1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. ロボアドバイザー
  4. ロボアドバイザー比較のポイントは?各商品のおすすめポイントを紹介

ロボアドバイザー比較のポイントは?各商品のおすすめポイントを紹介

資産運用に興味がある人は、AIが資産運用のサポートをしてくれる『ロボアドバイザー』を検討してみてはいかがでしょうか。本記事では、ロボアドバイザーの基本事項と、各社で取り扱うロボアドバイザーの特徴について解説します。

  • 【1位】FOLIO
    当サイト10ヶ月連続人気1位「おまかせ投資」でプロレベルの投資をかんたんに実現!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】THEO(テオ)
    投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!

この記事の目次

ロボアドバイザーとは

まずは、ロボアドバイザーとはどのようなものなのか解説します。

資産運用をAIの力で手助け

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)が自動で資産運用、および資産形成を行うサービスです。ロボアドバイザーを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 自分に合ったプランで資産運用ができる
  • 投資経験が少なくても安心して投資できる
  • 市場の動きを逐一チェックしなくても資産運用ができる

投資の初心者や、自分で市場や経済をチェックする時間がない人にとっては便利なサービスです。

ロボアドバイザー|住信SBIネット銀行

サービスの大まかな流れ

ロボアドバイザーを利用するには、まず取り扱っている金融機関に口座を開設しなければなりません。口座を開設したら、運用方針を決定するための質問に回答します。運用方針が決定した後は、口座に資金を入金して運用を開始します。

ロボアドバイザーの種類と違い

ロボアドバイザーには、ニーズによって2つのタイプがあります。それぞれの特徴を説明します。

アドバイス型

『アドバイス型』は、ロボアドバイザーにより提示された運用方針に基づき、自分で金融商品の売買を行うものです。

定期的なリバランス(※)も自分で行わなければならず、ある程度の投資経験がある人に適したタイプだといえるでしょう。ロボアドバイザーには、運用方針の提示のみを行ってもらうためコストは割安です。

(※資産運用を行っていると相場の変動にともない、時間の経過とともに運用当初の資産配分が変わってきます。この変わってしまった資産配分を、運用当初の比率に修正することがリバランスです)

投資一任型

『投資一任型』は、ロボアドバイザーが、運用方針の提示だけでなく、必要な金融商品の売買も行ってくれるものです。

定期的なリバランスも自動でされるため、資産運用を一任できる便利さがあり、投資初心者や、資産運用にあてる時間がないという人に適したタイプだといえるでしょう。

資産運用にかかるすべてを任せるため、『アドバイス型』に比べコストは割高です。

ロボアドバイザー比較のポイント

手数料や取り扱う金融商品の数など、細かな条件はロボアドバイザーにより違いがあります。

ロボアドバイザーを選ぶ際には、いくつかを見比べて選ぶ必要があるでしょう。ここでは、いくつかの比較ポイントをみていきます。

種類や対象

まずは、ロボアドバイザーを選択する、基本的なポイントを3つ紹介します。

項目 比較ポイント
投資方法 投資一任型 / アドバイス型
投資対象 ETF(※)/ 一般的な投資信託
取扱機関 証券会社 / 銀行 / ベンチャー金融機関

ロボアドバイザーは、長期での運用が原則となります。短期で解約することがないよう、きちんと比較検討したうえで選択することが重要です。

(※ETFとは、海外の証券取引所に上場している投資信託のことです)

手数料

ロボアドバイザーで資産運用をするときには、『ロボアドバイザー利用料』と、『信託報酬(※)』がかかります。

運用を成功させるためには、コストが低い(手数料が安い)ロボアドバイザーを選ぶことも大切です。以下のように、ロボアドバイザーの種類によって、手数料は異なります。

ロボアドバイザーの種類 年間手数料 100万円を投資した場合の年間手数料額
ダイワファンドラップオンライン 1.27% 1万2,700円
THEO 1.0% 1万円
投信工房 0.38% 3,800円

コストを抑え効率のよい資産運用を行うには、手数料をきちんと管理することが大切です。

(※信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用で、投資信託を保有している限りかかります)

ダイワファンドラップ オンラインとは? | ダイワファンドラップ オンライン | 大和証券
手数料について | ロボアドバイザーで、おまかせ資産運用
投信工房のポイント | 投信工房 | 松井証券

運用実績

ロボアドバイザーを選ぶときには、過去の運用実績を知ることも重要です。安定した成長を遂げているロボアドバイザーは、運用が上手いと考えられ、今後も安定した成長が見込まれるからです。

ロボアドバイザーでは、顧客により提案する運用方針が異なるため、運用実績は一概にはいえません。

しかし、ロボアドバイザーのホームページに掲載されている、モデルケースの運用成果や、各投資信託の運用レポートを参考に、運用実績を知ることは可能です。

WealthNaviの運用実績|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi

ここからは、おすすめのロボアドバイザーをいくつか紹介します。

『WealthNavi』は、「世界水準の資産運用とリスク管理をすべての人に」を企業理念とし、2015年4月に設立されました。

企業情報|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

種類や手数料

WealthNaviのロボアドバイザーは投資一任型で、手数料は年率1%(※)です。世界経済の成長を取りこんだ資産運用を目指しており、6~7の海外ETFを通して、約50万カ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

(※預かり資産のうち3,000万円を超えた分の手数料は年率0.5%です)

WealthNaviについて|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

特色やメリット

WealthNaviでは、お得なキャンペーンを行っています。

キャンペーン名 キャンペーン終了日 内容
夏のボーナスキャンペーン 2018/7/31 30万円以上の追加入金をすると、抽選で最大5,000円が当たる
招待キャンペーン 2018/7/31 家族、友人を招待すると、最大1万5,000円をもらえる
積立開始キャンペーン 2018/8/22 新たに積み立てを始め、3カ月連続で自動積立をすると最大3,000円の現金がもらえる
テレビCM記念スタートキャンペーン 2018/6/30 資産運用を開始すると、最大2カ月分の手数料が返還される

お得に運用を始めたい人は、定期的にホームページをチェックするとよいでしょう。

キャンペーン|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

おすすめポイント

WealthNaviのおすすめポイントは、『DeTAX』(自動税金最適化)サービスを提供している点です。

ロボアドバイザーで資産運用をすると、配当やリバランス時の利益に税金がかかります。税金をできるだけ抑えることで、効率的な資産の成長を目指すのがDeTAXの目的です。

具体的には、一定の税額を超えたときに、組み入れ資産の中の含み損がある銘柄をいったん売り、買い戻したことで出る損と利益を相殺することにより、税額の軽減を図ります。

「DeTAX(デタックス)」は具体的にどのようなことをするのですか? よくあるご質問

THEO

『THEO』は、2013年8月に設立した、株式会社お金のデザインが取り扱うロボアドバイザーで、2016年2月にリリースされました。

「合理的な資産運用をみんなのものに」を運用の理念とし、長期にわたる国際分散投資を行っています。

種類や手数料

国際分散投資による資産の成長を目指すTHEOでは、ETFによるインデックス運用(※)を行っており、国内外の株式だけでなく、債券や金、原油などさまざまな資産を組み合わせて投資をしています。

手数料(投資一任報酬)は、保有資産の円換算時価残高の最大1.08%(税込・年率)です。

(※インデックス運用とは、目安となる指数(インデックス)に連動した運用スタイルのことです。指数には日経平均株価やTOPIX、米国S&P500などがあります)

THEOとは? | ロボアドバイザーで、おまかせ資産運用
投資一任契約に係る手数料等諸費用及びリスクについて | ロボアドバイザーで、おまかせ資産運用

特色やメリット

THEOは徹底した分散投資により、リスクを抑え安定した資産の成長を目指しています。リスクを分散する方法には、以下のものがあります。

  • 地理的分散
  • アセットクラス(※)の分散
  • 時間分散(長期にわたる投資)

上記の分散投資を基本とし、顧客ひとりひとりに合わせた資産配分を作成することで、安定した運用実績を上げています。

(※アセットクラスとは、同じような値動きやリスクの特性を持つ資産の種類や分類のことです。たとえば、新興国株や先進国債券、REIT・不動産などに分類されます)

運用の考え方 | ロボアドバイザーで、おまかせ資産運用

おすすめポイント

THEOのおすすめポイントは、手数料の透明性と始めやすさです。個別銘柄の売買手数料や為替手数料が掛からないため、コスト管理がしやすいといえるでしょう。

また、最低投資額は1万円からとなっています。投資経験が少ない、もしくは投資できる金額が少ない人でも、資産運用をスタートしやすいと考えられます。

THEO積立 | ロボアドバイザーで、おまかせ資産運用

楽ラップ

『楽ラップ』は、楽天グループの楽天証券が取り扱う、ロボアドバイザーによる資産運用サービスです。

顧客の投資経験や投資目的などをもとに運用方針を決定し、資産の運用・管理を行う投資一任契約型となっています。

種類や手数料

楽ラップが投資対象としているのは、国内外の株式や債券、REITです。株式および債券については先進国だけでなく、新興国も投資対象に含まれます。

楽ラップの手数料は、『固定報酬型』と『成功報酬併用型』から選べます。

手数料タイプ 手数料の計算方法
固定報酬型 投資顧問料0.162%+運用手数料(投資額により0.378%~0.54%)+ファンド費用
成功報酬併用型 投資顧問料0.054%+運用手数料(投資金額により0.378%~0.54%)+成功報酬(運用益の積み上げ額の5.4%)+ファンド費用

手数料は運用成果や、組み入れ資産により異なります。そのため、どちらを選ぶべきかは一概にはいえませんが、年間約2%を超える運用成果があるときには、成功報酬併用型のほうが、手数料が高くなるという試算もあります。

手数料 | 楽ラップ | 楽天証券

特色やメリット

楽ラップの特徴は、金融テクノロジーを利用した投資一任契約です。運用方針の決定や市場の調査、分析、リバランスなどをAIが行ってくれるため、手間や不安をあまり感じることなく資産運用ができます。

また、ネットを通して運用成果の報告や情報開示を行っており、知りたい情報をいつでも得られる利便性や安心感も魅力です。

楽ラップの魅力 | 楽ラップ | 楽天証券

おすすめポイント

楽ラップでは、契約によって『TVT機能』(下落ショック軽減機能)が付いています。これは、国内外の株式市場の価格変動リスクが上昇したときに、株式への投資を減らし、債券への投資を増やすものです。

これにより、株価上昇による値上がり益を得られない可能性もありますが、株価の下落により資産が減るリスクの軽減を図れます。

リスクを抑えた安定的な資産の増加を目指す人には、適したサービスだといえるでしょう。

下落ショック軽減機能(TVT機能)とは | 楽ラップ | 楽天証券

投信工房

『投信工房』は、松井証券が取り扱うロボットアドバイザーです。100円から積立が可能で、積立ペースは毎日、毎週、毎月から選択できます。

種類や手数料

投信工房は、アドバイス型のロボアドバイザーです。そのため、各銘柄の売買は、自分で行わなければなりません。ただし、購入後の資産のリバランスは、自動的に行われます。

アドバイス型の投信工房は、投資一任型のロボアドバイザーに比べ手数料が安く、年率0.38%です。コストを抑えた運用を重視する人に適したロボアドバイザーだといえます。

リバランス積立とは | 投信工房 | 松井証券
低コストの理由 | 投信工房 | 松井証券

特色やメリット

投信工房の運用の特徴は、『低コストインデックスファンド』を活用した資産運用を行っていることです。

投資信託の中でも、手数料が低いインデックスファンドを選んで運用することで、コストを抑えた資産運用ができます。

日本株を投資対象とする投資信託について、インデックスファンドとそれ以外のファンドの手数料は以下のとおりです。

ファンド名 購入時手数料 換金時手数料 信託報酬
ニッセイ日経平均インデックスファンド なし なし 0.169%
ダイワ日本株オープン 3%(1,000万円未満の場合) なし 1.52%

低コストの理由 | 投信工房 | 松井証券
購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド|投資信託のニッセイアセットマネジメント
ファンド詳細(基本情報・手数料) | 投資信託 | 大和証券

おすすめポイント

投信工房は、アドバイス型のロボアドバイザーです。そのため、ロボアドバイザーとNISAをあわせて利用できる点が魅力です。NISAを利用することで税金を抑え、より効率的な資産運用ができるでしょう。

NISAは『投信工房アプリ』でも利用可能です。投資信託の積立などを検討している人は、投信工房を選択肢に加えてみましょう。

つみたてNISAでの積立方法を教えてください。 | よくあるご質問(Q&A) 松井証券

ダイワファンドラップオンライン

『ダイワファンドラップオンライン』は、大和証券が取り扱うロボアドバイザーによる資産運用サービスです。最低投資金額は1万円以上で、1円単位での投資が可能です。

サービス概要 | ダイワファンドラップ オンライン | 大和証券

種類や手数料

ダイワファンドラップオンラインでは、日本国内だけでなく、世界の資産に分散投資をすることで、リスクを抑えた運用を行っています。

加えて、インデックスファンドを積極的に利用し、コストを抑えた資産運用を目指しています。

また、サービスの利用料1%と、投資している資産の管理費用(信託報酬)がかかります。

ダイワファンドラップ オンラインとは? | ダイワファンドラップ オンライン | 大和証券

特色やメリット

ダイワファンドラップオンラインでは、運用方針を決めるにあたり、以下の3つの診断メニューを用意しています。

診断メニュー 診断内容
ライフプランニング 顧客のプロフィールをもとに、将来のライフプランをシミュレーションをして運用方針を決定する
資産運用プランニング 顧客の現在の資産状況から、将来必要となる資金などをシミュレーションをして運用方針を決定する
リスク許容度診断 運用目的や運用可能期間、運用経験などをもとに、顧客自身の投資方針を確認しながら運用方針を決定する

資産運用において何を重視するかにより、自分に合った診断メニューを選べる点が魅力です。

サービスの流れ | ダイワファンドラップ オンライン | 大和証券

おすすめポイント

大和証券で取り扱っているダイワファンドラップオンラインは、ネット証券などに比べ、対人の相談窓口が充実している点がおすすめのポイントです。

サービスや運用に不明点や不安がある人は、大和証券の窓口、および大和証券コレクトセンターに相談するとよいでしょう。

まとめ

AIによる市場の調査や分析をもとに、資産運用を行えるロボアドバイザーは、長期的に安定した資産の成長を目指すのに適した投資方法です。

運用方針やサービス内容、手数料はロボアドバイザーにより異なります。いくつかのロボアドバイザーを比較検討して、自分に合ったロボアドバイザーで、運用を始めることが大切です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • したことがないのでわからない

    株式と投資信託の違いがよくわからなく、投資信託はしたことがない。いくらからはじめられるのかしりたい。少ない金額で始めるのであればどんなふうに やればいいの...

    40代 / 女性 / 鳥取県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供2人

  • SBI証券のレオス−ひふみプラス について教えて下さい

    投資信託に就いてですが以前にしていましたが基準価格の変動を気にしていないといけないですよね。 元本割れする際の安定運用とかのタイミングが分からず、どの時点...

    40代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 原資100万円で短期投資を考えています

    原資100万円で短期投資を考えています。 何か以下の条件に合った、投資はありませんでしょうか。 条件には、低リスクを外せませんので、低リターンは致し方な...

    60代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供2人

ロボアドバイザーの人気記事

カテゴリ

投資