1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FXの損切りライン。損切り拡大の防止と損切り貧乏にならないために

FXの損切りライン。損切り拡大の防止と損切り貧乏にならないために

FXなどの投資をおこなう場合、損切りラインを決めておくことが重要だと言われますが、依然として、損失をかかえ撤退していくトレーダーが多いのも事実です。今回は、トレードの成功のために重要な、損切りの方法について解説します。

この記事の目次

損切りの重要性

FXを含め、あらゆる投資で失敗しないためには、大きな利益がでるトレード手法を探すことより、むしろ、しっかりとした損切りを行うことが重要です。

勝率100%のトレーダーは存在しない

未来に何が起こるかは、誰にも分からないことなので、為替相場がどちらに動くか、はっきりと知っている人は存在しないことになります。

その人の投資実績や知識とは無関係に、すべてのトレーダーにとって、為替レートが予想外・想定外の方向へ動くことは避けられないため、勝率100%のトレーダーは存在しないのです。

損切りは損小利大を実現するためにある

FX投資は、利益と損失の両面を持っているので、トータルの取引において、利益が損失を上回るようにする必要があります。

残念ながら、相場において利益幅をトレーダーが決めるることはできません。逆に、損切りはトレーダー自身の決定により、ほぼ確実に実行できるものです。

したがって、含み損が想定に達した場合は、適切に損切りを行うことが大切です。そして、生き残りをはかった後、次の相場につなげ、全体的に損より利益を大きくすること、つまり、損小利大を実現しましょう。

損切りするためのトレードをしない

投資で成功するために逃げられない損切りですが、その実行の仕方が悪いと意味がありません。

意味のない損切りは不要

FX投資で負ける主要パターンに、小さな損切りで終わるトレードを多数くりかえしてしまう、というものがあります。『損切り貧乏』などとも呼ばれてしまう状態です。

これでは、まさに損切りをするためにトレードをしているような状態で、利益を出すことからも遠のいてしまいます。

一度、相場にエントリーすると、誰しも不安感を持つものです。そんなときに、相場が思惑と逆に動いた場合、損失への恐れから衝動的な損切りをしてしまい、結果的に、その積み重ねが大きな損になります。

FX投資で利益を出すためには、こういった意味のない損切りは、できる限り行わないことが大切です。

相場には少なからず波動がある

FX投資で利益を出すためには、相場の値動きから、上昇もしくは下降トレンドをつかむことが重要ですが、そのトレンド中にもある程度の上下波動(値動き)は必ず含まれています。

この小さなノイズのような波動により、短期的に含み損が生じるというケースも多く発生します。

こういった短期的な値動きに過剰反応して、無意味な損切りに走らないようすることも重要です。

迷わないためにルールを作る

実際に含み損を抱えた状態になると、人はなかなか冷静ではいられないものです。論理的な思考ができない状況では、正確なトレードの判断をすることも難しくなります。

そのようなときは、損切りの判断も間違えやすくなるでしょう。不安感に流されて、ついつい、無意味な損切りを繰り返してしまわないためには、合理的かつ明確な損切りルールを決めて、厳格にそれを守ることしかありません。

根拠が崩れたときが損切りライン

ここまでの項で、FX投資で利益を出すためには、合理的なルールの下の損切りが重要であることがわかりました。

ここからは、合理的な損切りルールを決めるための考え方を確認していきます。

損切りは損失額で決めるものではない

損切りラインとして、例えば、含み損の金額が投資資金の2%に達したら、あるいは、その通貨の10pipsになったら損切りをするといったように、金額ベースで決定しているトレーダーも多くいます。

しかし、このスタンスでは、そのときどきの相場に合わせた損切りラインを設定できません。結果的に、合理的な根拠のある損切りルールを決めることにつながらないわけです。

このような理由から考えた場合、損切りラインは、固定的な金額で決定するべきではありません。

想定したトレンドに反すれば迷わず損切り

トレーダーは、かならず上昇・下降どちらかのトレンドを見極め、エントリーの判断をします。そのトレンドが確実に続く限りは、思惑通りの利益が出るわけです。

トレンドを見極めるときには、かならず何かの根拠があります。例えば、移動平均線を抵抗線として相場が反転したなどです。

合理的な損切りを行うためには、ひとつのトレンドにエントリーする際に、次にどのようなイベントが起きたらトレンドの終わりとするかの基準を、明確にしておくことが大切です。損切りはトレンド終了のサインが出た瞬間に、躊躇なく行います。

そうすることで、そのときどきの値動きにまどわされて、無意味で小さな損切りを繰り返すことも避けられます。同時に、相場がトレンドの中にいる限り、利益が乗るのをじっくり見極めるスタンスも固まるわけです。

まとめ

根拠が薄く小幅の損切りを繰り返してしまうと、FX投資で勝てる可能性は低くなります。

もちろん、利幅を広げる目的で、チャートの読み方やトレンドの見極めなど、テクニックの勉強をすることは重要ですが、同時にその知識を、損失の最小化のために使用すれば、FXで勝てる率を上げることにつながります。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

FXの人気記事

カテゴリ

投資