1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託のリスク許容度を把握しよう。リスクの種類や測り方を紹介

投資信託のリスク許容度を把握しよう。リスクの種類や測り方を紹介

投資信託を始めるときには、自分のリスク許容度を把握することが重要です。そもそもリスク許容度とは何なのか、そして投資信託におけるリスクの種類やリスク許容度の測り方について解説します。また、リスク許容度を考慮した投資信託の始め方も紹介します。

この記事の目次

投資信託の四つのリスクとは?

投資信託とは、投資家が投資した資金を一つにまとめて、それを投資の専門家が運用し、発生した利益を投資額に応じて投資家に分配するという金融商品です。

投資信託は、複数の投資先に分散投資して資産運用をするため、数ある金融商品の中では比較的リスクが少ないといえます。しかし、まったくリスクがないわけではありません。まずは、投資信託における四つのリスクについて解説します。

そもそも投資信託とは? - 投資信託協会

価格変動リスク

投資信託は、日本国内や海外の株式や債券など、さまざまなものを投資先としたパッケージ商品のようなものです。そのパッケージに含まれる株式や債券などの価格は、景気の動向や企業の業績などに応じて常に変動しています。

パッケージ内の株式や債券などの価格が上がれば投資信託の価格も上がるため、それだけ利益を得られますが、反対に価格が下がり、購入金額を下回って損をするリスクがあります。

為替変動リスク

投資信託の中には、外国の株式や債券を主な投資先としている商品があります。基本的に、外国を投資先にしている場合は、ドルやユーロなどの外貨に換えて運用されているため、為替レートが変動すれば、それに応じて投資信託の価格も変動します。

円を外貨に換えて投資するので、円高になれば投資信託の価格が下がり、円安になれば投資信託の価格が上がるのが一般的です。よって、円高が進めば投資信託の価格が大幅に下がり、損をするリスクがあります。

なお、投資信託の中には『為替ヘッジ』という、為替変動リスクを回避する方法を取っている商品があります。為替ヘッジは為替変動リスクを抑えるのに有効な手段ですが、コストが高いなどのデメリットがあるので注意が必要です。

信用リスク

投資先としている株式や債券の発行元の経済、業績の悪化によって、約束された元本や利息、分配金などが支払われなくなるリスクもあります。

金利変動リスク

債権を多く含む投資信託は、金利変動リスクにも注意が必要です。債権とは、国や地方自治体、企業などが投資家から資金を借り入れる代わりに発行するもので、満期を迎えたときに利息を加算したお金が戻ってきます。

債権には金利が上がると価格が下がり、金利が下がると価格が上がるという特徴があります。保有している投資信託に含まれる債権の価格が下がれば、それに応じて投資信託の価格も下がり、損をする可能性があります。

リスク許容度とは?

投資信託には前述のようなリスクがあるため、前もって自分のリスク許容度を把握し、それに応じた商品を買い付けることが重要です。

リスク許容度とは、資産運用中に損失が出た場合に、どれくらいの損失であれば受け入れられるのか、その度合いのことをいいます。ここでは、リスク許容度を測る際のポイントや、自分のリスク許容度の測り方などについて解説します。

リスク許容度を測る際のポイント

リスク許容度は、『資産・収入』『知識』『年齢』『家族構成』などのさまざまな状況を総合的に見て判断します。

  • 資産・収入:資産や収入が多いほど投資に回せるお金が多く、損失が出てもカバーしやすいのでリスク許容度が大きい
  • 知識:投資に関する知識があり、トラブルに対処できる人の方がリスク許容度は大きい
  • 年齢:年齢が若い人ほど長期間の資産運用ができるため、マイナスを取り戻しやすくリスク許容度が大きい
  • 家族構成:独身や子どもがいない共働き夫婦など、家族が少ない人の方が生活費は少なく済み、投資に回せるお金が多くなるのでリスク許容度が大きい

ただし、これらの条件に当てはまる人でも、今ある資産を絶対に減らしたくないという人は、リスク許容度が小さいといえます。

自分のリスク許容度を知ろう

リスク許容度を測るポイントはわかっても、自分のリスク許容度がどれくらいなのか判断できないという人もいるでしょう。そのような人は、リスク許容度のシミュレーターを利用するのがおすすめです。

年齢や収入額などの簡単な質問に答えていくと、リスク許容度やおすすめの金融商品などがわかります。

あなたのリスク許容度診断テスト | 速攻10問!あなたのリスク許容度丸わかり! | 一般社団法人 全国銀行協会

リスク許容度を考慮して投資信託を始めよう

投資信託は商品によって投資先が違うので、商品ごとのリスク度も違います。そのため、自分のリスク度許容度を考慮して、商品を選ぶことが大切です。

無理のない投資対象、投資金額の選択を

リスク許容度があまり高くない人が、大きな利益を得たいからといってリスク度の高い商品を買い付けると、損失が出たときに耐え切れなくなる可能性があります。

かなり資産が少ない人や絶対に損をしたくない人などは、定期預金や債券など、投資信託よりもリスクが少ない金融商品を選ぶのも一つの方法です。資産運用によって資産が減っていっては意味がないので、無理のない投資対象や投資金額を選択しましょう。

まとめ

投資信託は分散投資が基本の金融商品であるため、比較的リスクを抑えやすい金融商品です。しかし、リスクがまったくないわけではありません。

また、商品によってリスク度が異なるので、事前に自分のリスク許容度をシミュレーションし、それに合った商品を選ぶことが大切です。かなり資産が少ないなど、リスク許容度が極端に低い人は、投資信託よりもリスクが低い商品を選ぶことも考えましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 投資信託の売却時について

    ひふみプラスを2月から始めましたが、北朝鮮情勢などで下がったり、リスクオフで戻ったり、動きが結構あって、どこで売ればいいのか迷います。 株式とは異なり、長...

    30代 / 女性 / 茨城県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • 投資信託は株と違って複雑なイメージを持っています

    投資信託は株と違って複雑なイメージを持っています。ファンドも横文字が多いので何から始めるといいのかわかりません。素人でも基本が理解できる簡単な方法を教えて...

    30代 / 男性 / 福岡県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • ひふみプラスの価格変動について教えてください。

    ひふみプラスは国内、国外問わず色々な株式を取り入れているので、株価の変動による影響が大きいことは理解できています。しかし、それについて最大まで下がった場合...

    20代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 300万円以下 / 独身

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資