1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FXの手数料比較でおすすめは?外貨両替でのメリットも紹介

FXの手数料比較でおすすめは?外貨両替でのメリットも紹介

FX取引は、為替レートの変動を利用して差益を得る投資手法ですが、取引には一定のコストがかかります。よって、投資を効率的に行うためには、コストのことも十分留意する必要があります。今回は、FX取引における手数料について解説します。

この記事の目次

FX取引でかかる手数料とは

まず、FX取引における手数料とはどのようなものか、確認しておきましょう。

多くは売買手数料無料と謳っているが

現在は、多くのFX会社が取引にかかかる手数料を無料に設定しています。しかし、それでは会社としての利益が出ないので、別の形により収益を得ています。

スプレッドという実質手数料

手数料に代わり、実質的な手数料となるものが『スプレッド』です。スプレッドとは、取引をする際の売値と買値の価格差のことです。

FX会社では、同一の通貨であっても、トレーダーから買う場合(BID)には安い価格を、逆に売るとき(ASK)には高い価格を設定しています。

スプレッドの差額(幅)は、FX会社ごとに設定していますが、たとえば米ドル/日本円の通貨ぺアの場合、0.3銭程度が主流となっています。

スプレッドとは?│FXを始めるなら外為どっとコム

スワップポイントにも注意

『スワップポイント』は、売買する通貨間の金利差を決済時などに清算する、FXの仕組みのひとつです。スプレッドと違いスワップポイントの場合は、利益にも損失にもなり得ます。

たとえば、日本円のように金利の低い通貨を売り、豪ドルのように金利の高い通貨を買う場合には、そのポジション(持ち高)を決済する際に、金利差分を利益として受け取れます。

しかし、それと逆の取引を行う場合は、決済時に金利差分を支払わなければなりません。つまり、選択する通貨ペアと取引内容によっては、スワップポイントも利益を圧迫するものとなります。

スワップポイントとは?│FXを始めるなら外為どっとコム

手数料比較によるおすすめ

ここでは、FX取引での手数料についてみていきましょう。

少額から始められるSBI FX

『SBI FX』の大きな特徴は、取引の最低通貨単位(ロット)が1通貨からであることです。これにより、レバレッジを効かせた場合、数円からでも取引ができます。

また、スプレッドに関しては、メジャーな通貨ペアであるドル/円の場合で0.27銭と、平均より小さく設定されています。なお、SBI FXで取り扱っている通貨ペアは26種類です。

基準スプレッド一覧表 | SBI FXトレード

ツールが便利な楽天FX

『楽天FX』は、標準的なスプレッド幅の設定(ドル/円で0.3銭)となっていますが、取引ツールが充実している点がメリットです。

取引ツールは、PCで動作するマーケットスピードFX、楽天FX-WEBをはじめ、スマートフォン向けのiSPEED FX、携帯電話向けの楽天FX-モバイルWEBがあります。

取引チャネル | 楽天 FX | 楽天証券

スマホでも使いやすいDMMFX

『DMM FX』は、ドル/円のスプレッドが0.3銭となっており、こちらも業界としては標準的な設定です。

そして、スマートフォンOSに搭載のウェブブラウザから取引が行える、『DMMFX for smart phone』というツールを提供しています。ブラウザ動作なので、特別なアプリをダウンロード、およびインストールする必要がありません。

取引ツールには移動平均、ボリンジャー、一目均衡表といった、相場分析によく使われるテクニカル指標(※)が搭載されており、そのまま売買の注文を出すこともできます。

また、テクニカル指標を11種類に拡充した、インストール版の取引ツール『スマートフォンアプリ DMMFX』もあります。

(※テクニカル指標:為替や株などの相場の動きを予測するために、統計学などの理論を用いて計算したデータのことです)

DMM FXの特長 - FX/CFD取引のDMM.com証券

くりっく365を使う場合のおすすめ

FXには、くりっく365というものもあります。ここでは、一般のFXとの違いや取引できる会社を解説します。

くりっく365とは

一般のFXは、FX会社と顧客であるトレーダーの間で取引が成立する相対取引を行っています。これは店頭デリバティブ取引とも呼ばれ、基本的に会社とトレーダーの1対1で取引が成立します。

一方、FX取引には、公的な証券取引所において売買を行うタイプもあります。これを市場デリバティブ取引とも呼び、『くりっく365』がそれにあたります。

くりっく365におけるFXは、東京金融取引所で取引が行われ、FX会社は取引を顧客に取り次ぐ形となります。

したがって、証拠金の最低額が取引所により決定される(為替証拠金基準額)ほか、取引手数料が比較的高いなど、一般のFXと取引ルールに違いがあります。

くりっく365とは?|くりっく365公式ホームページ

最大手のインヴァスト証券

インヴァスト証券では、取引手数料を取引枚数(通貨数量)に応じて割引する設定となっており、通常は324円、1,000枚以上では86円、3,000枚以上になると0円です。

くりっく365【取引所FX】ならインヴァスト証券

ビギナーが始めやすいGMOクリック証券

『GMOクリック証券株式会社』が提供する365FXも、くりっく365でFX取引を行うサービスです。

GMOクリック証券では、通常の取引だけでなく、ロスカットなど強制決済においても取引手数料が無料となっています。

また、取引ツールとしては、PC向けの『はっちゅう君365』をはじめ、Android向けの『 FXroid365』と、iPhone向けの『 iClickFX365』の2種類のスマートフォンアプリがあり、ビギナーでも取引しやすい環境を提供しています。

GMOクリック証券 - くりっく365 | サービスガイド

外貨両替でも使われるFX

一部のFX会社では、トレーダーがFXを通じて外貨そのものを入手する、『現受け』サービスも行っています。

為替レートが有利な点がメリット

FXを利用して外貨を入手するためには、まず、新規で買いポジションを持つことが必要ですが、この際にも指値注文(※)などが使えるため、可能な限り有利なレートで通貨を購入できます。

加えて、FXの特徴のひとつであるスワップポイントも受け取れることがあるので、両替のコストをある程度相殺することが可能で、事実上のレートを有利にします。

(※指値注文:為替相場で売買する価格を指定し、その条件以外では取引されない注文の仕方です)

外貨両替・受取(外貨両替、現受け、現渡し) | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に-

通貨両替と現受け

日本円を外貨に交換する場合、一般的には銀行の窓口や空港にある両替所などで、円を支払い外貨を購入する形をとります。

一方、FXで買った外貨をそのまま現金で入手する場合は、上記のような両替業務を行っている機関へ、一度その外貨を送金(仕向送金)してから受け取ります。このように、FXから現金で外貨を受け取ることを『現受け』と呼びます。

仕向送金を使い外貨を入手するには、手数料が発生する場合があります。

手数料の名称 内容
送金手数料 FX会社から銀行などへ仕向送金をするための手数料。1送金につき2,000~3,000円程度
出金手数料 FX会社の口座から現金を出金するための手数料。0~数百円程度
受入手数料 銀行などが口座に外貨を受け取るための手数料。1送金につき2,000~3,000円程度(被仕向送金手数料)


スタートアップガイド 4.出金をしましょう | FX・証券取引のマネーパートナーズ -
外為手数料 | 三菱UFJ銀行

外貨両替でのおすすめ

外貨両替をする際におすすめのFX会社を3社紹介します。

手数料無料のYJFX!

ヤフーのグループ企業である、ワイジェイFX株式会社が提供する『YJFX!』では、外貨両替時に特別なスプレッドを設定していません。つまり、実質両替手数料は無料となっています。

両替は1,000通貨単位でしか行えませんが、出金(送金)の手数料は1,500円(香港ドルのみ10,000通貨単位)と、比較的低い設定となっています。両替が可能な外貨は、米ドル、ユーロ、豪ドルなどメジャーな通貨10種類です。

外貨両替(現受・現渡)について│FX・外国為替「外貨ex」|YJFX!

優遇レートのあるセントラル短資FX

『セントラル短資FX株式会社』は、通貨両替業務を行う大手のトラベレックスジャパン社と提携しており、両替所では優遇レートでの換金が行えます。

割引となる優遇額(2018年4月現在)は、米ドルで1.5円、ユーロや英ポンドなどは2.0円に設定されており、30種類以上の通貨に適用されます。

優遇を受けるにはその月、または前月に同社が提供するFXダイレクトプラス、セントラルミラートレーダー、およびウルトラFXのどれかで証拠金取引を行う必要があるなど、一定の条件があります。

外貨両替 | サービス一覧 | セントラル短資FX

現受けならマネーパートナーズ

『株式会社マネーパートナーズ』では、両替、現受けのどちらかを選択して、外貨を受け取ることができます。両替はFXの取引画面から行うことが可能です。

現受けの場合も、銀行の外貨建て口座への送金や、空港での外貨受取に加え、海外でも使えるプリペイドカード、『マネパカード』へチャージすることもできます。

マネパカードは、カード決済だけでなく、空港での現金外貨受取も対応しているので、海外旅行の際に、ある程度の現金を用意することができ便利です。

外貨両替、現受け、現渡しの方法 | FX・証券取引のマネーパートナーズ -外為を誠実に

まとめ

現在では、ほとんどのFX会社が取引手数料を0円に設定しています。その代わり、利益の源泉となっているのが、通貨の売りと買いの間に設定されたスプレッドですが、トレーダーにとってはコストとなります。

また、スプレッドのほかに、通貨ペアと取引内容によってスワップポイントがマイナスになることもあり、同様に利益を圧迫するので注意が必要です。

FX取引には公共の取引所で売買を行う、くりっく365という市場デリバティブ取引もあります。これは、一般のFXとルールが違うことを覚えておきましょう。

FXの手数料は無料が基本?実質手数料の理解とおすすめFX会社

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 投資信託を買うベストなタイミングがわかりません

    投資信託を買うタイミングがわかりません。価格変動による損失を防ぐためには、どの様なタイミングで投資信託を購入すればよいですか?また、購入の際に、価格変動と...

    30代 / 男性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 債券型の投資信託について

    米国ドルで購入できる債券型の投資信託で分配金がある投資信託を教えてください。その投資信託を購入するタイミングはどのようにするのがよいでしょうか。毎月積み立...

    50代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • ひふみプラスの価格変動について教えてください。

    ひふみプラスは国内、国外問わず色々な株式を取り入れているので、株価の変動による影響が大きいことは理解できています。しかし、それについて最大まで下がった場合...

    20代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 300万円以下 / 独身

FXの人気記事

カテゴリ

投資