1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. FX
  4. FXの始め方ガイド。基礎知識や始める前に知っておきたいことまとめ

FXの始め方ガイド。基礎知識や始める前に知っておきたいことまとめ

FXを始めたいけれど、どうしたらよいのか分からないという人もいるでしょう。そのような人のために、この記事ではFXの基礎知識や始め方、FXを始める前に知っておきたいことなどをまとめています。おすすめのFX会社の特徴も知っておきましょう。

この記事の目次

FXは副業としても人気

FXとは、正式には『外国為替証拠金取引』という資産運用の一種です。株式や投資信託などさまざまな投資先がありますが、FXでは外国通貨(外貨)に投資します。

FXは単なる資産運用の一種というだけでなく、副業としても人気です。なぜ副業として人気があるのか、その理由を見ていきましょう。

FXとは? | はじめてのFX | 新・楽天銀行FX | 資産運用 | 楽天銀行

簡単に始められる

FXはむずかしそうだというイメージを持つ人もいますが、実は簡単に始められる資産運用です。大きな利益を得ることを狙わなければ、数千円程度の資金で始められます。

初心者なので、とりあえずツールの取り扱いに慣れたいというだけであれば、4円で始められるツールもあるのです。

FXのニュースなどでは億単位の金額の話もよく出てくるので、多額の資金を必要とするイメージを持ちやすいのですが、上記のようなリスクを抑えた少額投資から始められます。

FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード

副業で始める人が増えている

少し前からFXを副業で始める人が増えています。近年、副業を認める会社も増えていますが、副業といっても通常の仕事の後にアルバイトをするのは、体力的にも精神的にも大変です。

FXであれば在宅でできるうえに、平日は24時間取引できます。そのため、仕事終わりの会社員が副業として取り組みやすいのです。

FXで利益を出す方法

FXは気軽に始められる資産運用ではありますが、そもそもどうやって利益が出るのかを理解しないことには始めようがありません。ここでは、FXで利益を出す方法について解説します。

為替差による損益

FXで利益を出す代表的な方法が『為替差による損益』です。為替の本来の意味は『現金のやり取りがない決済』ですが、FXにおいては『異なる通貨を交換すること』を指します。

そして、通貨を交換するときの交換比率を指すのが『為替レート』です。各通貨の為替レートはさまざまな要因によって変動します。

交換比率が変動するということは、通貨の価値が上がったり下がったりするということで、それを利用して利益を狙うのがFXです。

仮に、1ドル100円のときに日本円をアメリカドルに交換したとします。これを、1ドル120円になったときに日本円に再交換すれば、20円の利益が出るのです。このように、通貨の価値が下がったときに買い、上がったときに売るを繰り返して利益を得ます。

レバレッジ

交換する通貨の金額が大きくなるほど、当然再交換した場合に得られる利益も大きくなります。しかし、人それぞれ投資に回せる資金には限界があるでしょう。

それでは、投資資金が少ない人はFXで大きな利益が狙えないのかというと、そういうわけではありません。FXには、『レバレッジ』があるためです。

レバレッジとは、FX口座に入金した資金を担保に自己資金よりも大きな金額で取引できる、FX独自の仕組みをいいます。

レバレッジは、最高25倍までかけることが可能です。自己資金が1万円だったとしても、25倍のレバレッジをかければ25万円の取引ができます。

ただし、レバレッジをかけた分だけ、損失が出た場合の金額も大きくなることを理解しておきましょう。

スワップポイント

FXで利益を出す方法として、『スワップポイント』もあります。スワップポイントとは、二つの通貨(通貨ペア)の金利差調整額のことです。

お金を貸し借りしたときには元本とは別に利息が付きますが、その利息の金額は『金利』によって決定されます。

金利は各国のインフレ率(※1)や政策などによって決まるもので、通貨によって異なるため、FXで通貨を交換する際に金利差を調整する必要があるのです。

そのため、低金利の通貨を高金利の通貨に交換すると、調整のために毎日スワップポイントが付与されます(※2)。

ただし、高金利の通貨を低金利の通貨に交換した場合はスワップポイントを支払わなくてはならないので注意しましょう。

(※1.インフレ率とは、年間の物価上昇率のことです)

(※2.スワップポイントは、為替レートやFX業者の企業努力によって決まるもので、同じ通貨ペアでもFX業者ごとに付与されるスワップポイントが異なります。スワップポイントでの利益を狙う場合は、スワップポイントが高いFX業者を選びましょう)

始める前に準備しよう

FXを始めること自体はむずかしくありません。しかし、FXでは聞きなれない専門用語がたくさん出てくるほか、利益が出る仕組みも慣れない人には理解しにくいものです。

特に、レバレッジはFXで大きな利益を得るのに役立つ仕組みですが、内容をよく理解して利用しないと、自分で対処できないほどの損失が出る恐れがあります。

そのため、FXを始める前に専門用語や利益が出る仕組み、レバレッジの仕組みなどについて学び、準備することが重要です。どうやってFXについて学べばよいのか、具体的な方法を知っておきましょう。

本を読んで知識を得る

とりあえずFXについて知りたい人、あまりお金をかけたくない人は、本を読んで知識を得るとよいでしょう。ただし、FXに関する本は、初心者向けや上級者向け、テクニックに関するもの、メンタルや心理に関するものなど数多くあります。

これからFXについて学ぶ人は、初心者向けから始めましょう。上級者向けやテクニックに関する本は専門的な話が多く、ある程度FXに関する知識がないと内容が理解できない可能性が高いからです。

初心者向けの本の中では、FXの基礎知識やFX会社の始め方などを、イラストや図解でていねいに解説している、以下の本が分かりやすいでしょう。

出典:楽天ブックス: ZAiが作った「FX」入門 改訂版 - ザイFX!編集部×羊飼い - 9784478103838 : 本

セミナーなどに出て勉強する

本だけでは理解しきれないことがある、分からないことを誰かに聞きたいという人は、セミナーなどに出て勉強するのがおすすめです。

会場を借りてのセミナーやオンラインセミナー、投資スクールなど、FXについて学べるセミナーや講座はたくさんあります。セミナーの内容や口コミなどをチェックして、自分に合いそうなものを探してみましょう。

無料FXセミナー・無料FX講座・FX取引入門セミナー|外為オンライン

2chなど信頼性の低い情報は自己責任で

ネット上でもFXに関する情報が数多く公開されていますが、ネットの掲示板や個人のブログなど、信頼性の低い情報は自己責任で利用しましょう。

もちろん有益な情報が手に入ることもありますが、どこの誰が書いたのか分からない情報は、真実ではないこともあるものです。

安易に信用すると思わぬ損失が発生する可能性もあるので、信用できる情報かどうかをよく調べましょう。

デモトレードをしてみよう

本やセミナーなどでFXの知識を身に付けても、取引のやり方や為替レートの見方などは、実際のツールを使ってみないと分からない部分もあるものです。

しかし、いきなり資金を投入して本番となると、不安を感じる人もいるでしょう。そのような人は、実際の取引を始める前に、『デモトレード』をしてみるのがおすすめです。

デモトレードとは、FXの取引を練習するツールのことで、基本的に無料で利用できます。本番で使うツールとほとんど変わらないツールを使うので、しっかり練習しておけば本番で焦らずにすむでしょう。

それでは、どうすればデモトレードができるのかを紹介します。

デモ口座の開設

FX会社の中には、本番用のFX口座とは別にデモ口座を開設できるところがあります。デモ口座とは、仮想マネーを使ってFXの本番と同じ取引が体験できる口座です。(仮想マネーは換金できません)

基本的に、仮想マネーを使う以外はすべて本番と同じなので、デモ口座で練習しておくと、スムーズに本番の取引が始められるでしょう。

また、デモ口座を開設したFX会社のツールが自分に合っているかも確認できます。なお、デモ口座は、利用日数に制限があることが多いので、あらかじめ期限をチェックしておきましょう。

バーチャルトレードアプリの利用

デモトレードをするのであれば、バーチャルトレードアプリを利用するのもよいでしょう。バーチャルトレードアプリとは、実際の為替レートを見ながら仮想マネーで取引の練習ができるアプリのことです。

デモ口座の開設は不要で、利用期間に制限もないので、じっくり時間をかけて練習したい人に向いています。

FXの取引に役立つニュースをチェックしたり、ほかの利用者と交流したりすることができるアプリもあるので、使いやすいアプリを探してみましょう。

かるFX公式サイト - みんなと一緒にFXで楽しむアプリ!

少額で実践から入る人もいる

本番を体験した方が早いということで、少額投資ができるFX会社で実践から入る人もいます。FX会社の多くは、最低1万通貨からの受付なので、通常は初期投資額として数万円必要です(※1)。

しかし、SBIFXトレードなど、数円で1通貨から取引できるFX会社もあります。数円程度の取引であれば、25倍のレバレッジをかけて損失が出ても対応できる範囲に収まるでしょう。

デモトレードはFXの取引を練習できるよいツールではありますが、やはり自己資金を使って取引するのとは異なる部分があります。

スリッページ(※2)の発生頻度などもチェックできるので、少しくらいならお金をかけて練習してもよいという人は、実践から入るのもよいでしょう。

(※1.通貨の種類によっては、数千円で1万通貨の取引ができます)

(※2.スリッページとは、FX会社が使っているシステムやサーバーの仕様によって、注文価格と約定価格、つまり取引の成立価格の間に発生する差のことです)

1万通貨を取引するにはいくら必要?|「取引必要額シミュレーター」(簡易版)|FXならFXプライムbyGMO
FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード

デモトレードでやりたいこと

デモトレードをする主な目的は、以下の三つです。

  • トレードに慣れること
  • トレードスタイルを決めること
  • 資金管理を学ぶこと

それぞれ詳細を見てみましょう。

トレードに慣れる

デモトレードの大きな目的は、FXのトレードに慣れることです。FXでは、FX会社独自のツールを利用して取引を行います。デモトレードなしでは、ツールをどうやって操作するのか分からない可能性があります。

また、FXは取り扱い通貨や注文方法の種類が多いので、どの通貨や注文方法にすればよいのかも分からない可能性が高いでしょう。

デモトレードでツールの操作方法や通貨・注文方法の選び方、為替レートの見方などに慣れておけば、比較的スムーズに本番に臨めます。

トレードスタイルを決める

FXには、以下のような『トレードスタイル』があります。この中から自分に合うトレードスタイルを決めるのも、デモトレードの目的の一つです。

  • スキャルピングトレード:数秒~数分の間に取引を繰り返して少額の利益を積み上げる方法
  • デイトレード:1日の間に取引を行ってポジション(※)を翌日に持ち越さない方法
  • スイングトレード:数日~数週間ポジションを保有し、中期的な取引を行う方法
  • 長期トレード:数カ月~数年間ポジションを保有し、長期的な取引を行う方法

人それぞれ向いているトレードスタイルは異なります。しかし、自己資金を投入して、どれが合うのか実験するのはむずかしいでしょう。

デモトレードであれば自己資金が失われることがないので、じっくりトレードスタイルを決められます。

(※ポジションとは、取引が成立した状態のことをいいます)

資金管理を学ぶ

デモトレードであえて高いレバレッジをかけて、高額の利益や損失が出ることを経験し、資金管理を学ぶことも重要です。

どの程度の資金でどれくらいのレバレッジであれば、損失が出ても耐えられるかが把握できるため、本番で無理なレバレッジをかけることを避けられます。

ただし、利益や損失が出ても自分の資金に影響がないデモトレードと、自分の資金に影響が出る本番では、やはり気持ちが変わるものです。

高額な利益を得ればより大きな利益を、損失が出ればそれを取り戻すことを狙って、無理な取引をしやすくなります。

FXがハイリスクといわれるのは、こうして無理なレバレッジをかけて多額の損失を出す人がいることが原因です。本番までにメンタルのコントロールも学んでおきましょう。

FXの始め方の手順

デモトレードでFXの取引に慣れてきたら、いよいよ本番です。FXの実際の取引を始めてみましょう。

口座開設

FXを始めるには、FX会社で専用の口座を開設する必要があります。FX会社は多数あるので、各社の特徴や手数料などを調査して、どのFX会社にするかを決めましょう。

気になるFX会社が複数ある場合は、それぞれのFX会社で口座を開設することも可能です。口座を開設するFX会社を決めたら、以下のような流れで手続きを進めましょう。

  1. FX会社のサイトにある、口座開設ページを開く
  2. 契約締結前交付書面などを確認し、問題がなければ承諾する
  3. 氏名や住所などの必要事項を入力し、申し込みを完了する
  4. 申込完了の連絡が来たら、本人確認書類とマイナンバー確認書類を送付する
  5. FX会社による審査が行われる
  6. 審査に通過すると口座が開設され、取引に必要な情報が届く

資金を用意してスタート

口座が開設できたら、FX会社が指定する口座に資金を入金して取引を始めましょう。インターネットバンキングからリアルタイムで入金できる、『クイック入金』が利用できるFX会社も多数あります。

クイック入金は入金の情報の反映が早く、入金手数料がかからないことが多いので、クイック入金を利用できるように準備しておくのがおすすめです。

くりっく365とは

FXを始めるのであれば、『くりっく365』の利用も検討してみましょう。くりっく365とは、公正かつ安全にFXを行うことを目的に開設された、日本初の公的FX市場のことです。

FXには多数の民間企業が参入していますが、中には悪質な業者も存在しており、トラブルが多発したことから安全に取引ができるくりっく365が開設されました。

手数料がほかのFX会社より高いなどのデメリットもありますが、FX初心者で自分でFX会社を決めきれない場合は、くりっく365から始めるのもよいでしょう。

なお、くりっく365を利用するには、くりっく365の取り扱いが認められたFX会社で口座を開設する必要があります。

くりっく365とは?|くりっく365公式ホームページ

おすすめのFX会社

最後に、おすすめのFX会社の特徴を見ていきましょう。

国内最大手のDMM FX

『DMM FX』は、国内最大手のFX会社です。100%信託保全(※)されているので、万が一のときにも大切な資金が守られます。取引コストが安いことや、アプリの操作性が高いことなども人気の理由です。

(※信託保全とは、FX口座に入金した資金を信託口座に保管し、FX会社の資産と区別して管理することです。FX会社が倒産するなど万が一のことが起きても、利用者の資金が守られます)

FXなら!DMM FX

総合力で評価の高いGMOクリック証券

『GMOクリック証券』は、総合評価が高いFX会社です。FXの取引高ランキングで世界1位、預かり資産で国内1位を獲得しています。各サービスのレベルが高いので、満足感が違うでしょう。

GMOクリック証券 - FXなど投資を身近にもっと便利にするネット証券会社

初心者向けのYJFX!

FX初心者には、ヤフーグループの『YJFX!』もおすすめです。1000通貨単位から取引できるので、少額からFXを始められます。24時間電話でのサポートも利用できるので、分からないことがあっても安心です。

FXならヤフーグループのYJFX!

まとめ

FXは、実は少額から気軽に始められる資産運用です。ただし、レバレッジなどのリスクが高い独自の仕組みがあるので、事前にFXについて学び、デモトレードで練習するなどして、しっかり準備しておくことが重要です。

準備ができたら、さっそくFX会社を選んで口座を開設してみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 個人投資家へのアドバイスとその優先順位について。

    成長の期待が見込める銘柄の選定方法について、どのような情報から判断し決定しているのかを教えてください。実際に企業へ足を運んで情報収集を行うことや、チャート...

    30代 / 男性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 独身

  • 配当金について(年1回と2回)

    投資については全くの素人ですが、3か月前より、月々5000円の積み立てを始めました。銘柄を選ぶ際に、配当金が支払われる方法として、年に1回の配当と年に2回...

    40代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

FXの人気記事

カテゴリ

投資