1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託の年利とは。リスクとリターンを考えてファンドを選ぼう

投資信託の年利とは。リスクとリターンを考えてファンドを選ぼう

投資信託を運用するにあたっては、定期的に利回りを確認することが大切です。本記事では、投資信託の利回りの基本事項および、計算・シミュレーションの方法を詳しく解説します。利回り別の具体的な商品も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

利回りや利率について知ろう

『投資信託』とは、多くの投資家から資金を集め運用会社が運用し、利益を投資家に還元する金融商品です。

投資信託は値動きがある金融商品のため、運用状況により利益が出ることもあれば、損失を被ることもあります。ここではまず、投資信託における利益の考え方を見ていきましょう。

投資信託の基礎知識 - 投資信託協会

利回り、利率とは

金融商品の運用では、『利回り』や利率を考えなければなりません。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

  • 利回り:投資金額に対する年単位の収益割合のこと。利子を含む
  • 利率:額面金額に対し毎年受け取る利子の割り合い

債券の利率は、市場金利や発行体の信用度によって、発行時に決定します。一方、利回りは運用成績や、運用にかかった費用(税金や手数料)などにより、変動します。

利率と利回りの違いって何?|投資の時間|日本証券業協会

投資信託での利益とは

投資信託の運用における利回りの計算では、対象ファンドにどのくらいの利益があるかを求めなければなりません。

値上がり益や分配金

投資信託で利益とされるのは、以下の二つです。

  • 値上がり益
  • 分配金

値上がり益は、投資家毎の個別元本(※1)と比べ、現在の基準価額(※2)が値上がりした状態で売却したときに得られる、売却益をいいます。

分配金は、投資信託の運用次第で、投資家に還元される利益です。分配金が出るタイミングや回数は、投資信託により異なります。また、分配金の有無や金額は、投資信託ごとの決算により決定されます。

分配金に関する詳細は、各ファンドの目論見書(もくろみしょ※3)で確認しましょう。

(※1:個別元本とは、投資家ごとの投資信託の購入金額です。購入時に支払った手数料などは、含まれません。同じファンドの買い増しや、分配金の再投資・特別分配金の支払いなどにより、個別元本は変わります)

(※2:基準価額とは投資信託の値段のことで、1口もしくは1万口当たりで示されます。基準価額は、1日1回算出されます)

(※3:目論見書とは、投資信託の売買に必要な重要事項が記載された書類です)

信託報酬は年利に影響する?

『信託報酬』とは、投資信託の運用・管理にかかる費用です。信託報酬の額は通常、純資産総額に対し年率で示されます。各ファンドの信託報酬額は、目論見書で確認できます。

先述のとおり、利回りを求めるには、運用にかかった費用も考慮しなければなりません。信託報酬は、利回りにどのように影響するのでしょう。

信託報酬は利益を減らす

信託報酬は、投資信託を保有している間、日割りで計算され信託財産から引かれます。信託財産とは、ファンドが保有する資産のことです。

つまり、信託報酬はファンドの資産から間接的に支払われるため、結果的にファンドの利益を減らすことになります。

どれくらい減るかわかりやすい計算例

信託報酬により、投資信託の運用実績がどのように変わるかを、シミュレーションで見てみましょう。投資信託の積み立てを毎月3万円、10年間行ったとして、シミュレーションします。

投資信託の利回りが3%だった場合の10年後の最終積立金額は、下表のとおりです。

利回り(%) 最終積立金額(円)
信託報酬なし 3 419万2243
信託報酬あり(0.5%) 2.5(3-0.5) 408万5158
信託報酬あり(1%) 2(3-1) 398万1590

このように、信託報酬の金額によって、運用実績に差が出ます。投資金額や運用期間によっては、運用実績の差がさらに大きくなることも考えられます。

資産運用シミュレーション : 金融庁

利回りの計算とシミュレーション

ここからは、投資信託の利回りの計算方法を見ていきましょう。利回りを活用したシミュレーションも、併せて紹介します。

投資信託の利回りの計算

投資信託の利回りの計算式は、以下のとおりです。

  • 利回り(%)=(譲渡益−コスト)÷投資額×100

例えば、10万円(手数料除く)で購入した投資信託を、1年後(※)に12万円で売却した場合、利回りは20%(2万円÷10万円×100)です。

分配金の利回りは、以下のように計算します。

  • 分配金利回り(%)=1年間の分配金合計額÷現在の基準価額×100

分配金に基準価額の騰落を含めた利回りの計算式は、以下のとおりです。

  • 基準価額込みの利回り(%)=(現在の基準価額-1年前の基準価額+1年間の分配金合計額)÷1年前の基準価額×100

例えば、1年間の分配金合計額が1500円、1年前の基準価額が8000円、現在の基準価額が7500円の投資信託の利回りは、12.5%((7500円-8000円+1500円)÷8000円×100)です。

(※投資年数が1年以上の場合は、利益からコストを引いたものを年数で割って、年利を計算します)

シミュレーションしてみよう

販売会社(※)の窓口やホームページでは、投資信託の運用シミュレーションができます。シミュレーションできる項目は、以下のとおりです。

  • 毎月の積立額・積立期間・利回りをもとに、最終積立金額を求める
  • 最終積立金額・積立期間・利回りをもとに、毎月の積立額を求める
  • 最終積立金額・毎月の積立額・利回りをもとに、必要な積立期間を求める
  • 最終積立金額・積立期間・毎月の積立金額をもとに、必要な利回りを求める

シミュレーション内容や結果を踏まえ、今後の運用について相談したい人は、販売会社窓口を利用しましょう。時間や場所を選ばず手軽にシミュレーションしたい人は、ホームページが便利です。

(※販売会社とは、投資信託を販売する金融機関です。銀行や証券会社・ゆうちょ銀行などがあります)

積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

目標額到達のための銘柄選びの参考に

シミュレーション結果を活用すると、運用方針に合った銘柄選びができます。投資信託にはたくさんのファンドがあるため、購入するファンドを選ぶのは簡単ではありません。

シミュレーションにより、購入するファンドの条件を絞り込めば、ファンド選びがしやすくなるでしょう。

リスクとリターンも考慮しよう

購入するファンドを選ぶには、リスクやリターンを考慮することも大切です。リスクとは、予測通りにいかない可能性です。リターンとは、投資により期待される収益をいいます。

投資信託のリスクには、以下があります。

  • 価格変動リスク(ファンドが組み入れる資産の価格が変動するリスク)
  • 為替(※)変動リスク
  • 信用リスク(債券等を発行する国や企業が、財政難や経営不振などにより、利息や償還金を支払うことができなくなるリスク)
  • 金利変動リスク

リスクの大きさはファンドにより異なりますが、一般的にリターンが大きいファンドは、リスクも大きくなると考えられます。ファンドを選ぶときには、投資家のリスク許容度に合ったファンドを選びましょう。

(※為替リスクとは、日本と外国の為替相場の変動により、外貨建て資産の価値が変動する可能性のことです)

投資信託が持つリスク - 投資信託協会

低リスクランキングで年利2%程度の銘柄

ここからは、利回り別におすすめの銘柄を紹介します。まずは、利回りが2%程度の銘柄を見ていきましょう。

明治安田日本債券オープン(毎月決算型)

明治安田日本債券オープン(毎月決算型)は、NOMURA-BPI(ノムラビーピーアイ※1)総合をベンチマークとするインデックスファンド(※2)です。

毎月10日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とし、運用方針に基づき分配金が支払われます。明治安田日本債券オープンの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万430円
19年8月1日の基準価額 1万593円
1年間の分配金合計額 240円
分配金のみの利回り 2.26%
(240円÷1万593円×100)
基準価額を含めた利回り 3.86%
((1万593円-1万430円+240円)÷1万430円×100)

(※1:NOMURA-BPIとは、野村証券が算出する日本の公社債(国債や社債など)市場の動向を表す代表的な指数です。債券投資の主要なベンチマークとされ、多く投資信託が採用しています)

(※2:インデックスファンドは、日経平均やTOPIX(トピックス)など特定の指標に連動した運用成績を目指す投資信託です)

明治安田日本債券オープン(毎月決算型)【愛称:しあわせ宣言(毎月決算型)】 - 運用状況|明治安田アセットマネジメント株式会社

DLIBJ公社債オープン(中期コース)

DLIBJ(ディーエルアイビージェイ)公社債オープン(中期コース)は、主にBBB-格以上の国内公社債に投資するファンドです。決算は、3月および9月に行われます。

DLIBJ公社債オープン(中期コース)の利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万294円
19年8月1日の基準価額 1万598円
1年間の分配金合計額 25円
分配金のみの利回り 0.23%
(25円÷1万598円×100)
基準価額を含めた利回り 3.19%
((1万598円-1万294円+25円)÷1万294円×100)

DLIBJ公社債オープン(中期コース)|ファンド情報|アセットマネジメントOne

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)は、国内の複数の資産(株・債券・REIT(リート※1))に分散投資(※2)するファンドです。決算は、毎月23日に行われます。

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)の利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万1454円
19年8月1日の基準価額 1万1382円
1年間の分配金合計額 360円
分配金のみの利回り 3.16%
(360円÷1万1382円×100)
基準価額を含めた利回り 2.51%
((1万1382円-1万1454円+360円)÷1万1454円×100)

(※1:REITとは、複数の不動産を運用し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する投資信託です)

(※2:分散投資とは、投資先を一つに限定せず、複数の資産に分けて投資することです。これにより、値下がりなどにより資産が減るリスクを分散する効果があります)

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型) (愛称:円奏会) | 東京海上アセットマネジメント株式会社

シャープレシオランキングで年利3%程度の銘柄

シャープレシオとは、運用効率を図る指標で、リスクを考慮したパフォーマンス評価として広く用いられる方法です。シャープレシオランキングで、年利3%程度の銘柄を、三つ紹介します。

エス・ビー・日本債券ファンド

エス・ビー・日本債券ファンドは、国内の公社債を投資対象とするファンドです。毎年3月および9月に決算が行われます。エス・ビー・日本債券ファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 9350円
19年8月1日の基準価額 9644円
1年間の分配金合計額 80円
分配金のみの利回り 0.82%
(80円÷9644円×100)
基準価額を含めた利回り 4%
((9644円-9350円+80円)÷9350円×100)

エス・ビー・日本債券ファンド|ベガ|三井住友DSアセットマネジメント

ピムコ・世界インカム戦略ファンド(円コース)

ピムコ・世界インカム戦略ファンド(円コース)は、新興国を含む世界各国の公社債に投資をしています。決算日は、毎年5月および11月です。ピムコ・世界インカム戦略ファンド(円コース)の利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万955円
19年8月1日の基準価額 1万1345円
1年間の分配金合計額 20円
分配金のみの利回り 0.17%
(20円÷1万1345円×100)
基準価額を含めた利回り 3.74%
((1万1345円-1万955円+20円)÷1万955円×100)

野村アセットマネジメント | ピムコ・世界インカム戦略ファンド(円コース) | 商品

三菱UFJ国内バランス20

三菱UFJ(ユーエフジェイ)国内バランス20は、国内の株式に20%、債券に80%の投資を行うファンドです。毎年2月27日に、決算を行います。三菱UFJ国内バランス20の利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万866円
19年8月1日の基準価額 1万784円
1年間の分配金合計額 0円
分配金のみの利回り 0%
基準価額を含めた利回り -0.75%
((1万784円-1万866円+0円)÷1万866円×100)

三菱UFJ国内バランス20は、19年2月の決算時に分配金が支払われなかったため、19年8月現在の利回りが低くなっています。なお、18年2月の決算時には300円、17年2月は200円の分配金が支払われました。

三菱UFJ 国内バランス20 (愛称:夢列島20) | 三菱UFJ国際投信株式会社

分配金ランキングで年利5%から10%の銘柄

次に、分配金ランキングで年利5~10%の実績がある銘柄を見ていきます。なお、どの銘柄も、2018年8月時点の利回りは、低めとなっています。

インド株式集中投資ファンド

インド株式集中投資ファンドは、インドの取引所に上場している株式を投資対象とするファンドです。決算は、毎年1・4・7・10月に行われます。

なお、インド株式集中投資ファンドは、18年6月に償還(※)されました。償還前の1年間の利回りを、下表に紹介します。

項目 詳細
17年6月8日の基準価額 1万302円
18年6月8日の基準価額 1万15円
1年間の分配金合計額 1000円
分配金のみの利回り 9.98%
(1000円÷1万15円×100)
基準価額を含めた利回り 6.92%
((1万15円-1万302円+1000円)÷1万302円×100)

(※償還とは、投資信託の運用期間が終了することです。終了に伴い、信託財産の清算を行って、投資家に対して保有口数に応じた償還金を返還します)

ファンド情報 : カブドットコム証券

東京海上・米国政策関連株式ファンド

東京海上・米国政策関連株式ファンドは、米国株式の中から、米国の政策動向を分析し、投資銘柄を決定するファンドです。毎年1・4・7・10月に決算を行います。

東京海上・米国政策関連株式ファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
為替ヘッジ(※)あり 為替ヘッジなし
18年8月1日の基準価額 9920円 9958円
19年8月1日の基準価額 8911円 8999円
1年間の分配金合計額 0円 0円
分配金のみの利回り 0% 0%
基準価額を含めた利回り -10.17%
((8911円-9920円+0円)÷9920円×100)
-9.63%
((8999円-9958円+0円)÷9958円×100)

(※為替ヘッジとは、為替の変動による外貨資産の価値の減少を回避することです。リスクは抑えられますが、運用コストが上がります)

東京海上・米国政策関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:アメリカン・スピリッツ) | 東京海上アセットマネジメント株式会社

東京海上・米国政策関連株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:アメリカン・スピリッツ) | 東京海上アセットマネジメント株式会社

BNYメロン・日本株式ダイナミック戦略ファンド

BNY(バンクオブニューヨーク)メロン・日本株式ダイナミック戦略ファンドは、国内の取引所に上場もしくは上場予定の株式のうち、将来性があり株価が割安な銘柄に投資するファンドです。

決算は、毎年1月に行われます。BNYメロン・日本株式ダイナミック戦略ファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万1516円
19年8月1日の基準価額 1万25円
1年間の分配金合計額 400円
分配金のみの利回り 3.99%
(400円÷1万25円×100)
基準価額を含めた利回り -9.47%
((1万25円-1万1516円+400円)÷1万1516円×100)

BNYメロン・日本株式ダイナミック戦略ファンド(愛称:臨機応変) | BNY Mellon

分配金ランキングで年利10%以上の銘柄

最後に、分配金ランキングで年利10%の実績がある銘柄を紹介します。なお、ここで紹介するファンドは、10%のリターンを目指せる一方、リスクが高めとなっています。18年8月現在の運用状況はあまりよくありません。

ニッセイJPX日経400アクティブファンド

ニッセイJPX(ジェイピーエックス)日経400アクティブファンドは、成長が期待される国内の株式を投資対象とするファンドです。毎年1月および7月に、決算が行われます。

ニッセイJPX日経400アクティブファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万512円
19年8月1日の基準価額 9347円
1年間の分配金合計額 0円
分配金のみの利回り 0%
基準価額を含めた利回り -11.08%
((9347円-1万512円+0円)÷1万512円×100)

ニッセイJPX日経400アクティブファンド|投資信託のニッセイアセットマネジメント

アムンディ・グラン・チャイナ・ファンド

アムンディ・グラン・チャイナ・ファンドは、中国経済圏(中国・香港・台湾など)に上場する株式のうち、成長性がある銘柄に投資するファンドです。決算は毎年1月および7月に行われます。

アムンディ・グラン・チャイナ・ファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 9952円
19年8月1日の基準価額 9094円
1年間の分配金合計額 0円
分配金のみの利回り 0%
基準価額を含めた利回り -8.62%
((9094円-9952円+0円)÷9952円×100)

アムンディ・グラン・チャイナ・ファンド | アムンディ・ジャパン

M&Aフォーカス・ファンド

M&A(エムアンドエー)フォーカス・ファンドは、国内の取引所に上場する株式のうち、M&A(企業合併・買収)の点で魅力がある企業に投資するファンドです。毎年4月および10月に決算が行われます。

M&Aフォーカス・ファンドの利回りは、下表のとおりです。

項目 詳細
18年8月1日の基準価額 1万1625円
19年8月1日の基準価額 9808円
1年間の分配金合計額 0円
分配金のみの利回り 0%
基準価額を含めた利回り -15.63%
((9808円-1万1625円+0円)÷1万1625円×100)

M&Aフォーカス・ファンド|三井住友DSアセットマネジメント

まとめ

投資信託を選ぶ際には、利回りを計算することが大切です。利回りと併せてリスクやリターンも考慮し、投資目的に合ったファンドを選びましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • いくらくらいが妥当なのでしょうか

    いろいろな銘柄があると思いますが、専門家に聞いてみたいことととして、その投資金額はいくらくらいが妥当なのでしょうか。 今、なかなか儲からない状態なのですが...

    40代 / 男性 / 長野県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供3人以上

  • eMAXSバランスについて

    同じバランス型のiFREEバランスというものが出ましたが、それぞれどのような違いがあるのか知りたいです。投資先や比率が異なるのか、純資産の違いにより投資の...

    30代 / 女性 / 福岡県 / 年収 401-500万円 / 独身

  • US−REITの分配方針について

    運用を始められて相当期間の運用実績があり、分配金についても変動はあるもののコンスタントに分配しているのですが、実際の組み入れ商品の利回りに対して、ランニン...

    40代 / 男性 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

  • ひふみプラスの長期投資のについて教えてください

    投資信託はファンドマネージャーが株式の銘柄を選択したり、売買のタイミングを選んだりしています。20年、30年と長期投資を考えた際に、今は好調なファンドマネ...

    50代 / 男性 / 佐賀県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供3人以上

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資