1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FX取引方法の基礎をデモトレードで学ぶ。FX取引が初めての方必見

FX取引方法の基礎をデモトレードで学ぶ。FX取引が初めての方必見

自宅のパソコンなどから指示を出すことで利益を狙えるのが、FX取引のメリットです。とはいえ、さまざまなテクニックが難しそうで、手を出せずにいるという方も多いでしょう。今回は、FX取引を始めるために必要な基礎知識を解説します。

この記事の目次

FX取引とは?

FX取引とは、一定の金額を取引業者に担保として預け、それを元手に円を含めた主要な通貨間で売買を行い、為替レートの変動などで生じる差益を狙う投資手法のことです。

正式には『外国為替証拠金取引』と呼ばれます。

売買(トレード)する通貨のペアは、必ずしも円が含まれている必要はなく、米ドル、豪ドル、ユーロなど多様な組み合わせで取引を行うことが可能です。

レバレッジとスワップポイント

投資手法としてFX取引が魅力的である大きな理由に、『レバレッジ』と『スワップポイント』と呼ばれる要素があります。

『レバレッジ』は、投資家が取引業者へ証拠金として預けた金額の、数倍から数十倍(日本国内では最大25倍)の金額でトレードが行えるという仕組みです。

たとえば、1ドル=100円の為替レートのとき、1万ドルを外貨預金するには100万円の資金が必要となりますが、レバレッジ25倍のFX取引では4万円の証拠金が必要になるだけです。

レバレッジ取引は、少ない資産で大きな利益を狙える反面、大きな損失にも成り得る点には注意が必要です。

『スワップポイント』は、各国間の金利差で生じる差額を清算する仕組みのことです。

金利の低い国の通貨で高い国の通貨を買った(たとえば円で豪ドルを買う)場合、その通貨を保持していた日数に生じた金利の差額分を、反対売買(この場合は豪ドルを売り)で決済する時点で利益として受け取ることが可能です。

金利の関係が逆の場合は、『スワップポイント』を支払う立場にもなるので、注意が必要です。

FX取引の基本的な注文方法

FX取引において、できる限り損失を少なくし利益を上げるためには、その取引手法(売買注文の出し方)について知っておく必要があります。

ここでは、FX取引の基本的な注文方法を確認してみましょう。

成行注文

成行(なりゆき)注文とは、その名が示す通り、FX業者に注文が通った時点で、どのような値段であっても成行きで売買を行う注文です。

この注文方法では、たとえ売買が成立する時点でのレートが損失を生じるものであっても、基本的には無条件に取引が執行されます。

指値注文と逆指値注文

通貨の価格を指定して行う注文手法には、『指値(さしね)注文』と『逆指値(ぎゃくさしね)注文』の2種類があります。

『指値注文』は、取引しようとする通貨の価格が、『ある数字以下になった場合に買い』を、『ある数字以上になった場合に売り』を入れるように、売買の価格をあらかじめ設定しておく注文方法です。

指値注文の例としては、米ドルを1ドル=100円で購入した後、利益確定の決済注文として、為替レートが105円を超えた時点での売りを、設定しておく場合が挙げられます。

『逆指値』は、取引しようとする通貨の価格が『ある数字以上になった場合に買い』を、『ある数字以下になった場合に売り』を入れるように、あらかじめ設定しておく注文方法です。

逆指値注文の使い方の一例としては、損失限定(損切り)の売り、があります。

たとえば、米ドルの上昇を見込んで1ドル=100円で購入した後、思惑が外れ価格が下落した場合も想定し、1ドル=95円で逆指値の売り注文(決済注文)を設定しておくことで、許容できる範囲に損失額を抑え込むことが可能です。

指値および逆指値は、設定した価格条件が成立した場合のみ取引が執行されます。

注文方法 相場の価格が設定値以上 相場の価格が設定値以下
指値注文 売り 買い
逆指値注文 買い 売り

IFD注文とOCO注文

『IFD注文』は、新規に取引を開始する際、同時に決済取引の設定を行う注文方法です。取引を開始した時点で自動的に決済の条件成立待ちとなるので、パソコンの前に張り付けない人が利益確定のチャンスを逃す可能性を減少させます。

『OCO注文』は、2通りの別の注文を同時に行い、1つが約定した場合に、残りの1つは自動的にキャンセルされるという注文方法です。新規で売りのポジションを持つのがよいか、買いのポジションがよいか、可能性が2つ考えられる場合などに有効です。

デモトレード可能なFX会社を選択しよう

他の投資同様、FX取引を成功させるためには、ある程度の習熟が必要です。そのための練習を行える便利なサービスが、デモトレードと呼ばれるものです。

デモトレードとは?

デモトレード(デモ取引)は、実際の資金を使わずに、FX取引の手法だけを試すことができるサービスのことです。

各FX業者は、独自のトレーディングツールを提供していますが、デモトレードを使うことで、そのツールの各機能を、実際に投資を開始する前に練習することが可能となります。

FXデモ体験|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。

GMOクリック証券 - FXネオ デモ取引 | FXネオ | サービスガイド

LION FXデモ取引|ヒロセ通商株式会社

リアルと仕様の差がないものを選ぶ

FX取引の事前練習を行うことがデモトレードの目的であり、現実の相場情報のうえで、本番の投資で使用する注文方法を充分に試すことが重要です。

サービスを提供する業者ごとに、デモトレードの仕様も差があるので、可能な限り実際の投資と同様の操作が行えるサービスを選びましょう。

デモトレードを行うメリット

はじめてFX取引を行う前に、デモトレードを利用することには、いくつかのメリットが存在します。

ツール操作に慣れる

実際のFX取引において、取引ツールの操作にまごついている間に、損失を生んでしまっては問題です。

デモトレードは、本物のFX業者が提供するサービスなので、その会社の取引ツールそのものを体験的に使用し、操作方法を事前に習熟することが可能です。これにより、本番の投資において無駄な失敗を犯すリスクを減らすことができます。

自分に合った取引スタイルを探求できる

FX取引には、相場トレンドの見極め、複数ある注文方法の組み合わせ方、そしてレバレッジの設定の仕方など、多くの判断要素が存在します。

それらの組み合わせを、リスクを背負うことなく実験し、自分にあった方法を探求することが可能なのは、デモトレードの大きなメリットです。

また、FX取引経験者も、投資手法の新しいアイディアを、リスクから切り離したうえで試す目的で利用できます。

損失の恐れなく数多く失敗経験ができる

実際の投資で一から経験を積んでいこうとしても、資金には限りがあるので損失がかさんでしまえば、投資活動そのものが継続不可能に追い込まれてしまいます。

デモトレードでは、取引がどのように終了したとしても一切損失は生まないので、数多くの失敗をあえて経験することで、取引のスキルを磨くことも可能です。

デモトレードからリアルトレードへ

デモトレードで十分に習熟した後は、いよいよ本物の投資活動の開始です。ここでは、初めての投資を開始する場合の注意点を、2つほど挙げてみます。

少額取引からスタートしよう

どんなものでも、最初から大きな勝負はできません。それはFX取引においても同様です。そのため、FX取引を開始した当初は、あまり大きなレバレッジを選択しないほうが得策です。

また、通常FXで売買する通貨は、1万単位など大きく設定されていますが、それらの1/10の単位で取引できるコースを提供しているFX業者も存在します。この場合は、預ける証拠金も1/10となるので、比較的に少額から投資をスタートすることが可能です。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

1,000通貨取引のminiコース 登場!|外為オンライン

自分なりの取引ルールをつくる

FX取引を継続し利益を狙っていくためには、『損切りの判断がとても重要だ』とは、よく言われることです。

大きな損失を出さないためには、損切りのタイミング判断について、自分自身の厳格なルールを決め、それを動かさないことが重要です。これは、新規取引の開始や利益確定のタイミング判断にも同様のことが言えます。

デモトレードによる練習中に、できるだけ明確な取引ルールを構築しましょう。

まとめ

投資初心者の人がこれからFX取引を始めようと決心したとしても、すぐに自分の資産を投入することは得策ではありません。

FX取引にはルールやテクニックがいくつかあり、それらを習熟しなければ、継続的な利益を得る可能性が低くなってしまうからです。

そういった取引手法の練習を、リスクなしで行えるものが、各FX業者が提供しているデモトレードのサービスです。

大切な資産を失うリスクを最小限にとどめるため、デモトレードを充分に活用してから、実際のFX取引にチャレンジしてください。

FXの取引はどう始める?FXの基礎知識や始め方のまとめ

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

FXの人気記事

カテゴリ

投資