1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FXの証拠金とは。証拠金維持率を理解して投資をしていこう

FXの証拠金とは。証拠金維持率を理解して投資をしていこう

FX取引において証拠金は基本となる要素であり、リスク管理などに関係してくる大切なポイントです。より安全にFX取引を行うには、証拠金の意味をよく理解する必要があります。今回は、その証拠金に関係する用語などについて詳しく解説します。

この記事の目次

FXの証拠金とは

FX取引の正式な名称は『外国為替証拠金取引』といい、ここでいう証拠金とは、取引を行うためにトレーダーがFX会社へ預け入れる担保金のことを指します。つまり証拠金は、トレーダーが投資に使っている資金そのものと考えることができます。

もとは先物取引の用語

証拠金という言葉自体はFX取引に固有のものではなく、もともと先物取引などで使われていた言葉です。

FXも先物も、基本的に現物をやりとりするのではなく、売りと買いの取引を交互に行い、その価格差から利益を得ようとするもの(差金決済)で、証拠金はその取引を行うための保証金となります。

証拠金 | 日本取引所グループ

レバレッジにより最低必要額が少なく済む

『レバレッジ』とは、手持ち資金の数倍から25倍(日本における規制上限)の額に相当する通貨を取引できる、FXの仕組みのひとつです。

たとえば、1ドル105円のときに1万ドルを買うことを考えると、そのまま現金で支払う場合は105万円の資金が必要になります。

しかし、FX取引においてはレバレッジを利用することで、最低でも通貨の1/25の金額である42,000円が用意できれば取引可能です。レバレッジを使うことで、比較的に少額の投資から始められます。

レバレッジとは?|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。

証拠金に関する用語を整理しよう

証拠金の額は、トレーダーが行っている取引の状況により日々変化するものなので、資金やリスクを管理するうえで、しっかり把握しておくべきポイントのひとつです。

ここでは、証拠金に関係する用語の意味を確認しておきましょう。

必要証拠金

『必要証拠金』とは、トレーダーがポジション(※)を新規で持つ、あるいはそれを維持するために最低限必要な証拠金額のことです。必要証拠金は為替レートの変動にともない、常に増減しています。

(※ポジション:FXでは、ある通貨を売って他の通貨を買ったままの状態をポジションと呼び、その取引を決済しない状態をポジションを持っている、保持しているなどといいます)

必要証拠金 | 楽天 FXビギナーズガイド | 楽天 FX | 楽天証券

有効証拠金

『有効証拠金』とは、その時点でトレーダーが維持している資産の時価評価額(純資産額)です。

トレーダーがFX会社へ預けている証拠金額は、為替レートの変動で生じる含み損益の影響を受け常に増減しています。

純資産額 - FX/CFD用語集 - DMM.com証券

証拠金維持率

『証拠金維持率』とは、トレーダーのその時点の資金状況を端的にパーセンテージで表した数値です。

この数値は、時価評価された証拠金額(有効証拠金)が、その時点での必要証拠金をどの程度満たしているかを示します。

証拠金維持率は、(為替変動などの影響を受ける)含み損益により大きく増減する場合があり、取引のリスクに関する重要な要素です。

証拠金と証拠金維持率の計算方法

新規注文を出すときなどには、取引に必要な証拠金額を把握することが大切です。ここでは、証拠金などの計算方法を確認しましょう。

証拠金の計算方法

必要証拠金はレバレッジ、取引する通貨数量(ロット数※1)を用いて以下のように計算します。

  • 必要証拠金(円)=(通貨時価レート × 数量)÷ レバレッジ倍率

また、新規取引に際しての資金リスクなどを把握するには、その時点での純資産額である有効証拠金を計算します。有効証拠金額を出すには、まずその時点における取引の含み損益を以下の計算式を用いて算出します。

  • 含み損益(円)=(現在の為替レート(円)- 建玉時(※2)の為替レート(円))× 通貨数量

複数の通貨ペアを保持しているときは、個別に損益計算して合算します。この含み損益額を用いて、有効証拠金の算出は以下の計算式で算出します。

  • 有効証拠金(円)= 預託している証拠金額(円)+ 含み損益(円)

(※1.ロット:一般にFX取引では、通貨を1万や1,000といった単位として、その倍数の数量を取引します、この単位がロットです)

(※2.建玉:FXなどで、新規にポジションを持つことを玉を建てる、建玉などともいいます)

ポジション必要証拠金はどのような計算方法ですか? - よくあるご質問 - FX/CFD取引のDMM.com証券

各業者のサイトで一覧の確認や試算ができる

取引に必要な証拠金は通貨ペアなどにより異なるので、自分で電卓などを使って計算するのは煩わしい場合もあり得ます。

そのようなときは、各FX会社のサイトで提供している一覧表やシミュレーション機能がを活用すると便利です。

こういった機能では、レバレッジ倍率や通貨ペア、取引通貨の数量(ロット数)などをもとに、比較的簡単に必要な証拠金額の目安を知ることが可能です。

FX(外国為替)の取引証拠金(個人のお客様)|ライブスター証券
証拠金シミュレーション - FX/CFD取引のDMM.com証券

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は有効証拠金と必要証拠金を用いて、以下の計算式により算出します(新規注文はしていないと仮定)。

  • 証拠金維持率(%)=(有効証拠金(円)÷ 必要証拠金(円))× 100

証拠金維持率は、取引している通貨数量が大きい場合に、大きく変動する可能性があるので、トレーダーは日常的にチェックしておく必要があります。

証拠金維持率とはなんですか? - よくあるご質問 - FX/CFD取引のDMM.com証券

FXの証拠金計算は必須?計算の必要性や方法のまとめ

証拠金維持率が基準となることを理解しよう

FX会社は顧客の証拠金維持率を見ながら、取引のリスクを評価しています。

警告サインのマージンコール

証拠金維持率が100%であるということは、現状で保持している以上にポジションを増やせないことを意味します。

仮にこの数字が100%を切ると、預託してある証拠金ではそのときのポジションすら維持できないことになり、多くのFX会社が、この状態になった顧客に『マージンコール』という警告を発する制度をとっています。

マージンコールが届いた場合、そのトレーダーは手持ちのポジションを決済して証拠金に充てるか、自分の口座へ追加の証拠金(追証)を入金する必要があります。

追加証拠金制度 - FX初心者ガイド - FX/CFD取引のDMM.com証券

証拠金維持率が不足すると強制ロスカット

『ロスカット』とは、トレーダーが証拠金以上の損失を被らないようにするための、最終的な安全措置のことです。

ロスカットが発生するのは、証拠金維持率が一定の値(FX会社により数値は異なります)以下になった場合です。

ロスカットが行われると、その時点でのポジションがすべて強制決済されるので、そのまま損失が確定してしまい、のちに為替相場が改善したとしても利益を得ることができなくなります。

ロスカットを防ぎ安全にポジションを維持するためには、マージンコールが発せられた時点で、適切な追加証拠金を入金するなどの対処が必要です。

一定以上の損失を防ぐロスカットルールについて|【FX・外為】FX取引の外為ジャパン|世界とつながる、未来が広がる。

証拠金維持率は300%以上が安全圏

証拠金維持率は為替相場と共に常に変化するので、ポジションに必要な証拠金ぎりぎりの額で取引を始めると、すぐに100%を切ってしまうこともあり得ます。

ある程度安全にポジションを維持し、為替が有利になるタイミングを待つためには、証拠金維持率にも余裕が必要です。

たとえば、南アフリカの通貨ランドが1ランド9円のときに、5万通貨買う取引をするとします。このとき、レバレッジが25倍であれば必要証拠金は18,000円なので、2万円を証拠金として預けます。

のちに、1ランド8.8円に下落した場合、必要証拠金は17,600円まで減りますが、有効証拠金は1万円となってしまい、証拠金維持率が100%を切ります。

取引する通貨ペアにもよりますが、上記のようなことを防止するためには、証拠金維持率は200%以上、可能であれば300%以上になるよう管理するほうが望ましいでしょう。

証拠金による取引の利点

FXにおいて取引のリスクに深い関係がある証拠金ですが、同時に、この制度を使うことの利点も存在します。

投資効率を高くできる

証拠金を担保にした取引を行うことで、資金の運用効率を高めることが可能です。

たとえば、米ドル円のような通貨ペアでは、FXの基準取引単位である1万ドルを買うだけで、100万円を超える額を動かすことになります。

しかし、証拠金にレバレッジを効かせた取引をすることで、数万円の手持ち資金から取引が行え、投資家としてはより多くの投資機会を得ることができます。

投資家を守る仕組み

FXではロスカット制度により、為替レートが激変した場合などでも、基本的にトレーダーが被る損失が証拠金を上回らないようになっています。

このロスカットに関しては金融商品取引法、および金融商品取引業等に関する内閣府令などにより、FX業者が適切な体制を整備することが義務化されています。

ロスカット・ルールの整備・遵守の義務付け:一般社団法人 金融先物取引業協会

まとめ

FX取引では、FX会社に証拠金という担保を預けたうえで、形式的に通貨ペアの売買を行い、その間に生じる差額から利益を狙う投資手法です。

トレーダーは、証拠金にレバレッジをかけた取引ができるので、投資上の資金効率がよくなります。証拠金は為替レートの変動により常に増減しているので、相場が激変したときなどは注意が必要です。

FXのポジションを維持できるかは、証拠金維持率という数値をもとにFX会社によって評価されています。一定数値を下回った場合は、マージンコールやロスカットという安全措置が発動することを覚えておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

FXの人気記事

カテゴリ

投資