1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FXのスワップポイント計算方法。特徴を理解して堅実に儲けよう

FXのスワップポイント計算方法。特徴を理解して堅実に儲けよう

FXの損益には、為替レートの変動により決まるものとは別に、スワップポイントという要素も関係しています。効率的に利益を上げるためには、その両方を意識することが大切です。今回は、FXのスワップポイントについて詳しく解説します。

この記事の目次

FXで利益を上げる方法

まず、FX取引から利益を出す2つの方法を確認します。

為替差益が基本

為替レートの変動を利用して得られる利益が、『為替差益』です。各国の通貨は、その価格関係(為替レート)が常に変動しています。

したがって、日本円で他国の通貨を一定数購入し、その通貨の価格が高くなったタイミングで日本円を買い戻せば利益が生まれます。この利益が為替差益で、FXなどの通貨取引が生み出す利益の基本です。

FXの場合、上記とは逆の方向の取引からも利益が得られます。つまり、(形式上)ある国の通貨を先に売っておいて、その通貨が安くなったタイミングで買い戻すという手法です。

売りから入る場合は、通貨を売った際に受け取った日本円の一部(あるいは全部)で、先に売った通貨を買い戻します。結果的にその差額が利益になる、という取引手法です。

FXとは?|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。

スワップを利用する方法もある

FXには上記のような為替レートの変動だけでなく、通貨にかかる金利差を利用して利益を狙う方法もあります。それが、『スワップポイント』を使う取引手法です。

為替差益の場合とは少し異なる手法になりますが、どちらもFXの損益に関係するので、しっかり把握しておくことが大切です。

スワップポイントとは何か?

では、スワップポイントの具体的な性質とは、どのようなものでしょうか。

スワップポイントの特徴

円やドルなどの通貨にかかる金利の差を、決済売買(損益の確定)の際に清算するのが、『スワップポイント』の仕組みです。

どこかの国の通貨を保持している間は、その国の金利が通貨にかかってきます。国ごとに、経済成長率やインフレ率が違うので、この金利にも差があるのが一般的です。

その金利の差がスワップポイントになります。スワップポイントを利用して利益を出すには、金利の低い国の通貨(たとえば日本円)を売り、高い国の通貨(たとえば豪ドル)を買う取引を行います。

FXではレバレッジ(※)を利用することで、1回の取引で保持できる通貨数を増やすことができ、スワップポイントから得られる利益を拡大することも可能です。

(※レバレッジとは、手持ち資金の数倍から最大で25倍に相当する通貨を売買できるFXの仕組みのことです)

スワップポイントとは?|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。

スワップポイントのメリット

金利は、その国の経済・金融政策によって主に決定されるもので、短期的に激変することは少ないといえます。したがってスワップポイントは、中長期のスパンでゆっくり行う取引に向いています。

また、スワップポイントは日割り計算されることが一般的です。つまり、ある通貨をただ保持しているだけの状態でも、日々利益が得られるメリットがあります。

スワップポイントのデメリット

金利の高い通貨を売って安い通貨を買う場合、スワップポイントが決済時にマイナスに働き、損失を出すことになるので注意が必要です。

このことは、為替差益を狙う取引を行っている場合も発生するので、スワップポイントの損失が為替差益を圧迫することも考えられます。

レバレッジを利用して取引を行っていれば、この損失の金額も拡大されてしまいます。したがって、取引の際には通貨ペア(FXで売買する2通貨)の金利差も確認する必要があります。

スワップポイント運用に向いている通貨

FXのスワップポイントから利益を得るためには、可能な限り金利差が大きい通貨ペアが必要です。同時に、多くの通貨を保持することを想定すると、その通貨のレートが安いほうがさらに望ましいことになります。

2018年4月時点においては、その代表的な通貨の1例が『南アフリカ ランド』です。現時点で日本の公定歩合が0.3%であるのに対し、南アフリカの政策金利は6.0%以上となっており、大きな金利差を利用できる通貨となっています。

1ランドの為替レートは9円前後で、その意味でも日本円とのトレードで買いやすい通貨のひとつといえるでしょう。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-
日本政策金利の推移│FXを始めるなら外為どっとコム
南アフリカ政策金利の推移│FXを始めるなら外為どっとコム

スワップポイントの計算

スワップポイントから具体的にどのような利益が得られるのか、その目安を得るための計算方法を説明します。

具体的な計算方法

ここでは、日本円を決済通貨に想定し、計算をわかりやすくするために、為替レートは1年間変動しないと仮定します。

2通貨の金利差と購入する通貨数、為替レート、およびレバレッジ倍率を用いると、取引に必要な証拠金(担保金)と1日に受け取れるスワップポイントは、それぞれ以下のように計算できます。

  • 証拠金 =為替レート(円)×通貨数 ÷ レバレッジ倍率
  • 1日の受け取り金額(円) = 金利差 × 通貨数 ÷ 365 × 為替レート(円)

例として、為替レート9円、金利6.7%の南アフリカランドを10万通貨購入した場合を計算してみます。日本の金利が0.3%だとすると、金利差は6.4%で、1日に受け取れるスワップポイントは次の計算から158円と求められます。

  • 158円= 6.4% × 10万ランド ÷ 365 × 9円

この場合、1年では57,670円の利益となります。

また、レバレッジを25倍とすると、この取引に必要な証拠金は次の計算から36,000円と求められます。

  • 9円 × 10万 ÷ 25 = 36,000円

FXの「スワップポイント(スワップ金利)」とは | FXネオ - GMOクリック証券

計算サイトを活用

複数のFX業者間でスワップポイントを比較する場合など、一度に計算してくれる機能があるウェブサイトを活用するのも、ある程度効果的です。

そのような計算サイトでは、取引する通貨を選びレバレッジと数量を入力することで、FX各社から見込めるスワップポイントの利益を一度に計算してくれます。

XMのスワップ計算機

まとめ

FX取引には為替変動を利用する為替差益と、2通貨間の金利差を利用するスワップポイントという2種類の利益があります。

金利は通常その変動が穏やかなので、スワップポイントは中長期的に安定した収益が期待できます。レバレッジを利用することで、スワップポイントからの利益も大きくすることが可能です。

ただし、スワップポイントは取引内容によっては、損失の原因にもなるので注意が必要です。取引前に取引する通貨数などからスワップポイントを計算し、ある程度利益の見通しを立てることが可能です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

FXの人気記事

カテゴリ

投資