい投資商品といわれます。

投資信託で投資する資産には、以下のようなものがあります。

  • 株式
  • 債券
  • REIT(※1)
  • コモディティ投資(※2)

投資信託の持つ資金のうち、どの資産にどのくらいの金額を投資するかは、商品により異なります。また、商品によっては国内だけでなく、欧米諸国や新興国の資産に投資する商品もあります。

(※1:REITとは、複数の不動産を運用し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する投資信託です)

(※2:コモディティ投資とは、商品先物市場で取引される、エネルギーや貴金属、穀物といった商品に投資することをいいます)

そもそも投資信託とは? - 投資信託協会

投資信託にはどんなメリットがあるの?

投資信託で資産運用をするメリットは、以下の4点です。

メリット 詳細
少額で投資できる ネット証券などでは、100円から購入可能
分散投資(※)を図れる ・集めた資金をいくつもの商品に投資して運用するため、分散投資ができる
・個人では投資しづらい資産への投資も可能
専門家による運用 投資した資金を専門家が運用してくれるため安心
わかりやすい ・取引価格(基準価額)が毎日公表されるため、値動きがわかりやすい
・定期的に発行される運用レポートで、運用成績の確認ができる。

(※分散投資とは、投資先をひとつに限定せず、複数の資産に分けて投資することです。これにより、値下がりなどにより資産が減るリスクを分散する効果があります)

4つのメリット - 投資信託協会
業界最低水準!投資信託の買付が100円から可能になりました。 | 楽天証券

投資信託の始め方や基礎がわかりやすい本は?

投資信託について勉強したい人は、基礎的なことがわかりやすく書かれている本を、購入してみるのもよいでしょう。

ど素人がはじめる投資信託

翔泳社から出版されている『超ど素人がはじめる投資信託』は、投資信託の基本から投資信託による資産運用の仕組み作りまで、わかりやすく解説されています。

文字による説明だけでなく、図による説明が多いのも特徴で、投資初心者でも読みやすい本だといえるでしょう。

超ど素人がはじめる投資信託(20代怠け者)|翔泳社の本

資金や目的に合った商品を選ぼう

投資信託は、たくさんの商品があります。商品により投資する資産やリスクが異なるため、運用する資金や運用の目的によって、商品を選ぶことが大切です。

アセットクラス毎にファンドを選択する

投資信託は、アセットクラス(※)により特徴が異なります。

たとえば『株式』は、値動きの幅が大きくリスクが高い特徴があります。『債券』は、値動きの幅が小さくリスクは少なめです。また、『REIT』は値動きはありますが、中程度のリスクです。

景気サイクルと各資産のリターン特性

出典:資産運用について|筑波銀行

値動きの特徴を見ると、株式とREITは同じような傾向にありますが、債券は株式やREITとは異なった値動きをします。

ファンドを選ぶときには、リスクの大小や、値動きの傾向を考えたファンド選びをすることが重要です。

(※アセットクラスとは、同じような値動きやリスクの特性を持つ資産の種類や分類のことです)

リスクとは?|三井住友トラスト・アセットマネジメント

ファンドの資産規模・信託報酬などをチェック

投資信託を選ぶときには、資産規模や信託報酬などを確認することも大切です。投資信託の資産規模は『純資産総額』で確認できます。

純資産総額は、組み入れている有価証券などを時価換算したものです。そのため、純資産総額が増えている投資信託は、順調な運用や新たな資金の流入が考えられるため、今後の安定的な成長も見込めるでしょう。

純資産総額が減っているファンドは、運用成績の悪化や解約の増加が考えられるため注意が必要です。

信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用で、投資信託を保有している間かかります。

そのため、信託報酬が高い投資信託は、コストが大きくなります。投資信託を選ぶときには、信託報酬の低いファンドを選びましょう。

純資産総額 / さ行 / 用語解説 / 資産形成の基礎 / 大和証券投資信託委託株式会社
投資信託のコスト - 投資信託協会

インデックスファンドが初心者に人気

投資信託の初心者におすすめなのは、『インデックスファンド』です。インデックスファンドは、あらかじめ決められた指標(ベンチマーク)と同じ値動きを目指して運用されるファンドです。

ベンチマークには、日経225はTOPIXなどがあります。インデックスファンドが初心者に向いている理由は、以下のとおりです。

  • ベンチマークに合わせているため、値動きがわかりやすい
  • 手数料が比較的安い

新しく投資信託を始める人は、インデックスファンドを購入し、運用しながら投資信託の基本を学んでいくとよいでしょう。

投資信託 インデックスファンド一覧/マネックス証券

投資信託を始める会社を選ぼう

投資信託は、証券会社や銀行などの金融機関で購入できます。金融機関ごとにサービスや取扱商品が異なるため、自分に合った金融機関を選びましょう。

店舗の窓口で売買できる銀行や証券株式会社

一般的な銀行や証券会社で投資信託を始める場合には、店舗の窓口で手続きができます。

迷ったときに相談しやすいのがメリット

窓口のある金融機関で投資信託を始めるメリットは、金融機関のスタッフに運用や手続きの相談ができる点です。初めて投資信託をする人でも、安心して運用をスタートできるでしょう。

また、投資信託の購入だけでなく、ライフプランに基づいた資産運用の相談が可能な金融機関もあります。投資信託を利用し、将来へ向けた資産作りを検討している人は、一度相談してみるとよいでしょう。

資産運用についてのご相談:三菱UFJ信託銀行

SBI証券や楽天証券などのネット証券

証券会社には、オンライン上で手続きが完了する『ネット証券』があります。店舗を持たないネット証券は、人件費などのコストを抑えられるため、手数料が低く設定されている点が魅力です。

商品の数や取引時間の自由さがメリット

ネット証券で投資信託を購入するメリットは、いつでもパソコンやスマートフォンで取引ができるなどの利便性です。

窓口が開いている時間に手続きができない人は、ネット証券を選ぶことで、空いた時間にじっくり運用することができます。

また、取り扱っている投資信託の種類が多く、資産状況や投資経験に合わせた商品を選べる点もメリットです。

投信・外貨建MMF|SBI証券

投資信託口座を開設しよう

取引をする金融機関が決まったら、投資信託口座を開設しましょう。投資信託口座を開設するには、本人確認書類およびマイナンバーが必要です。

金融機関の窓口での口座開設は、多くの場合即日に開設されます。オンライン上で開設する場合は、手続き方法や金融機関により、1日〜3週間程度かかります。

運用を早く開始したい人は、開設までの所要日数をあらかじめ金融機関に確認した上で、手続きを進めるとよいでしょう。

投資信託口座の開設 : 三井住友銀行
SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

手続きにはマイナンバーの通知が必要となる

投資信託口座を開設するには、マイナンバーの通知が必要です。マイナンバーは、『個人番号カード』もしくは『通知カード』に記載されています。通知方法は各金融機関により異なるため、手続きの前に確認しましょう。

非課税のメリットがあるNISA口座を開設しよう

投資信託には、非課税で運用ができる『NISA口座』があります。NISA口座の利用条件は以下の通りです。

条件 詳細
利用できる人 日本在住の20歳以上の人
口座開設可能数 1人1口座
年間非課税投資枠 120万円
非課税投資総額 600万円
最長非課税期間 5年
投資可能商品 上場株式/投資信託など
口座開設可能期間 2023年まで

通常の投資信託口座では、売買益および分配金に20.315%(※)の税金がかかります。NISA口座を利用すると税金が非課税となるため、効率のよい資産運用が可能です。

(※売買益、および分配金の税金は20%ですが、2013~2037年までは復興特別所得税が課税されるため、20.315%の税率となります)

NISAの概要 : 金融庁

一般NISAとつみたてNISAの違い

『つみたてNISA』は、投資信託の積立ができる口座で、一般NISAよりも非課税期間が長く設定されています。つみたてNISAの利用条件は以下のとおりです。

条件 詳細
利用できる人 日本在住の20歳以上の人
口座開設可能数 1人1口座(一般NISA口座との併用不可)
年間非課税投資枠 40万円
非課税投資総額 800万円
最長非課税期間 20年
投資可能商品 一定の要件を満たす投資信託
口座開設可能期間 2037年まで

積立による投資は、購入するタイミングを分散することで、リスクを抑え安定した資産の成長を目指せます。長期間での資産作りを考えている人は、つみたてNISAを選択肢に加えてみましょう。

つみたてNISAの概要 : 金融庁

商品選びや管理を手助けするロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)が自動で資産運用、および資産形成を行うサービスです。ロボアドバイザーを利用するメリットには、以下のようことが挙げられます。

  • 自分に合ったプランで資産運用ができる
  • 投資経験が少なくても安心して投資できる
  • 市場の動きを逐一チェックしなくても資産運用が可能

投資の初心者や、自分で市場や経済をチェックする時間がない人にとっては、便利なサービスだといえるでしょう。ロボアドバイザーは、楽天証券やSBI証券といった、ネット証券でも取り扱っています。

ロボアドバイザーによる運用診断は無料で受けられます。興味のある人は、診断アンケートを受けてみましょう。

楽ラップ:ロボ・アドバイザー | 楽天証券
SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

アドバイス型から活用してみよう

ロボアドバイザーには、運用方針の提示のみを行う『アドバイス型』と、運用方針をもとに投資商品の売買やリバランス(※)を行う『投資一任型』があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

項目 アドバイス型 投資一任型
最低投資額 低め 高め
手数料 比較的安い アドバイス型よりも高い
NISA・つみたてNISA 対応 非対応

資産運用を完全に任せたい場合は、投資一任型が適していますが、NISAを利用し少額から運用を始めていきたい場合は、アドバイス型を上手に活用してみましょう。

(※資産運用を行っていると相場の変動に伴い、時間の経過とともに運用当初の資産配分が変わってきます。この変わってしまった資産配分を、運用当初の比率に修正することがリバランスです)

まとめ

投資信託は多くの投資家から集めた資金を、専門家が分散投資で運用するため、初心者でも始めやすい運用商品だといえます。

初めて投資信託を購入する人は、非課税制度のNISAや、AIによるアドバイスが受けられるロボットアドバイザーなども利用してみましょう。

金融機関によっては、100円など少額から投資信託を購入できるため、まずは少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 現在の人気の投資信託と今後について教えてください

    以前は外国債券の分配型ファンドが人気だったと思いますが現在はどのような投資信託が人気なのでしょうか?リートやBRICs投資についても一時期人気があったと思...

    30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供1人

  • したことがないのでわからない

    株式と投資信託の違いがよくわからなく、投資信託はしたことがない。いくらからはじめられるのかしりたい。少ない金額で始めるのであればどんなふうに やればいいの...

    40代 / 女性 / 鳥取県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供2人

  • 実質的な費用負担率について教えて下さい

    実質的な費用負担率について、ファミリーファンド方式とファンズ・オブ・ファンド方式では交付運用報告書の費用明細の記入が違い比較が分かりません。セゾン・バンガ...

    40代 / 男性 / 北海道 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資